May 2009

May 31, 2009

 ゲーツ国防長官の講演(30日午前)

   場 所  シンガポール

 アジア安全保障会議で講演し、朝鮮半島の非核化という米国の目標に変わりはない。北朝鮮の核武装を認めないと言明した。
 さらに、北朝鮮が核物質を移転した場合、米国と同盟国への重大な脅威になるとの危機感を表明した。
 
 北朝鮮の核物質がテロ組織などに流れる可能性を警戒していることを明らかにしたもので北朝鮮の核・ミサイル開発計画は(アジア)地域の脅威であり、核開発が続け)軍備競争を誘発する可能性もあるなどと指摘した。

 その上で、われわれは、この地域の同盟国を防衛することを改めて確認すると強調した。

 また、対北追加制裁を定めた国連安保理の決議案交渉なども踏まえ、

   本物の痛みを与える厳しい制裁

が必要だとの認識を示した。

   

manekinecco at 07:13軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 30, 2009


 クリントン大統領の時代、1994-96年に国防長官を務めたペリー氏が外交問題評議会で発言したもの。

 ペリー氏は今すぐに軍事力を行使せよということではないと強調しつつ軍事措置を検討していれば、前回の核実験も1回目の核実験も、阻止できたかもしれないと述べた。

 少なくとも制裁措置が効果をあげない場合は、米国は軍事力の行使も視野に入れるべきだと論じたもので軍事戦略的には当然のことだろう。
 
 目先、軍事的な行動を起こす場合と起こさない場合を考えた場合に起こりえるデメリットの多寡を図ることが必要であるが、どれくらいのスパンで物を見るかにより大きくその結果は異なるのが一般的だ。
 
 

manekinecco at 07:10トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 北朝鮮のミサイル発射は6回目でも、世界の反応はほとんど無視の状態。
   
 何発打っても米国が交渉のテーブルに着くことは考えられないだけに、動きがまもなく閉塞され、再度核実験を実施することになれば、ロシアと中国もこれまでどおりの経済制裁反対だけでは済まなくなる見込みだ。
   

manekinecco at 06:52トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 29, 2009

 インタファクス通信(27日)によると、ロシアは、北朝鮮の25日の核実験を受け

   軍事的措置を含む予防的な対応

をとっていると関係筋の話として報じた。

 関係筋はこの対応について、朝鮮半島で核戦争が勃発した場合に必要になると述べたという。
 なお、部隊の移動は含んでいない。

 情報収集の段階であり、核戦争が起きた場合には部隊の移動は一般的に考えれば先制攻撃を行う場合だけで、それ以外は勃発後の動きになるのが普通で待機させるために動かすようなことはしないのが普通だ。
    

manekinecco at 07:19トラックバック(0)軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 28, 2009

 北海道大と環境省の解析で地球温暖化に伴う水温上昇により21世紀末にはサンゴの生息域が青森・岩手沿岸まで北上する一方、南西諸島ではサンゴの大量死を招きかねない水温上昇が毎年のように起こる可能性があることが分かった。

 国立環境研究所(茨城県つくば市)はサンゴへの温暖化の影響を長期間、定点観測する準備を始めた。
 
 東北地方が温暖化の影響で穀物生産が増加し人口が大きく増加し養うことが出来たといわれる縄文時代の日本が再来すると見ることも出来る。
 
 日本の人口推移を見れば欧州や中国のように政治体制が変化したり疫病の発生で人口が大きく減少する人口崩壊に遭遇したようなことはなく、それらしきものを見れば、この縄文時代に気候が大幅に低下したことにより東北地方の人口が激減したことぐらいのようだ。
   
 日本の温暖化を考えた場合でもマラリヤ蚊の拡大があるが、これもまもなく医学の進歩で壊滅できるだろう。
   
 温暖化により日本の穀物生産が増加し自給力が高まれば飢餓への備えが出来ることともなり、マイナス面ばかりを強調するのではなくプラス面を考え比較することが大切ではないだろうか。
    

manekinecco at 06:54トラックバック(0)よもやまばなし  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 27, 2009

 韓国の李明博大統領は27日、北朝鮮が韓国に対する

     軍事攻撃を警告したこと

について、政府に冷静な対応をするよう呼び掛けた。

 大統領府が声明を発表した。
 
 近代戦が行われると仮定すれば軍事力の規模から考えれば1週間程度で韓国が単独で対応は可能であるものの被害が相当高くなるため、日本の投資資産が相当ダメージを受けるかもしれない。
    
   

manekinecco at 19:09トラックバック(0)軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 がんや心臓病などの検査に用いられる製剤の原料である

   放射性元素 モリブデン99

について、大手供給元のカナダ企業からの入荷が停止していることが分かった。

 世界のモリブデン99のおよそ半分を生産しているカナダ原子力公社(AECL)の原子炉がトラブルで止まったことが原因で、復旧には1カ月以上かかるという。

 放射性医薬品を販売している日本アイソトープ協会(東京)が26日、医療機関に注意を呼びかけ始めた。

 検査に使われるのは放射性元素「テクネチウム」で、モリブデン99から製造されている。 
   

manekinecco at 06:47トラックバック(0)よもやまばなし  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 いろいろな原因で脱毛になるが、遺伝的な要素による俗に言うところの若ハゲを対象とする薬が開発されることが期待される。
   

manekinecco at 04:59トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 26, 2009

 インタファクス通信が26日、外務省筋の話として伝えたところによると、ロシアは、北朝鮮に対する厳しい

    国連決議は不可避

との見方を示したようだ。  

 この外務省筋は安全保障理事会の権威がかかっているため、反応は十分厳しいものになるはずだとと述べた。
 
 昨日の北朝鮮の核実験は核兵器プログラムを推し進める上で、重要な一歩となる可能性があると見ている軍事評論家は多い。

 北朝鮮はこれまで、6カ国協議での合意による無力化が進められていた寧辺の核施設で使用済み核燃料棒の再処理を再開すると公言しおり、これまで抽出したプルトニュウムも2回の核実験により消費したことから再処理作業は早急に再開されれば、年内には少なくとも8キロのプルトニウムが抽出可能となる。

 核爆弾1個の製造に必要なプルトニウムは、通常6─8キロを使うことから、 今回の核実験以前に、北朝鮮は核兵器6─8個を製造できるプルトニウムを保有していたと見られている。

 核実験を推し進めさせることで保有している核兵器を実験で使用させれば、プルトニウムの抽出が止まっている現状では、危険な賭けに出ていることになる。
 
 核実験を行っても交渉等の反応を示さなければ実験がエスカレートするものの手持ち核兵器は減少することとなり、交渉カードを手放すことで最終段階に入って良くかもしれない。
   

manekinecco at 20:06トラックバック(0)軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 火星の赤道付近にあるビクトリアクレーターの壁に水の流れによって土砂が運ばれて堆積した地層が見つかった。

 これと似た地層は約6キロ北の別のクレーターでも見つかっており、米航空宇宙局(NASA)の探査車オポチュニティーが撮影した画像を米コーネル大などの研究チーム解析したところ

   古代の火星では広い範囲で水が流れていた

ことが解析して明らかになった。

 オポチュニティーは04年1月に火星に着陸し、最近は約2年にわたって、ビクトリアクレーターの周囲を調べていた。
   

manekinecco at 04:56トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ