February 22, 2014

ハダニ を、農薬を使わず効率的に駆除する手法

 京都大学の矢野修一助教らは、野菜や果物の葉を枯らす害虫の
   ハダニ
を、農薬を使わず効率的に駆除する手法を見つけた。 

 2種類の天敵に同時にハダニを襲わせて駆除するもので農家が使う農薬の量を抑えられる可能性がある。

 ハダニは口の近くから糸を吐いて網を作り、その中に逃げ込んで捕食者のアリから身を守る。
 
 
 一方、別の捕食者のカブリダニが網の中に侵入すると、一時的に網の外に逃げ出す。効率的に逃げ回り片方の天敵に襲われてもほとんどが生き延びる。

 
 アリとカブリダニに同時にハダニを襲わせたところ、網の内外から天敵に追われて6割強が死んだ。

 アリとカブリダニを使えば農薬を使わずにハダニを駆除できる。
 
 

 アリは様々な気候の土地に幅広く生息するため、他の害虫の駆除に使える可能性もある。
 
 
 
   
  

manekinecco at 19:28トラックバック(0)よもやまばなし   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ