June 14, 2015

植物の2種類の光合成が巨大な複合体を形成し。

 
 北海道大学の田中歩教授らによる研究グループは、2種類の光化学系が結合し、大きな光化学系を形成していることを初めて明らかにした。

 光合成は光エネルギーを利用して糖を合成する一連の反応。
 
 光合成産物の糖は地球上ほぼ全ての生命活動を支えている。


 光合成には2種類の光化学系が存在し、それらは協調的に働いているが、その詳しい仕組みはこれまで分かっていなかった。

 
 研究では、電気泳動法とエネルギーの移動を調べる
   時間分解蛍光分光法
を改良して組み合わせることで、2種類の光化学系が超複合体を形成し、その中でエネルギーが行き交うことで自動的にバランスが取られていることを明らかにした。

 
 さらに、この超複合体がストレス回避や光合成の調節に重要な役割を果たすことを示した。

 今後は、合成の環境適応や調節機構の理解に繋がることが期待される。
 
 
 
 
    

manekinecco at 06:47トラックバック(0)サイエンス   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ