October 2017

October 30, 2017

 
 室町幕府の初代将軍
   足利尊氏
を描いたと見られる15世紀の肖像画の写しが、栃木県立博物館の調査で新たに見つかった。
 
 博物館では「尊氏の肖像画は少なく、有名な騎馬武者の人物が尊氏とは違うことを示す貴重な資料だ」としている。
 見つかった肖像画は、縦88センチ、横38センチで、正装して座った人物が描かれ、栃木県立博物館が一昨年、東京の古美術商で調査を行った際に発見した。

 なお、尊氏の肖像画をめぐっては、近年の研究で、従来、教科書などで尊氏像として紹介されてきた騎馬武者の人物は別人の可能性が高いとされている。

  
    

manekinecco at 06:22エンターテイメント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 29, 2017

 
 京都大と大阪大の研究チームは超極細で繊維状の「ナノファイバー」を使って、ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から厚みのある心筋組織を作製することに成功したと発表した。
 
 ラットへの移植で心機能の改善を確認した。
 
 将来的に心筋梗塞(こうそく)の治療法への応用が期待できるという成果。 

     

manekinecco at 06:24サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 28, 2017

 
 東北大学の佐々木啓一教授らの研究グループは
   ラジカル殺菌歯周病治療器
の臨床的有効性を医師主導治験において実証することに成功したことを明らかにした。
 
 純国産の新規医療機器として承認申請を行い、早期の臨床導入を目指すとのこと。

 歯周病は、デンタルプラークに含まれる歯周病原因菌によって引き起こされる疾患で病状の進行に伴って歯を支える骨が失われ、最終的には歯の喪失につながる。
 
 重度の歯周病になると歯周ポケットが深くなってしまい、治療器具が患部まで十分に届かないため治療が困難になる。
 
 国内の歯周病患者(4mm以上の歯周ポケットを有する者)は年齢とともに増加し、35歳以上の罹患率は40%以上にもなる。

 研究グループdえは、歯周病を効率的に治療するために過酸化水素を用いた。
 消毒薬として用いられる3%過酸化水素に、青色の光を照射することで発生するヒドロキシルラジカル(OH・で表される活性酸素の一種)を応用した殺菌法を考案した。
 
 臨床研究推進センターの支援の下、中等度および重度慢性歯周炎患者を対象として、ラジカル殺菌歯周病治療器を開発した。

 2015年から2016年にかけて、開発した治療器の臨床的な有効性を検証するために東北大学病院主導で治験(被験者53人、歯周病罹患歯142本)を行った結果、本治療器を用いた歯周病治療は、従来の治療法よりも中等度・重度の歯周炎治療において有効であり、歯周病菌を減少させて歯周ポケットを浅くする効果に優れることが実証されたとのこと。

   
    

manekinecco at 23:00サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ