2018年09月16日

3つの“自”!北千住Knockにて。そして僕も頑張る!

9月8日(土)。日中にボランティアをしていた僕は、夜そのまま北千住へ。
仲間と新しくできた「勝めし屋」へ行き、美味しい唐揚げを食べてライブへと向かいました。
今日はお客として。出演は「そばうた」の盟友オノカズ…でもこの日は出演者全員が目当てでした。

NOWHERE
オノカズ
Lee,Jun and Tincan

どの出演者も初めてではなかったので、その良さは知っています。
確実に良いと分かっているので、その分のドキドキはないものの楽しみな気持ちは大きかったです。
唐揚げにメンチカツとアジフライも付いてくるような…スペシャル定食のような感じ(笑)。

そして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ライブ終了!

帰り道、たい焼きを頬張りながら帰りましたとさ。
おしまい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんて。でも良い夜になるのは分かっていたので、こんな感じです(笑)

これだけだと日記を書く意味もないので、書きますが。
家に帰って振り返っていたら、キーワードが“自”でした。
そんな視点で書きます。

ひとつめの“自”…Lee,Jun and Tincan“自由”。
このバンドを見て感じたワード「自由」。
Leeさんが会場を巡りながら歌う姿も自由を象徴していますが、ステージに居てもその歌声や歌う姿は自由そのものでした。突き抜ける歌声はきっと雲の上に人がいたとしても聴こえるくらいでしょう。
そして、サウンド。特にTincanさんが持ってくる楽器は、もともと楽器として使われるために作られたものではなかったりします。バネのようなおもちゃで、よく階段を下らせたおもちゃ「スリンキー」もありました。「音が出れば何でも!」って感じです。
ギターのJunさんも眠たくなるくらい気持ち良いギターを奏でていました。弦の上を指が自由に跳ね回って遊んでいる感じ。「あんなに弾けたら気持ちいいだろうなぁ」って思います。
演奏する曲も、ジャンルに囚われない自由さがあり。僕らが普段自然に行っている「カテゴライズ」が如何にバカバカしいかを伝えてくれるバンドでした。

ふたつ目の“自”…NOWHERE“自然体”。
風のようなロックンロール。心地良さ。
NOWHEREの奏でるロックは、ゴリゴリしてなくて。押し付ける感じが全くなくて。
塚本さんの歌声も気軽に“やぁ!”って挨拶されているかのような感覚なんですよね。
だからこちらも自然な感じで聴き続けられるという…。
ステージをやっている自分としては、演奏や楽曲に“自然体”を持ち込むことがどれだけ難しいかを知っているつもりです。
NOWHEREのメンバーがどれだけそこを意識しているのかはうかがい知れませんが、僕もいつでもどこでも自然体で居れたら…って思うので、そんなことを考えるきっかけを与えてくれるだけでも、このバンドを目の前にする意味があるのかな、って思いました。
そして、初めてお目にかかったベーシスト、田中俊尚のうねるベースが半端じゃなかったです。ベースの音で人を振り向かせるチカラがありました。カッコ良かった!

みっつ目の“自”…オノカズ“自負”。
僕が音楽を始められたのもオノカズの存在があったから。
ということは、オノカズの音楽への取り組みも長く見てきたことになります。
そんな中で最近、オノカズには自分のスタイルへの“自負”が強くあるように感じます。
自信はないのかもしれない。でも自負はある。自信と自負は…僕の中では大違いな感覚で。
自信は相手があって、自分がある感じ。でも自負は自分の中の闘いから産まれる強い信念。
僕には自負を持つ人間の方が強く見えます。だから、今のオノカズは強い。そう見えます。
そんな彼が出す音は、声は…誰かに真似できるものではなくて。だって、オノカズが自身と闘って得た信念ですからね。真似できる訳ないんです。楽曲だけでなく、今の彼のライブはその生き様を表現しているようなステージです。
今では、オノカズは僕のバンドメンバー。ちょっとね、バンドメンバーをこうして褒めるのは照れくさい感じもあるんだけど。正面で言えないのでここに書きます(笑)。

おまけです。4つ目の“自”…それは“自慢”。
オノカズは、きっとこの夜を沢山の人に自慢したいはず。誇らしげ。
なんだかこちらまで嬉しくなるような夜でした。

オレも頑張らなきゃ!

D31D4109-ACD4-4380-AF95-08DDEE0B8F19
人は食べなければなりません。美味しく、楽しく。でも、ロックンロールには叶いませんよ、どんな食べ物でも。


manbou0053 at 20:08|PermalinkComments(0) mixiチェック ホシ☆ケンLIVE | 音楽鑑賞日記

2018年09月04日

自分との闘いに勝て!〜映画「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」 ※ネタバレ

※少々ネタバレあるので…ご注意ください。

テニス…僕の人生の中ではほとんど接点がないスポーツです。大学生の頃にほんの少しだけやったくらいで。ラケットは埃をかぶって今だに倉庫にありますけど…。

そんな僕でも子供の頃、ボルグとマッケンローは知っていたくらいの人物で。マッケンローはCMにも出ていたような。それだけ知名度は高い選手だったと思います。

ただ、僕はボルグの5連覇がかかったウインブルドンの試合内容や結果すらも知らない状態で。今回の映画も友人の提案がなかったら取りこぼしていたでしょう。

足を運んだのは映画の日。初めてのTOHOシネマズ日比谷。公開初日が前日(8/31)だったので、念のためネットで空席情報を見たら…ヤバイかも!埋まりそう(゚o゚;;ってことで予約しました。

ほぼ満席の劇場で約2時間、2人の人生と白熱のウインブルドン決勝戦を観ました。

うおーッ!胸が熱くなる〜。やめろ〜涙が出る〜!…感想はこんな感じでした。

この映画には生育歴もでてくるし、もちろん大会中のプレッシャーや葛藤も描かれています。そして、彼らがその中でどう変わっていったのか?を見せてくれます。

いつだったか「ありの〜ままの〜♪」という歌が流行ってましたが、この映画で描かれていたのは全くの逆。自分に向き合う男たちの闘いの映画でした。自分の弱点を克服してこそ勝負ができる。相手に勝つ前に自分に勝たなければ世界一にはなれない。そんなメッセージを僕は受け取りました。

僕は日頃、何かの優勝を目指しているわけではありません。しかし、仕事も音楽も今のままで良い!ということはなくて、常に自分と向き合って行くことが大事なのだと考えさせられました。二人の勝負がそのままメッセージとなり、自分に突き刺さってくるような…そんな作品でした。

ボルグの5連覇。翌年マッケンローのリベンジとボルグの引退(なんと26歳の若さ)。親友になった二人。

本当に胸が熱くなるストーリーでした。これが実話に基づいているというのだから…説得力が違いますね!

おススメです!

映画ホームページ
http://gaga.ne.jp/borg-mcenroe/

5D4822A6-BC87-4FEB-95DC-0F55E4E8ABF2
日比谷ミッドタウンへ!シン・ゴジラがお出迎え!いきなり興奮!

manbou0053 at 18:30|PermalinkComments(0) mixiチェック 映画のこと 

2018年09月01日

路地裏ノ月盗団、SEA MOON…8月の仲間たち

9月!今年もあと4ヶ月!…と考えると時間が経つ速さに驚かされます。恐いくらい。

8月の出来事として音楽仲間たちのライブがあり、足を運んできました。
それを書き綴っておこうと思います。

まずは、路地裏ノ月盗団!
8月18日、19日に錦糸町を中心に行われた「すみだストリートジャズフェスティバル」に初出演でした。2日共出演ということで…準備に大忙しだったようです。
僕は18日に行ってきました。この日は「ジャズバス」に乗っての演奏ということで面白そうだな、と。バスの中で演奏する訳ですが、バスは街中を走っていくのです。そして途中で停まって、乗り降りする人もいるという…。演奏者としてはちょっとやりづらい所もあるかもしれませんが、光景としては新鮮でした。

演奏者は立って演奏できないので、全員座り。中にはボーカルは立って吊革に捕まりながら…という人も居るとか居ないとか?(笑)譜面は落ちそうになるし(実際に落ちてたかな…)でちょっとドタバタした感じもありました。

45分間…あっという間でしたが、大好きな「I Saw The Light」も演奏してくれ嬉しかったです。あとは…「 A Message To You Rudy」も良かったな。個人的な感想です。

85B7D511-D58F-4ABE-9C50-E75EABF44532

6C6757E1-5C5D-4BDF-8F03-A89F8701F4AC


彼らの演奏の後は錦糸町公園で、楽しませてもらいました。
ブルース・ザ・ブッチャー、パンチの効いたオウケストラ(ギターマダム長見順)はフルで観ましたが、カッコ良かったし、面白かったし、楽しかったです。他のバンドにもチラッと触れました。普段はジャズを聴くことは無いですが、トランペットの心地よい音色に痺れる場面もあって。その世界に詳しくなくても、良いものは伝わるのだと感じました。暑かったですが「こんなに楽しいお祭りが近くであったなんて!」と…また来年も来たいな!なんて思いながら帰路につきました。

余談ですが、近くのスーパーで買った「納豆チップル」が美味しかった!

6269D405-EAE4-4C0E-BA88-9B702A6CB698


SEA MOON!
月末に小岩の沖縄料理屋「こだま」にてワンマンライブがありました。
ここでのライブは2年振りだとか。2年前も行ったように思います。

SEA MOONの歌にはいつも「想い」があります。だから、ライブを聴いているとアルバムを1ページ1ページめくっていくような時間になります。…。そして、睡眠不足気味で向かった僕は、心地よくなり寝てしまいそうになりました(^_^;)。

2部制でいつもよりは沢山聴けましたが「もうちょっと聴かせてくれても良いのに〜」って感じもあり。それはクレームしときました(笑)。顔見知りの人たちも集まっていて、話にも華が咲きましたね。アイスの話に触発され、帰りはコンビニでアイス購入…欲望に負けて一日が終わりました。

SEA MOONとは12月に対バンする…かな?しない…かな?その辺の情報は確定したらお知らせします。SEA MOONはその日にCDも出すので楽しみに待ちたいと思います。

仲間が頑張っていると勇気が出ます。刺激を受けて、ホシ☆ケンも良いライブができるようにファイト!です。

2E547830-35C4-4AC2-B4B7-6876A75840C7
関係ないですけど、愛犬もみじがカットしました。可愛いっす。

manbou0053 at 19:29|PermalinkComments(2) mixiチェック 音楽鑑賞日記 

2018年08月30日

笑いと感動を止めるな!映画「カメラを止めるな!」

【コマーシャル】
ちょっと色気を出して(?)ブログのスマホ用デザインを変えてみました。
僕のシンボルカラー「赤」を背景に、「プロフィール」「カテゴリーアーカイブ」「ツイッターのフォローボタン」が目立つように設定しています。

「カテゴリーアーカイブ」はテーマに絞って閲覧する便利機能!
 ・ホシ☆ケンLIVE
 ・そばでうたう
 ・歌詞
 ・セットリスト
 ・音楽鑑賞日記
 ・映画のこと
 ・その他〜エッセイ〜
 ・チキチキ☆ファイヤー倶楽部
以上となっています。好きなテーマを選んでみてください!

【今日の本題】
…今日は「映画のこと」に属するテーマです。
東京都内で当初2館しか上映していなかった作品が、評判に評判を呼び…いまや???館!
僕は「150」まで知っていますが、おそらくその後また増えていると思います。

その映画は「カメラを止めるな!」。

980B5C3A-7DF2-40AD-A66E-3F0F4EA25A68


気にはなっていたのですが…友人からの鑑賞報告を受け、行くことに決めました!
「スッキリする!」って感想だったので。

この映画、この夏の…いや、今年の目玉になる!個人的には完全に台風の目です!
おススメ!楽しい!笑える!…感動もするし、スッキリもする!
映画の“面白さが”ギュ〜ッと詰まっていました。

映画は大きく分けると2部構成。
前半はゾンビ映画。後半はその映画を撮る裏方のドタバタ劇。
前半に覚える違和感。「あれ?変だな?でも、まぁ、いいか」みたいな感覚が後半全部スッキリします!
ゾンビと言っても恐くないです。「キャー!」とか「ワーッ!!」とか言っているし、腕も首も飛びますが、どこかチープでB級。これもこの作品のミソだと思います。

この夏は「ジュラシック・ワールド 炎の王国」「ミッション・インポッシブル フォールアウト」「ハン・ソロ」といった大作が並び、どれもこれも面白かったのですが…(正直「ハン・ソロ」は微妙でしたが)…CGに頼らず、脚本のチカラでここまで楽しませてくれる作品こそが、「ザ・映画」!う〜ん。もう一度観たくなってきた!

おススメです!




manbou0053 at 22:00|PermalinkComments(0) mixiチェック 映画のこと 

2018年08月29日

ampかわいいサミット外伝!

前回のブログ記事でライブ、イベントの報告をしました。
今日はもうひとつ。僕を支えてくださった方たちのことを書きます。

このイベント出演に繋がったのは、深谷。シネマかふぇ七ッ梅結ぃ坊。
マスターであり、そこに集まる濃〜い仲間たちであり。

実は今回のイベント出演も深谷仲間が積極的に動いてくださった賜物。
僕一人のチカラでは実現しなかった話です。

主催者への働きかけをし、出演枠を作ってくださり…。
本当に有り難い話でした。

深谷で出逢った人たちは本当に“熱い”。自分の良いと思ったこと、好きなことに対してまっすぐ!!
いつもいつも刺激をもらっています。

人って環境が大事じゃないですか?そういう意味では、僕は良い環境に恵まれたと感じています。

イベントが終わった後、会場に来ていたマスターはすぐに店へ戻っていきました。
後から追いかけるように、僕も店へ行きました。マスターは冷やし中華を作ってくれ、お酒をご馳走してくれました。浅草は僕の方がよほど近いのに、ここで電気ブランを飲みました(笑)。冷やし中華は、胃袋に染みわたる美味しさ。懐かしい味でした。

5FD3BB54-060C-429D-88D6-9AB2D60D2CBC


この夜は、会場に来てくださった方、主催の方、マスターが店に呼んでくださった方もいて皆でワイワイと話に花を咲かせていました。「この勢いだと朝まで行ける」感じでしたが…23時を過ぎたところで、僕はお暇しました。

F9B97268-29D3-414B-97BE-13CA83E5CA73

E08BE4FE-5F47-45F5-82D0-F6D1DF50A465


車で熊谷、深谷まで行き、お酒を飲んだということは…帰れません(笑)。
そこで、マスターが宿を手配してくれました。「登喜和旅館」。母と同じくらいの年齢のおかみさんが切り盛りしている古い旅館です(建物は大正時代のもの)。夜遅くの戻りになってしまったのですが、とても温かく迎えてくださって。気さくでついお話ししたくなる女性でした。

8E406D53-2872-4F93-9986-04FB8D0C20BC


「チェックアウトの時間は10時で良いですか?」という質問に…
「何時でもいいわよ。居たいだけいてください」と返すおかみさん(笑)

お言葉に甘えて11時前までゆっくりさせてもらって、旅館を出ました。
深谷の駅で仲間と合流。一緒に「ampかわいいサミット」に行くための待ち合わせでした。
そして、再び結ぃ房。へ。カレーを食べずには帰れません。

ここのカレーもまさに懐かしい味。昭和の味。家庭の味。甘めですが大好きです。
アイスコーヒーと一緒に食べていたら…昨日もご一緒していた小林さん登場!嬉しい!
そこから話に花が咲き、アイスクリームを食べてワイワイと。時間が過ぎるのが本当に早かったです。

4CAA0E2B-0F13-4D15-AEE8-D96587CACD67


ひとしきり話をして、熊谷に行きました。
昨日お世話になったスタッフの方々と、そしてその日初めてお会いした方々とも話ができて…これまた良い時間となりました。

帰りの道のりは日々かりめろ、美根ゆり香のCDをカーステレオで聴きながら帰りました。

音楽をやる人間。それを支えてくれる人たち。この人たちがいるからこその僕たちなのですね。地元でも沢山支えてくださる人がいます。改めて…感謝です。いつもありがとうございますm(__)m。

38EC266E-0186-464C-B51F-5144DE0054AD


manbou0053 at 13:51|PermalinkComments(0) mixiチェック ホシ☆ケンLIVE 

2018年08月26日

at熊谷!ampかわいいサミット!出演してきました!

熊谷にある八木橋百貨店へ。
今年で10年目となる「ampかわいいサミット」に御縁ができて出演してきました。
出演は17:00〜ということで、ご利用者の皆さまはすでに帰宅…(^_^;)。
それは残念でしたが、それでも沢山の方に見守られながら歌わせていただきました。

埼玉県(北部中心)の障がい者施設からアート作品、グッズ、食品などが集まり、歌やダンスと共に繰り広げられるイベントで。ミュージシャンは地元出身の方たちが障がいの有る無し問わずに出演。僕もその中に混ぜてもらうことができた訳です。東京都足立区在住ですが…“ほぼ埼玉”みたいな(笑)。

10F81008-339F-4C24-8371-F66D552E3835

27E6E978-0400-4C61-871C-E1825BE2FE79


出演当日の朝に自宅を出発して…出演時間までに余裕を持たせました。イベント会場をゆっくり見たいのもあったし、同じ日に出演する「日々かりめろ」も観たくて。

茨城県を拠点に活動する日々かりめろは、僕がお世話になっている深谷の「七ツ梅結ぃ房。」に縁のあるユニットで。この前日にもライブをやっていました。GWに訪ねた瓜連にオフィスがあるということで、映画館「あまや座」近くにもポスターが貼ってありました。この日はようやく会えるチャンス!でした。

705DBDE9-1D41-465A-9A53-DB8D818C253A


日々かりめろの出演は13:45〜。深谷でお世話になっている方たちとも無事に合流できて一緒に楽しむことができました。明るくて、温かくて、微笑ましくて…僕が「日々かりめろ」の歌とステージに持った印象はこんな感じ。そして、実際にお話しさせてもらったら、ステージのイメージそのままで。「うわ〜、お知り合いになりたいわぁ」とウキウキしてしまいました。車で旅をしながら歌い続けるスタンスも好き。勝手に何か通じるものがあると思ってしまいました。またお会いしたい!

そして、僕。日々かりめろから「topaz」、「美根ゆり香」と続き…。最後の出演。
冒頭に書いた通り、ご利用者は帰宅後でしたが、深谷の皆さんをはじめ沢山の方々に見守ってもらいました。
心がけたのは「自分のロックンロールをぶつけること!」。30分間、全部オリジナルでやって来ました。

E3DC208F-2052-45E7-805C-8AF8A36E322D


とても、とても楽しかったです。MCでも言いましたが、自分も福祉の仕事をしていて、アートも好きで。その両方に囲まれたイベントで歌えること。福祉の仕事をしながら作った歌をここで披露できたこと。言葉にはしづらいですが、この日のライブは僕の中に「何か」を産み落としたように思えました。

願うのは、また呼んでもらえること。そして、ここからまた世界が広がっていくこと。イベント後に美根ゆり香さんとスタッフの方ともお話しさせてもらいましたが、とても刺激的な話でした。覚悟をもって音楽活動している美根さんにも心打たれました。

また、運営スタッフの皆さんとの話の中でも、嬉しい言葉をたくさんいただきました。僕の歌、ステージを受け入れてくださることが、どれだけ嬉しいか!オリジナルで勝負する醍醐味です。感謝です。5日間にわたる大イベントを支えている皆さんにも敬意を表したいと思います。「またご一緒したい」と思っています。

ECA19265-A91C-4220-B9FE-7389E68F854E
日々かりめろさんと。感激。

この日に贈る言葉は一言「感謝」ですね。沢山の出逢いにも恵まれ、特別な日になりました。本当にありがとうございました!

最後にもうひとつ。たくさんの障がい者施設からグッズや食品が販売されていましたが、釘付けになったのが「カウント5」。ご利用者と職員がタッグを組んで創り上げたデザインは、「ロックとプロレス」の融合。バッヂとバックを購入しました。バッヂは当日のステージでつけさせてもらいました。

6027C751-0C8A-43E7-9210-F6F8B6CFAF1C

CEA1631B-FCAC-45BC-BF74-BF6586FED1C9
↑この元ネタがベルベット・アンダーグラウンド。

C59DBCB4-B1F0-4D0D-A690-548879444DBA
これです。傑作。

【セットリスト】
まっすぐ!!
旅のうた
GOOD DAY GOOD LIFE
ゴハンの歌
夜空
【アンコール】
ハートマーク

manbou0053 at 13:05|PermalinkComments(0) mixiチェック ホシ☆ケンLIVE | セットリスト

2018年08月22日

熊谷ライブ情報〜ampかわいいサミット出演

8月24日(金)にライブやってきます。
場所は熊谷。初舞台!

深谷でできたご縁がもとでここにやって来ました。
30分間のステージを精一杯走り抜けるつもりです。

イベントの紹介は埼玉県障害者芸術文化活動支援センターのページに記されていました。
URLを載せておきますので、ぜひチェックしてください!

http://artcenter-syu.com/tamap%C2%B1%E3%80%87%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E6%83%85%E5%A0%B1/810/

『10th ampかわいいサミット』
会期:2018年8月23日(木)〜27日(月)入場無料
会場:八木橋百貨店 8階カトレアホール (埼玉県熊谷市仲町74)
時間:10:00〜18:00(27日は15:00まで)
主催・お問い合わせ:10th ampかわいいサミット実行委員会(NPO法人CILひこうせん内) TEL:048-555-1100
https://www.facebook.com/cilhikousen/
http://cil-hikousen.jp/

ホシ☆ケンは24日(金)17:00〜17:30のステージです。
パンフレットには「星野賢一」と記されています。本名です(笑)。

楽しみにしています。そして、終了したらBlogにて報告させていただきます!
よろしくお願いします!!

DB7BEDD1-40DD-424C-9CCF-5D292319BD24



★ツイッターでつぶやき★
@hoshiken0053

★そばでうたうホームページ★
https://mrcarshero.wixsite.com/soba


manbou0053 at 22:44|PermalinkComments(0) mixiチェック ホシ☆ケンLIVE 

2018年08月19日

ROCK‘N’ROLLは最高なんです!Wings, Wheels and Rock'n'Roll vol.1

今年の夏季休暇最終日…渋谷にいました。
GOLD RUSHでハンバーグを食べ、向かった先はO-WEST。
ライダース(革ジャン)ブランドの「Lewis Leathers」が主催の第1弾。

「Wings, Wheels and Rock'n'Roll vol.1」
C26FA5F5-58E2-415F-944E-3E16CC116CFB


出演バンドを見た時に飛びつきました。
Stompin' Riffraffsは初めて耳にしたのですが…THE BAWDIES、GUTAR WOLF、そしてザ・クロマニヨンズ!先行抽選に申し込んでチケットをゲット!行くしかない!って感じでした。

会場はROCK‘N’ROLLの熱気でいっぱい。DJのYONE-PA-CINO が流すロックンロール・レコードにも充分煽られて…テンションが上がる一方でした。「早く始まれ〜」って感じ。

CA08385D-1DA5-4945-B4D9-0CDAD694A156


そして…いよいよ!

トップバッターは、Stompin' Riffraffs。
まったくの情報なしで出会いましたが、男×1&女×3の4ピースバンド。
ロカビリーの線路をひた走る疾走感でオープニングに相応しい勢いでした。
カッコ良かった!!レコードも聴いてみたいです。

2番手はTHE BAWDIES。
5年前になるでしょうか。横浜アリーナ公演のチケットを握りしめていたのですが…仕事で行かれなくなり、それっきりLIVEからもCDからも遠のいてしまっていました。がっかりして、何かがぷっつりと切れてしまったのでしょうね。なので、5年ぶりのリベンジとなった今回のライブでした。
カッコ良かった!!楽しかった!!明るくて、元気で、弾けてた!!「そっかぁ、もっと早く観ておけば良かった〜」と後悔するくらい。ビックリしたのが「HOT DOG」から…「IT'S TOO LATE」への畳み掛けがあったこと。この曲順はアルバム「THERE'S TURNING BACK」のそのまま。ここが大好きで…まさかこのLIVEで聴けるとは思ってなかったので感激でした。

3番手はザ・クロマニヨンズ。
やっぱり…クロマニヨンズ目当ての人が多かったようです。異常に盛り上がりました。
今回特にカッコ良かったのはマーシー。ROCK‘N’ROLLパワーがみなぎっていて視線が釘付けでした。アクションンも大きくて目が離せなかったです。曲もシングル盤を並べた、まさに「ベストリスト」。最後は大好きな「クロマニヨン・ストンプ」。言うことなしの200点満点!カッコ良くてため息が出てしまいます。「しばらく聴かなくていいや!」って思うくらいの衝撃でした。「来て良かった!」と一度ここで完結。

最後は、ギターウルフ!
ギターウルフも好きです。ベースがUGからヒカルとなり、今はGOTZ へ。今の3人になってから初めて観るステージでした。相変わらず、ぶっ飛んでました。元歌を知らかったら、何を歌っているのか解らないくらいノイジーでした。途中で口空いて観てました(笑)。圧倒されっぱなし。振り切ってるなぁ。いつ観ても…。このバンドから学ぶことは多いですね。その“姿勢”とか。そして、今回その凄さを見せつけられたのは、ドラムのToruでした。いつもそうですが、ライブの間休むことなくドラムを叩き続けてる。ハードに叩き続けてる。これって半端ないですよ。このドラムがあるからこそ、セイジが活きるのだと思いました。カッコイイ!!

…という訳で、次の日が仕事でも逆にパワー充電!で幕を閉じたイベントでした。帰り道は腰が痛かったですが(^_^;)。3時間半立ちっぱなしは厳しい年齢になって参りました(笑)。

ライブの帰りはいつもラーメンですが、この日はお腹一杯だったので、そのまま帰りました。やっぱり、ROCK‘N’ROLLは最高でした!!

5B2E5108-BAA3-4924-B5AE-4D4961EC5022


2FA32DE0-06D4-4946-874F-F778C59E4CA2
ザ・クロマニヨンズのアルバム、ツアーももう少し!Year!!



manbou0053 at 22:01|PermalinkComments(0) mixiチェック 音楽鑑賞日記 

2018年08月15日

産経国際書展へ…再び(“刻書”という名の芸術)

僕はライブの日には、その他の予定を入れないようにしています。
しかし、この日はどうしても行きたい場所、会いたい人がいて足を運んできました。

深谷での縁に恵まれて書家である石井松苑さんに出会ったのが昨年の5月。
その後、作品が出展されることを聞いて産経国際書展を訪れ、深谷では松苑さんが歌を聴きに来てくださいました。

産経国際書展を訪れた時の日記(2017.8.3)
http://blog.livedoor.jp/manbou0053/archives/2017-08-02.html

松苑さんが歌を聴いてくださった時の日記(2017.7.23)
http://blog.livedoor.jp/manbou0053/archives/2017-11-23.html

今年はわざわざ手紙で書展の開催を知らせてくださり、東京にもいらっしゃるとのこと。
リハーサルの時間にも何とか間に合いそうだったので、足を運んできました。

上野の都美術館に到着してまもなく、松苑さんから電話が入り、再会することができました。
この日は、松苑さんだけでなく、ご主人の長慶さんやご家族、ご近所の方まで!お会いすることができました。「ホシさん、ホシさん!」と皆さん呼んでくださり…何だか微笑ましかったです。
ご主人は、この道で名の知れた書家。今回の書展でも中国大使館文化部賞を受賞しました。どのような方なのか?少し緊張していたのですが…とても気さくな方で、長慶さんから手を差し伸べて握手をしてくださりました。その物腰の柔らかさに、心が安らぎました。

その長慶さんが、この日にライブをおこないました。
みんなの目の前で書道を披露するというものです。昨年も別の方がやっているのを観ました。
普段ではなかなかお目にかかれない光景です。

ここでも僕は良い意味で期待を裏切られることになります。
「今日は“書”ではなく“SHOW”をお見せします」と言って始まり…ピンと張りつめたものは無くて、そこには長慶さんのユーモア溢れたトークから起こる笑いが終始あって、本当に“SHOW”でした。
「書道は“引いて書く”“押して書く”“回して書く”の3つから成り立っているんです」と実践を交えて楽しく教えてくださり…また「新しき生命の誕生を記します」と言って書いたのが「凸凹」。これ、分かりますか?大人ネタです(笑)。

感動しました。長慶さんはきっと懐の大きな方だと思いました。“SHOW”の終演後も自ら歩み寄ってくださり「今日はライブがあるのに来てくれてありがとう」と声をかけてくださいました。その後は、沢山の方に囲まれて、話しかける隙間もなくなってしまいました。凄い方なんだなぁ…。

松苑さんとも久しぶりにお話できて、嬉しかったです。そして、やはり深谷で出会った教え子さんの桃ちゃんとも再会できました。皆さんとお会いできたことで、ライブへのチカラが湧きましたね。

産経国際書展のホームページを載せます。お二人の作品が載っていたので。こちらは「色紙展」といって一字をテーマにしてそれぞれの書家が表現するものです。今回のテーマは“創”と“変”でした。松苑さんは「羽生結弦のスケートをイメージした」とおっしゃっていました。

産経国際書展HP内「色紙展」
https://www.sankei-shokai.jp/shoten2018/htdata/shikishi.html

楽しい時間でした。「スマイルフェス」でも感じましたが、自分の取り組むジャンル以外にも触れることの大切さ…。刺激になります。できれば、刻書を制作している現場も観てみたいです。

刻書の作品も載せますね。

49580FC1-2028-4EC3-93E3-7AE609FECBE7
石井長慶作「一日是生涯」…一日一日を“生涯”だと思って大切に過ごしなさい、という意味だそうです。

EE131CA7-693A-4036-B042-5F20E7EA4BBA
石井松苑作「空閑」。辞書で調べたところ「ひまなこと、あいていること」と記されていました。

二つとも板に書を記し、掘ったものです。僕は独特な色づかいにも感動しました。「空閑」は真っ黒な色づかいではなく、ちょっと茶が入っているような…不思議な色でした。

★これからのライブ★
8月24日(金) ampかわいいサミット
 熊谷 八木橋百貨店(8階)カトレアホール
 ホシ☆ケン(出演名:星野賢一)は17:00〜17:30。弾き語りでの出演です。

★ツイッターでつぶやき★
@hoshiken0053

★そばでうたうホームページ★
https://mrcarshero.wixsite.com/soba


manbou0053 at 09:37|PermalinkComments(0) mixiチェック その他〜エッセイ〜 

2018年08月08日

障がい者施設でのイベントライブ!そばうた!

先週末は、知的障がいをお持ちの方々が所属する施設の「暑気払い」イベントに出演させていただきました。そばでうたうで訪れてきました。このイベントに出演させていただくのは2回目ですが、その前にも別の企画でお邪魔させていただいているので、メンバー全員有名人です(笑)。

紹介を受けて僕らが登場すると本当に温かく迎えてくれます。出演者としては本当に嬉しい雰囲気。張り切るしかないですね。

「そばでうたうのテーマ」もすっかり浸透したようで、会場に「オー!イエイ!」が響き渡りました。
そこから全7曲。アンコール入れると全9曲。あっという間の50分間でした。

今回、感触がよかったのは実はオリジナルで。知らない方が多い中でも反応が良かったように思います。
あとは「きよしのズンドコ」で「キヨシ!」コールをしてもらい、「ピクニック」でも動物の鳴き声や志村けんの「アイーン!」を一緒にやってもらい…。皆さんに参加してもらいながらのライブになりました。これも楽しかったです。

以前にも書いたと思いますが…このライブでは「音楽」を純粋に楽しんでくれる方がたくさんいます。そんな皆さんを前に演奏できる幸せ。良い時間でした!

…氷川きよしファンの方よりコメント「前にキヨシをやった時はイマイチだったけど、今回は上手くなってたよ!」…ありがとうございました。

【セットリスト】
そばでうたうのテーマ(オリジナル)
デイドリームビリーバー
きよしのズンドコ
僕のストーリー 君のストーリー(オリジナル)
もりあげたいぜ!(オリジナル)
ピクニック
オー・シャンゼリゼ

【アンコール】
ビビディバビディブー
ミッキーマウスマーチ

3DC6B611-6C20-4692-A2E5-4A67B47CCB94
珍しいアングルで!

C28BFA3F-51C4-4748-89B1-AD1A9408E850
祭りの後。控室で。

D0A2B74A-B7DE-434D-A99A-F129814764EF
また来年!??

★これからのライブ★
8月24日(金) ampかわいいサミット
 熊谷 八木橋百貨店(8階)カトレアホール
 ホシ☆ケン(出演名:星野賢一)は17:00〜17:30。弾き語りでの出演です。

★ツイッターでつぶやき★
@hoshiken0053

★そばでうたうホームページ★
https://mrcarshero.wixsite.com/soba




manbou0053 at 22:00|PermalinkComments(0) mixiチェック そばでうたう | セットリスト