May 2017

May 01, 2017

  
FGM-148 ジャベリン(FGM-148 Javelin)

 米国製でドラゴン対戦車ミサイルの後継として開発された歩兵携行式多目的ミサイルのこと。
 
 主な目標は
   装甲戦闘車両
として開発されたミサイルであるが、建築物や野戦築城、さらには低空を飛行するヘリコプターへの攻撃能力も備えている。
 

   
 
 
 完全な「撃ちっ放し」(ファイア・アンド・フォーゲット)機能を保有している。
 また、発射前のロックオン・自律誘導能力、バックブラストを抑え室内などからでも発射できる能力などの特長がある。

 ミサイルの弾道は、装甲車両に対して装甲の薄い上部を狙うトップアタックモードと、建築物などに直撃させるためのダイレクトアタックモードの2つを選択できる。
 
 トップアタックモードでは高度150m、ダイレクトアタックモードでは高度50mを飛翔する。
 
 ミサイルは、画像赤外線シーカーと内蔵コンピュータによって事前に捕捉した目標に向かって
   自律誘導
される方式でサポートしており、メーカー発表によれば、講習直後のオペレーターでも94%の命中率を持つ。

 弾頭は、タンデム成形炸薬を備え、メイン弾頭の前に、より小さなサブ弾頭を配置し、サブ弾頭により爆発反応装甲などの増加装甲を無力化した後にメイン弾頭が主装甲を貫通するように設計されている。

 FGM-148は、CLU(Command Launch Unit)と呼ばれる発射指揮装置の部分と、弾薬の部分(LTA(Launch Tube Assembly)と呼ばれる発射筒体と、発射筒に収められたミサイル本体)で構成され、総重量は22キログラム。

 発射されたミサイルは圧縮ガスによって発射筒から押し出され、数m飛翔した後に安定翼が開く。
 同時にロケットモーターが点火される(コールドローンチ方式)。
 
 これにより、バックブラストによって射手の位置が露見する可能性を抑え、後方が塞がっている室内などからも安全に発射することができる。
 
 なお、ミサイルは完全自律誘導のため、射手は速やかに退避することができる。

 操作運用は1名でも可能でだが、通常は射手と弾薬手の2名で行うのが一般的だ。
 なお、弾薬手は、発射時の周囲警戒も担当することになる。
 
 
  

manekinecco at 05:29トラックバック(0)軍事戦略  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ