August 03, 2015

大腸菌が外部情報を活用するメカニズム

 
 東京大学の沙川貴大准教授と東京工業大学の伊藤創祐研究員は、大腸菌が餌に反応する際に生体内で情報が果たす役割を解明した。
 
 
 生体システムを維持するためには、絶えず変動する外界についての情報を取得し、それを活用することが不可欠とされる。


 例えば、大腸菌は細胞内で情報をうまく処理し、環境の変化に適応しながら餌を探すことが知られており、これを「走化性」と呼んでいる。

 

 研究では、研究グループは、分子を一つ一つ観測してその情報を使ってフィードバック制御をする存在「マクスウェルのデーモン」と、大腸菌の走化性におけるシグナル伝達の類似性に着目した。
 
 これを情報熱力学によって生体内の情報伝達のメカニズムを解明した。

 

 結果、大腸菌の細胞内を流れる情報量が、大腸菌の適応行動が外界からのノイズに対してどのくらい安定であるかを決めていることが分かった。

 また、大腸菌の適応のメカニズムは、通常の熱機関としては非効率(散逸的)だが、情報熱機関としては効率的であることを明らかにした。
 
 
 今回の成果について、「生体内でも定量化可能な物理量を用いて生体内の情報処理メカニズムを解明するための、新しいアプローチの第一歩になる」としている。


 今後は、生体内の「デーモン」のメカニズムを人工的な情報処理に応用できる可能性があるとのこと。
 
 
 
 
    

manekinecco at 20:41トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ