May 2015

May 31, 2015

 
 基礎生物学研究所の大原裕也研究員・小林悟教授らによる研究グループは、ショウジョウバエを用いた実験で、幼虫から成虫への変化(変態)を制御する新しい仕組みを発見した。
 
 
 多くの動物はステロイドホルモンによって、生殖能力を有する成体期へと発育することが知られている。
 
 ショウジョウバエでは、ステロイドホルモンの一種であるエクジソンが成虫への変態に必要であるが、前胸腺でエクジソンを産生するための脳からの情報伝達を担う因子についての詳細は明らかになっていなかった。
 
  
 今回の研究では、前胸腺に存在する受容体Octb3Rの機能を抑制させたショウジョウバエを調べたところ、エクジソンの産生が活性化せず、蛹へ移行できないことが分かった。
 
 さらに、Octb3Rはチラミンを受け取ることが知られているため、チラミンの産生を抑制したショウジョウバエを同様に調べたところ、Octb3Rの機能を抑制した場合と同様にエクジソンの産生が活性化せず蛹へ移行できないことが明らかになった。

 今後は、どのようにして幼虫はチラミンを制御しているのかを明らかにし、昆虫のみならず動物に共通する発育・成熟の制御メカニズムを解明することが期待されている。

 なお、この内容は米国科学アカデミー紀要に掲載された。
 
 
 
 
   

manekinecco at 19:39トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 30, 2015

 
 理化学研究所の田中隆次主任研究員は、パルス幅が理論極限である波長程度まで短くなった「単一サイクルX線パルス」を生成する手法を開発した。

 発光時間が短い光によって様々な分野の超高速現象が解明されてきた。

 その究極形態は発光している間に光の波が1回だけ振動する光
   「単一サイクル光パルス」
であり、極端紫外線領域においては既に実現されている。


 しかし、X線自由電子レーザーでは光が電子よりも前方へ進む「光のすり抜け効果」があるため、単一サイクル光パルスの発生は困難であった。
 
 
 今回の研究では、波長より短い電子の塊(マイクロバンチ)を複数作り、「n番目のマイクロバンチの間隔」と「n番目の磁場周期において光がすり抜ける距離」が等しくなるようにマイクロバンチを並べることで、単一サイクル光パルスが実現できることを示した。
 
 実際に、エネルギー2GeV・電流2kAの電子ビームでシミュレーションをした結果、波長8.6nm・ピークパワー1.2GWの単一サイクルX線パルスを発生できることが確認できた。

 今後は、本手法を硬X線領域において実現することで、パルス幅数100ゼプト秒という究極の光を創り出し、これを利用してゼプト秒領域の超高速現象を追求する、いわば「ゼプト秒科学」という新たな分野を切り開くことが期待されている。
 
 
 
 
 

manekinecco at 19:37トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 29, 2015

 
盧溝橋事件
 1937年(昭和12年)7月7日に北京(北平)西南方向の
   盧溝橋
で起きた日本軍と中国国民革命軍第二十九軍との衝突事件である。
 
 
 なお、中国では一般的に七七事変と呼ばれる。
 
 この事件は日中戦争(支那事変)の直接の導火線となった。
 
 
 この事件後に幾つかの和平交渉が行われていた。
 

 1937年7月6・7日、豊台に駐屯していた日本軍
   支那駐屯軍第3大隊
     (第7、8、9中隊、第3機関銃中隊)
および歩兵砲隊は、北平の西南端から10余キロにある盧溝橋東北方の荒蕪地で演習を実施した。
 
 なお、この演習については日本軍は7月4日夜、中国側に通知済みであった。
 
 
 第3大隊第8中隊(中隊長は清水節郎大尉)は夜間演習を実施していた。
 夜間演習中の午後10時40分頃
   永定河堤防
の中国兵が第8中隊に対して突然実弾を発射した。
 
 その前後には宛平県城との間で懐中電灯で合図を伝達していた。
 
 
 清水中隊長は乗馬伝令を豊台に急派し大隊長の一木清直少佐に状況を報告した。
 同時に部隊を撤収、7月8日午前1時ごろまでに盧溝橋の東方約1.8キロの
   西五里店
に移動した。
 

 7月8日午前0時ごろに急報を受けた一木大隊長は、警備司令官代理の牟田口廉也連隊長に電話した。
 
 牟田口連隊長は豊台部隊の一文字山への出動、および夜明け後に宛平県城の営長との交渉を命じた。
 
 
 
 事態を重視した日本軍北平部隊は森田中佐を派遣した。
 なお、宛平県長王冷斉及び冀察外交委員会専員林耕雨等も中佐と同行した。
 

 これに先立って豊台部隊長は直ちに蘆溝橋の中国兵に対しその不法を難詰し、かつ同所の中国兵の撤退を要求した。
 
 その交渉中の8日午前4時過ぎ、龍王廟付近及び永定河西側の長辛店付近の高地から集結中の日本軍に対し、迫撃砲及び小銃射撃を以って攻撃してきた。
 
 
 日本軍も自衛上止むを得ずこれに応戦して龍王廟を占拠した。
 
 
 蘆溝橋に陣取る中国軍に対し武装解除を要求した。
 
 この戦闘において日本軍の損害は死傷者十数名、中国側の損害は死者20数名、負傷者は60名以上であった。

 
 午前9時半には中国側の停戦要求により両軍は一旦停戦状態に入り、日本側は兵力を集結しつつ中国軍の行動を監視した。
 
 
 北平の各城門は8日午後0時20分に閉鎖して内外の交通を遮断した。
 午後8時には戒厳令を施行し、憲兵司令が戒厳司令に任ぜられた。
 
 ただ、市内には日本軍歩兵の一部が留まって、日本人居留民保護に努め比較的平静だったという。
 
 

 森田中佐は8日朝現地に到着して蘆溝橋に赴き交渉した。
 
 しかし、中国側外交委員会から日本側の北平機関を通して両軍の現状復帰を主張して応じなかった。
 
 
 9日午前2時になり中国側は遂に午前5時を期して蘆溝橋に在る部隊を全部永定河右岸に撤退することを約束した。
 
 ただ、午前6時になっても蘆溝橋付近の中国軍は撤退しないばかりか、逐次その兵力を増加して監視中の日本軍に対したびたび銃撃をおこなった。
 
 日本軍は止むを得ず、これに応戦して中国側の銃撃を沈黙させた。

 

 日本軍は中国側の協定不履行に対し厳重なる抗議を行った。
 
 
 中国側はやむを得ず9日午前7時旅長及び参謀を蘆溝橋に派遣し、中国軍部隊の撒退を更に督促させた。
 
 その結果中国側は午後0時10分、同地の部隊を1小隊を残して永定河右岸に撒退を完了した。
 なお、残った1小隊は保安隊到著後交代させることになった。
 
 

 中国軍は一方で永定河西岸に続々兵カを増加し、弾薬その他の軍需品を補充するなど、戦備を整えつつある状況であった。
 9日午後4時、日本軍参謀長は幕僚と共に交渉のため天津をたち北平に向った。

 

 永定河対岸の中国兵からは10日早朝以来、時々蘆溝橋付近の日本軍監視部隊に射撃を加える等の不法行為があった。
 同日の夕刻過ぎ、衙門口方面から南進した中国兵が9日午前2時の協定を無視して
   龍王廟を占拠
し、引き続き蘆溝橋付近の日本軍を攻撃した。
 
 
 牟田口部隊長は中国軍の攻撃に対し逆襲に転じて徹底的打撃を与えた。
 午後9時頃龍王廟を占領した。
 なお、この戦闘において日本側は戦死6名、重軽傷10名を出した。

 
 11日早朝、日本軍は龍王廟を退去、軍の主カは蘆溝橋東北方約2kmの五里店付近に集結した。
 
 当時、砲を有する七、八百の中国軍は八宝山及びその南方地区にあった。
 また、長辛店及び蘆溝橋には兵力を増加し永定河西岸及び長辛店高地端には陣地を設備し、その兵力ははっきりしないものの逐次増加の模様であることが確認できた。。

 一方日本軍駐屯軍参謀長は北平に於て冀察首脳部との折衝に努めた。
 
 
 しかし、先方の態度が強硬であり打開の途なく交渉が決裂やむなしの形勢に陥った。
  
 
 11日午後遂に北平を離れて飛行場に向った。
 同日、冀察側は日本側が官民ともに強固な決意のあることを察知すると急遽態度を翻し、午後8時、北平にとどまっていた交渉委員
   松井特務機関長
に対し、日本側が提議した
  中国側は責任者を処分
したうえで、将来再び同様の事件が惹起することを防止する事
  蘆溝橋及び龍王廟から兵力を撤去
  保安隊を以って治安維持に充てる事
  抗日各種団体取締
を行うなどを受け入れ、二十九軍代表・張自忠、張允栄の名を以って署名の上日本側に手交した。
 
 
 

manekinecco at 20:06トラックバック(0)軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 
 大阪市立大学は9日、同大医学研究科 脳神経科学の富山貴美(とみやまたかみ)准教授らのグループが、アルツハイマー病の新しい治療薬となる抗体を開発したと発表した。

 アルツハイマー病の脳には、アミロイドβというペプチドが細胞外にたまってできる「老人斑」と、タウというタンパク質が過剰にリン酸化され細胞内にたまってできる「神経原線維変化」という2つの病理変化が現れる。


 これまでは主にアミロイドβを標的とする薬が開発されてきたが、臨床試験で有効性が確認されたものはまだないという。

 今回の研究は、過剰にリン酸化されたタウに結合し、これを除去する新しい抗体を開発したというもの。アルツハイマー病の治療は今後、アミロイドβを標的とする薬とタウを標的とする薬の併用療法が主流になってくると考えられており、今回開発された抗体は、タウを標的とする薬の有力なプロトタイプになると期待されているという。

manekinecco at 19:36トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 28, 2015

 
 東北大学の山方恒宏助教・谷本拓教授らによる研究グループは、ショウジョウバエの短期記憶と長期記憶がそれぞれ異なる報酬伝達神経群によって誘導されていること、そして「甘み」や「栄養価」というそれぞれ異なる報酬成分を伝えていることを明らかにした。

 記憶には短期記憶と長期記憶があることが知られている。食物や毒など、動物の生存に大きく関わることを学習する時は、一度の訓練で長期記憶に誘導される。
  
 これまでのところ、その詳細なメカニズムについては明らかになっていなかった。
 
 
 今回の研究では、ショウジョウバエのPAMと呼ばれるドーパミン細胞のグループを調べた。
 
 
 報酬短期・長期記憶を特異的に誘導する異なる細胞グループがあることが分かった。
 
 さらに、それぞれの細胞グループが伝達しているのは、ショ糖報酬の甘さと栄養に関する情報であることも明らかになった。
 
 
 この本研究成果が記憶の長期安定化メカニズムの解明や、記憶障害の治療などに繋がると期待されている。
 
 
   
 
   

manekinecco at 19:50トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 27, 2015

漆川梁海戦(巨済島の海戦)
 
 慶長の役の緒戦において、日本水軍と朝鮮水軍の間で戦われた海戦このと。
 朝鮮水軍は敗北し壊滅した。
 陸海で日本軍が西進する端緒となった。
 
 
 
 文禄の役後、朝鮮水軍は日本軍の出没に対応するため閑山島に本営を前進させた。
 
 海峡対岸の巨済島を監視する位置に水軍の本拠を起いた。
 
 
 和平交渉が破綻すると豊臣秀吉の命令で攻略を開始し
   慶長の役
の為に釜山付近に渡海し、集結している日本軍を攻撃するように命令された朝鮮水軍の三道水軍統制使(司令官)の李舜臣は水軍単独での侵攻攻撃に消極的であった。
 
 党争の影響やライバルの元均の讒言もあり、断罪され地位を剥奪された上に白衣(一兵卒)従軍を命ぜられた。
 
 李舜臣に代わって三道水軍統制使となったのは元均であった。
 ただ、彼もまた攻撃指令に対しては消極的であった。

 
 6月18日、ついに都体察使である李元翼の命令により元均は艦隊を出撃させた。
 
 しかし、6月19日、安骨浦と加徳島へ侵攻した艦隊が日本軍と海戦始めたものの、幹部が負傷するなどの被害を出して一旦閑山島まで後退した。
 
 

 元均の艦隊は命令通り艦隊を二分して再度出撃し、慶長2(1597年)7月7日、給水のため加徳島に上陸したものの高橋統増(立花 直次)や筑紫広門軍の攻撃を受け敗走した。
 
 これをみた朝鮮軍の最高司令官(都元帥)の権慄は元均を厳しく叱責して杖罰に処した。
 

 7月14日、閑山島の本営を出撃し、15日夜半に巨済島と漆川島の間にある漆川梁に停泊した。
 
 
 この情報を斥候より得た日本軍は水陸から挟撃する作戦をたてた。
 
 16日の明け方より
   藤堂高虎
らの日本水軍は海上から攻撃し、陸上部隊がこれを援護した。
  
 
 
 戦いは日本水軍が朝鮮水軍を圧倒して数千人を討ち取った。
 
 逃走する敵兵の多くを海へ追い落とし、160余隻を捕獲、津々浦々15〜16里にわたって海賊船を焼却した。
 
 
 この戦いで朝鮮水軍の主将のうち元均、李億祺、崔湖が戦死した。
 
 裴楔のみが戦場から離脱して逃走、朝鮮水軍は壊滅的打撃を受けた。
 
 この戦いに勝利した日本軍は陸海から全羅道に向かって進撃していった。
 
 
 
 
 
 
 

manekinecco at 20:12トラックバック(0)軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 26, 2015

 
 理化学研究所の多細胞システム形成研究センター器官発生研究チームの六車恵子専門職研究員を中心とする研究チームは1月30日、ヒトES細胞(胚性幹細胞)を小脳の神経組織へと、高い効率で選択的に分化誘導させることに成功したと発表した。

 今後、脳神経系疾患に対する発症原因の究明や、治療法開発などにつながることが期待できるという。



 神経変性疾患の1つである脊髄小脳変性症は小脳の神経細胞の変性による細胞死が徐々に起こり、その数が著しく減少する病気。

 研究チームでは、患者由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)からプルキンエ細胞への分化誘導にも成功しており、脊髄小脳変性症の発症原因の究明や治療法開発、創薬などの研究が加速すると期待できるという。
 
 
 
 中枢神経系(脳)は、一度損傷するとその機能の修復は非常に困難であり、小脳は緻密な運動の制御や学習などをつかさどるため、その機能が障害を受けると小脳性失調症が起こり、日常生活に欠かせないさまざまな運動機能に支障が生じることとなる。
 
 
 研究チームは、以前の研究で多能性幹細胞を効率良く分化できる「SFEBq法(無血清凝集浮遊培養法)」という3次元浮遊培養法を開発した。
 
 胚組織の発生を試験管内で自己組織化により再現することで、マウスES細胞から、小脳の主要な神経細胞で医学的にも重要なプルキンエ細胞への分化誘導に成功した。

 
 研究チームはマウスで成功した培養法をヒトES細胞に応用し、プルキンエ細胞の効率的な試験管内での培養法の開発に挑んだ。


 培養条件を最適化し、ヒトES細胞から分化したプルキンエ細胞前駆細胞を長期間培養することによって、大きな細胞体と樹状突起の伸展を確認した。
 
 電気生理学的解析でも、この細胞固有の神経活動が測定でき、形態的にも機能的にも生体と非常に良く似たプルキンエ細胞であることを確認した。

 
 プルキンエ細胞と顆粒細胞を同一の細胞塊内で分化させ、自己組織化によって脳の神経組織をつくるように培養条件をさらに検討した。
 
 これらがヒトの妊娠第1三半期に相当する小脳皮質構造を形成することを示した。
 
 
  
 
   

manekinecco at 19:30トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 25, 2015

 
 米国の研究チームの観測で「宇宙誕生直後に起きた急膨張の証拠を初めてとらえた」とする成果について、欧州宇宙機関(ESA)などは1月30日、「確定的な証拠は見つからなかった」と発表した。



 米国の研究チームは、南極に設置した電波望遠鏡で原始重力波の痕跡をとらえたと昨年3月に発表した。
 インフレーション理論を裏付ける観測結果で、「ノーベル賞級の成果」と注目された。

 

 観測データには銀河のちりによる
   ノイズが大きく影響
しており、急膨張を示す証拠にはならないという。

 宇宙は、138億年前の誕生直後、一気に急膨張し、大きくなったとみられている。



 佐藤勝彦・自然科学研究機構長らが1980年代初めに提唱した「インフレーション(急膨張)」と呼ばれる理論で、急膨張の際には、「原始重力波」という波が発生したと考えられている。
 
 

 発表当初から、この痕跡はノイズで生じた可能性が指摘され、米国やESAのチームが、観測衛星「プランク」で得られた新データなどを基に共同で解析を進めていた。
 
 なお、両チームの関係者は「重力波の痕跡が隠れている可能性はまだあり、今後も研究を続ける」としている。
 
 

 
 

manekinecco at 19:26トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 24, 2015

 
 英University of BirminghamのMatthew J. Armstrong氏が
   非アルコール性脂肪肝炎(NASH)患者
にGLP-1作動薬のリラグルチドを投与すると、病理組織学的な改善を得られ、肝線維化の進展も抑えられることを欧州肝臓学会(EASL2015、4月22〜26日、ウィーン開催)で発表した。
 
 

 
    

manekinecco at 19:23トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 23, 2015

 
 天理よろづ相談所病院(奈良県天理市)内分泌内科の桑田博仁氏らが第58回日本糖尿病学会(5月21〜24日、下関開催)で
   2型糖尿病患者
は血清尿酸値が7mg/dL台または8.0mg/dL以上を呈する高尿酸血症では、急速な腎機能低下の独立したリスク因子になることが分かったと報告した。
 
 
 

   

manekinecco at 20:38トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ