March 11, 2012

初ハーフマラソンを終えて

未曾有の大震災からちょうど1年の本日、
五輪代表選考レースである名古屋ウィメンズマラソンと
同時開催の市民レース、名古屋シティマラソンに参加しました。
10kmとハーフの2つのカテゴリーがありますが、
当然(?)ハーフの出場だがね。

まずスタートの会場は人、人、人…。
名古屋シティマラソンだけで1万5000人、
加えてウィメンズマラソンにも1万5000人が参加ですから
1カ所に3万人近い人が集結していたわけです。

会場の名古屋ドーム&駐車場は室内のトイレが解放されておらず、
仮設トイレだけだったため、行列が尋常でなかったです。
自分が並んだ時には4、50分待ちの状態でした。
スペースマウンテンかっつうの。

制限時間は3時間。
10km1時間強のペースでいけるなら
後は流しても何とかゴールできるだろうと思っていました。
しかし現実は甘くなかったです。

スタート位置から足かせがありました(自業自得だけど)。
登録時にゴール予想タイムを申請するらしく、
結果的に最後尾のグループに入ることに…。
号砲がなってから正式なスタートゲートにたどり着くまで
10分近くかかってしまいました。
ただでさえギリギリなのにこのロスは大きい。
ちなみにゲート近くで河村市長が手を振ってました。

スタートしてだいたい1時間20分後に10kmを通過。
ロスした10分を考えるとまずまず予定通りの前半でした。
しかし後半にハーフの厳しさをまざまざと知りました。

10km以降、筋力の限界がドドドッとやってきます。
苦しいということは特に無くて、とにかく足が出なくなります。
で、自然と歩きがメインになってきます。
歩くと走り出しがしんどくなります。
走り出してもそう長く続きません。
身体が急に冷え出すのでそこでも体力を消耗します。

あと足の筋肉とは別に、足の指や裏にダメージを受けます。
疲労では無く直接的な痛みで走りにくくなってきます。
ゴール後確かめてみたら親指の爪の部分が
内出血で真っ黒になってました。
小指の裏もまめでプニプニ。10kmではここまでなりません。

結果、なんと3時間以内で走り切ることができませんでした。
おそらくですが、わずか1分程及ばなかった模様…。
ゴール20m手前で脇の歩道に誘導されました。屈辱なり。
ほぼほぼ走り終えて記録なし、記念品なしですから天と地の差です。

教訓。
・練習しないとやっぱりダメ(10kmはごまかせてもハーフは無理)
・14、5kmくらいまでは何が何でも走り続けるべし
・歩き始めても出来る限り走りを入れる根性が必要

後半はモチベーション不足を感じましたね。
頑張る気力が完全に萎えてました。
正直、今のところ来年のリベンジは全く想定してません。
ホントにまあ疲れましたわ。

manboh4566 at 19:56コメント(0)トラックバック(0)運動競技 | 今日のワタクシ 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

まーぼ

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ