June 2013

June 30, 2013

 大阪大学などの研究チームが免疫力の「若返り」を手助けするたんぱく質を動物実験で発見したことを発表した。

 加齢による免疫力低下の予防や治療につながる可能性があるという成果だ。
 米専門誌「イミュニティー」電子版に掲載された。

 免疫細胞などを生み出す
   「造血幹細胞」
は、老化とともに免疫を担うリンパ球を作る能力を失っていく。
 ただ、この詳しい仕組みはよく分かっていない。

 
 研究チームの横田貴史・大阪大学助教らは、マウスの造血幹細胞で、加齢とともに「Satb1」というたんぱく質が減少していることを確認した。
 
 人間で20歳代にあたるマウスの造血幹細胞で、このたんぱく質を通常の20〜10倍作るよう遺伝子操作を行った。
 その結果、リンパ球の生成が約100倍に増えた。
 
 なお、人間の70歳代にあたるマウスでも、通常の約3倍に増えた。
 
 
 

manekinecco at 21:58トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 29, 2013

 北海道大学などの研究チームは食中毒の原因となる
   「ノロウイルス」
を大量にくっつけて除去する
   腸内細菌
が見つかったと28日、発表した。

 治療薬の開発や、水を浄化するバイオ技術に応用できる可能性がある成果という。
 米ウイルス学専門誌(電子版)に掲載された。
 
 
 ノロウイルスは、人の消化管に入ると、小腸の細胞表面にある「糖鎖」と呼ばれる構造にくっついて入り込み、激しい下痢や嘔吐などを起こす。

 佐野大輔准教授(水処理工学)らの研究チームは、人の便の中から、小腸の糖鎖とよく似た糖鎖を表面に持つ腸内細菌を発見した。
 この細菌を培養してウイルスと混ぜたところ、条件が整えば
   細菌一つ
で1万個以上のウイルスを吸着し、細菌ごと除去できることが分かった。

 この細菌は、人の腸内でよくみられる菌で、ノロウイルスに感染した時に症状を軽くしている可能性がある。
 
 
 

manekinecco at 21:42トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 28, 2013

 理化学研究所のチームが一滴の血液から
   クローンマウス
を作ることに成功したと発表した。(発表記事
 
 
 遺伝子を提供する動物(ドナー)に負担がかからず
   絶滅の危機
にある種の保存などへの応用が期待できるという。

 
 クローンは、核を除いた卵子にドナーの体細胞の核を移植し、ドナーと同じ遺伝情報を持った動物を作る技術。
 
 臓器から体細胞を取ると手術が必要だが、血液なら簡単に採取できる。

 チームでは血液に含まれる白血球の細胞の核を移植した。
 
 
 これまで白血球は遺伝子が組み換わっているものがあり、クローンには不向きとされていたが、顕微鏡で直径千分の8ミリ以上の細胞を選べば、組み換えを起こしていない細胞を高い確率で選べることがわかった。
 
 なお、作製されたクローンマウスは正常な繁殖能力を示すことを確認したという。
 
 
 
 
 فريق من بتبريد من قطرة دم
الفئران المستنسخة
أعلنت اليوم أنها نجحت في جعل.

لا يتم تطبيق عبئا على (المانحة) الحيوان الذي يوفر الجين
أزمة الانقراض
التي يمكن المتوقع أن يتم تطبيقها على مثل الحفاظ على الأنواع في.


نواة المزروعة من خلية جسدية من البيض المانحة حرض، استنساخ التكنولوجيا اللازمة لإنتاج الحيوانات مع نفس المعلومات الوراثية باعتبارها جهة مانحة.

الجراحة ضرورية لاتخاذ خلايا الجسم من الجهاز، ولكن يمكن جمعها بسهولة إذا الدم.

أنا تم زرع نواة خلية من خلايا الدم البيضاء في الدم في الفريق.

وبدلا من ذلك تعيين بعض الجينات الكريات البيض الآن، فقد اعتبر أنه غير صالحة للاستنساخ، ولكن إذا اخترت الخلايا 8 ملليمتر أو الألف من قطر مع المجهر، يمكن تحديد الخلايا مع احتمال كبير لا تخضع لإعادة التركيب لقد وجدت ذلك.

وبالإضافة إلى ذلك، تم إنتاج الفئران المستنسخة التي تم تأكيد أن تظهر الخصوبة الطبيعية.
 
 
 
理研团队从一滴血
克隆小鼠
今天宣布,它已成功地使。

负担不适用(供体)的动物提供了基因
灭绝危机
它可以被应用到如在保存的物种。


捐赠卵子进站的体细胞的细胞核移植克隆技术生产的动物具有相同的遗传信息,作为捐助者。

手术是必要的身体器官的细胞,但它可以很容易地收集,如果血液。

我被植入在一个团队在血液中的白血细胞的细胞的细胞核中。

一些基因,而不是设置的白细胞,它一直被认为不适用于克隆,但如果你选择了细胞8毫米直径的千分之一用显微镜,可以选择与高概率细胞进行重组我发现。

此外,克隆小鼠证实显示一个正常的生育能力。
 
 
 
Команда RIKEN от капли крови
клонированных мышей
Сегодня объявлено, что это удалось сделать.

Нагрузка не применяется к (донора), которое обеспечивает животных ген
Вымирание кризиса
То, что можно ожидать, что быть применены к таким как сохранение вида в.


Пересаживают ядра соматической клетки из донорской яйцеклетки без косточек, клонировать технологии для производства животных с той же генетической информации в качестве донора.

Хирургия необходима, чтобы взять клетки организма от органа, но она может быть собрана легко, если кровь.

Я был имплантирован ядро клетки лейкоцитов в крови в команде.

Некоторые гены, а не установить лейкоцитов пор она считалась непригодной для клонирования, но если вы выбираете клетки 8 мм или тысячные доли диаметра с помощью микроскопа, может быть выбран с высокой вероятностью клетки не подвергается рекомбинации я обнаружил, что.

Кроме того, клонированных мышей были произведены, что было подтверждено показать нормальную фертильность.
 
 
 
 
 
  
 
 
 

manekinecco at 06:19トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 27, 2013

 理化学研究所などによる
   iPS細胞(人工多能性幹細胞)
を使った加齢黄斑(おうはん)変性の臨床研究が26日、厚生労働省の審査委員会で条件付きで了承された。
 
 なお、治療はやや視力が改善する程度で、劇的な効果は期待できないが、現状の治療法では症状の進行を抑えることしかできないため、患者にとっては大きな一歩になる。

 
 加齢黄斑変性は、網膜のうち感度が高い黄斑部の機能が老化により低下する病気。
 
 
 臨床研究の対象となる「滲出(しんしゅつ)型」は異常発生した血管で網膜や網膜色素上皮細胞が傷つき、ものがゆがんで見えたりして進行すると失明する。

 
 計画では患者の上腕部から皮膚を採取してiPS細胞を作製
   網膜色素上皮細胞
に分化させ、薄いシート状に培養。
 
 病変部の異常な血管や上皮細胞を除去した後、シートを直径2ミリに切り取って網膜の下に注射針で移植するというもの。

 
 iPS細胞は目的の細胞になりきれていない未分化細胞が残っていると、移植後に腫瘍ができる恐れがある。
 
 網膜色素上皮細胞は茶褐色のため他の細胞と区別が容易で、未分化細胞の混入を防げるため、安全上の懸念が少ないため初の臨床応用でこの病気が選ばれたようだ。
 
 万一、腫瘍ができてもレーザー治療で簡単に除去できる。

 なお、マウスやサルなどを使った実験で腫瘍はみられなかった。
 
 
  

manekinecco at 07:02トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 26, 2013

 東京大学などの研究で膵臓(すいぞう)がんを発症したマウスに
   ごく微小なカプセル
に閉じ込めた抗がん剤を使うと、生存率が大幅に向上することがわかった。
 
 同カプセルは人への臨床試験も進行中で、治療の難しい膵臓がんの効果的治療につながると期待される。

 抗がん剤は、がん細胞に届く前に多くが体外に排出されてしまううえ、がん以外も攻撃する副作用があるがカプセルに閉じ込めると、がんを集中的に狙い撃ちできるという。
 
 
  

manekinecco at 07:05トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 25, 2013

 理化学研究所は蜂蜜や果物に含まれる果糖をを使い、実験動物の組織をゼリーのように透明にする手法を開発した。(発表記事
 
 細胞内の水分が果糖に置き換わり
   光の散乱
がなくなって透明になった。
 
 
 マウスで試したところ、脳内部で
   神経細胞がつながっている様子
を傷つけずに確認できた。

 
 生き物の組織の内部では光が散乱するため、数百マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルの深さまでしか観察できない。
 
 研究グループは光の屈折率が高く、生体への影響が少ない果糖に注目した。

 
 マウスの脳や胎児を果糖に浸すと、組織や細胞の水分が果糖に置き換わり、光が真っすぐ進むようになるため、組織の深部まで透明に見えたという。
 
 
 

manekinecco at 07:09トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 24, 2013

 福岡大学の高野行夫教授(薬理学)らのチームは
   末期がん
などにおいて、神経が傷ついて起きる
   神経障害性疼痛
という激痛の原因が脊髄で
   「CCL―1」
というたんぱく質が増えるためだということを動物実験で突き止めたと発表した。

 
 現在、この疼痛にはモルヒネなどの鎮痛剤が効きにくいが、新たな治療法につながると期待される。

 
 マウスの座骨神経を縛って激痛を再現したところ、脊髄のCCL―1が通常の2倍に増加した。
 また、正常なマウスの脊髄にCCL―1を注射すると、通常は激痛を感時に示す動作を、少しの刺激でも見せるようになった。

 CCL―1の働きを妨げる物質をあらかじめ注射しておくと、激痛を感じなくなる予防効果があることも確認した。
 
 
  

manekinecco at 06:59トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 23, 2013

 国立精神・神経医療研究センターの池田大樹研究員の研究によると
   目覚まし時計
に頼らず、朝起きる時間を意識して自発的に目覚めると、朝だけでなく
   昼の覚醒度
も上がることがわかった。

 
 研究では、15人の男性(平均年齢41歳)に目覚まし時計を使う場合と使わない場合で、5時間の短めの睡眠をそれぞれ4日連続でとってもらい、数字に反応してボタンを押す簡単なテストで覚醒度を比較した。
 
 その結果、寝不足がたまった4日目では、起きる時間を意識して自発的に目覚めた方が、テストの反応時間が朝で12%、眠気が強まる午後2時で20%短く、覚醒度が高かったという。
 なお、自身で感じる眠気には差がなかった。
 
 
 池田さんの過去の研究では、起きる時間を強く意識する訓練を1週間続けると、8割が目標時刻の前後30分以内で目覚めることができた。

  
 

manekinecco at 07:01トラックバック(0)よもやまばなし  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 22, 2013

 自然科学研究機構基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)は18日までに、植物の細胞分裂を鮮明に観察することに成功したと発表した。
 
 細胞内で「微小管」というタンパク質の繊維が
   細胞を二つに分裂させる仕切り
を形成する過程が判明した。
 
 植物の成長をより理論的に説明でき、生物の進化についても理解が進む成果と見られる。
 

 同研究所の村田隆准教授(細胞生物学)によれば「実や種子ができる仕組みの解明につながり、いずれは果実や穀物の品種改良にも応用できる可能性がある」とのこと。
 
 
 


manekinecco at 15:22トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 21, 2013

 東京大学大学院新領域創成科学研究科
   佐々木裕次教授
を中心とする研究グループでは、変性してしまったタンパク質分子を修復する機能を持つ
   シャペロニンタンパク質分子
の内部運動を、1分子でリアルタイムに高精度計測することに初めて成功した。(発表記事
 
 体の異常につながる
   たんぱく質の性質の変化
を防ぐ別のたんぱく質の動きを分子レベルで明らかにすることが出来た成果。
 
 研究グループには公益財団法人高輝度光科学研究センター(研究当時:佐々木研究室 特任助教)関口博史博士、東京農工大学 養王田正文教授らが参加している。
 

 研究チームは、シャペロンというたんぱく質の分子が動く仕組みをエックス線を当てて調べたところシャペロンはドミノ倒しのように倒れこみ、反時計回りにねじれる運動をしていた。
 
 こうした「ねじれの動き」は、変性したたんぱく質を戻すのに有効と考えられるという。
 
 この研究成果はアルツハイマー病などの兆候をつかむことなどに役立てられるかもしれないという。
 
 
  

manekinecco at 15:19トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ