August 24, 2015

10代拒食症女性 欲求制御の部位の脳が小さい

 
 福井大学の
   藤沢隆史・特命助教
らのチームは10代で拒食症になった女性では、欲求などを制御する脳の部位が小さくなることを、画像診断装置を使った研究で突き止めた。
 
 「太りたくない」という願望に歯止めをかけられない状態が固定化しているため、精神療法だけではなく、脳に対する治療も必要とみられる成果。
 

 拒食症は、若い女性に多い
   極端な食行動
を引き起こす精神疾患「摂食障害」の一種でカウンセリングなどの精神療法が行われる。
 
 ただ、初診から4〜10年で全快した人は5割に満たないとの報告もあり、治りにくいことで知られる。 
 

 チームでは、初診で拒食症と診断された12〜17歳の女性20人の脳をMRI(磁気共鳴画像装置)で撮影した。
 
 食行動に問題のない11〜16歳の女性14人と比べて異状がないか探った結果、患者の脳の容積は、痩せた影響などで全体的に10%程度少なかった。
 
 なかでも、前頭前野にある「下前頭回」だけは減少率が左で平均19・1%、右で同17・6%と突出していた。

 この部分は、欲求や衝動のコントロール、行動の抑制などをつかさどる。
 
 
 実際に拒食症にかかっていた期間と下前頭回の容積との関係は、はっきりしていない。
 ただ、最年長の17歳に近づくほど容積が小さくなる傾向も見られたという。

 今回の成果を基に、有効な治療法が見つかるかもしれない。
 
 
 
 
   

manekinecco at 06:27トラックバック(0)新発見   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ