April 2012

April 30, 2012

Uボート
 ( U-boot、U-Boat)
 第一次世界大戦から第二次世界大戦の時期のドイツの潜水艦の総称。

 戦時下においてドイツ潜水艦隊の華々しい活躍により、Uボートの名はドイツ潜水艦の代名詞として広く普及した。
 第一次大戦では、約300隻が建造され、商船約5,300隻を撃沈する戦果を上げた。
 第二次大戦では、1,131隻が建造され、終戦までに商船約3,000隻、空母2隻、戦艦2隻を撃沈する戦果をあげた。
 なお、Uボートの損失は849隻であった。
 
 作戦に投入されたUボートは初期の「丸木舟」と呼ばれた沿岸用II型から大西洋を中心に各方面で活躍したVII型、大西洋を横断できるIX型(日本海軍の呂号潜水艦程度)、補給用の「乳牛」と呼ばれる大西洋での潜水艦補給用のXIV型Uボート、ヴァルター・ボートの外形だけを取り入れた、水中での行動が有利な艦型のXXI型、沿岸作戦用のXXIII型などがあった。
 
  
  
 
 

manekinecco at 23:04トラックバック(0)軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 29, 2012

 根来秀行・客員教授(内科学 ハーバード大学)らのチームは急性腎不全の発症にかかわる
   たんぱく質「Gα12」
を発見し、米国の科学アカデミー紀要に発表した。
 
 現在のところ急性腎不全の死亡率は約5割と高いが、人工透析などの対症療法しかない。
 このたんぱく質の働きを抑える薬を開発すれば、新たな治療につながると期待される。

 急性腎不全は、ろ過した尿の元から水分やブドウ糖などを
   再吸収する腎臓の組織「尿細管」
にある細胞同士の結合が血栓などがきっかけとなって壊され、発症することが知られている。
 
 ただ、何が細胞をばらばらにさせているのかが不明で、新薬開発の妨げとなっていた。

 チームは、細胞表面にあって、細胞外からの信号を内部に伝えるスイッチ役のたんぱく質に着目し、このたんぱく質が働くと、細胞同士の結合が壊れることを突き止めた。


(الترجمة الآلية)
 وتشارك هذه الفرق (جامعة هارفارد الطب الباطني) في التسبب في الفشل الكلوي الحاد، أستاذ زائر Hideyuki Negoro
"Gα12" بروتين
واكتشفت، وأعلن في وقائع الاكاديمية الوطنية للعلوم في الولايات المتحدة.

معدل وفيات الأطفال من فشل كلوي حاد مرتفع، وحوالي 50٪، وهناك العلاج الوحيد أعراض مثل غسيل الكلى في الوقت الراهن.
إذا كنت في وضع يتوقع دواء لقمع وظيفة هذا البروتين، ويؤدي إلى علاج جديد.

وقد تمت تصفيتها فشل كلوي حاد، مثل المياه والجلوكوز من البول الأصلي
"أنبوبي" إعادة تنظيم الكلى لاستيعاب
كسر أثار ملزم من خلية واحدة إلى خلية أخرى، مثل جلطات الدم في، كما كان من المعروف لتطوير.

ومع ذلك، ما هو لتفريق الخلايا وليس من المعروف ما أصبح يتدخل في تطوير عقاقير جديدة.

وجدوا أن الفريق ركز على دور بروتين التبديل كان على سطح الخلية، نقل إشارات خارج الخلية من الداخل، ويتم تنشيط هذا البروتين، أن يتم تقسيم ملزم من خلية واحدة إلى خلية أخرى.
   
 
   
 

manekinecco at 22:32トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 28, 2012

空母航空団
 ( Carrier air wing,CVW)
 米国の海軍における航空母艦搭載航空機部隊の編制のこと。

 2011年時点では
   空母打撃群の主兵力
であり、複数の飛行隊(航空隊)で構成され、空母艦載機である
   戦闘攻撃機
から電子戦機・早期警戒機・対潜哨戒機・輸送機までが含まれた
   混成航空部隊
で、所属機はヘリコプターも含め90機程度になる。

 1隻の空母には1個CVWが搭載され、運用が行なわれる。
 各CVWは搭載先の空母が決められているほか、訓練・整備・補給拠点となる地上基地も設定されている。
 
 
  
 
 
 
  

manekinecco at 22:38トラックバック(0)軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 27, 2012

 国立天文台などの研究チームの観測で太陽の北極と南極に
   N極、赤道付近に二つのS極
が形成される「4重極構造」が現れつつあることが分かった。(記事
 
 現在は2極だが、地球が小氷期という寒冷な時代に突入した
   約300年前
にも4重極構造だったとみられる。(関連記事、)
 当時の太陽活動の特徴とも一致することから、温暖化の一時的な抑制につながる可能性があるという。
 
 

manekinecco at 11:50トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 26, 2012

 米国のスタンフォード大学のチームは
   人工多能性幹細胞(iPS細胞)
を使い、原因不明の難病
   拡張型心筋症
の患者の皮膚から、心筋細胞を作成することに成功した。
 
 患者の心筋細胞を大量に作って発症のメカニズムを解明したり、開発中の薬の効果を試すことにつながる成果といえる。
 
 拡張型心筋症は、心臓の筋肉が衰えて
   ポンプ機能が低下
し、肺や全身にうっ血を引き起こしたり突然死を引き起こすこともある。
 
 患者は国内に2万人程度とみられているが、補助人工心臓の埋め込みや心臓移植以外にはほとんど治療法がない。
 患者から心臓の筋肉を大量に採取することが難しいため
   発症原因は不明な点が多く
原因究明や再生医療による治療への期待が高まっていた。
 
  

manekinecco at 14:33トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 25, 2012

 岡田泰伸・自然科学研究機構 生理学研究所長、京都大学の沼田朋大助教、森泰生教授、ドイツ・マックスプランク研究所のフランク・ヴェーナー教授らの共同研究チームは激しい運動をした時の脱水状態や
   大量の水分摂取
などによって体液濃度が変化しても細胞の大きさを一定に保つ
   細胞膜の水の通り道
を発見した。
 
 トリップ・エムツー(TRPM2)・デルタシーチャネルとと呼ばれる分子で、周囲の体液濃度が高くなってもこの分子が細胞からの水の通り道となり
   細胞が縮んで死んでしまうこと
などを防ぐ。
 
 さらに、この分子が
   サイクリックADPリボースヒドロラーゼ
という分子と結合することで活性化されることも明らかにした。
 なお、サイクリックADPリボースヒドロラーゼは、HIV(エイズウイルス)感染や癌、II型糖尿病、オキシトシン分泌などに関与することが既に知られている。
 
 

manekinecco at 16:45トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 24, 2012

 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の
   高柳広教授
や大阪大学大学院、札幌医科大学などの研究チームでは、健康な骨が、骨の表面にある2種類の細胞、すなわち骨を溶解して壊す
   破骨細胞
と、骨の形成に関わる
   骨芽細胞
がバランスよく働かせることで、骨の量や丈夫さ、しなやかさなどを維持し、このバランスが崩れることで骨の疾患が起きる要因となる2種類の細胞に同時に働くタンパク質を発見した。
 
 

manekinecco at 12:09トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 23, 2012

 英医学研究評議会の研究所のチームでは生物のDNAのように
   遺伝情報を保持、複製し、進化
することができる高分子を作ることに成功しと20日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 生命の起源の究明や、新しいタイプの医薬品の開発につながる成果となる。
 生物の遺伝情報はDNAを構成する4種類の塩基の並び方で保存されているが、チームは別の分子でも、生命の特徴である遺伝や進化が起こり得ることを示したと話している。

 一方、人工的に
   生命の根幹となる物質
を作ることへの懸念もあり、外部からは
   自然界の生物に悪影響
が出るような領域には踏み込むべきではないとの声も出ているようだ。
 
  

manekinecco at 12:04トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 22, 2012

 熊本大学の河村能人教授(金属工学)は20日
   世界で最も燃えにくい高強度マグネシウム合金
の開発に成功したと発表した。
 
 最高でも850度である既存のマグネシウム合金の発火温度を大きく上回る1105度を達成。航空機の部品などへの応用が期待される。

 マグネシウムは実用的な金属の中で最も軽く
   豊富に存在するという利点
があるものの、比較的低い温度で溶けて発火し始めるため
   溶接などの作業に危険
が伴うほか、発火を嫌う分野への利用は限られてきた。

 今回開発された「KUMADAI不燃マグネシウム合金」は、マグネシウムに他の元素を少量加えたもの。
 
 

manekinecco at 11:56トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 21, 2012

 海洋研究開発機構は、沖縄近海で
   水深約1000メートル
の海底に人工的に穴を掘って熱水を噴出させ
   工業原料として重要なレアメタルや貴金属
を効率的に回収する実地試験に成功した。

 レアメタルの主要産出国である中国が戦略物資として鉱物資源の輸出管理を強化する中、日本周辺の海底鉱床の開発に役立つ成果として期待される。

 地球深部探査船「ちきゅう」を使って、有望な鉱床が見込まれる海底の4か所をドリルで掘削。噴出した熱水に含まれる鉱物が、海水で冷やされてできる煙突状の構造物(チムニー)の成長の速さや含有成分などを調べた。
  
 約10か月でチムニーは最大で高さ11メートルまで成長し、太陽電池の材料に利用されるテルルやビスマスのほか、金、銀などを豊富に含んでいた。

 熱水噴出孔を人工的に掘り、船上からチムニーを回収する今回の技術を組み合わせれば、これまで開発が困難だった鉱床も資源化できる可能性が高い。
 
   

manekinecco at 16:48トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ