2018年11月17日

これがイイのだ!ザ・クロマニヨンズ!レインボーサンダー恵比寿!

ニューアルバムを引っ提げて!ザ・クロマニヨンズ登場!
…ということで、恵比寿リキッドルームに行って参りました。

ヒロトのインタビューを読んでいて「確信」と「頑固」って言葉が出てきて。
好きなものをやり続けると、それが「確信」になる。それが分かると無駄なことをやらなくなるから「頑固」になっていくという…。「これでいいのか?」⇒「これでいいのだ!」⇒「これがいいのだ!!」って変わっていくんですね。自分の中で。そんなことが書いてあった訳です。

最近、僕自身もそんな心の動きがあります。ロックの中に居る時の自分。その時間が本当に心地よくて。世の中には楽しいことが沢山あるけれど、本当に自分を気持ち良くさせてくれるものは多くないのですよね。それを見つけるのが大変!

僕も20歳くらいで「打ち込めるもの探したい」と思って。そこからいろんなものに挑戦しました。やってはやめ、やってはやめ…。そうしていくうちに28歳でギター買って、弾きはじめて。歌を作って33歳でライブを始めて…。ここに来るまで14年。僕の中でロックは「確信」になりました。そうなるとやりたくないことは、やらなくなってきます。それが「頑固」ということになるのだと思います。

ブルーハーツで言えば「70年なら一瞬の夢さ。やりたくねーことやってる暇はねぇ!」ってことです。

今回のザ・クロマニヨンズのライブもいつもと一緒。もうブレはないですね。違うのは演奏している曲がニューアルバム中心…ということだけです。だから僕にとっては「新しいことを探しに行くライブ」ではなくて、「大切なものを確認しに行くライブ」。いつものように楽しみ、いつものように感動して、「やるぞ〜!」って気持ちで帰ってくる。

これ“が”いいのです!ロックンロールがイイのです!
ザ・ブルーハーツ、ザ・ハイロウズ、ザ・クロマニヨンズ…同じ時代に生きることができてラッキーだぜ!

ひとつ言うとすれば、今回「ぼうふら」をやってくれたんですよ。「FIRE AGE」というアルバムに収録されている曲です。先日、家で聴いてて「この曲、やっぱりカッコええなぁ。でももうライブで聴けないのだろうなぁ」と思っていたばっかりで。そしたらどうでしょう!やってくれたではありませんか!サプライズ!湧き上がりましたね。

アンコールの最後は「タリホーで絞めてほしい」と思ったら…「タリホー」!こういうことってあるんですよね。スゴイ。

今回のアルバムもスゴイ良いです。1曲目の「おやつ」って曲。
「楽しむ 楽しむ 自分の果てまで 楽しむ 楽しむ 生命の果てまで」という歌詞。
僕もそれを実践できるようになりたいと思っています。ただし!「楽しむ」は自分で掴むもの。
楽(らく)はできません。誰かに楽しませてもらっているうちはできません。
自分次第です。やるだけです!

86FC99F1-8700-471A-A366-F2FF9B3F94D5





manbou0053 at 20:41|PermalinkComments(0) mixiチェック 音楽鑑賞日記 

2018年11月14日

深谷日記〜結ぃ房7周年!産業祭!さらばロケセット村

2日間続いた産業祭も幕を閉じました。

サンバのパレードはとても刺激的でした。
あちこちのステージで繰り広げられていたライブも盛り上がってたようです。(あんまり観ませんでしたが)
出店もかなり出ていて、町中大騒ぎ!って感じで。かなり圧倒されました。

地元の方があちこち案内してくれて、美味しい和菓子屋さんに連れて行ってくれ…。
苺大福を買いましたが、人生で一番美味しい苺大福でした。(皇室に献上した大福らしく…)

それから…映画「ゲゲゲの女房」のロケで使われた一軒家にも案内してくれました。
すでに廃屋。しかし、雰囲気は抜群でしたね。文化遺産級です。

1E7F010C-2543-41D9-A33E-74DE08514751


日が落ちる頃、今日フェスでステージに立っていた佐々木かのさんも合流し…。
彼女もロケセット村で歌ってくれました。鍵盤での弾き語り。世界観がちゃんとある方でした。
僕とは雰囲気が違う音楽ですが「いつか深谷で一緒にライブやりたいですね」と話していました。

夜はロケセット村に仲間が集まり、ワイワイと飲んで話しました。お腹一杯食べて!
この2年で、この土地に沢山の仲間ができて、本当に不思議な気持ちだし、嬉しい気持ちでもあります。
音楽と映画、そして仲間。深谷という地が僕にとってこんなに大きな存在になるとは!
そのきっかけとなった戸坂マスターには本当に感謝しています。

結ぃ房がオープンしたのは東北震災の年でした。
そして後から知ったのですが、11月11日は深谷を生誕の地とする渋谷栄一氏の命日でもあるそうです。
その日を「新たに再起をかけて事業をスタートする日にしたらどうか」と提案した人たちがいて、敢えて選んだそうです。そこからの7年。僕の知らない苦労も多々あったと想像しますが、今のマスターのアクションはどんどん人の輪を広げています。身のある年月だったことは間違いないと思います。

その一角に僕が居れること。本当にラッキーです。
これからもお付き合いが続いていくことを願っています!

そういえば!今回、ロケセット村で歌わせてもらうにあたり、CD作っていきました。
お世話になっている方々に手渡しましたが、その日にお会いして、話をした方にも渡しました。
前回の日記に書いたご夫婦にも渡せたので、嬉しかったです。

BA03B577-74F3-48E6-B7DB-32731E16A21C


内容は、9月30日に北千住Knockで行なったライブ音源4曲に「竹とんぼ」を収録した5曲セット。
竹とんぼは地元の音楽室を借りて、スマホで録ったデモ音源ですが…。並べた曲は深谷を意識したもの。
竹とんぼのように「飛んで行け!」と願いを込めました。

最後にロケセット村の写真を載せます。
思い出です。

8C1BCDF6-5E27-4EFE-9C41-3DCCB2F5F738

07A6C5FB-7323-404F-B586-573F45477170

568585F4-7252-43A1-A1AE-CC23B5CB8110

55D623C1-53B5-4C34-88D2-C270307F041A

E86B4334-235D-49E4-A366-AAC130654C3E

9EC5AEEC-CB8A-46D5-862C-1549AB598938
マスター!お身体大事にして、これからも「三方良し!」で突き進んでください!







manbou0053 at 18:00|PermalinkComments(0) mixiチェック ホシ☆ケンLIVE 

2018年11月12日

深谷日記〜結ぃ房7周年!産業祭!さらばロケセット村

11月11日。深谷へ。

この日は、お世話になっているシネマかふぇ結ぃ房の開店7周年の日。
そして、深谷産業祭の日であり、ロケセット村の最終日。
これだけ色々重なって、しかも結ぃ房のマスターにお誘いを受けたら断る理由なし、です。

産業祭には昨年も行きました。そして、マスターがロケセット村に出店し、その前で僕が歌うという…楽しい企画をやりました。今年はその2回目となった訳ですが、今回ロケセット村の立ち退きが決まり、最後となってしまいました。

僕が歌い始めたのは13時ごろかな。ゆる〜い感じなので、歌いだす時間も決めてなく…マスターも「いつでもいいよ!」ってな感じで。ただ、メインのサンバのパレードに重ならないように…。

座って歌い、立って歌い。
オリジナルを歌い、カバーを歌い。
1時間弱歌いましたかね。セットリストも決めてなかったので…本当にゆるかったです。
秋晴れの日差しを浴びて、気分に任せて歌う…こちらとしては贅沢な時間でした。
社長が作った竹とんぼ売り場の横で「竹とんぼ」を歌えたこと。嬉しかったです。社長も喜んでくれたし。
C024559C-1BDC-4924-A9DE-6C77809332FA
  頭に竹とんぼ装着!

「夜空」を歌っていた時に、あるご夫婦が現れました。
「あ!」…すぐにわかりました。昨年も聴いて行ってくれたお二人でした。
「今年も会えましたね!」って感じで、僕はとても嬉しかったです。しかも…
「時折、思い出してましたよ。あの…“コンビニで〜”って歌良かったから」と言ってくれ。
「マジですか?今歌ってたんですよ」と僕。その時は演奏を止めていたので「もう一度初めから歌います」と言って「夜空」を歌わせてもらいました。目の前でじっとこちらを見ながら聴いてくださり…ちょっと照れくさかったですが、嬉しかった!ありがとうございます!
F5DB24CE-607E-4C68-BF33-72013DCB8830

今回は、あちこちで音楽のステージがあり、ちょっとしたフェスでした。
「ネギロック」という名のフェス。ネーミングも「深谷ねぎ」を押しまくりで面白い!
そんな中だったので、僕の歌は目立ちませんでしたが、小さな幸せが転がる素晴らしい時間でした。

歌ったあとは、産業祭散策。この日はコスプレの人も多くて。
写真、一緒に撮らせてもらいました。あと、僕の衣装を「仮装」だと思った少年が後ろから覗き込んできました(笑)。可愛くて頭撫でちゃいましたけど(^o^)

F590A374-8BA4-4A7A-875A-44D5D2BD0D5E

A62FF0E1-D90C-4D8B-AEE1-E7A0EECB9709


3C5A82CE-A9D6-48D4-AE54-1677E54AEAFE
 この光景も最後かと思うと寂しいですね。

次回は、この続きを書きます!


manbou0053 at 21:27|PermalinkComments(0) mixiチェック ホシ☆ケンLIVE 

2018年11月08日

【動画】第2弾!「夜空」…ふっかちゃんと共に!

今日は“動画第2弾!”ということで「夜空」をアップします。

これは先日の「森の音楽祭」のひとコマ。
ふっかちゃんの登場で、とても温かい空気になりました。

曲は全編収録されていませんが、お楽しみくださいm(__)m

YouTube「夜空」の動画ページへ!
https://www.youtube.com/watch?v=O3RC9DFyJqI

なんとなく歌詞に合わせて踊ってくれているふっかちゃんが可愛い!

第10回森の音楽祭


そして…「まっすぐ!!」もよろしくです!
https://www.youtube.com/watch?v=4dvoEkBsVGc




manbou0053 at 19:55|PermalinkComments(0) mixiチェック 動画 

2018年11月03日

【動画】 まっすぐ!!…YouTubeにアップしました

ホシ☆ケン単独では“初”となりますが、YouTubeに動画をアップしました。
記念すべき第1曲目は「まっすぐ!!」です。歌詞も載せていますので合わせてご覧ください!

動画の埋め込みが上手くできないので…コチラからどうぞ!(^_^;)
        ↓
https://www.youtube.com/watch?v=4dvoEkBsVGc

089C250C-4907-48A0-9C8B-5861678B2A94




manbou0053 at 21:06|PermalinkComments(0) mixiチェック 動画 

2018年10月27日

人間は爆発だ!フラワーカンパニーズat東京キネマ倶楽部

東京キネマ倶楽部。鴬谷にある多目的ホール…と言った方が正確でしょうか?ライブだけでなく、プロレスやパーティーなども行なわれるとのこと。かつてはグランドキャバレーだったというのですから…一度この目で!と思っていました。今回、タイミングを合わせることができ、東京キネマ倶楽部デビューをフラカンで飾ることができました。

D97371CE-C35E-465E-A05A-3569381FC89B

「フォークの爆発」と銘打ったこのライブ。普段と違ってアコースティックセットでのステージとなります。正直言って、エレキセットの方が好き。フラカンの爆発を見るならやっぱりエレキセットだと思っています。以前にも「フォークの爆発」のステージは観たことがありましたが、「良いんだけど、やっぱり…」って思いましたから。(今回はアコースティックセットでのセルフカバーアルバムも出しているのですが…まだ買ってないですもん)

B8F67820-F9EA-47BD-8412-373C2F8CC311

観終わった後もこの気持ちには変わりなかったです。でも、前回観た時よりも遥かに良かったのも確かでした。何だろう…迫力があった?…タイトル通り「爆発」していたように感じましたね。圭介の歌も、そしてハープもカッコ良かった!竹安ギターもカッコ良かった。そう、気取った感じでなく「カッコイイ」って思える場面が多かったかもしれないです。

僕は「爆発」が好きなのかもしれません。
人のエネルギーが爆発する瞬間ですよ!

爆弾の話じゃないです(^_^;)
人が「キレる」ってのも違います。それはむしろ嫌いです。

岡本太郎の「芸術は爆発だ!」ってセリフにも共感できます。
プロレスやお笑いを観ていても、エネルギーが爆発する瞬間ってありますよね。
映画からもそのエネルギーは伝わってくるし、観た数は少ないですけど舞台でも感じます。
そして、その最たるもの…ロックンロール!!

自分のライブでも「爆発したい!」って考えながらやっているように思います。
エネルギーを内に秘めたままでは、相手に伝わらないのかも。爆発した瞬間、人に伝わるような気がしています。どうでしょうね?

繰り返しになりますが、今回のライブには「爆発」があったように感じます。良かった。

東京キネマ倶楽部はフラカンにとても合っていたように感じました。圭介の言葉を借りるなら「古すぎず、新しすぎず」「キレイすぎず、汚すぎず」…まるでフラカンそのものですね。またこのホールに来たいなぁ。

BF63902B-0E72-4C1D-89FD-B9D02B6128B6
二階席はこんな感じ。僕はココの最前列で観ました。

帰り道は上野まで歩きました。そんなに距離はないです。散歩には物足りないくらい。途中のコンビニで肉まんと焼き鳥を買って食べました。ブラブラ…心地よかったです。

次の日も仕事でしたが、チカラが湧いてくるようでした。フラカン来年は結成30周年!もちろんお祝いしたいです!

6452F461-9C44-459C-83D5-5DEE4C12AE8B
祭りのあと。

manbou0053 at 12:00|PermalinkComments(0) mixiチェック 音楽鑑賞日記 

2018年10月25日

季節、五感…耳を澄まそう〜映画「日日是好日」

10月13日、映画「日日是好日」が全国公開されました。公開はだいぶ前に知っていて、黒木華、多部未華子、樹木希林…この3人が顔を揃えるとあって、楽しみで仕方ありませんでした。これは絶対に初日舞台挨拶にも行きたい!と思っていたんです。その頃は希林さんもご存命でした。

願いは叶わず希林さんはこの世を去ってしまいました。初日舞台あいさつを視野に入れていたので、余計に希林さんが亡くなったことはショックでした。同じ時代に生きながらこの目にできなかったこと。本当に残念でした。

それでも初日舞台あいさつのチケットは取りました。必ずや希林さんのエピソードが聴ける。せめてそれだけでも体験したい。そう思いましたから。

向かった先は新宿ピカデリー。前は何度も通りましたが、中に入るのは初めての劇場。洗練された雰囲気があって、ちょっと居づらかったです(笑)。ロビーから劇場への入り口が最初判らなくて…ちょっと彷徨いました(笑)

62FC5375-1E80-4AB6-A7C4-AA917A91BED1

舞台挨拶は上映前でした。
黒木華は数年前に舞台を観て以来。今回取れた席は一番後ろだったので表情とかあまりよく見えなかったのですが、僕の席の真正面に立っていて。落ち着いた物腰で映画のこと、希林さんのことを語る姿を生で見れて感激でした。

多部未華子、鶴田真由、監督の大森立嗣、原作者の森下典子からも樹木希林との思い出や印象などの話がありました。樹木希林という女優さんの存在の大きさを感じました。口々に「最初は恐い人だと思った…」と話していたのが可笑しかったですが…。同時に「愛情のある人」と語っていたのは何故か嬉しかったです。

その存在力はスクリーンにもバッチリ映し出されていました。お茶の先生役でしたが、懐が深く、ユーモラスで優しくて。温かいオーラに何度も目頭が熱くなりましたね。特に父を亡くした典子(黒木華)に「自分を責めちゃダメよ」と語りかけるシーンはたまらなかったです。

もちろん!黒木華も最高でした。茶道と共に歩んだ24年の中に描かれた彼女の人生。楽しいこと、辛いこと…その横にいつもあった茶道。茶道と先生に支えられながら生きた中の喜怒哀楽をこちらがドキドキするくらいの生き生きとした演技で楽しませてくれました。

この映画は別に茶道に興味がなくても充分楽しめると思います。茶道を通して色々な気づきを運んでくれました。スマホ、インターネット…分からないことはすぐに調べられる時代。しかし、時間をかけないと分からないことも沢山あること。焦らずじっくり向き合う大切さ。

四季を感じる心のゆとり、形に心を入れるということ、五感で感じること…今本当に失われつつある感覚を改めて考えさせてくれる作品でした。「注ぐときの音がお湯と水では違う」と典子が気づいた時も静かな感動がありましたね。僕らの生活は慌ただしい。でも「生活の音」って耳を澄ますと楽しくもあります。
A23DCA50-0FCC-4C3B-B93B-73DCA6CAD7D8


これを書いている今日、愛犬もみじと公園を散歩しました。平日だったので人もまばら。カラスの鳴き声、池の水の音、もみじが草の上を歩く音、僕が水道で顔を洗う時の音…新鮮に感じます。家に帰ってきてからも、ドアを閉める音、革ジャンをハンガーに掛ける時の音、マグカップを洗う時の音…たくさんの音が僕を包んでいる…。耳を澄ませばゆったりとした時間が流れるんですね。この映画はそんなことも教えてくれます。もみじにも感謝。

オススメです!

映画の後…ふじそばでカレー食べ…その後は新宿から池袋まで約1時間ウォーキングしました。都電の風景はいつ見てものどかで良いです。散歩も楽しいですね。
685E64AB-EC73-4D67-BA63-B5C4804B8352


B0A035C7-CBB3-48AE-97E3-ABD80D295875

今年の秋は黒木華が次から次へと映画出演!全部は観れないと思いますが…楽しみです。
…「散り椿」は劇場で観ました。岡田准一も良かった!そしてDVDでは、ようやく「シャニダールの花」「永い言い訳」観ました。「永い言い訳」はちょっとしか出なかったですが…。考えさせられる映画でしたね。

manbou0053 at 17:11|PermalinkComments(0) mixiチェック 映画のこと 

2018年10月22日

今日という日に「?」を〜映画「太陽の塔」「教誨師」

最近観た2本の映画。テーマが重たい映画でした。ひとつは「太陽の塔」。もうひとつは「教誨師」。

太陽の塔は言わずと知れた岡本太郎の作品で、大阪万博のシンボル。今年、内部公開が始まったことでも話題となりました。僕も一度はこの塔の前に立ち、内部も見てみたくて。不思議と吸い寄せられる魅力は何なのか?それを感じたいと思っています。この映画は「太陽の塔」が過去の産物ではなく、今もなお現代に問いかけている“生き物”だという…。岡本太郎が込めたメッセージを解きほぐしていく内容でした。

科学の進歩を歓迎し、新しい時代の到来を宣言する大阪万博のシンボルでありながら、その根底に流れる血液にはこれから訪れる時代に「本当にそれでいいの?」と問いかけるメッセージが流れていたという真実。だからこそ今もなおその疑問符が我々を刺し続けているのだと思えました。

とりわけその代表になるのは福島の原発事故。あれから7年たった今、風化が始まり、無かったことになりそうな危機感が迫っている訳で。私たちはまた同じ過ちを繰り返す道を歩んでしまうのでしょうか?

そして、今ある社会システムが本当に正しい方向へ向かっているのか?一般常識とされているもの、誰かに敷かれたレールを走っていること、誰かに操作された情報に翻弄されていること…そこに何の疑問も持てなくなったとしたら、もう終わりかもしれないですね。

生き方すら考え直したくなる映画でした。「本当にこれでいいのか?オレ」みたいな。

7147C887-6556-4122-B1F1-1496A4689925


そして次に観たのが「教誨師」。「きょうかいし」と読みます。大杉漣の遺作となった映画です。牧師が拘置所内で死刑囚の心の安定を図るために会話を重ねていく物語。6人の死刑囚が登場する訳ですが…。

今ある正義は本当に正義なのか?人が人を裁くというのは、どういうことなのか?その前に、人が人を裁くことはあって良いものなのか?

それぞれの死刑囚にも言い分がある訳です。時に牧師はそれを諭しますが、死刑囚の言葉に顔を伏せてしまう場面もあります。「人を殺した人が死刑になる。しかし、死刑を執行される人もまた最後には“殺される“」。重たい問題でした。

僕は恐くなりました。今ある「当たり前」をもう一度自分の中で問うてみたくなりました。47歳になりました。あとどれくらい人生が続くのでしょう?そんなに贅沢はできないはず。だからこそ自分らしく生きたいと思うのです。社会にではなく、自分の中で正しいと思えることに従って。

66039EC2-57A6-41D2-ACE0-B90A8BBC5DB5

16A55725-E119-4B39-BC92-40197F7501FC


そんな帰り道、僕は高橋歩の「DON'T STOP!」を読んでいました。車椅子生活を送り、憧れのアメリカに行く夢を、そしてハーレーに乗る夢を諦めていた人とアメリカを旅する話です。そして…この日記の下書きをしながら聴いてるのはSEX PISTOLS。パンクロックの代表格バンドです。もっと自分の中に眠るロックンロールとフリーダムを呼び起こしたい!…そんな気分になりました。

今日の自分を信じる気持ちと今日の自分に「?」を持つ気持ち。
今日の社会を信じる気持ちと今日の社会に「?」を持つ気持ち。
その間を旅しながらこれからの自分を考えたいと思うのでした。

3EBF11C6-A751-4CF8-B37A-23F20758EAA1
「太陽の塔」は渋谷で。帰り道、駅の連絡通路に飾られている「明日の神話」見てきました。岡本太郎はこれからも追いかけたいと思っています。「爆発だ!」

manbou0053 at 21:12|PermalinkComments(0) mixiチェック 映画のこと 

2018年10月21日

森の音楽祭…そのあとは?

前回の日記で書けなかったことを。

森の音楽祭への出演が決まった時に、いつもお世話になっているシネマかふぇ結ぃ房。のマスター、戸坂さんに連絡を入れました。そしたら「その日、夜にフラメンコのライブやるから見に来ない?」と誘ってくれました。

ライブが終わったら店に寄るつもりでいたので「もちろん!」の答え。そして、そこにはThe braveというアコースティックユニットも参加。ミニライブがあるとのこと。楽しみが増えました。

The braveは女性二人組のユニット。実は今年2月のスーマーさんのライブでオープニングアクトとしての出演があったのですが…Izumiさんの体調不良でTamaさんのみの出演となってしまいました。なので、この日ようやくThe braveの“完全体”が見れることになった訳です。

しかし!それは夜まで待つことなく昼のうちに実現することになりました。
The braveも「森の音楽祭」に出演したからです(^o^)

8F4FF30F-0F59-4F17-B432-C8D184B9343D

19E0DF84-86C5-46E4-96D1-9F5A27DB8B20


緑の中、鳥のさえずりが聴こえる中…お二人の音楽はそれに溶け込むように流れてきました。
まさに、このイベントにピッタリ!気持ち良くて眠りそうになりました。僕の音楽とは対照的(^_^;)。素晴らしかったです。

さて…イベントの後は結ぃ房。にて…。

A2BF1179-39F4-4993-A635-6009D93474E3


店の前での野外フラメンコ!ギターはThe braveのTamaさん。昭和な風景(七ツ梅酒造跡地)をバックにスペインからやってきたフラメンコですからね。これはもう面白い空間になりました。最後は僕らも一緒に踊るという…不思議で楽しい時間でした。

そして、その後はThe braveのミニライブ。再びまったりな時間。この場所も二人に合いますね…。

本来ならここで終了のはずでしたが…お二人の計らいで、なんと!僕まで歌わせてもらうことができました。
「じゃ、1曲だけ」のはずが…終わってみれば3曲熱唱。近所から苦情が来るのではないか?という大きな声なので少々心配でしたが…大丈夫でした(笑)。みなさん、手拍子も沢山くれ、これまた最高の空間でした。目の前にフラメンコの衣装を着た方々…これも初めてでしたね。ちょっと慣れない感覚でした。

ライブタイムが終わった後はみんなで談笑。戸坂マスターにカレーとたこさんウインナー作ってもらい、舌鼓を打ちました。ここのカレーは本当に美味しい!完食です!もちろん!

D069AC0C-6913-4B2B-A288-BA15008BEAF8


嬉しいことにテレビの録画も見せてもらえました。先日戸坂マスターと竹とんぼの中島社長が出演した「ぶらり途中下車の旅」と「おさんぽジャパン」。どちらも見逃していたので嬉しかったです。そして、お二人の出演も嬉しかった。そこに少しでも関わらせてもらっている自分のことも嬉しく思いました。

来月は、結ぃ房。が7周年を迎える月です。そのお祝い企画に僕も参加できそうな…。楽しみです!




manbou0053 at 08:51|PermalinkComments(0) mixiチェック ホシ☆ケンLIVE 

2018年10月16日

ふかや緑の王国「第10回森の音楽祭」で歌ってきました!

10月14日は「やりたいこと」が叶った日でした。

2年前から通い始めた深谷。そこで知った音楽祭。
「出てみたいなぁ」と1年前から思っていて、応募したら通って。
朝早く家を出発して行ってきました!

道路も順調。早めについて王国内を散策。
早い出番のミュージシャンのステージを見させてもらいながら…出番を待ちました。
もちろん!出店のスワンベーカリーのパン、コーヒー、唐揚げ…美味しいものも楽しみましたよ!

天候が心配され、時には雨も降りだしていましたが。
出演時には晴天!暑いくらいでした。

七ツ梅結ぃ房。の常連さんたちも見に来てくれ感激でした。
そして、この日はじめて会う方も沢山僕のステージに足を運んでくれました。
このイベントが賑わっていた証拠であり、こうして音楽を楽しんでくれる方が沢山いること…嬉しかったです。
アウェイという感じが全然しなかったです。

あとは、力いっぱい歌うだけ!

CA06D6A8-74A4-47B3-8738-D10CBBA11DB4


僕のステージはお客さんの席から少し高い所にあり…ちょっと顔を上に向けると空が広がっています。
だから、空に向かって歌っているような感覚になれる場所でした。そして周りはみどりがいっぱい!青と緑と赤いホシ☆ケン!気持ち良かったです!

2曲目の途中だった…かな?待ちに待った瞬間が訪れました!

1C8460CC-07C2-4651-9766-1A49A699CE40


この緑色と白のキャラクターは…!

DBF9737D-D8C7-4992-902A-AC508CA61F68


ふっかちゃん!
なんと、ふっかちゃんと共にステージに立つことができました。
僕、ゆるキャラにはどちらかというと否定的でしたが…ふっかちゃんには思い入れができてしまいましたね。

僕が「夜空」を歌っている横で振付?ダンス?を披露してくれ、ステージが一層盛り上がりました。

4B3D4D8F-0916-4527-B8B8-69F3B6CE1B9D

A18BF574-1DD0-46EC-ABF8-E14B8C7878D5


たまらなかったですね。楽しかった!

お客さんもすごく盛り上がってくれました。最後の「まっすぐ!!」はお客さんの目の前まで出て歌いましたが…手拍子も沢山もらえて最高の気分で歌わせてもらえました。

お客さんのひとり、愉快なおじさまからはブドウのパンをひとついただきました。「投げ銭」ならぬ「投げパン」です(笑)。あ、投げてないですけどね(食べ物は投げてはいけません)。

初めて上がったステージですが、とてもリラックスできました。
それはスタッフとして動いてくださったボランティアの方々の親切さが理由でもあります。
ステージ案内の係をしてくださった方は、気持ち良い挨拶と共に気さくに話をしてくれ、最後はステージの感想まで言いに来てくれました。その他にも駐車場の案内係など沢山の人たちがいました。ご年配の方が多かったですが、本当に良い雰囲気を作ってくださったなぁと感じました。

本当に楽しかったです。そして、もちろん来年も出演したいです!

8E921E31-D34E-4287-A362-4ECF35DF5B87

9ED0F781-8578-40EE-8E04-40FD7C7F684B


【セットリスト】
ゴハンの歌
旅のうた
夜空
まっすぐ!!

089C250C-4907-48A0-9C8B-5861678B2A94




manbou0053 at 20:57|PermalinkComments(0) mixiチェック ホシ☆ケンLIVE | セットリスト