August 04, 2015

RNAを使って細胞機能を制御する人工回路を開発

 
 京都大学の遠藤慧研究員
   齊藤博英教授
らの研究グループは、RNAを細胞に導入することで機能するさまざまな人工回路を開発した。
 
 正常細胞には影響を与えず、目的のがん細胞を選択的に除去できる技術の開発につながることが期待される。
 
 
 DNA上の遺伝子情報は、RNAとして転写され、最終的にはタンパク質となって細胞内で機能する。


 細胞には、タンパク質に対して、適切なタイミングや量を調節する回路が備わっている。
 ただ、この回路を制御するための薬や低分子化合物には、予想外の副作用をもたらす場合もあるため、細胞の状態に応じてタンパク質の発現をコントロールできる人工回路の構築が望まれていた。
 
 
 研究では、まず、細胞内の複数のマイクロRNA(miRNA)を検知し、かつ標的がん細胞にのみ細胞死を誘導できるRNAからなる人工回路を作製した。

 この人工回路は、miRNAに応答する2種類の人工mRNA「L7Aeを発現するmRNA(1)」「L7Aeにより翻訳が抑制されるmRNA(2)」を細胞に導入するだけの単純な仕組みで構築できる。


 出力として細胞死を誘導するタンパク質「hBax」を用いることで、シャーレ上で培養中のヒト子宮頸がん由来HeLa細胞HEK293細胞の中から、HeLa細胞のみに細胞死を誘導することに成功した。
 
 
 

 
    

manekinecco at 04:51トラックバック(0)サイエンス   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ