June 27, 2014

網膜色素変性症のiPS細胞を作成し、メカニズムを解明

 慶應義塾大学の小沢洋子講師らによる研究グループは、網膜色素変性症の患者からiPS細胞を作成し、そのメカニズムを解明することに成功した。

 
 網膜色素変性症は、日本国内の失明原因第3位となっている病気。
 
 4,000〜8,000人に1人の割合で患者が存在すると言われており
   視細胞
に発現するロドプシン遺伝子の変異がその原因だと考えられてきた。
 
 ただ、詳細なメカニズムは不明で、有効な治療方法もまだ発見されていない。
  
 
 
 今回の研究では、ロドプシン遺伝子に変異のある
   網膜色素変性症
の患者の皮膚細胞からiPS細胞を作成した。
  
 
 ロドプシン遺伝子変異を修復し、修復前と後の細胞を比較したところ、ロドプシン遺伝子変異のある細胞では、アポトーシスとよばれる細胞死が亢進していることが分かった。
 
 
 さらに、ラパマイシンという薬剤が効果的に細胞死を抑制することが明らかとなった。
 
 
 患者由来のiPS細胞によって疾患の原因を解析するという今回の研究手法は、他の疾患メカニズム解明にも役立つと期待されている。
 
 
 
 
 
 


 
 
 
   
  和歌山産 安心・安全の無農薬ブルーベリー/凍ったまま生食で、ブルーベリージャムなどの加工...
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 

manekinecco at 20:45トラックバック(0)サイエンス   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ