March 2006

March 30, 2006

本職 3

ISO事務局員の主たる任務のひとつ、
内部監査が今週から始まって3日が経ちました。
この一週間ぶっ通しで行っています。
東京から大阪までまわります。

当然ながら他の仕事はほとんどできません。
優先してやるべきことと分かってはいますが、
さすがにうんざりしてきます。


さて、ここで追加インプレ。

ただいまのところウィンカーの間違いは起こしていません。
まだ慎重な運転をしているからかと思われます。
慣れてきたときが要注意ですね。
現地ではそこそこハイグレードらしく、
意外に装備が充実していて使うたび感動しています。
やはりカロバンとの差はでかすぎ!
(でも運転はしやすいのです<カロバン)

燃費は残念ながら悪そうです。
まだ満タンから乗っていないので正確には分かりませんが、
おそらくリッター8キロくらい。
走行可能距離が出てきますが、あまりあてになりません。
テレビのマラソン中継の、折り返し地点で出した
ゴール予想タイムのようなものです。

支給される交通費を上回ること必至。むむぅ。


明日は本社出社。少しだけ長く寝られてうれしい。
下に降りるだけですから。

manboh4566 at 00:49コメント(2)トラックバック(0)今日のワタクシ 

March 27, 2006

手短か、でもないインプレ 4

つくづくワールドセレクトビアはうまいなあ。
4、5回飲んでも印象が変わらないからこりゃ本物です。

---

日曜に無事納車となりまして、昨日、今日と早速走らせております。
何せ2日間だけですから、走行距離はまだ90kmくらいですが、
ここまでに感じたことをいくつか。

まず…加速がスムーズ。
これまで1300ccのカローラ2とディーゼルのカロバン(いずれも社用車)を
乗り継いできた身からすれば、ごく当たり前なことです。
いつの間にかスピードが出ている感じですね。

シフトショックは加速時ではまったく気になりませんが、
2速から1速に落ちる時にガクンとくるときがたまにあります。
マニュアルモードでは若干レスポンスが鈍い印象です。
他の車でもこんなものなのでしょうか。
エンジン音が静かなので、シフトチェンジのタイミングが難しく、
タコメーターを見まくってます。5速が欲しいなあ。

前評判通り、路面の凸凹を敏感に拾う傾向にあるようです。
シートはおそらく良いと思うのですがどうかな?
ハンドリングは特別クイックだという印象はありません。
高速時にキーンという甲高い回転音が耳に入るのですが、
高速道路に出てみないと確かなことは分かりません。

不満な点の第一はペダル周りです。
足元の少し上がカバーで覆われているのですが、
ブレーキ操作のときに大変邪魔になります。
これがアクセルにまで影響していたら、事故になりかねません。
ここで辺に力が入ってしまうので、シートがせっかく良いのに
結果として疲れてしまいます。いかんよ、これ。

あとボンネットがまったく見えない。
フロントウィンドウが思い切り前にせり出していることも
手伝って、前方の見切りは非常に悪いです。
ただでさえ車幅感覚が不慣れな状況なので、
今のところ駐車にはめちゃくちゃ気を使っています。

また以前と比べ回転半径も増えました。
ボディサイズが大きくなりましたし、
ホイールベースが相当長いので仕方ないんですが。
燃費についてはいずれまた。

と、一見不満たらたらですが、とりあえず「21世紀の」車を体感しています。
今では割と常識的な装備に、いちいち感動しています。
(今までが今まででしたからね)
地味目だと思っていたメーター周りも、夜間にはいい感じになりますし。
何より走っている台数が少ない。これ大事です。

今日の帰り、一つ気になったのは、
「この車で半田屋に乗りつけるのには抵抗があるな…」
今後は夕食代がかさみそうです。

manboh4566 at 23:43コメント(0)トラックバック(0)コラムもどき 

March 25, 2006

納車前インプレ 3

昨日の記事のタイトル、変更してました。

---

さて納車前日なのですが、ろくに乗ってもいないのに
実車が届く前にぶった斬ってしまおうと、そういう試み。

車種=プジョー307・XSブレーク。
タイプとしてはトールワゴンとなります。
ミニバンに近いようなずんぐりむっくりスタイルです。
「ブレーク」とは別に「SW」というシリーズがあって、
7人乗り+パノラミックルーフになっていますが、
自分には不要と考えて通常の5人乗りにしました。

プジョーといえば「ネコ足」と呼ばれる
しなやかなフットワークの足回りが特徴なのですが、
307ではだいぶドイツ車的になっているようです。
ですので、こいつでもってフランス車的な乗り味を語るのは
大いにこっ恥ずかしいことと認識すべきですな。
路面の変化に敏感で、シートもやや硬めとのこと。
ハンドリングはクイックらしいです。

・フロントデザイン307_front
プジョーらしいつり目顔。
206と比べるとだいぶ落ち着いた感じで、後発の607に近い。
出た当時は旧シビックに似た印象で、
正直あまりパッとしないな、と思いました。
知らん人には国産に見えるかもね。
Aピラー付け根付近の立体感が当初目新しかったのですが、
最近は似たような処理をした車が増えてきました。
また去年のマイナーチェンジでかなり大胆な顔に化けました。
賛否両論ありますが、確かに少々やり過ぎな感があるので
前期型でもまあいいかなと。

・リアデザイン307_rear
割と普通ですね。
丸っこい、っていうくらいですか。
あえて言えばファニー系。

・サイドビュー
真横からの写真がないのが残念ですが、
Aビラーが相当に寝ています。
よって前席側は三角窓状態になっています。
そしてフロントウィンドウがばかでかいです。
今のプジョーの特徴が良く表れていると思います。

・インテリア307_interia
センターコンソール等、今となっては平凡な印象。
この車で一番不満な部分ですね。
ブルーがかったダッシュボードがポイント。
飽きにくいとはいえるかな?

以上。オチなし。

manboh4566 at 22:10コメント(2)トラックバック(0)コラムもどき 

March 24, 2006

とりとめなしお君 3

今週は寝覚めがよろしくありません。
粘りに粘ってからガバッと起きています。
でも15分前には出社してますよ〜。

昨日はしっかり残業して議事録をまとめました。
まとめたつもりだったのですが、
帰路、内容の抜け落ちに気付いたので、
今日は朝から再度議事録に従事。
10時頃完成し、社内LANで回覧を済ませました。

その後ISO内部監査用のチェックリスト作り。
ほとんど進まぬうちに衛生環境関連の業者がやってきました。
捕虫について、うちの工場をくまなく
チェックしていただけるとのことで、
案内を担当したところ、思わぬ長丁場となりました。

バカ丁寧に見てまわってくれるもので。
いや、有り難いことなんですけどね。
はしごを登って工場の屋根の上に立ったのですが、
ちょいと怖かったです。

結局調査が終わったのが14時40分くらい。
今後の打合せを含めると15時30分。
予想外じゃ。

デスクに戻ってあれやこれやした後
すぐさま16時ころ検品のため製品検査室に向かいました。
部署内のノルマで、今週中に各自3ケース分を
検品しないといけないのです。
おいらぁまだ0ケースだでかんわ。

内容はパウダー不良のチェックです。
と書かれても訳分からんと思いますが、
フィルムにパウダーの固まりが付着していないか見るわけです。
(フィルムの滑りをよくするためにパウダー自体は必要)
どうしようもないものは不良品として処分。
なんとかなるものは特製の棒を使って
パウダーを拭き取ります。

これ結構時間かかるんですよね。
2時間半くらいかけて1ケースが限界でした。
袋の数にして1500くらい。

やれやれとデスクに戻ってチェックリスト作り。
しかし1時間程でPCが落ちました。
何じゃこりゃ〜と、20時前で本日の業務終了。

前日、少々晩飯に金を使ったので
この日は半田屋で済ませました。
おかずの選択で失敗。ひじょーに不味かったです。
途中CD屋に寄り、何と楳図かずおの音源を発見!
懐メロ系のディスクとともに購入しました。
こいつは聴き次第インプレ起こす予定です。

22時過ぎに寮到着〜。

よくもまあたらたらと。
書いてる途中で後悔しました。

manboh4566 at 23:56コメント(0)トラックバック(0)会社、仕事 

平坦、平凡、平和? 2

最近ブログを投稿するときに
あらかじめ下書きをするようになりました。
保存しておけば後からバックアップを
取らずに済むのが一番の理由です。
あと何となく冷静に考えられるので、
感情的な内容に走りにくくなる気がします。

ただ実はここのところ沈みがちなのですよね。
気分(=星の数)に表れてはいませんが、
つまりは突発的なわけです。

まあくだらんことです。
過去にとらわれているのです。いろいろと。
あれやこれや思い出すと何だか、こう
無性に切ない気分になるわけです。
と、非常にけむに巻いた表現をしてますが
スマン。ディテールはダメ。

こういう気持ちを助長させる原因は
平坦な毎日にあると思うのですね。
アスファルトで舗装された道のように真っ平らな。

いくら平坦でも、たまに石ころを踏んづけて
ひょこっと乗り上げるくらいはあるもの。
でも今現在たまにあるのは窪地に一瞬はまるくらい。
それもごくちっさいヤツ。
どっちにしても平らな中にマイナスが少々って感じ。

人というもの、どれだけの浮き沈みがあれど
プラマイで見ればゼロだと、良く言います。
ならばその抑揚の激しい方が
幸せなのかもしれない。
どん底で事を終えるのは確かにゴメンだけれど
酸いも甘いも知った方が得なんじゃないか?

その意味で考えると
なかなかに不幸である自信あり。
と、自慢することじゃありませんが。

「今日は何もない良い一日でした。」
有名なコピーがありますが、これを心から
実感できる人はどういう境遇の人なんでしょう。
自分はそうではないのかも、と思い始めています。

manboh4566 at 01:47コメント(2)トラックバック(0)コラムもどき 

March 22, 2006

ルイガノっち放置プレイ 3

昨晩、飯を食おうと外に出たはいいが、
あるはずの自家用車(今現在はチャリ)が
いくら探せどもない!ない!ない!

何でだ???
普段入り口はシャッターで締めてあるしなあ。
結構奥に停めてあるからそうそう目につくものでもないし。
まさか寮の連中が勝手に???
いやさすがに鍵かかったままじゃ無理だよな。

最後に自転車に乗った日を必死に思い出すのでした。
するとおぼろげながら記憶が…。

地下鉄の駅に停めっぱなしくさい。

その日の朝は通勤用の車を他人に貸していたため、
自転車に乗って駅に向かったのでした。
車がその日の午後に戻ってきたので、
帰りは車に乗って帰り、自転車は…そのままじゃん!?

2週間も前のことです。

こりゃやべーなと、
なかばあきらめ加減で駅まで歩いていったのですが…。

ありましたよ。普通に。
やっぱり日本ですね。
(大阪あたりじゃ微妙ですが)

置いてきぼりくらわしてゴメンゴメン。

manboh4566 at 23:49コメント(0)トラックバック(0)後日談 

March 20, 2006

レビューでポン(後編) 3

前編始めちゃったので、とりあえず締めとかなきゃね。ipod_xx2
iPodのために浪費したアイテムのレビュー、後編です。

黒い箱は「AV Connection Kit」という代物で、
ドックを介してオーディオに接続できる純正キットです。
12500円…高いなあ。
同時に充電ができるので重宝しています。
MacでiTunes再生させるとファンの作動音が
バカにならない程うるさいのですが、
こいつでつなげば寝る前も静かに再生できるのですね〜。
映像もオーケー。(しかしまだデータなし)
付属のリモコンは最小限の機能のみで、
無いよかマシかな、といった程度です。
ケーブルは純正のものからオーディオテクニカ製の
市販品に交換しました。効果は…???

真ん中のイヤホンは、純正が不満で購入しました。
3980円くらいかな?
最近増えている「カナル」型ってヤツです。
周囲からの遮音効果は高く、かすかな音も良く聴こえます。
ただ使っているうちにどうしても緩んでしまうのですね。
イヤーピースの調整で解決するのかなぁ。
(小・中サイズは試しましたが)
どちらにしても耳掃除をこまめにしないといけないし、
ネックストラップも少々邪魔なので
最近また別のイヤホンを買いました。奮発しました。
というわけで短命でした。
でも音質は割と良いので気が向いたら使うと思います。
問題は使い勝手だけ。まあそれが重要なんですけど。

一番下のは「Radio Remote」といって、
純正FMチューナーです。リモコンも兼ねています。
まだ移動中に使ったことがないので
受信感度の善し悪しは分かりません。
とりあえず部屋の中では聴くことができました。
他にイヤホンも付属しているのですが、
iPodに最初から付いているものと全く同じ品です。
率直に言って無駄です。アップルの意図が読めません。
これで5800円なのは納得できん。
イヤホン抜きでもう1500円くらい安くすべきです。
現在はチューナーというよりリモコンとして利用しています。
ただし機能は最小限。ボリューム調整くらいですね。

合計22000円超ですか。
まだ終わらん予感。

manboh4566 at 23:43コメント(0)トラックバック(0)Mac・PC 

March 19, 2006

世界ボクシング協会にあらず 3

WBCと略されると知らん人は訳分からんだろうと思うのですが、
それでもここ数日でかなり認知度が高まっている模様。
オリンピックより盛り上がってる気がします。
次回以降もこの調子ならば、オリンピック競技から消えても
そう悲観することはないのでは?

そんなワールド・ベースボール・クラシック、
準決勝の日本VS韓国の視聴率が36%に達したとな。
確かに楽しめました。
なかなか点が入らない試合はとかくつまらないものですが、
あそこまで緊張感があると勝手が違ってきます。
7回途中まではどちらに勝負が転んでもおかしくない展開でした。
日本の快勝は素直に嬉しかったです。

しかしながら…
この大会の運営方式には妙な部分が多いです。

6勝1敗の好成績にもかかわらず準決勝敗退となるシステム。
これ自体はサッカーW杯も近いものがあるので
一概にダメとは言い切れません。
問題は同じ相手と3度も対戦しなければならなかったことです。

2次予選リーグの組み合わせ方がまずおかしい。
1次は移動や日程の制約上、地域ごと固めて行うのは分かります。
しかし2次になれば全チームがアメリカに乗り込むわけですから、
万遍なくシャッフルすることは可能なはずです。
例えばA組1位、B組2位、C組1位、D組2位といった具合。
ところが現実はA組1・2位、B組1・2位という組み合わせです。

さらに決勝トーナメントでは、準決勝でいきなり
2次で同じ組の1位と2位があたる仕組みとなっています。
サッカーW杯をはじめ、予選リーグを踏まえた大会では
対戦の繰り返しを回避するためトーナメントのブロックを
クロスさせることが常識となっています。
夏の甲子園の初戦を東西対決に振り分けるのも、
同じような思想に基づいたものです。

韓国のメディアが指摘していましたが、
どうもアメリカの陰謀という線がおおいにありそうです。
この運営方式ですと、組み合わせが決まった時点で
アメリカは決勝に進むまで中南米の優勝候補国
(ドミニカ、ベネズエラ、キューバ、プエルトリコなど)
と対戦しないで済むのです。
どう考えても不自然極まりません。

誤審騒ぎを始め、今大会はアメリカのジャイアンぶりが
目立ちました(選手ではなくその周り)。
そのしっぺ返しか、メキシコに呆気なく敗れたのは何とも皮肉。
日本が勝ち上がったのも、一方ではまあ…何ですが。

仮に日本が優勝したとしても、
そこで慢心してはいけないように思います。
ここまでの4勝3敗という成績は決して褒められるものではありません。
しかも同じ韓国という相手に2敗を喫しています。
決勝でキューバに勝つことはとても価値があることですが、
「世界一」という称号にはためらいを感じるのです。
自分が受け取る訳じゃありませんが。

次回からは誰もが納得いく運営をお願いしたいですね。
そこが解決すれば大会は確実に継続していくだろうし、
野球人気復活もありえない話ではない。
国を代表する檜舞台の増加と大リーグ神話の崩壊により、
有力選手の流出を食い止める策になるかもしれません。

manboh4566 at 23:55コメント(0)トラックバック(0)運動競技 

サトミ 4

つまり「サ」と「ミ」。
さらに言えば「サイレン」と「ミュンヘン」。
別に短縮する意味はありませんが。
ここ最近立て続けに見た映画であります。
微妙に韻を踏んでおります。

---

「サイレン」はたまたまやってまして、
行った時間帯にいいものがやってなかったので
気紛れなノリで見てみました。

音で怖がらせる、という触込みでしたが、
コロナワールド程度では効果薄だったようで残念。
少々演出に頼った怖がらせ方でした。
森本レオの演技がなかなかキテましたよ。

ではストーリーはイカンのか?と問われると、
確かにどんでん返しな展開に一瞬「へえ」となるのですが、
落ち着いて考えてみると無理が多い。
きっかけとなった島民消息不明事件の正体が
アレではなあ。浅い浅い。
原作がゲームということの限界でしょうか。
そういうことを望む映画ではないのかな。

怖さを味わう点ではまずまずの線をいっていると思います。
個人的にはゲジゲジが気持ち悪かったですね。

---

翌週に見た「ミュンヘン」は評判通り良かったです。

非常に泣けました。嗚咽に達しそうな程。
いかにもお涙頂戴なシーンがあるわけではありません。
バイオレンスな場面で泣けてしまうのです。
「実話に基づく」のがおそらく効いてますね。
その分事情通だとかえって感情移入できないかも。

あらすじにはこれといったヒネリはありません。
割と素直に、淡々と流れていく印象。
ヒューマニズムを下手に論じるのは趣味でないので、
てかそこまでの知識や思想もないので、ここでは触れません。
とにかく見て感じることですな。

---

と久々に映画漬けなワタクシですが、
昨晩は何と「北斗の拳」を見てしまいました。
これについては後ほど…。

manboh4566 at 18:33コメント(0)トラックバック(0)映画・動画・TV・本 

March 15, 2006

顔ちっちゃいねぇ 3

久しぶりに出張で汐留へ行ってまいりました。
行ったはいいのですが、先方の準備が滞っていて
詰めるべき内容まで踏み込めず、
何ともあっさり終了してしまいました。
はるばる足を伸ばした意味なし。

個人的に中休みにはなりましたが。

帰り、日テレの前を通ったら
離れのスタジオで公開生放送をしてました。
良く知らないけれど、どうやら中山ヒデが司会らしい。
関東ローカルくさいです。
他には木村兄さんもいました。

そして、何と倖田來未がゲスト出演してました。
あまりに突然で興奮はしませんでした。
それほどエロい衣装じゃなかったしね。
ただピンポイントで遭遇できたのはラッキーでした。

ほとんど後ろ姿しか確認できませんでしたが、
全体に小さい人だという印象でしたね。
すごく華奢で、特に顔が小さい。
タモリの決め台詞が突いて出てきそうです。
この方が今現在オリコンチャートのトップに
君臨してるわけですな。ほえー。

実感。やっぱ東京だわ。

manboh4566 at 23:46コメント(0)トラックバック(0) 

March 14, 2006

ナゴヤ人となり、納車延びる。 3

ドジというか、無知な話でして。
住民登録、変更していなかったのが凶と出ました。
このままじゃ車庫証明取れんとです。

明日転出届を受け取って(親父、郵送手配サンキュー!)
明後日、東京出張行きがけに役所に寄って
住民登録を済ませ、新たな住民票をもらう予定。
これで何とかぎりぎり月末納車です。
そしてイコール、名古屋人への仲間入りです。
さいたま人としての証がまた一つ消えてしまいます。
(残すは本籍地だけ?)

しかし後になって雑誌を眺めてみたんだけど、
自分のヤツかなりお値打ち価格だぞ。
ホントにだいじょーぶなのか!?
別な意味でドキドキしてきました。

あ、任意保険も解決してないや。
ショップの店員さんが盛んに薦めてくれるんですが、
皆さんそういうの無視して自分で探すんでしょうか。
上司の言うに、ア◯リカンホーム・ダイレクトがいいらしい???

ちなみにこれまで自分の車を持ったことがなかったおかげで、
この歳にして何と6等級!保険料高っ!
車両保険を重装備にしたら余裕で年間10万円越え。
さすがに中古でこれはアホらしいので、
車両は無しにしようと思うのですが、どうでしょうねぇ。

manboh4566 at 01:57コメント(8)トラックバック(0)後日談 

March 12, 2006

足が地につきませんで 3

今年も部屋の前をマラソンランナーが通り過ぎていきました。

---

さてこの土曜日、車で15分程のとある場所で
フットサルをしてきました。
自分は戦力ではなくあくまで補充要員ね。
サッカーはほとんど経験がありませんので。

オファーがあったときは何となく「行くよ」と打診したものの、
前日は億劫な心境でしたねぇ。

当日は汗ばむくらいの陽気でした。
いざ始めてみたら体は動かんは、動体視力麻痺してるは。
簡単なトラップでさえおぼつきませんでした。
何度天を仰いだことか。

動き出して30分間は、急激な運動がたたって
筋肉、心肺機能ともに悲鳴を上げていましたね。
気分わるぅってな感じでした。

1時間後にはだいぶ体がほぐれてきましたが、
いかんせん技術が足りない。
それでももう少しドリブルで仕掛けていくべきでしたね。
やはり自己表現が大事なスポーツです。

21日には長久手で試合があるそうな。
一応声をかけてはもらったけど、どうしましょう。
あまり足手まといになるのもねぇ。

今現在そこそこ筋肉痛がやってきてます。
明日はさらにどうなることやら。
何せ歳が歳ですから…。

manboh4566 at 21:09コメント(0)トラックバック(0)運動競技 

1年4ヶ月前の自分 4

夜半からこんな夜更けまで、延々と己の過去の投稿を読み続けておりました。
本当の目的は「バックアップ」です。
万一サーバーが落ちたら、これまでの投稿はキレイさっぱり消えてしまいます。
折角の記録が水の泡となってしまってはたまりませんので。

いざ読んでみますと、我ながらなかなかに興味深い。
今回は2004年11、12月分を保存処理したのですが、結構忘れていることもあるのですよ。
特に当時の心境。
あー、オレはこんな体温で過ごしてたんだなあって。
セミナーに通ってたこともあって、かなり気を使いながらまとめてたみたいです。
コラムも気合い入ってますねぇ。

決して多くはないものの、レスも楽しませていただきました。
同じ人でも当時と今ではトーンが違ってたりして、
やはり確実に時は流れているんだなと思いました。

最近は直情的な中身に偏っている気がします。反省。
とにかくいい刺激になりました。

manboh4566 at 04:50コメント(0)トラックバック(0)今日のワタクシ 

March 07, 2006

侮れぬ473 3

染めものに使った塩が余って困っています。



それにしても改めてスゴい、半田屋。
473円分で相当腹いっぱいになりました。

内訳は
・カレーうどん
・ホイコーロー?
(チンジャオロースのところにあったがどう見ても…)
・あなご天ぷら
・しいたけ天ぷら
・ごはん(ミニ)

食い過ぎか、こりゃ。

まずカレーうどん=158円が異常です。
しいたけ天は思いのほか肉厚でキテました。
ごはんはミニなれど、普通のごはん茶碗いっぱい。

てなわけで量的には素晴らしい。
味はまあ、それなり(不味くはない)。
客もまあ、それなり(オレもか)。



明日は朝礼スピーチです。

manboh4566 at 23:00コメント(0)トラックバック(0)食(B級メイン) 

March 06, 2006

道はちょっと重いので 3

帰る途中いろいろネタが浮かんでたんですが、
部屋に着いた途端見事に消えてしまい、お口あんぐり。

実はひっそりとタイトル変えてました。
引き続きよろしくね、と。

manboh4566 at 22:58コメント(2)トラックバック(0)ごあいさつ 

エーゲブルー

お約束のカラーです。この色だけで種類が分かった方はエライ。

車、とうとう決めてきました。
他に二、三ほど未練のある車がありましたが、価格の手頃さとユーティリティの高さで振り切りました。
元々欲しいヤツではあったので、まあ良しとします。

書類が面倒だー。


manboh4566 at 00:07コメント(7)トラックバック(0)モブログ 

March 03, 2006

レビューだわっしょい(前編) 3

ipod_xx1レビューという言葉、
日頃ISOにどっぷり浸かっているワタクシからすると
いささかウンザリする言葉でありまして…。
マネジメントレビューがあーたらこーたら、なんてね。

ま、そんなこたぁ置いときまして、
iPod周辺機器のレビューなどをちょこちょこと。
というのも、ここ最近盛んに買ってしまっているのですよ。
金額的にはタカが知れてるレベルなんですが、
点数だけはモリモリ増えていくのです。

では以前買ったものから順に、今回は3点いってみよー。

---

最初の品は、iPodのDockコネクタにつなぐFirewireケーブルです。
本当はこの前にDockコネクタ接続のACアダプタを買ったのだけど
実際使ってみたら全然充電されないでやんの。
エラいもの掴まされたよ。
で、このケーブルを買い直して、無理矢理昔のiPod用ACアダプタにつないだ次第。
充電は無事行えました。
ケーブルが巻き取られる構造になっているので、
普段使わないときはコンパクトになり大変便利です。
ただ次回紹介するAVコネクタキットを最近買ったために、
旅行や出張時以外はほぼお役御免になってしまいましたとさ。

次の黒い物体はFMトランスミッターです。
iPodの音声をFMラジオから拾えるようにする機器ですね。
車のシガーソケットに差し込むタイプで、
電源がそこから供給されるため、
バッテリー消費を気にする必要がありません。
電波発信源が至近距離だからでしょうか。
意外や意外、受信はとても安定しています。
周波数設定はバックライト付液晶で確認でき、操作もシンプル。
音質は…今の車の再生装置があまりにしょぼいので判断できません。
イヤホン端子よりDockでつないだ方が音質が良い、
という噂がありますが、本当なのでしょうか?

ラストはiPod本体…ではなく、クリアケースです。
シリコン製が多く出回っていますが、こいつはプラスチック。
ケース自体は特に感動的なものではありません。
ブラックに合うものが無かったので、消去法で選んだ感じですね。
それより付属の保護フィルムに感動しました。
特にクリックホイール部分に貼るヤツ。
押し心地が良くなって、手探りでも操作できるようになりました。
やっぱり道具ですから、最後は使い勝手が大事なんですよね。

---

以上、総額1万円くらいかな?
前編は純正品もなくこじんまりとした内容でした。
後編はもう少し重厚なものになります故。チョメチョメ。

manboh4566 at 01:49コメント(0)トラックバック(0)Mac・PC 
Profile

まーぼ

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ