November 08, 2017

かんきつ成分が「育毛」や「認知症予防」に効く

 
 愛媛県が大学や企業と共同研究を進め、日本一の収穫量を誇る果実に秘められた効果を発見したと相次いで公表した。
 
 特産かんきつのブランド力向上や商品展開につなげる研究。

 愛媛県と薬品メーカー「東洋新薬」(福岡市)は、高級品種
   紅まどんな
の果皮に毛髪を支える組織「外毛根鞘」を守る効果を確認し、和漢医薬学会学術大会で発表した。

 育毛に欠かせない外毛根鞘の細胞に果皮の抽出成分を加えたところ、毛髪を伸ばす因子が増えた。
 
 細胞は加齢や紫外線が原因で酸化し、ダメージを受ける。
 なお、この因子には抗酸化作用があり、細胞死を誘導する活性酸素を減らし、細胞を保護することが明らかになった。

 かんきつ成分には毛髪の細胞活性化や血行促進の作用があることも知られ、県などは紅まどんなを使った育毛剤の開発を進める。

  
 

manekinecco at 21:25サイエンス   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ