August 05, 2015

土壌から農作物へ移行・吸収されるセシウムの量を半減

 
 岡山大大学院の石川彰彦准教授(医薬品化学)らのチームは東京電力福島第1原発事故で放出された放射性セシウムに汚染された畑などに、硫酸塩の一種
   「中和シュベルトマナイト」
を混ぜると、土壌から農作物へ移行、吸収されるセシウムの量を半減させられることを発見した。

 チームは、原発事故で耕作ができなくなった土地などで活用できるようにしたいとしている。

 シュベルトマナイトは、鉱山跡地などの水質を保全する処置をした際に発生する。
 
 酸性のため、石灰を混ぜて中和した「中和シュベルトマナイト」は、土壌にミネラルを供給する農業用資材としてすでに商品化されている。
 
 
 

  

manekinecco at 04:56トラックバック(0)サイエンス   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ