November 06, 2017

鳥取産二十世紀梨の葉を使った「梨ポリフェノール茶」の試作品を開発

 
 鳥取大大学院連合農学研究科の
   児玉基一朗教授(58)
らは、ポリフェノールを多量に含む鳥取産二十世紀梨の葉を使った「梨ポリフェノール茶」の試作品を開発した。

 細胞の老化を防ぐ抗酸化力は緑茶の約3倍。
 
 児玉教授は「身近にあって体にいい。鳥取への地域貢献のためにも、商品化に結びつけたい」と述べた。
 
 
     

manekinecco at 21:00サイエンス   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ