2005年06月19日

GTA 読売新聞の特集

本日付の読売新聞の特集にグランドセフトオート掘憤焚GTA3)の話題が載っていたのでちょっと紹介。

6月に神奈川県有害指定図書のレッテルを貼られた洋ゲーGTA3ですが、ついに店頭から姿を消したようです。
コジマなど多くの量販店は今後GTAシリーズ全体の入荷を自粛する方向。
ヨドバシカメラは陳列販売を自粛し、購入を希望するお客が来た時のみ年齢確認を行った上での販売とするみたいです。(カウンターの奥からガサゴソ)

神奈川県側は今回の有害図書指定の説明会で、量販店に販売規制への理解を求めたようですが「(※)規制の基準判断基準が曖昧ではないのか?」と説明会に参加した量販店から疑問の声も。

その事に関して出席者から詳しい説明を求められても神奈川県側は終始曖昧な回答でお茶を濁すザ・誠意無き回答を連発。


それじゃダメだろ神奈川県…(;´д`)


販売元や製作会社がゲームの内容に責任を追うのは当然だと思います。
しかし、反対に言えば規制する側も責任もって規制するべきだと言うことです。



(※) 委員のさじ加減1つで判断基準の解釈が異なる為



2005/06/21 加筆修正


この記事へのトラックバックURL