October 2016

October 31, 2016

 
 アフリカツメガエルは異種交配によって生まれてきたために、ゲノム(全遺伝情報)構造が複雑で調べるのが難しいとされてきた。
 このカエルのゲノムを解読したと、東京大や名古屋大などの国際研究チームが20日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 地球に多様な脊椎動物が生まれたのは、異種交配などによるゲノムの重複がきっかけとなったと考えられている。
 
 チームの平良真規・東大准教授によれば
   脊椎動物
が進化した過程の謎を解く上で、役に立つ成果とのこと。

 アフリカツメガエルは、通常の2倍の数の染色体を持つ。
 
 チームでは断片化した遺伝情報をパズルのようにつなげる手法などを使い、全体を解読した。
 
 
     

manekinecco at 21:33トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 17, 2016

 
アドミラル・クズネツォフ( Адмира́л Кузнецо́в )
 
 正式名アドミラル・フロータ・サヴェーツコゴ・サユーザ・クズネツォフ

 ソ連邦海軍元帥クズネツォフから命名
 
 ソビエト連邦で建造された重航空巡洋艦で 設計番号は11435型。
 ロシア連邦海軍唯一の航空母艦として運用されている。


   
 

 
   

manekinecco at 05:21トラックバック(0)軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 09, 2016

 
 神戸大学などのグループは年齢が高くなるにつれて、聴覚に障害が出る「遺伝性難聴」の原因と見られる遺伝子を特定したと発表した。
 
 治療法の開発につながる成果。

 神戸大学の上山健彦准教授などのグループが、原因が分からない難聴の患者1120人の遺伝子を詳しく分析した。
 一部の人たちで「DIA1」(ディア・ワン)と呼ばれる遺伝子にわずかな変異があることを突き止めた。

 耳の中では、毛が生えた特定の細胞が音を感知する働きをしている。
 この遺伝子に変異があると、毛の部分を作る「アクチン」というたんぱく質が変化し、毛が正しく作られないことがわかった。
 
 
 研究グループが「DIA1」に異常があるマウスを作ったところ、年齢が高くなるにつれて、聴覚に障害が出るヒトの遺伝性難聴とよく似た症状が確認されたという。

 
    

manekinecco at 21:57トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 08, 2016

 
 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などのチームは5日、脳内の
   死んだ細胞
   老廃物
を取り込む免疫細胞「ミクログリア」が神経細胞と接触することで、脳の回路が作られることを発見したことを発表した。

 研究所の鍋倉淳一教授(神経生理学)は「さまざまな発達障害で脳回路の異常が起こっていることが知られている」と指摘した。
 
 ミクログリアを活性化させることで、脳回路の異常が原因の病気の治療や予防につながる可能性があるとした。

 ミクログリアは神経細胞同士が情報をやりとりするつなぎ目「シナプス」が正常に働いているか確認する役割も担うとのこと。
 
 
 
   

manekinecco at 21:52トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 07, 2016

 
 大阪大学の原田彰宏教授(細胞生物学)らのチームは3日、膵臓から分泌されるインスリンの量を増やす化合物を、マウスの実験で特定したと発表した。

 インスリンは、血糖値を下げる作用がある。
 これが不足すると糖尿病になる。
 
 この化合物を使ってインスリン分泌を促す新しい糖尿病治療薬の開発につながる可能性がある成果。

 チームは「SNAP23」というタンパク質に注目したもので、インスリンを作り出す膵臓のベータ細胞で、SNAP23が働かないようにしたマウスは、インスリン分泌が普通のマウスの2倍以上に増えた。
 
 このため、チームはSNAP23は通常、インスリン分泌を阻害していると判断した。
 
 

     

manekinecco at 21:48トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 06, 2016

 
 東京大学や国立遺伝学研究所(静岡県三島市)などの研究チームは20日、高温や真空などの過酷な環境で生きることができるため
   「最強の生物」
と呼ばれる小動物クマムシが、強い放射線からDNAを守る遺伝子を持つことを見つけたと発表した。

 通常、DNAは強いエックス線を当てると傷つく。
 
 人の培養細胞でこの遺伝子を働かせると、損傷が大幅に少なくて済むことも分かった。
 
  
 
     

manekinecco at 18:22トラックバック(0)新発見  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 05, 2016

 
阿衡事件(あこうじけん)

 平安時代前期に藤原基経と宇多天皇の間で起こった政治紛争のこと。
 阿衡の紛議とも呼ばれる。
 
 
 宇多天皇は、887年(仁和3年)11月21日
   藤原基経
の推薦により臣籍から皇太子、次いで天皇に即位した。
 
 その即位に際して、基経を関白に任じる詔勅を出した。

 基経は先例により一旦辞退、天皇は左大弁橘広相に命じて二度目の詔勅を出した。
 その詔勅に「宜しく阿衡の任をもって卿の任とせよ」との一文があった。

 阿衡は中国の殷代の賢臣
   伊尹
が任じられた官のこと。
 この故事を橘広相は引用したのである。
 
 これを文章博士の
   藤原佐世
が「阿衡は位貴くも、職掌なし(地位は高いが職務を持たない)」と基経に告げ大問題となった。
 
 基経は職掌なしとの意味を持ちだして、一切の政務を放棄してしまった。
 そのため国政が渋滞する事態に陥った。
 
 天皇は困り基経に丁重に了解を求めるが、確執は解けなかった。

 藤原佐世が基経にこうした騒ぎの種になるようなことを言ったのは、橘広相の出世を妬んだためとする説もある。

 翌888年(仁和4年)4月、天皇は左大臣源融に命じて博士らに阿衡に職掌がないか研究させた。
 
 だが、藤原基経の威を恐れる博士らの見解は保身のため、佐世と同じであった。
 
 広相はこれに反駁したものの6月、天皇は先の詔勅を取り消して、広相を罷免した。
 なお、天皇は無念の思いを日記に記している。

 基経は執拗になおも広相を遠流(島流し等の追放刑)に処すよう求めた。
 
 広相の無実を知る天皇は窮するが、讃岐守
   菅原道真
がこれ以上紛争を続けるのは藤原氏のためにならない旨の書を基経に送り、基経が怒りを収めた。
 
 このことにより、ようやく事件は終息した。

 この事件により基経は藤原氏の権力の強さを世に知らしめ、天皇が事実上の傀儡であったことが証明された。
 
 

   

manekinecco at 17:29トラックバック(0)軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 04, 2016

 
 沖縄県立博物館・美術館のグループは沖縄県南城市の旧石器時代の遺跡で出土した貝で出来た釣り針が、今から2万3000年前の世界で最も古い時期のものだとする分析結果をがまとめた。
 
 研究グループは「当時から道具を使って魚をとっていたことが裏付けられた」としている。

 この釣り針は、旧石器時代の人骨や貝の道具などの発見が相次いでいる南城市のサキタリ洞遺跡で、4年前に見つかった。
 
 大きさは1.4センチほどで、貝を砕いたうえで岩で削って形を整えたとみられる。
 
 
 この釣り針が出土した地層の年代を基に使われた時期を調べ、今から2万3000年前のものだという分析結をまとめた。
 
 これまで最も古いとされてきた東ティモールで発見された釣り針とほぼ同じ時期に当たる。
 
 遺跡の同じ場所からは、ブダイなどの魚の骨や、モクズガニのはさみも見つかっている。
  
 
    

manekinecco at 17:35トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 03, 2016

 
倭寇(わこう)

 海賊、私貿易、密貿易を行う貿易商人の事。
 
 13世紀から16世紀にかけて朝鮮半島や中国大陸の沿岸部や一部内陸、及び東アジア諸地域において活動した。
 
 和寇あるいは海乱鬼(かいらぎ)とも呼ばれる。

 倭寇の構成員は、前期倭寇では主に日本人で一部が高麗人であった。
 また、後期倭寇は中国人が多数派で一部に日本人をはじめ諸民族を含んでいた。
 
 前期倭寇は元軍が2度対馬や壱岐に襲来し、島民を皆殺しにして九州にも来襲し莫大な被害が生じた。
 
 1350年に元朝の衰えが顕著となると、高麗の恭愍王は親元勢力を排除し、元の外戚として権勢を振るっていた奇氏を討伐した。
 
 対馬・壱岐・肥前国が根拠地の松浦党の海賊は元軍の勢力が駆逐された朝鮮半島において侵略者の先導を務めた高麗王朝に対する報復攻撃を活発化させた。
 
 そのため、多く海賊行為というより、軍事的な行動が多く元寇に対する報復の意味があった。
 
 こうした前期の倭寇の活動を中国の明王朝の太宗朱元璋が日本におくった書簡で「倭兵は蛮族である元のおとろえに乗じただけだ」と記述している。

 1350年から高麗末まで倭寇の侵入は500回あり、特に1375年からは、倭寇の影響から高麗の沿岸に人が住まなくなる程だったという。
 
 高麗王朝を亡ぼした女真族の打ち立てた李氏朝鮮は朴葳を司令官として、1389年2月、戦艦100艘で対馬侵攻を計画、金宗衍、崔七夕、朴子安が従った。、

 対馬では日本船300艘と沿岸の建物を焼き尽くし、捕らえられていた者100余人を救出したと高麗の記録はあるが、日本側の記録がないため実際の成果との確認ができていない。
 
 ただ、帰国後は昌王名義で賞賛されているが、当時高麗の人々の中には、「朴葳は建物と船を焼いただけで、捕虜にした倭寇はいなかった。」と批判の声も出ていたという。

 将軍となった足利義持は、応永18年(1411年)に明との国交を断絶、対馬においても宗貞茂は応永25年(1418年)4月に病没し、宗貞盛が跡を継いでいる。
 
 ただ、対馬で実権を握った早田左衛門大郎は倭寇の首領であった。
 
 
 日本では1523年に勘合を巡って細川氏と大内氏がそれぞれ派遣した
   朝貢使節
が浙江省寧波で争う
   寧波の乱(寧波争貢事件)
が起り、勘合貿易が途絶した。
 
 その後は、倭寇を通じた密貿易が盛んとなり、再び倭寇の活動が活発化した。

 ただ、後期倭寇の構成員の多くは私貿易を行う中国人であったが戦国時代であった日本人は実戦経験豊富なものが多く、戦闘の先頭に立ったり指揮を執ることで倭寇の武力向上に資していた。
 
 また、大太刀を振りかざす倭寇の戦闘力は高く、戦闘となっても明軍は潰走を繰り返した。
 
 明王朝は海禁政策により私貿易を制限したため、反対する中国商人たちは日本人の格好を真似て(偽倭)、浙江省の双嶼や福建省南部の月港を拠点とし活動した。

 後期倭寇は沿岸部の有力郷紳と結託しており、大航海時代の始まりとともにアジア地域に進出してきたポルトガルやイスパニアなどのヨーロッパ人や日本の博多商人とも密貿易を行っていた。
 
 この後期倭寇の頭目には、中国人の王直や徐海、李光頭、許棟などがいた。
 
 なお、王直は日本の五島列島などを拠点に種子島への鉄砲伝来にも関係している人物。
 
 
  

manekinecco at 08:32トラックバック(0)よもやまばなし  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 
乙巳の変(いっしのへん、おっしのへん)

 中大兄皇子(後の天智天皇)、中臣鎌子(後の藤原 鎌足)らが645年6月12日、宮中で行われた三国の調の儀式の儀式中に入朝した蘇我入鹿を暗殺して蘇我氏(蘇我本宗家)を滅ぼした飛鳥時代の政変のこと。
 
 その後、中大兄皇子は体制を刷新し
   大化の改新
と呼ばれる改革を断行した。

   
 
    

manekinecco at 07:37トラックバック(0)軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ