June 2005

June 30, 2005

惜しいなあ

本日は1日中デジカメで動画撮影をしまして、妙に疲れました。
常務にこれ使え、と渡された500万画素のデジカメ・・・。
いや、画素数はこれ以上いらんってくらい十分なんですけどね。
これ三脚に取り付けられないじゃないですか。
何とか三脚に仮固定して撮りましたよ。手ぶれ気にしながら。
そもそもデジカメで動画っていうのが無謀じゃないの?

手ぶれしないように集中すると何故か息を止めてしまうのですね。
なのでワンカット撮る度「ふぅーっ」って感じ。
後は恐怖の編集作業が待っています。
一度もやったことないんですけど・・・どうなっても知らんぞ。

仕事帰り、初めて「コロナワールド」で映画を見ました。
愛知の人ならだいたい知ってると思いますが、
パチンコにボーリング、ビリヤード、シネコン、レストランなどが
一同に集まっている複合アミューズメント施設です。
駐車場が複雑な上にめっちゃ混んでました。
いつもはレイトショーというとイオンシネマに行くのですが、
晩飯をとったついでに見てやろうと決めました。

お目当てだった「宇宙戦争」はタイミングが悪く、
ぴったり合う時間帯では吹替版しか上映していませんでした。
仕方なくこいつは明日以降に回すことにして、
この日は「戦国自衛隊1549」を見てきました。
この映画、軒並み海外で好評価を得ていて、
各国から上映のオファーが殺到しているみたいですね。
ハリウッド版も製作されるようです。

映画館に入ってみてまず「えっ?」と思ったのは、狭いということです。
これには拍子抜けしました。
レイトショーが1000円というのも頷けるような・・・。

映画を見た感想は「惜しい」です。
2時間余りの上映時間はあっという間でした。
それだけ展開が激しかったといえますが、同時に余韻が希薄でした。
脇役の演技もいまいちな感じがしました。
ただ映像はなかなか良くできていたと思います。
戦闘場面ではどちらが敵か味方か分からなくなりましたけど。
歴史の自然治癒力という着眼点は面白いですね。
このテーマで掘り下げていったらもっと良かったんじゃないかなあ。
あれこれ欲張り過ぎて全体が軽くなっちゃったように思いますねえ。
あと鹿賀丈史演ずるキャラクターが中途半端。
善人なのか狂気に染まった人間なのかどっちつかず。
まあこの辺りはあえて狙った線なのかもしれません。

扱った素材がとても面白かっただけに、
もう少しヘビーなタッチに仕上げて欲しかったです。
その意味でホントに惜しい。
エンディングの音楽もそりゃないだろうって感じですね。
別に曲そのものは悪くないんですけど。

ハリウッド版でどう化けるのか、少し楽しみです。

manboh4566 at 23:35コメント(0)トラックバック(0)映画・動画・TV・本 

June 28, 2005

半田屋、その後

ここらで以前書いた激安食堂「半田屋」を
もいちどレポートしようかな、と。

どうもここに来ると惨めな気持ちになるので、
しばらく訪問頻度をペースダウンさせていたのですが、
最近また熱が復活してきています。
理由は・・・特に見当たりません。ラーメンに飽きたってことかな。

まずびっくりメニュー、「マーボカレー丼」210円。
安さだけでなく、組み合わせにドキリとさせられます。
際ものだなあと思いつつもつい頼んでしまいました。
てっきり麻婆豆腐とカレーを半々にして飯にかけるかと思いきや、
すでに両者が混じった状態で待機していました。
おおーっ!これは新鮮だ!だが少し怖いぞ!
仕上げには温玉がのっかっています。

いざ食してみると、麻婆豆腐の味はほとんどしません。
後から来る辛さが唐辛子系なので、そこで「来たな」と感じる程度。
意外だったのはカレーと豆腐のマッチングで、
豆腐のまろやかな食感が安っぽいカレーに妙に合うのです。
さらに温玉がまろやかさを増してくれるので、思いのほかゴージャスな味わい!
名前から想像する味とはかなりかけ離れていたものの、
普通のカレーライス(189円)よりも満足度は間違いなく高いです。
いつもは滅多に単品を頼まないのですが、面倒なときの選択肢に入りそうです。

ちなみに今日のおかずに選んだものは失敗でした。
大皿から好きな分量を小皿にとる料理
(一律126円。あきらかに盛りが過剰な場合は倍の料金となるそうですが、
現場に出くわしたことは一度もありません)がありまして、
割と日替わり的にメニューが変わるのです。
今日目に飛び込んできたものは、
肉じゃがにマヨネーズをかけてオーブンしたような料理(名称不明)で、
一見ポテトグラタンを連想させました。
しかし結果はそのまんま、肉じゃがにマヨネーズでした。
じゃがいもはまだしも、糸こんにマヨネーズはヤバいです。
かなり濃いめの味付けにもやられました。
冒険は慎重にしないといけませんね。

何でも30日は清掃日ということで休業だそうです。
そういやフロアはまるっきり野放図だからなあ。
またもや微妙な気持ちにさせられました。

manboh4566 at 23:20コメント(2)トラックバック(0)食(B級メイン) 

浦島的体験

すっかりテンション落ち気味な中、
帰宅途中にリサイクルショップに寄りました。
フロア面積は結構広くてHARD OFF並なのですが、
店内は意外にざっくばらんな作りで、
従業員といえばラフな出で立ちの緊張感のないにいちゃんばかり。
ホントに信用していいんかいな、と内心疑わしかったのですが、
前から狙っていたビデオデッキ(未開封で9000円弱)を買いました。

その後晩飯を食い、セブン・イレブンにひょいと入りました。
銀行から郵便貯金に振込めないかと試したところ、これがダメ。
がっくしであります。めんどくさいなーもう。

3ad2d505.jpgついでとばかりに「サバイバル」と「北斗の拳」を立ち読みしていたら
あっという間に2時間近く経っていました。
うわーやってしもた、と慌てて買い物をして店を出て、
車を駐車場から出したところ、後方にパトカーが見えます。
しかもバックをこちらに向けて。
何だ何だ?検問か?
と思ったらどうも前もつかえていて車が動きません。
前方にもパトカーが止まっているようです。
うわー、やっぱり検問か。なんちゅータイミングだ。

しかししばらく様子を見ると、車が左右に分かれていきます。
どうやらコンビニに入っている間に、
ちょうどこの区間が通行止めになったようです。
つまり事故があったということですね。
右折車線に移動させ、左斜め前方に視線を向けたら
仰向けになった赤い車が無惨にも転がっているのが見えました。
一見かなり派手な様子でした。果たして乗員は無事だったのでしょうか。

もしかしたら巻き込まれた可能性も無かったわけではないですし、
つくづく車は危険なものだと思いました。
名古屋はみんな飛ばし過ぎだよ。

manboh4566 at 01:30コメント(4)トラックバック(0)今日のワタクシ 

June 27, 2005

ローテンション

日々やるべきことが見えないというのも辛いものです。
己に対し課題を見つけ出すところから一日が始まり、
何とか定時までやり過ごす毎日の繰り返し。
いつもごまかしごまかし仕事を終えている気分です。

今日は不覚にもついうつらうつらしてしまい、
部下にグサリと突っ込まれてしまいました。
軽い一言だったのか、それとも鬱憤がたまっていたのか
真意は分かりませんが、自分にはかなりこたえました。

もちろん抱える責任自体は小さくはないのですが、
仕事に対して充実感がありません。
正直、今取り組んでいるプロジェクトを終えてから、
その後の進むべき方向が見えません。

今の自分はこれまでと違うレールを走っています。
でも元のレールにはとても戻れそうにないし、
かと言って今の路線のままずっと走り続けることは考えられません。

オレは結局何になりたいんだろう。

manboh4566 at 23:09コメント(0)トラックバック(0)会社、仕事 

June 26, 2005

ベランダから

増築完了後、初めて実家に帰っています。
新しい2階の部屋のベランダで風を感じるのが心地良いです。

早朝、けたたましい鳴き声に思わず外へ目を向けると、前に広がる空き地のフェンスの上に雄のキジがとまっていました。
なかなか気合いの入った田園地帯です。

午後には軽やかに飛び交う沢山のツバメを見ました。
空き地は耕されていて、そこではセキレイが餌をついばんでいました。
セグロセキレイかな?
白と黒のコントラストと、凛々しい姿が実に美しい鳥です。
さらに遠方の草むらでは、一匹の猫がじっとしたまま佇んでいました。
視力が鈍ってきたので仕草までは分かりません。
ただこういう観察って飽きないですね。

仕事場こそ郊外ではありますが、ここ3年以上比較的人の多い所に住み続けています。
のどかな外部環境からはしばらく離れて暮らしてきました。
実家で暮らし続けることはすなわち東京で働くことを意味し、今の自分にとって前向きに受け止められることではありません。
通勤だけでくたびれてしまう生活なんてまっぴらだから。
ただし、たまに帰るとなると話は別です。
やはり慣れ親しんだ田舎はいいもんです。

さて明日は結婚パーティー。
急に現実世界に引き戻される気がして、正直億劫ではあります。
とにかく遅刻だけはしないようにしないとね。


manboh4566 at 00:16コメント(2)トラックバック(0)モブログ 

June 25, 2005

Adobe Creative Suite 2

金曜日、名駅前でアドビ・プリプレスセミナーという催しに出席してきました。
完全登録制という条件で、新作のクリエイティブ・スイート2の紹介や出力のコツについて説明を受けました。
クリエイティブ・スイートというのは、イラレやフォトショ、インデザインなどを統合した呼び名です。
マイクロソフトのオフィスのようなものです。

出席してみて、ずばり欲しくなりました。
特に外字の使い勝手やカラーマネージングの機能が実践的で良し。
イラレやフォトショの新機能も「そう、これだよこれ」と思わせるものでした。

ただ仕事場に入れるには時期尚早、環境が追い付いていません。
個人で買うにもセットで15万円を越える価格はちょいと厳しいです。
最近は稟議が通りにくくなっているので、しばらくは横目で眺め続けることになりそうです。

セミナーを終えた後はそのまま直帰して、新幹線で東京に向かいました。
日曜に社員の結婚披露パーティーがあるためです。
遠方から行く人はうまい具合に出張を絡ませていますが、こちらは完全実費です。
少々納得のいかない気分ですが、面倒をおこすのも嫌なので、文句は言わないでおきます。

とりあえず今はプチ帰省中です。


manboh4566 at 19:02コメント(0)トラックバック(0)モブログ 

June 23, 2005

その他の雑酒

周知の通り、最近市場をにぎわしている酒です。
発泡酒の下の位置にあって、
麦芽を使用していないのが特徴のようです。
エンドウ豆や大豆を使用しているものが多いのですが、
麦芽に変わるものとして適しているのでしょうか。

しかしこのカテゴリー名はひどいですね。
「雑酒」ってあんた。
さらに「その他の」ですよ。
国が強引にイメージダウンさせようとしている気がしてしょうがない。
それから後に続く「2」って何だ?
ネットで調べりゃ早いんだろうが、めんどくさいのでパス。

ただ皮肉にも不味くはないんですな、これが。
アサヒで言えば、本生ゴールドよりも新生の方がうまい気がします。
下手に発泡酒で粘るよりも開き直ってていいかもしれません。
見方を変えれば、味を操作しやすいってことに繋がるんじゃないかな。
逆に見るとやたら人工的なものを飲まされてる感がありますが。

少々混乱するのは「リキュール類」の存在です。
両者は価格がほぼ同じ。味の違いもなし。
しかし原材料名を見るとかなり表記法が変わっています。
リキュール類は1次的な原料でなくて、加工原料の記載でOKなんですね。
例えば一見チューハイでもリキュール類に分類されているものは
果汁のパーセント表示がありません。
個人的には果汁が多いものを評価するので、この手の商品には困ります。

それにしても自分でビールを買うことって本当に無くなりました。
外で飲む以外は本当にない。
その「生」の正体も実際はどうなんだか・・・。
随分贅沢な飲み物になったものです。
ていうか周りに安酒が増えただけなんですよね。
でもなんだかんだ言ってビールがやっぱり一番なのでした。

manboh4566 at 23:53コメント(4)トラックバック(0)コラムもどき 

June 22, 2005

存在消えてた?

昨晩は世界ユースを無茶して見てしまいました。
が、後半で失速。意識がなくなりました。
朝起きたら負けたとのニュースが。あれまー。

寝起きも気持ちもすっきりしないまま会社に向かいました。
会社の手前にあるコンビニで朝飯を物色していると、
部下の子も買い物してましたが、すれ違っても気が付かないでやんの。
その場で半分固まって額に縦棒が3本くらい出てました。

会社では眠くて眠くて、今日何仕事したんかっていうくらい眠かったです。
実際ろくに仕事できなかったんですけどね。
さすがに下に示しがつかないので、今日は早めに寝ます。
そして4時前に起きてコンフェデ見ます。
って結局同じことやがな。

manboh4566 at 23:03コメント(0)トラックバック(0)今日のワタクシ 

June 20, 2005

ウィルスもびっくり

Musical Baton・・・。
なんかスゴイ現象化してるなーと思っていたら、
いっぺんに三方向からバトンを渡されてしまいました。
おかげで廻す人がおらぬではないかー。
これ、ブログ相手じゃなきゃいかんのですよね。
ダメだ。5人は無理だわ。

とりあえず廻ってきたので、書くことは書きます。
が、悩むなあ。眠いなあ。

●Total volume of music files on my computer

今のところiTunesの中身、25GB。

●Song playing right now

今じゃないけど、ここんとこ良く聞いてるヤツは、

『Starship Trooper/Yes』

「Live At L.A. Forum, L.A., USA 1974 & 1987」収録。
ライブバージョン。しかも海賊盤。中古以外では限りなく入手不可能です。
というか良識のある方は入手を控えるべきですね…。
オリジナルは「The Yes Album」収録で、ずっとタイトなアレンジ。
1987年演奏と書いてありますが間違いです。
どう聴いても1970年代の面子から出てくる音です。
 
●The last CD I bought

最後に買ったのが数ヶ月前なので、記憶が定かでありません。
基本的に4、5枚まとめ買いするのでなおさら混乱状態。

『つくしんぼ(TSU KU SHI N BOW)/PE'S』→未開封…。
『教育/東京事変』→林檎好きの名残、勢いで買いました。
『Drama/Yes』→ボーナストラック目当て。しかし結果は今イチ。
『Night After Night/UK』→テープでしか持っていなかったので、それだけ。

だいたいこのあたりがあやしいと思われます。

●Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me

1.『I LOVE YOU/OFF COURSE』
中学生のときは彼らに浸りまくってました。
『生まれ来る子供たちのために』『YES-YES-YES』『言葉にできない』…。
いろいろあるけど、いつ聴いても新鮮なのはこれですね。

2.『Woman・S/PSY・S』
大学4年間ぶっ通しでハマったユニット。
イントロのカッコ良さとボーカルのクールさに撃沈され、未だ浮かび上がれず。

3.『Show Business/Cymbals』
今まで生きてきた中で最もライブに足を運ばせたヤツらです。
ライブの初っ端で毎度ドカンと撃ち抜かれてしまう曲がこれでした。

4.『Starless/King Crimson』
70年代クリムゾンの最後を締めくくる、哀しくも重いナンバー。
ライブバンドとして名高い彼らですが、この曲はスタジオバージョンの方が良いです。

5.『Luglio, Agosto, Settembre (nero)/Area』
彼らの曲はどれをとってもスゴイのですが、ほぼこれで決まりでしょう。
デビューアルバム一発目のこの曲で彼らのパワーを思い知りました。
そしてDemetrio Stratosという不世出のボーカルはもう2度と…。

ほぼキリンジ絡みで廻ってきたのに、キリンジねーっす。
まだ存続してるユニットだからね。

●Five people to whom I'm passing the baton

無理矢理ですが、勝手にまわずぞー。
勝手に始末してね。
アイコさん
ankoさん
いそえもんさん
まんぼうさん
うら々さん

manboh4566 at 23:29コメント(4)トラックバック(0)音ネタ(邦楽) 

June 19, 2005

ボトムライン

これから今池ボトムラインに行ってまいります。
会社のOBがバンド活動を再開しまして、そのお披露目ライブがあるのです。
BUMBLEBEEというバンド名です。
意味を調べたら「マルハナバチ」と出てきました。
由来は何なのでしょう。響きが良かったからかな。
ブルースハードロックというスタイルらしいです。
どんな音楽なのか正直良く分からないのですが、
何年も会っていなかった人が見に来るみたいだし、ちょい楽しみであります。
日曜じゃなかったらもっと良かったんですけどね〜。

manboh4566 at 14:40コメント(2)トラックバック(0)今日のワタクシ 

June 18, 2005

かっぱ巻きUSB

以前触れた「書込み内容で下のリンク先が変わる」件ですが、
実際に表示されるのはMozilla系等のタブブラウザだけのようです。
なのでIE使ってる方には何のことかさっぱり分からんでしょうね。
Win使用の方はネスケ、Firefoxなどを使って閲覧すると表示されますよ。

で、実験結果。
エロにはヒットしませんでした;当たり前か!?
しかし前回書き込んだ内容にはヒットしました。
「寿司」「魚」あたりにビビッときたようです。
ページを開く度リンク先が変化するのですが、
「Sushi Disk かっぱ巻き(32MB)」が出てきたのは意外!
今時としては物足りないスペックだけど結構高いですねえ。
食品サンプル自体いい値段するからしょうがないか。
これ作ってる「佐藤サンプル」に昔訪問したことがあります。
注文製作について聞こうとしまして。名刺も持ってます。
そういや、寿司ピアスなんてのもあったっけ。

他にはメールソフトのユードラ(フィッシング詐欺対策に安心)とか
ガンダム等のロボットものがリンク先に出てきました。
後者は何故表示されたのか良く分かりません。
どちらにしても見た目ワサワサして、やっぱり邪魔です。

manboh4566 at 21:59コメント(0)トラックバック(1)後日談 

June 17, 2005

かっぱっぱー

サークル◯で買ったピリ辛エリンギ・・・。
ちょうど今食ってますが、かなりしょっぱいなあ、これ。
つまみというよりおかずだな。

会社帰り、またくるくるに寄っちゃいました。
例のごとくかっぱ寿司です。B級バンザイ。
そしてとうとうあのメニューが消えてしまってました。
そう、コンビーフであります。
結局一度も口にせんかったな。いやできんかった。
あれはエグイ。見た目コンビーフじゃないし。

話それまして・・・生魚や生肉ってビタミン豊富らしいです。
野菜をほとんど摂らないエスキモーが平気なのは、鯨やアザラシなどを生で食べる習慣があるからだそうで。
かなり昔、極地で遭難した著名な冒険家一隊が助からなかったのは、生肉(魚)を食べられなかったことが原因でした。
その点ジャパニーズは安心ですね。
生魚はもちろん、ユッケや馬刺も大好きな国民ですから。
これ、「サバイバル」ネタでした。失敬。

そういえば、この間触れた「使えねー」うどん屋ですが、ナメテました。
実体はかなり讃岐度の高い店でした。「はなまる」より上です。
麺の形状、コシはほぼ本場と同じ。値段がもう少し安ければ完璧です。
ただ冷房ガンガンなのは参りました。
冷やしぶっかけ食うのがしんどくなってきましたから。

いやあ、しょっぱかったなー。キノコ。

manboh4566 at 23:52コメント(7)トラックバック(1)食(B級メイン) 

June 16, 2005

はい、今日もです。

コンフェデですね。
昨夜の世界ユースとほとんど同じ時間じゃないですか。
これでも先の試合だからマシといえばマシなんですが。
今朝はあやうく遅刻しそうになったので、明日は気合い入れて起きなければ。
でも本当は寝坊したことよりも道の選択を誤ったことが原因なのです。
ただ間接的にはやっぱり寝坊がイカンと思うので、余裕を持って起きたいですね。
今月はどうも生活リズムが良くないのです。
仕事はそれほど忙しくないのに。

明日は会議でいっぱいです。
とっととケリをつけて、土曜の深夜(世界ユース)に備えたいところですなあ。

manboh4566 at 23:55コメント(0)トラックバック(0)今日のワタクシ 

June 15, 2005

眠いんだけどなー

今日は世界ユースがありますね。
相手はベナン。どこそれ?
調べてみたらナイジェリアの西隣にある国でした。
ゾマホン(懐)の祖国でもあるんですね。
カメルーンやナイジェリアほどの知名度がないので
いまいちピンと来ませんが、この年代のアフリカ勢は
かなりの実力を持っているはず。
苦戦は免れないでしょう。

そもそもユース世代での地域レベルの差はほとんどありません。
今大会でもアジア勢が健闘しています。
日本も過去に準優勝したことがありますしね。
唯一アルゼンチンが4度の優勝というダントツの実績を持っていますが、
今大会ではアメリカに実力負けしています。
オランダに善戦したからといって実力の指標にはならないと思います。

と書いておきつつ、もう2時間後には試合が始まっているんだな、これが。
ついでに4時頃からコンフェデレーションズ杯が開幕ですよ。
どーしろっちゅーねん。
この日、日本代表は出ませんけどね。
今週はハードだぞ。

manboh4566 at 22:27コメント(0)トラックバック(0)今日のワタクシ 

June 14, 2005

おもしろ〜

書き込む度に下に表示されるサイトへの案内。
これ、実に邪魔なんですが、良く見ると書き込んだ内容が反映されるのですね。
つい最近知りました。おせーか。
ということは、意味もなくエロ、エロ、エロ、エロ・・・と書いていくと
エロサイトへのリンクが表示されるのでしょうか。
こればかりは書き込んだ後でないと分かりません。
さて結果はどうなるでしょう。
トラックバックの可能性は結構あるかもね。

ところで、一昨日触れた矢場とんですが、
実は日テレ系で名古屋レポートとして紹介されていました。
多分ズームイン!の番外編的な番組だと思います。
西尾由加利アナと男性アナ(名前分からん)が登場しました。
何を言いたいのかというと、単に西尾アナが気に入ってるというだけなのでした〜。
フジッ子にとって他局のアナウンサーは興味の範囲外なのですが、
珍しくヒットしてしまいました。日テレ初か?
他局アナではNHKの青山祐子アナ以来ですね。
多分好みが王道から微妙にずれてます。
いいね、このはずし加減。って自分で言うかっ!
ナッちゃんは未だに好きだし、割と三十路の熟女アナに弱いのかな。

manboh4566 at 23:01コメント(0)トラックバック(0)後日談 

June 13, 2005

キレイな音楽です

ひっさしぶりですねー。音ネタ。
最近ラーメンに内容が偏っていて、何のブログか分からなくなっていました。
かと言って別に音楽情報ブログではありません。あくまでごった煮です。
ラーメンで言うなら広東麺です。ってまた書いてます。

どうもマイノリティーに走ると自分の首を締めるというか、
不確かな情報を載せてしまう怖れがあるので、選択が慎重になってしまいます。
というのは半分言い訳でありまして、結構このカテゴリーはエネルギーがいるのです。
ジャケ写の取り込みとか調べものとか・・・。ちと面倒。

そんな中この間、部下の女性社員にものすごくロックに明るい子がいることが判明しました。
「子」といっても30歳を越えた人妻なんですが、ローリング・ストーンズをこよなく愛しています。
そこまでなら「まあありかな」ぐらいで終わりますが、それ以降のブリティッシュロックの知識もスゴイのです。
ワタクシの範疇のプログレにまで通じているとは思いませんでした。
しかもブリティッシュ以外にもイタリア、ドイツまで手をのばしているようです。
フランク・ザッパやジェスロ・タルなぞ聴いているのにはびっくりしました。
実は彼らについてはワタクシ、完全に聴き通していないのです。
タルを聴かずして何書くものぞ、ってな感じです。
もう少し彼らを勉強してこの場で触れたいと思います。

とまあ、前フリはここまでにしておいて、と。
今回取り上げるのはRenaissance(ルネッサンス)です。
彼らはプログレというよりもクラシック・ロックという形容がピタリと当てはまるような音楽性を持っています。
アニー・ハズラムの透き通った歌声と、クラシックを基盤としたアコースティックな音作りがバンドの特徴です。
ここでピックアップした2枚は、新生ルネッサンスと呼ばれる面子で作られていますが、この辺の事情を書くと長々となってしまうのでやめておきます。

まず最初は新生ルネッサンスの2枚目にあたる「ASHES ARE BURNING(燃ゆる灰)」(1973年発表)。ashes_are_burning
表題作や「CARPET OF THE SUN」などが最近のライブでも取り上げられる、彼らの最重要作品と言っていいアルバムです。
個人的には1曲目の「CAN YOU UNDERSTAND?」が大のお気に入り。
ジョン・タウトのピアノから始まる劇的なイントロが実に素晴らしいです。
またアニーのボーカルもゆったりした展開からカントリー風なメロディーまで様々なアプローチをみせます。
決してテクニカルな歌い方ではないのですが、その声質に癒されます。
このアルバムは各国でCD化されていますが、ジャケ写のカットが微妙に違っています。
どれか正しいのかは良く分かりません。

もう1枚は「Scheherazade and other stories(シェエラザード)」(1975年発表)です。scheherazade
これはもう表題作「Song Of Scheherazade」で決まりです。
24分を越える長尺な曲で、オーケストラを使った壮大なスケールが魅力。
まるで映画音楽を聴いているようです。

普段はおどろおどろしい音楽を聴いていると思われがちですが、今回のアルバム群はそんな要素が微塵もない健全な音の集まりです。
たまにはこういうのも聴かないと疲れちゃいますからねぇ。

manboh4566 at 22:42コメント(0)トラックバック(0)音ネタ(洋楽) 

ミラードはいずこ

日曜はMacのリサーチに出かけました。
名駅から矢場町にかけて、めぼしいショップに足を運びました。
目的は中古G4デュアルブート最終モデル。
いわゆる「ミラード」と呼ばれるヤツですが、
これが当然ながら全く見つかりません。
あれば即仕事場に導入したいのですが、なかなか難しいようです。
あったとしても20万円以上したりするんですよね。
なかばプレミア商品。
最後のデュアルブートモデルということで、
駆け込みで購入したデザイナーやDTP関連企業が多いのです。
そうそう手放すようなマシンではありません。
ダメか、という脱力モードの中、少々マニアックなMac本を3冊買いました。

帰りは中華街で食べようと思いましたが、8時を過ぎるとどこも閉まっていました。
名古屋の夜は相変わらず早いです。アキバ並み。
止むなく唯一開いていた「龍王」という店に入りました。
ここも中華街の店の一つなのか?ちょっと微妙ですね。
生中と麻婆丼と餃子を注文。
ラーメンが特別価格で300円だったため大いに悩んだのですが、
麻婆丼とダブルでいくのはちょっときついかなと思い、
餃子とのペアリングで我慢しました。
歩きに歩いたあとのビールはやはりうまい。発泡酒とは違うなあ。

ここの麻婆丼はちょっと変わってました。
色はかなり赤々としていて辛そうに見えたのですが、意外にそうでもなく、
唐辛子よりも胡椒の辛さを感じました。
山椒の風味も若干感じるような・・・。
いわゆる「陳さんの」麻婆豆腐、四川風に近い感じです。
ただそこまで胡椒&山椒はきつくなく、食べやすい印象。
以前胡椒の辛さに参った経験があるのですが、これは大丈夫でした。
A評価はちょっと厳しいかな。
でも今までにない味でリピートできそうな存在なので、B+としときます。
餃子は店が自慢している通り結構いけました。少々ボリューム不足なのが残念。

店を出て街並を歩いていると、巨大な「矢場とん」のビルに遭遇しました。
噂には聞いていたけどスゴイことになってました。
以前食べたのは10年近く前でしょうか。あの素朴な店構えは遥か昔。
今はTシャツ他各種グッズまで売っている超人気店です。
名物のご主人さんが普通に外をうろついてました。
行列は御免ですが、わらじ豚カツをまたいつか食べなければいけませんね。

その後栄まで歩いて行きました。
矢場町から栄にかけて、一人で歩くのは久々のこと。
随分ブランドショップが増えたものです。

地下鉄に乗って最寄り駅まで着き、自転車に乗ってしばらくして気付きました。
ライトが無い!消えてる!
消えたというか、盗まれたんですな。
取り付け部品ごと取らずにライト部分だけをはずしたところを見ると、
興味本位の単なるイタズラのようです。
サドルでなくて良かったですが、近所の治安もあなどれませんね。
今後は気を付けようと思います。

manboh4566 at 02:43コメント(2)トラックバック(0)Mac・PC 

June 12, 2005

あれ〜!?

昨晩行った焼肉屋、うちの近くにある店と同じチェーンでした。
前にも本社の忘年会(?)か何かで使ったところなのでした。
コースで頼んだんだけど、一気に出てきたもんだから慌ただしいのなんの。
1時間もしないうちに全部たいらげてしまいました。

ボーリングは一人ずつ100円を出し合って、1位が総取りというルール。
最初のゲームは168点を出して1位をゲットしました。
ところがその後はリズムを崩してしまい、117点。
最後は何と90点という稀にみるスコアに沈んでしまいました。
まさか体力の限界か!?
それでも最初に勝ったおかげで1000円程の黒字でした。

例年もしくは2年に1度くらいの頻度で
本社ではボーリング大会があるはずなのですが、今年はどうなのかな。
大会を取り仕切る人間がいないような気がします。
次は卓球対決をやりたいなあ。

manboh4566 at 23:26コメント(0)トラックバック(0)後日談 

June 11, 2005

一球入魂

今日は休日ですが、これから送別会に向かいます。
先月初めに会社を辞めた現場の先輩(年は向こうが1コ下ですが)のためのものです。
現場の人間だけで行うので、面子は野郎オンリー。
しかも10名以上参加なので、見た目異様に濃い集団です。

今回の主賓は自分の仕事を進める上でキーとなる方だっただけに、
辞めると聞いたときはまさに青天の霹靂だったわけですが、
今日は単純に飲み食いして騒いで楽しみたいと思います。
や〜きに〜く、や〜きに〜く、ヨ〜ロレ〜イヒ〜♪、ときたもんだ。

その方は学生時代、野球部出身で(実際にお互い職場対抗野球にて対戦経験あり)、
軟式ボールに寄せ書きをして贈ることにしました。
こんなに小さいのに10名以上分書き込めるんかな?と最初は思いましたが、
球体だけに想像よりも表面積があって、何とか埋まりきるようです。

問題は書く内容でした。
その方と仕事場が重なったのはたったの5ヶ月程度だったので、
それまで接触らしい接触が極めて少なかったのです。
なので心に響くようなストレートなメッセージが出てきません。
変に訳知り顔な言葉は鼻につきますし、ここは少々Thinking timeを要しました。

マジック片手に頭をひねる私。・・・む。結論が出ました。
書いた言葉は「一休NEW魂!」。
その心は、一休みしてまた新たな気持ちで再出発を、ということであります。
少々眞木イズムが入っているのはご愛嬌。と、眞木準氏にはいささか失礼かな?
一見安っぽい字面ではありますが、
まあそこそこ無難な表現かな、と自負しております。

焼肉のあとはボーリングをするそうで、これまた楽しみです。
酔ってふらふら状態でどれだけやれるだろ。久々だし。
とりあえず150ピンくらいをノルマに設定してがんばります。
つっても景品は出ないけどね(ジュース代くらいは賭けるかな?)。


manboh4566 at 15:06コメント(2)トラックバック(0)今日のワタクシ 

June 10, 2005

とほほな萬珍軒

時刻は午後8時40分。
仕事を終えて犬山を出発した約10分後、◯◯部長から携帯に電話が入った。
1回目はジーンズのポケットから取り出すのに手間取り、応答できず。
車の運転中だし、こちらからかけるのも億劫だったので放っておいたが、すぐに2度目がかかる。
少々嫌な予感を感じつつ出てみると、案の定・・・。

「今どこ。犬山?何してたんだ。とにかく栄まで来てくれ。」

帰宅方向の延長線上だが、ここからまだ40分はかかる距離だ。
本当は途中くるくる寿司に寄りたかったのだが、計画は脆くも一気に吹っ飛んだ。
とりあえず飲みの席に巻き込まれるという最悪の状況ではなかったので、やれやれと思いつつ目的地へと向かった。
9時20分過ぎにやっと到着し、いざ部長を乗せたら酒臭さが充満した。
どうやら帰りの車は専務に奪われてしまったらしい。
それ以前に飲酒なのでどうしようもないのだが。

つまみだけでまともな食事を摂っていなかったようなので、ラーメン屋に行くことになった。
相変わらず2人になるとラーメン屋だ。本当にラーメンづいている今日この頃。
とにかく名古屋エリアのあらゆるラーメンを食い尽くしている人なので、その度違った店を体験することができる。
今宵は「萬珍軒」に行くことになった。地元ではかなりの有名店である。
が、方向は部屋と反対方向だ。正直ちと面倒くさい。
全く道が分からないので、ナビをしてもらいつつ何とか到着すると、夜10時近いというのに店の中は満杯だった。

ここのラーメンは「玉子とじ」というのが最大の特徴である。
そして麺は「超」がつく極細。
一見くどいかと思われるが、ベースがあっさりしているので全くそんなことはない。
玉子がスープの味わいに奥行きを与えている。
バラ肉のチャーシューも、脂身と厚みのバランスが程よく、旨かった。
すげー、という感動までにはいかないものの、名店と言われるレベルにはあった。
飽きのこない味である。リピート客が多いのもうなづけた。

さて帰りであるが、これまた悪い予感が的中。
部長の家まで送ることになった。場所は大きく逆戻りして春日井である。
ご馳走になってしまったし、人事に関する真面目な話もしていたので、ここは素直に応じるしかない。
人事の話題は「ゲゲッ!」と思わせる計画を聞かされたりして、精神衛生上あまりよろしくない。
まあ会社の方針、情報を先取りできるという面はあるが・・・。

結局部屋に着いたときには11時をまわっていた。
今後もアッシーとなる危険性は高い。
夜の上司の電話は、出来れば出たくないものである。

manboh4566 at 23:49コメント(2)トラックバック(0)会社、仕事 
Profile

まーぼ

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ