June 2017

June 30, 2017

 
 ドイツ・ミュンスター大学のThomas Kruijer氏らの研究で太陽系の第5惑星である木星が、実は
   太陽系で最も古い惑星
だったのではないかという地球に落下した隕石の年齢の研究から推論された新説が持ち上がっている。も
 
 研究によれば、木星の中心部を構成するコアは太陽の誕生(約46億年前)からわずか100万年の間に現在の地球の20倍の質量にまで成長したもので、太陽から放出された星雲ガスが散らばってしまう前に、惑星の形を取ったのではないかという結論に導いた。

 太陽系は、ガスとチリの雲から、太陽が形成された後、残った物質は太陽の周囲に円盤状に集合し、それが惑星となっていったという基本的なストーリーがある。

 木星は、巨大な惑星だが、主にはガスでできている。
 ガスのため地球より比重は軽く、体積は地球の1,321倍あるが質量は318倍ほどである。

 研究から導き出された仮説では、誕生から100万年後には木星は「十分に成長していた」ものの、まだ今ほどのサイズがあったわけではない。
 その後、しばらく成長が止まり、400万年後までは地球の50倍の質量を越えることがなかったと考えられるとのこと。

 ただ、太陽系には、地球と天王星・海王星の間に、十分な質量を持った惑星が存在しないことが理論的に「不思議である」とされている。
 
 今回の研究で木星が太陽系内でバリアのような役目を果たしたことが影響して、木星より内側の物質の質量が足りなくなった。
 太陽系の惑星配置が今のようになったことの理由であるのかもしれないという。
 
 
   

manekinecco at 17:50サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 27, 2017

 
 電通は、AI(人工知能)の学習方法の一つである
   ディープラーニング
を使用し、高精度でテレビ視聴率を予測するシステム
   「SHAREST(ベータ版)」
を開発したことを明らかにした。
 
 この開発は2015年10月に、データアーティスト社との共同で始まったもの。
 
 過去の視聴率データ、番組ジャンル、出演者情報、インターネット上のコンテンツ閲覧傾向などのデータをもとにディープラーニングのモデル構築を行い、放送前にテレビ視聴率の予測を行うシステムを開発したという。
 
 
ひとこと
 
 人の思考は天候や周囲のいろいろな環境の変化により動作は常に揺らぐもの。
 AIを使ったこころみで視聴率を予測するより、質の良い番組に金をかけるのが先だろう。 
 
 似たり寄ったりの宣伝番組が反乱しているテレビのコマーシャルで金を稼ぐ宣伝の効果はそもそも曖昧だろう。
     

manekinecco at 18:09サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 26, 2017

 
 オランダの科学者チームは26日、国内の民家に落下した45億年前のものとみられる隕石(いんせき)を公開した。
 
 オランダ国内では「極めて珍しい」発見例で
   太陽系の誕生
に関する手がかりを握っている可能性があるとチームは話している。

 ライデンにあるナチュラリス多様性センター(Naturalis Biodiversity Centre)の地質学者
   レオ・クリーグスマン氏
は、動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)に公開した動画で「隕石が非常に特別なのは、これほど古い時代の岩石が地球上に存在しないため」と述べた。

 重さ約500グラムのこぶし大の隕石は今年1月、首都アムステルダムのすぐ北にある小さな町、ブルック・イン・ワーターランの納屋に落下したmの。
 
 なお、屋根を突き破った際の速度はおそらく高速列車並みだったとされる。

 隕石は翌朝、壊れて積み重なったがれきの下から住人によって発見された。
 
 広範囲に及ぶ捜索にもかかわらず、この地域ではその他の破片は見つからなかった。

 オランダでは3〜4年ごとに流星群が出現すると考えられている。
 ただ、小型の隕石は、水中や泥炭湿原に落下したり、森に落ちて他の石と見分けがつかなくなったりすることが多いため、見つけるのは非常に困難なのだという。

 今回の隕石は過去200年間にオランダ国内で発見された6個目の隕石となる。
 前回の発見は1990年にさかのぼる。
 
 
   

manekinecco at 17:57サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ