November 2017

November 26, 2017

 
 ロシア・ウラル地方南部で通常の1000倍近い量の放射性物質が検出された。
 
 この報告を受け、科学者らによる専門委員会が調査を開始する。
 ロシア国営原子力企業ロスアトム(Rosatom)が24日、明らかにしたもの。

 ロスアトムの声明によれば、放射性同位元素ルテニウム106の発生源を特定するために原子物理学者らが調査委員会を発足した。
 
 「ロシアと欧州の科学機関」の代表も参加する予定。

 ロスアトムはこれまで、ロシア国内の核関連施設ではいかなる事故も発生していないと述べていた。 また、検出された濃度は脅威をもたらさないと主張していた。

 ロシアの気象機関は20日、ウラル地方南部チェリャビンスク州マヤクの核施設に近い観測所で9月下旬以降「極めて高い」濃度のルテニウム106が検出されたことを認めた。
 
 
    

manekinecco at 22:02サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 25, 2017

 京都大や北海道大、東京大、名古屋大などのチームは22日、雷によって放射線「ガンマ線」が生じ、大気中の窒素と核反応を起こすことが分かったと英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 チームによると、発生するガンマ線は人体にほとんど影響がないレベルという。
 核反応とは原子核がさまざまな影響で別種の原子核に変わる現象のこと。
 
 これまでも雷にガンマ線が伴うことは知られていたが、大気中で起きる核反応の証拠を明確に観測した例はなかった。

 榎戸輝揚京大特定准教授(エックス線天文学)は身近な現象に核反応が隠れていたことが興味深いと指摘した。
 この研究が落雷予測に役立つかもしれない成果。
 
 
    

manekinecco at 07:10サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 24, 2017

山形大学の遠藤昌敏准教授(分析化学)の研究室と、山形県内の自動車ディーラーでつくる
   解体会社「県自動車販売店リサイクルセンター」(山形市)
は、家庭用の電子レンジを使って、自動車の排ガスを浄化する「自動車用触媒」からプラチナを取り出す方法を開発した。

 自動車用触媒は、マフラー部分の奥にあるセラミック製の部品。格子状の空洞があり、排ガスに含まれるすすや一酸化炭素などの有害物質を、二酸化炭素や窒素などの無害な物質にして、排出する役割を果たしている。

 従来の方法と比べ、200分の1の時間でプラチナを取り出すことができ、今後はレアメタル(希少金属)の再利用に向け、「作業の迅速化と低コスト化が期待できる」という成果。

 
 触媒にはプラチナやパラジウムなどのレアメタルも使用され、乗用車1台当たり、プラチナは平均1グラム含まれており、触媒二つ分で指輪一つ分に相当する量という。

 従来は触媒を粉砕したうえ、処理施設に持ち込み、薬品を使って溶かすなどしてプラチナを取り出していた。
 
 新しく発見した方法では、触媒を粉砕せず、空洞部分に塩酸と硝酸を混ぜた液体を流し入れ、更にプラチナを溶かしやすくするために「アルゴン」と呼ばれるガスを加えた。
 
 これを家庭用の電子レンジで加熱したところ、プラチナが溶けだすことを確認した。
 更に別の薬品を加えて電子レンジに再びかけることで、粉末としてプラチナを取り出すことができたという。

  
   

manekinecco at 07:15サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 09, 2017

 
 愛媛県と愛媛大、松山大、えひめ飲料(松山市)は
   「和製グレープフルーツ」
と称される河内晩柑の果汁に、果皮ペースト入りのジュースを開発し、特許出願した。
 
 果皮に認知機能を改善させる成分「オーラプテン」を豊富に含む。
 健康効果を表示できる「機能性表示食品」として近く発売するという。

 この成分は、加齢や食生活の乱れが原因で起きる脳内の炎症を抑え、認知機能が低下するのを防ぐことが期待される。
 
 愛媛大の調査では、ジュースを60〜80歳代の男女に半年間、毎日飲んでもらったところ、記憶力のテスト結果が向上した。
 
 また、松山大のマウスを使った実験では、オーラプテンのみを与えた場合より、果皮を与えた方が脳の炎症を抑える効果が高く、果皮に含まれる別の成分も効果に一役買っているとみられるとのこと。
 
 

   


 
 
    
   

manekinecco at 21:27サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 08, 2017

 
 愛媛県が大学や企業と共同研究を進め、日本一の収穫量を誇る果実に秘められた効果を発見したと相次いで公表した。
 
 特産かんきつのブランド力向上や商品展開につなげる研究。

 愛媛県と薬品メーカー「東洋新薬」(福岡市)は、高級品種
   紅まどんな
の果皮に毛髪を支える組織「外毛根鞘」を守る効果を確認し、和漢医薬学会学術大会で発表した。

 育毛に欠かせない外毛根鞘の細胞に果皮の抽出成分を加えたところ、毛髪を伸ばす因子が増えた。
 
 細胞は加齢や紫外線が原因で酸化し、ダメージを受ける。
 なお、この因子には抗酸化作用があり、細胞死を誘導する活性酸素を減らし、細胞を保護することが明らかになった。

 かんきつ成分には毛髪の細胞活性化や血行促進の作用があることも知られ、県などは紅まどんなを使った育毛剤の開発を進める。

  
 

manekinecco at 21:25サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 07, 2017

 
 米航空宇宙局(NASA)は、南極上空のオゾン層が減少する「オゾンホール」の今年のピーク時の面積が過去29年で最も小さかったと発表した。
 
 成層圏の温度が平年よりも高く、オゾンが分解されにくかったとのこと。

 NASAによると、今年は9月11日にオゾンホールが最大となるピークを迎えた。
 この時のオゾンホールの面積は
   約1960万平方キロ・メートル
で、1988年の約1380万平方キロ・メートルの後では最小となった。
 
 観測史上最大を記録した2000年の2990万平方キロ・メートルに比べると3分の2の大きさだ。 

 ただ、NASAは「気象条件によるもので、急激な回復を示しているわけではない」と指摘している。
 
 
    

manekinecco at 20:56サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 06, 2017

 
 大阪大の中森雅之助教(神経内科)らのチームは成人の筋ジストロフィーで最も多い
   「筋強直性ジストロフィー」
の患者で、筋肉が萎縮する仕組みを明らかにした。

 この仕組みに関わる物質をねらう治療薬の開発や既存薬の活用につながる可能性がある成果だ。

 筋強直性ジストロフィーの患者は国内に約1万人いるとみられる。
 
 筋肉が萎縮するほか、白内障などにもなることが多いものの治療薬はない。
 
 DMPKという遺伝子にある異常な繰り返し配列が原因と特定されている。
 しかし、これまで筋肉が萎縮する仕組みは分かっていなかった。

 チームが患者10人の筋組織を比べたところ、重症ほど繰り返し配列の近くのDNAに特定の化学物質がくっつく「メチル化」という現象が多く起きいた。
 また、DNAに似た「RNA」の異常なタイプが増えていた。

 これを詳しく調べると、筋肉で運動後に代謝の調節をする「インターロイキン6」(IL6)という生理活性物質が、異常なRNAによって多く出ていたとのこと。
 
 IL6は出続けてしまうと筋肉に悪影響が生じるとされる。
 
 
 過剰なIL6の働きを抑える物質が治療に使える可能性がある。
 その働きをする「アクテムラ」は関節リウマチの治療薬としてすでに承認されている。
 
 
    

manekinecco at 21:32サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
 
 鳥取大大学院連合農学研究科の
   児玉基一朗教授(58)
らは、ポリフェノールを多量に含む鳥取産二十世紀梨の葉を使った「梨ポリフェノール茶」の試作品を開発した。

 細胞の老化を防ぐ抗酸化力は緑茶の約3倍。
 
 児玉教授は「身近にあって体にいい。鳥取への地域貢献のためにも、商品化に結びつけたい」と述べた。
 
 
     

manekinecco at 21:00サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 02, 2017

 
 米航空宇宙局(NASA)は、19日にハワイにある望遠鏡で太陽系の外から来た彗星とみられる小天体を発見したことを発表した。

 この小天体は直径400メートル以下とみられ、起源や組成は不明という。
 
 軌道を分析したところ、一般の彗星のように太陽系内で太陽を周回する軌道ではなく、はるか太陽系外から飛んで来た可能性があることがわかった。
 
 なお、これまで太陽系とは別の恒星系から飛来した小天体は見つかっていない。

 9月に太陽に最も近づいた後、現在は地球と火星の軌道の間を通り、太陽系の外へ向かっている状況にあるという。

manekinecco at 06:51サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 01, 2017

 
 千葉県がんセンターなどで作る研究グループは血液に含まれる
   微量の元素
を分析することで
   5種類のがん
を早期に診断できる可能性のある新たな検査方法を開発したと発表しました。

 研究グループがおよそ1500人分の血液を調べたところ、がん患者と健康な人で含まれるナトリウムやマグネシウムなど17の微量元素の割合が違うことが判明したという。
 
 さらに、その割合の違いを詳しく分析したところ、すい臓がんや大腸がんなど5種類については、どの「がん」ができているかを90%近くの確率で診断できたとのこと。

 これをもとにした新たな検査方法では、採取する血液の量が5ミリリットル前後と少量で済み、コストも低く抑えられるということで、がんが進行していなくても診断が可能だという。
  
 
    

manekinecco at 06:26サイエンス  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ