February 2009

February 28, 2009

 坂江渉・神戸大講師(日本古代史)らの研究チームが日本に治水技術をもたらした古代の渡来系氏族

    秦氏(はたうじ)

の名前や

    飾磨(しかま)(現在の兵庫県姫路市)

の地名などが、山口県内で過去に出土した奈良時代中期(8世紀中頃)の小型石板に刻まれていたことがわかり、26日発表した。
 石板は将棋の駒に似た五角形で、縦約23センチ、横約16センチ、厚さ約3センチ、重さ約2・7キロのもので、表には「餝(飾)磨郡因達郷(いだてごう)秦益人(はたのますひと)石」と線刻され、飾磨郡の秦益人という人物が持っていた石と見られるが、その用途は不明だ。
 ただ、河川改修現場で使われた可能性があり、日本書紀などで知られている秦氏の活動を裏付ける貴重な遺物の一つと見られる。

  

manekinecco at 07:23トラックバック(0)よもやまばなし  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 27, 2009


 スウェーデン・カロリンスカ研究所よる研究結果(25日)
 
 太りすぎの人は、標準体重の人に比べて

    早死にするリスクが30%超

高まるという。
 これは、たばこを1日10本吸う人と同等のリスクに晒されている。
 太りすぎと寿命の関係について長年にわたり研究を行ってきた同研究所は、今回世界で初めて、太りすぎの人の死亡リスクは1日にたばこを2箱吸うヘビースモーカーと同程度であることを示す調査結果を明らかにした。
   

manekinecco at 22:04トラックバック(0)よもやまばなし  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 26, 2009


 マラリアは世界で年間100万人の死者を出しているが近年、マラリア原虫が従来の薬剤に対し耐性を持つようになる中、抗マラリア薬「アルテミシニン」に耐性を持つ原虫が出てきたことから、比較的新しいアルテミシニンをベースにした治療法によるマラリアからの回復率を飛躍的に向上してきた流れに変化が起きそうだ。
   

manekinecco at 22:01トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 25, 2009


 ひるをどの様に使ったか興味があるが・・・
   

manekinecco at 06:31トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 厚生労働省は23日、阪大微生物病研究会が開発した日本脳炎ワクチン

    ジェービック5

を正式に承認した。 

 原材料にマウスの脳を使用した旧ワクチンより、副作用が少ないとされる手法で製造されている。
 日本脳炎ワクチンは定期接種の対象となっており、今夏の流行シーズンを前に、5月に発売を開始する見通し。

 日本脳炎ワクチンの接種については、重い副作用が出たとして、同省は05年に、旧ワクチン接種の積極的勧奨を控えるよう各市町村に勧告。そのため、全国的に乳幼児の接種率が低下、現在年間10例にも満たない日本脳炎患者の増加が懸念されていた。

 比較的副作用が低い新ワクチンによる定期予防接種の勧奨を再開するか、厚労省は26日開かれる会合で検討する。

 しかし、積極的な定期接種を実施した場合、生産量が限られていることから供給量不足も予想されている。
    

manekinecco at 01:42トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 23, 2009


 射程距離が長いミサイルの実戦配備が行われたのであれば潜在的な脅威が拡大することになる。
 

manekinecco at 21:51トラックバック(0)軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 米国航空宇宙局(NASA)のガンマ線観測衛星

   スウィフト

が、地球に接近中のルーリン彗星の観測に成功した。

 ルーリン彗星は2007年7月、台湾の鹿林(ルーリン)天文台が発見、数万年に一度しか地球に接近しないと考えられている。

 NASAの観測で、この彗星は毎秒3000リットルもの水を吐き出して飛んでいることが分かった。

 水は太陽の紫外線で水素と水酸基に分解され、直径40万キロ・メートルの範囲に雲状に広がっている。

 彗星は24日に地球に最接近する。

 ただ、距離は6150万キロも離れ、5等級の明るさで肉眼でやっと見える程度。なお、双眼鏡を使えば、3月1日ごろまで観察できるようだ。
    

manekinecco at 20:46トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 22, 2009

 京都大と国立天文台などのグループは、太陽の表面で、イソギンチャクの触手のように磁力線を出している領域が、人工衛星や無線通信などに悪影響を及ぼす強い磁気嵐を引き起こすことを突き止めた。

 京大の柴田一成教授と同天文台の浅井歩助教らは、05年8月に発生した強い磁気嵐を太陽探査機などのデータを基に追跡調査した結果、

  アネモネ(イソギンチャクの英語略名)型活動領域

と呼ばれる直径約15万キロの部分から、通常の2、3倍にあたる秒速1200〜2400キロの猛烈なスピードでプラズマが噴き出していたことを確認した。
  
 これが最大級の磁気嵐の原因になることが判明し、磁気嵐の発生を予測する宇宙天気予報に役立つことが期待される。

 太陽から噴き出した電離ガス(プラズマ)が地球に届き、磁場を大きく変動させることを磁気嵐と呼び、このプラズマが速いほど衝撃が大きく、強い磁気嵐を起こすという。

 

manekinecco at 08:21トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 21, 2009


 フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡Fermi Gamma-ray Space Telescope
 「フェルミ」は08年6月11日、デルタ2ロケットによって打ち上げられた。
 イタリアの物理学者であるエンリコ・フェルミ(Enrico Fermi)氏は、宇宙粒子がどのように加速するかを示した最初の人物で同志の名前を付けた。

 NASAは08年8月26日、ガンマ線大口径宇宙望遠鏡「GLAST:Gamma-ray Large Area Space Telescope」を「フェルミガンマ線宇宙望遠鏡」と命名したことを発表した。

 

manekinecco at 06:14トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 20, 2009


 ゴードン・ブラウン英首相は18日、首相官邸での月例記者会見で、同国が議長国を務める4月の20か国・地域(G20)首脳会議では、中川昭一前財務相兼金融担当相の辞任の原因となったような行動をしている時間はないだろうと冗談を述べた。
 ただ、英国内における同首相の経済政策の遅れに対し12月頃非難が出て追及されたことを忘れているのかもしれないが、英国内の経済状態は全くよくなっていないように思うのだが。
  

manekinecco at 06:50トラックバック(0)よもやまばなし  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ