関西ネタ(過去形…)

December 20, 2004

やっと行けました。

大阪に来て一度は間近で見ておきたかったもの。
それはUSJでも食い倒れ人形でも道頓堀でも通天閣でもない。
「仁徳天皇陵」である。
面積にして世界最大級を誇る墳墓。これを見ずして大阪を離れる訳には行かない。

この日も若干寝坊してしまったのだが、ふとこのことを衝動的に思い立ち、昼を食べたらすぐに出かけようと決めた。
しかしここで思わぬ妨害が。「オレンジデイズ」の再放送だ。
ここで柴崎コウに心奪われ、不覚にも出発時間が1時間以上遅れてしまった。

結局現地についたのは午後3時を過ぎた頃。
曇り空は早くも夕方のおとずれを感じさせた。少々焦り気味。
外堀沿いの遊歩道を歩く。途中気が向いたらデジカメで撮影。yuhodo_annai.jpg
すると案内板を発見。古墳の周囲は何と約3km弱!? 普通に歩くだけでも30分はかかるでないの!
遊歩道に沿って隣接した小さめの古墳も撮りつつ歩くが、あまりゆっくりもしていられない。
肝心の仁徳天皇陵は、フェンスが厳重にしてあって、しかも外堀が二重になっているので、本体は全く見えない。
メインの被写体は全く撮れないまま、延々と歩く。
old_car.jpg
(右写真)遊歩道で懐かしの旧プレジデントを発見。まだ現役っぽいね。

そのうち大仙公園という広々とした公園に到着。
ここも小さいながら数多くの古墳があり、いくつか撮ってまわる。
そして仁徳天皇陵の前方部正面に到着。やっと本体の見えるところまでやってきたぞ〜。nintoku_shomen.jpg
しかし入口らしいものはなく、少し中に入った所に鳥居と門のようなものが存在するだけ。
そこから先へはもう入れない。ぱあっと広がった絶景が広がっている訳ではなかった。
天皇の墓というだけあって、宮内庁がしっかり管理しているのである。
しかし間から覗いた前方部だけ見ても、規模が尋常でないことは分かった。
これが人造の山(?)とはねえ。すんごいもんだわ。
本体を覆うおびただしい密度の木々は、不気味ともいえる生々しさを伝えていた。
植林された人口の山とは明らかに違う植生は、古代の姿をそのまま残しているようだった。
万人を寄せ付けない何か神聖な迫力を感じずにはいられなかった。

その後、履中天皇陵へ。こちらは堀が1重だけなので本体がずっと見やすい。
平坦な住宅地域に、いきなりこんもりした山が出現する風景はどこか異様だ。rityu.jpg
この古墳もかなりでかい。堀も広く立派なものである。
しかし周囲を歩いているうちに、デジカメの電池が切れた。
おまけにかなり暗くなってきたので、携帯で撮るのも無理になった。
もう歩いて自分の目で見る以外手段はなくなった。やむなし。
ここも前方部正面に鳥居と門のようなものがあって、そこから先へは入れなくしてあった。

後は最寄りの駅から家へと戻るだけ、と思っていたが、阪和線沿線にもこじんまりとした古墳がちょこちょことあるので、どうしても無視できず寄り道することに。
結局隣の駅まで歩いてしまった。
歩きついでにその近くにある御廟山古墳に寄った。
こいつは前の2つの古墳と比べるとだいぶ大きさで劣るが、堀が見事で、全体像も良く分かる。
早い時間に来れたらいい写真が撮れたかもしれない。

以上、この日は歩きに歩いた。
古墳なんて見ても退屈だろうという気持ちが少しあったが、実物を見たら見事に払拭された。
とにかくスケールを感じさせる、圧倒されるものを見るのが好きなのだ。
帰りに梅田で古墳の本を探したのだが、これだというものが見つからず残念。
次は応神天皇陵を見に藤井寺に行きたいところだが、もうそんな時間はないだろう。
とにかく見たかったものに出会えた。それで良しとするべ。

manboh4566 at 20:46コメント(4)トラックバック(0) 

December 17, 2004

カウントダウン始まる

12/16を持って所属部署が変わりました。
実際なら愛知の犬山に顔を出しておかなければならないところ、
いつもと変わらず大阪に出勤。
だって引き継ぎもろくに済んでないしねぇ。
ただうちの部長から電話でちくりと注意をくらいました。
来週頭には一度顔を出すことに。
引越しもやっと見積もりを取り始めて、いよいよ異動モード突入。

そんなこんなで1年半大阪にいたわけだが、関西カテゴリーがいまいち増えていない。
というわけで今日は何かしら書くぞー、おー。・・・なかなか思いつかんぞー。
中途半端に住みつくとだんだん新鮮さが薄れてくるみたいですね。
かといってあちこち探索したわけでもなく、結局なんばから南にはほとんど行きませんでした。

んー・・・色々考えてみると、やっぱり路駐は多いかな。信号無視も。特に近所はきてます。
あと店の営業のしゃべりがうまい。油断するとコロリとやられそう。
スーパーで見知らぬオバちゃんに話しかけられたりもします。

食をテーマにあげると、まず・・・。
細かいようだが、回転寿司でおろしをトッピングしてあるものが多い。
最初はちょっと違和感ありましたね。薬味ってことか?
それからこれは良く例に出されるけど、はんぺんがない。これは名古屋も同じだね。
ついでにちくわぶも。この2品は関東限定って感じなのかな。
前にも書いたかもしれないけど、大阪は牛肉文化。
よってビーフかつがポピュラー。関東ではごくごく少数です。
肉じゃがは大阪では牛肉だが、関東では豚肉です。肉豆腐もしかり。
そして何と行っても牛すじ。こいつを関東で食うのは難儀でしょう。

何かもっといいネタあって良さそうなんだけど、いまいちだなあ。
残るはあと半月です。

manboh4566 at 00:07コメント(3)トラックバック(0) 

November 27, 2004

まーた飲ーみでーす

いやーちゃんと早起きできて良かったわい。
ゲスト参加した会議を取り仕切るのは入社3年程の若い女性なんだけど
これがしっかりものでやることが実に細かい。
もともと頭が切れるのは知っていたけど、天分ってものもあるのかも。
あーいう流れを期待してるのね。できんのか、オレに。

しかし事は着々と進んでいるようだし、覚悟はせなあかん。
今後はADではなくてブルーカラーに染まるのです。
これからは工場通い。一応主任から係長にはあがるそうな。
あーこれでいよいよデザインから身を引くことになるのか。
社長直々の指名らしいので仕方ないですな。

本来午前中で終わるものと思っていたのに
遠く離れた工場に引っ張られ、大阪戻りが4時半になってしまいました。
今日あげなければならないデザインが全く手つかず。悪夢なり。
それにしても眠い。1時間だけの新幹線移動は中途半端でいかん。
眠さと経験と勘と下手に覚えた要領で3時間程でデザインアップしました。
まあこんなこともたまにはあるわけで。

9時頃からいつもの(週2回くらいは行ってるか?)お好み焼き屋へ。
今はおでんがうまい。結構しっかり味なんよね、ここは。
前に「名刺作ってよ」とおかみさんに頼まれたきりそのままだな。
大阪去る前に渡しておかないと。忘年会もここでやるし。
今年は久々に忘年会の嵐の予感。最大のヤマは12月13日・・・専務出席デー。

今回は全然カテゴリーと関係なさげ。
でも後何回ここで飲めるのか考えると、寂しくなるね、やっぱり。

manboh4566 at 00:33コメント(2)トラックバック(0) 

November 02, 2004

改装一段落

ここ最近、飲食チェーン店の改装ラッシュ続きでしたが、
ようやくラインナップが落ち着きました。

まず「めしや丼」→「やよい軒」の変化。
これは前とほとんど差がありませんね。メニューも方式も。
ちょっと和風なメニューが揃ったかな、という程度。
相変わらずおかわり自由というメリットはでかいです。
誘惑のもと。諸悪の根源。ちくしょー3杯食いてー。

次に変化を遂げたのは「ちりめん亭」。
「“中華食堂”ちりめん亭」に変わりました。
メニューはラーメンのバリエーションが減った模様。
そのかわり焼きそば系が加わりました。
まわりでは「ちりめん亭」をなめていますが、個人的には割と評価してます。
いい加減こってり系に飽きた時、「ちりめん亭」のあっさりさはポイント高いです。

最後に「なか卯」。こいつが一番大規模な改装をしました。
「ごはん処なか卯」と微妙に名称を変更。
メニューがかなり増えました。カツ丼、ハヤシライス、温かいそばなど。
今日が改装初日だったので、早速足を運びました。
豚あいがけカレーライスと小はいからうどんを注文。
あー、普通に量を頼んでしまっている・・・。
しかも今までのなか卯でも注文できそうなメニューだ。意味ねー。
とにかく改装初日ということで店員の気合いが違ってました。
注文を受けると全員がユニゾンで復唱。ビビります。
これ、客が自分1人だったら気恥ずかしいよなあ。
とりあえずかっこんでお金を支払いにレジへ。
レジには店長がおりました。それが何と若い女性。
いやあ、たいしたもんだと感心。同時に大変だろうなあとも。

これで改装ラッシュも一段落ですが、一方で吉野家の行く末が心配です。
なか卯の頑張りを見ているといかにも元気がない。
経営危機もまんざらウソではないようです。
どう考えてもメニューの魅力に欠けます。店に入るときの期待感がない。
ラインナップを増やしても肝心の味がひどい。
この辺りすき家となか卯に相当差をつけられていますね。
結局安いだけで客が飛びつく時代ではなくなったのでしょう。
マクドナルドも然りです。

とりあえず今はケンタッキーができることを希望。
それからバーガーキングをもう一度食いたいなあ。
やっぱり渡米しないと食えないんだろうねえ。

manboh4566 at 00:16コメント(5)トラックバック(0) 

October 19, 2004

エロちらし

いきなり何だと思われるかな?
共通テーマに「アダルト」を選んだら、詳細テーマの見出しがまた色とりどりで面白いですね。
どこまでが冷やかしなんだか分かりません。

えー、とにかく文字通りエロちらしについて。
都内の特定地域と比較すれば大したことはないでしょうが、我が居住区である新大阪界隈でもその量は膨大です。
毎日ポストの中に数枚は必ず入っています。
新大阪というとオフィスビルとビジネスホテルがずらり、といった印象が強いかもしれません。
でも実際はちょっと南下すれば即風俗地帯なのです。
私はその間の地域で生活しています。家族が生活するのに適した場所ではありませんね。
さらにもう少し足を伸ばせば風俗の本場、梅田・十三があります。
最初はちらしのあまりの多さとバラエティーさにコレクションしようとさえ思いました。
ちらしを持ち帰るのが見つからないように、そそくさとね。
別にそれを参考にどうかしよう、と思った訳ではありませんよ。いやホントに。
みうらじゅんがエロスクラップをせっせと作ったのと近いかな?
似ているようで一つ一つ違うちらしには、あくなき商魂・エネルギーを感じます。

しかし元来コレクターの素質のないワタクシは、それを整理することもせず結局あきらめました。
くだらんといえばくだらん作業ですけどね。
継続すれば何か発見(どんな発見やねん)があったかも。
いや今からでも遅くはないか。何てね。もうやりません。

今日は日本シリーズが盛り上がってますね〜。
それにしても試合が長い、長い。
日本の野球は時間をかけすぎると言いますが、大舞台だとなおさらですね。
こればかりは大リーグも同じようです。長い、長い。

manboh4566 at 21:44コメント(4)トラックバック(1) 

October 17, 2004

おおきに。

この何気ない言葉。
大阪の飲食店ではごくごく普通に交わされるのですが、
こちらにきて一番「大阪」を感じた言葉でありました。
本当に自然に出てきますからね。
こちらも同じ風に返したいところなのですが、
こればかりは真似できそうにありません。
絶対あのイントネーションは会得できないと思います。
シンプルが故の難しさ。
下手に使うと絶対バレバレ、こっ恥ずかしい目に遭うこと間違いなし。
ということでこちらは「どうも〜」と照れつつ返すしかないのです。
ま、さすがに吉野家やマクドとかでは聞かれませんけどね。

manboh4566 at 00:51コメント(5)トラックバック(0) 

October 11, 2004

全国初、大阪で1号店や

浪速でここのところ慌ただしいのが心斎橋。
この前はApple Store2号店がオープンし盛況だったようです。

そしてこの連休の話題はといえば・・・
そう、ユニクロプラスであります。
こいつは紛れもなく全国初出店。何だかちょっとうれしくなりますね。

連休中ずーっとぼーっとしているのももったいないので
重い腰を上げて繰り出してみました。
しかしまったく場所を調べずに家を飛び出してしまい、
一瞬「しまった」と思いましたが、ままよと気にせず心斎橋へ。

行ってみると商店街にユニクロプラスの垂れ幕がずらーっとかかっていたので、
どうにかなるなとしばらく歩いていたらすんなり見つかりました。
そろそろ夕方という時間でしたがすごい人・人・人。
入口では整理券を配っているほど。
何々?今日はオープニングセール最終日?
Oh、足を運んで良かったよ。ちょっと得した気分。
整理券を受け取って少し間をおいた後、
とりあえず入ってみると1階はかなり客でごった返していました。
いい加減うんざりしたのでひとまず地下へエスケイプ。
多少はゆったり探せたのだが、Tシャツやら靴下やら
普通のユニクロでも買えるようなどうでもいいものを購入。
その後は1階を通り越して2階へ。
この階あたりなら普通のユニクロには無いモノがあるのでは?
と期待しつつまわったのですが、最近ユニクロ自体行ってなかったので
違いは良く分かりませんでした。
コートやジャケット類で大いに迷ったものの今回は見送り。
結局インナー中心の無難なモノしか買いませんでした。
本当はズボンと靴が欲しいんだけど、別の機会に別の場所で買おうっと。

こころなし客が減った店を出て目の前を見ると、そこには「はなまるうどん」が。
実はまだ食したことがなかったので、ここぞとばかりに入ってみました。
ちょっと晩飯には早いけど「ま、いっか」。
安くなければ讃岐うどんではない!ここは迷いなくかけうどんを頼みました。
本当はぶっかけも気になったんだけどね。
トッピングには磯辺揚げ(定番!)とささみ天&おでんのこんにゃく。
おでんはもう1品欲しかったが、後ろがつかえ気味だったので断念しました。
まあ日頃カロリーを気にする者としては結果オーライでしょう。

実際食してみると、これが意外にやりおる。
ちゃんと讃岐の食感を再現しています。
ぶっかけにするとより分かるでしょうね。次回はそっちにしよう。
家の近くにある讃岐うどん「げ◯き屋」と比べると麺は雲泥の差です。
時間帯で多少差はあるものの、ハッキリ言って「げ◯き屋」の麺は
「お前はもう死んでいる」麺なのです。
ただ「はなまる」で物足りなかったのはダシです。
ちょっと薄いんではないかな。確かに関東人の舌ではあるのだけど。
これだけは「げ◯き屋」が勝っているような。
思うに「げ◯き屋」はダシだけはうまい。「な◯卯」も負けてます。
戻って、トッピングはまあ普通。ささみ天はちょっと失敗。
トッピングはあくまでトッピングで作り置きなんでモノが冷えとるんよね。
冷たいささみ天・・・ちと厳し。
あと「中」で注文したんだけど、これが結構な量です。
小腹が空いたくらいの状況なら「小」にしといた方が無難です。

あれー?はなまるの方が気合い入っちゃったな。
所詮花よりだんごなワタクシなのでした。

manboh4566 at 23:52コメント(2)トラックバック(0) 

October 01, 2004

やっぱり玉出ですわ

ここのところ会社の周りでクラッシュ&ビルドが激しくなってます。
まずは近所のスーパー「アルファ」が倒産。
店はずっと閉まったままで今後どうなるのか予測がつきません。
敷地内のお好み焼きスタンドだけが健気に営業を続けています。
次いでデイリーヤマザキが突如佐川の集配所に変身。ここの手製おにぎり好きだったのに。
ちょっと離れてるけど、ちりめん亭となか卯がほぼ同時に大改装(進行中)。
割と繁盛していたはずのめし屋丼が「やよい軒」へ衣替え(進行中)、などなど。
特に「やよい軒」の正体がどんな店なのか気になるところです。

話しを戻してスーパー玉出。
つぶれたアルファとほぼ隣接しているこのスーパーは大阪パワーにあふれています。
24時間営業で値段も野菜や惣菜を中心に激安。
品質ははっきりいって「?」マークがつきますが、決してまずいわけではありません。
内勤しているときはほぼ100%、昼に利用しています。
しかし正直言って惣菜はもう選択のパターンが尽きました。飽きてます。
たまには他の店へでも、と言いたいところですが、
そこは付き合いというものがありなかなか難しいわけで。
ともかくアルファがつぶれたのは玉出のせいだという声がちらほら。
今では近所のスーパーが玉出しかないので、昼ともなるとレジは大行列です。
ところがここのレジの素早さがすごい・・・まさにプロです。
一転して夜になるとレジは皆中国人となります。
安さの一つの要因はここら辺にあるのでしょう。

そんな近所の事情の中、アルファを利用していた女性衆は玉出を利用しません。
プライドが許さないのです。あの庶民臭さは確かに嫌かもね。
それでも男性陣はあくまで玉出派です。
電子レンジで玉出の揚げものを「チン!」しまくってます。
温めた後にただよう惣菜の香りを我らは「玉出臭」と呼んでいます。
彼女らにこの玉出臭を植え付けて玉出派に鞍替えさせてやる!という意気込みです。
ホンマかいな。
逆に「また揚げもの?・・・だからダメなんだよ」と逆襲を受けちゃったりします。
何がダメかはさておき、主食は豆腐にしてるんだけどな。
今リクエストしたいのは野菜のメニューをもっと増やして欲しいこと。
ホントにネタ切れなんだよ。頼むよ玉出ちゃん。

manboh4566 at 01:48コメント(3)トラックバック(0) 

September 22, 2004

ソースの国にて

大阪とくれば何といっても「粉もの」。
つまりお好み焼き、たこ焼き(焼きそばも含む?)の類ですな。
各家庭に1台、たこ焼き器が存在するというのも、あながち嘘ではないようです。
かく言う我が部屋にも1台のたこ焼き器が…。
実は景品でもらったものでして、使い道に困ってます。

昨年の「裏」忘年会では我が部屋に10人程が押しかけ、たこ焼きパーティーとなりました。(そのときは他の者がたこ焼き器を持参してきました)
そこで同僚がずっこけて、思い切りG5ちゃんのキーボードに蛸をぶちまけてくれました。
おいおい、高いんだから気を付けてくれよ!
もう2度とこの部屋でどんちゃん騒ぎをするつもりはありません。
その他、行きつけの飲み屋の半分近くがお好み焼き屋だったりします。

いわば大阪は粉もの=ソースの食文化が発達しているゾーン。
一方前に住んでいた名古屋はご存知の通り味噌文化。
何てったってくるくる寿司の串カツが味噌カツですから。
おっと少し脱線しましたが、このソース。
何故か、というかやっぱり「中濃ソース」がスーパーで売っていない。
実はソースって意外と地盤がはっきり別れてまして…。
関東はブルドック、中京はコーミかカゴメ、関西はイカリにオリバーってな具合。後はオタフクが全国的。
各スーパーを廻りましたが、名古屋〜大阪にかけて、結局中濃ソースを一度も見つけることができませんでした。
そもそも関東人以外はその存在すら知らないことがほとんど。
正直言ってウスターはじょぼ〜っと醤油のように扱いづらく、とんかつソースは甘ったるくてどちらも今イチ。
関西で納豆が随分と普及してきているのだから、ソースも関東ものが流れてきてほしいなあ。
とにかく断然ブルドック派。こいつばかりは譲れません。
かと思ったら意外と弁当に添付されてるのがブルドックだったりする…。
いや、市場ってのは複雑なものです。

そんな我が厨房にあるソースは、カゴメのとんかつソースです。
(おい!と突っ込むなかれ。だって売ってないんだもん)
随分前に買ったのにちっとも無くならん。
考えてみたら家ではフライをほとんど食ってないんだなあ。
じゃあそんなにこだわることないよな。っておい。

manboh4566 at 01:33コメント(6)トラックバック(0) 
Profile

まーぼ

QRコード
QRコード
Profile

まーぼ

QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ