February 2017

February 05, 2017

 
 大阪大学の小林剛准教授(ウイルス学)らのグループは幼い子どもを中心に下痢や嘔吐などを起こすロタウイルスを人工的に合成することに初めて成功したと発表した。

 新しいワクチンなどの開発につながる可能性がある成果。

 ロタウイルスは5歳までにほぼ全ての子どもが感染し、発症者は国内で年間約80万人と推定されている。
 また、重症化すると死亡するケースもある。

 様々なウイルスの研究を進める中で、ウイルスの増殖を促す働きを持つたんぱく質があることに着目した。
 ロタウイルスから取り出した遺伝子と一緒に培養細胞に入れたところ、4〜5日でロタウイルスが作られたという。

 遺伝子からウイルスを人工合成する技術は、インフルエンザウイルスなどで確立されている。
 ただ、これまでロタウイルスはできていなかった。
 
 
  

manekinecco at 09:15トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 02, 2017

 
 東京大学の岡田泰和助教(生態発生学)などのチームは3日、通常は昼に働き夜に休む
   働きアリ
を卵や幼虫と一緒の環境に置くと
   昼夜を問わず活動し続けること
が分かったと英科学誌に発表した。

 チームは、沖縄などにすむ体長1センチほどの大型の
   トゲオオハリアリ
を使って実験し、24時間態勢で観察した。
 
 昼夜を問わず活動し続けることは不眠不休で子育てをすることで、未熟な時期の生存率を高めているとみられる。

 子の養育に付きっきりになるのは、動物に広く共通する性質かもしれないと分析される。
 
 今後、「さまざまな個体が混在する実際の巣により近い状況で、アリが育児を分担するかどうか調べたい」としている。

 
 

   

manekinecco at 09:25トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 01, 2017

 
 国立精神・神経医療研究センターの荒木亘室長らのグループは
   アルツハイマー病
のごく初期の段階で、病気の原因とされる、たんぱく質の集合体を取り除けば、脳の神経細胞に起きた異常を回復できる可能性があるとする研究成果を発表した。

 研究ではねずみの脳の神経細胞にアルツハイマー病の原因とされ、細胞にダメージを与える
   「アミロイドベータ」
という、たんぱく質の集まったものを加え、病気の初期に観察される脳の状態を再現した。

 これらの脳の神経細胞を2つのグループに分け、一方は最初に加えたアミロイドベータの集合体を取り除かないまま培養、もう一方は、この集合体を取り除いたうえで2日間培養した。

 結果、アミロイドベータの集合体を取り除かないままだった神経細胞では、病気の症状が悪化していた。
 しかし、集合体を取り除いた神経細胞では、病気の初期に観察された細胞のダメージが回復していたということが解った。

 これまでにもアルツハイマー病の早い段階でアミロイドベータの蓄積を抑える治療の重要性が指摘されていた。
 
 なお、アミロイドベータを取り除けば、初期の症状を改善させられる可能性が実証的に示されたのは初めてのこと。
 
 
    

manekinecco at 09:19トラックバック(0)サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ