September 01, 2011

カール1世

カール1世
  Karl I.
 (1887年8月17日 - 1922年4月1日)
 
 オーストリア=ハンガリー帝国最後のオーストリア皇帝およびハンガリー国王(在位:1916年11月21日 - 1918年11月12日)
 実名はカール・フランツ・ヨーゼフ・ルートヴィヒ・フーベルト・ゲオルク・マリア・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(Karl Franz Josef Ludwig Hubert Georg Maria von Habsburg-Lothringen)
 
 1887年、ハプスブルク=ロートリンゲン家の皇族オットー・フランツ・ヨーゼフ大公とザクセン国王ゲオルクの娘マリア・ヨーゼファの長男として生まれた。
 
 1916年、第一次世界大戦中に29歳で皇帝に即位、1917年、皇后の兄であるパルマ公子シクストゥスを通して、秘密裏に連合国側との平和交渉に着手しフランスとの単独講和について秘密交渉によって合意を得たが、1918年に独墺間の離反を謀ったフランス側によって暴露され、交渉は水泡に帰した。

 1918年、同盟国側の戦線崩壊と共に各民族が相次いで離反し帝国は崩壊した。
 11月3日に連邦制を宣言するが失敗し、同日に無条件降伏した。
 11月11日シェーンブルン宮殿内の「青磁の間」において、退位表明である国事不関与の声明を出した後、宮殿を去った。
 
 なお、カールの子孫はスペイン、ベルギー、ルクセンブルクの各国の君主の姻戚であり、それぞれ順位は低いものの、これらの君主の地位の継承権を現在でも保持している。
 
   

manekinecco at 07:19トラックバック(0)よもやまばなし   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ