よもやまばなし

March 10, 2017

 
 文化庁で10日に開催された文化審議会で、平城京の跡地から出土した
   木簡
や東京・調布市の深大寺にある飛鳥時代の仏像など、合わせて7件が松野文部科学大臣に答申され、新たに国宝に指定されることになった。

 奈良市の奈良文化財研究所が保管する「平城宮跡出土木簡」は、奈良時代の都、平城京の跡地から出土した3000本余りの木簡。
 この中には、現在の奈良県から滋賀県に農作業に行くために発行されたと見られる
   通行許可証
もあり、当時の日常生活などを知るうえで、貴重な史料とされている。

 
 東京・調布市の深大寺が所有する「銅造釈迦如来倚像」は、7世紀後半に造られた仏像で、流麗なえもんが現れた着衣など、当時のインドの技法を反映させた飛鳥時代後期の名作とされている。

 このほか、京都市の醍醐寺が所有する南宋時代の経典など、合わせて7件が新たな国宝に指定されることになった。

 奈良国立博物館が保管する一休禅師の肖像画など、合わせて37件は国の重要文化財に指定されることになった。
 
  
     

manekinecco at 08:12トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 09, 2017

 
 日本政府の地震調査委員会は9日、マグニチュード(M)9の東日本大震災の余震が起きている場所とその周辺では「今後も長期間、規模の大きな地震が発生する可能性がある」との評価をまとめた。
 
 2004年のインドネシア・スマトラ島沖地震(M9・1)では、震源域の周辺では約7年半後にM8・6、約11年後にM7・8の地震が起きた。平田直委員長(東京大教授)は「今後も油断しないでほしい」と話した。
 
 
ひとこと
 
 大陸の移動の歪や火山の噴火など、大地震や津波などは歴史を見れば起きるのが必然であり、避けては通れないものだ。
 こうした自然現象に対し対策を講じるにしても、起きる時期が一定ではなく、過去の発生パタンの推測でしかない。
 建物や構築物の耐用年数を考えれば無駄も多いのだが...
 
   
   

manekinecco at 22:00トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 02, 2017

 
古墳(こふん)

 古代の墳墓の1種で土を高く盛り上げた墳丘を持つ墓を指す。
 特に東アジアにおいて位の高い者や権力者の墓として盛んに築造された。

 一般に日本では3世紀半ばから7世紀代にかけて日本で築造された墓を指す。
 なお、弥生時代の墓は「墳丘墓」、奈良時代の墓は「墳墓」と呼び区別されている。
 
 
   

manekinecco at 21:34トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 03, 2016

 
倭寇(わこう)

 海賊、私貿易、密貿易を行う貿易商人の事。
 
 13世紀から16世紀にかけて朝鮮半島や中国大陸の沿岸部や一部内陸、及び東アジア諸地域において活動した。
 
 和寇あるいは海乱鬼(かいらぎ)とも呼ばれる。

 倭寇の構成員は、前期倭寇では主に日本人で一部が高麗人であった。
 また、後期倭寇は中国人が多数派で一部に日本人をはじめ諸民族を含んでいた。
 
 前期倭寇は元軍が2度対馬や壱岐に襲来し、島民を皆殺しにして九州にも来襲し莫大な被害が生じた。
 
 1350年に元朝の衰えが顕著となると、高麗の恭愍王は親元勢力を排除し、元の外戚として権勢を振るっていた奇氏を討伐した。
 
 対馬・壱岐・肥前国が根拠地の松浦党の海賊は元軍の勢力が駆逐された朝鮮半島において侵略者の先導を務めた高麗王朝に対する報復攻撃を活発化させた。
 
 そのため、多く海賊行為というより、軍事的な行動が多く元寇に対する報復の意味があった。
 
 こうした前期の倭寇の活動を中国の明王朝の太宗朱元璋が日本におくった書簡で「倭兵は蛮族である元のおとろえに乗じただけだ」と記述している。

 1350年から高麗末まで倭寇の侵入は500回あり、特に1375年からは、倭寇の影響から高麗の沿岸に人が住まなくなる程だったという。
 
 高麗王朝を亡ぼした女真族の打ち立てた李氏朝鮮は朴葳を司令官として、1389年2月、戦艦100艘で対馬侵攻を計画、金宗衍、崔七夕、朴子安が従った。、

 対馬では日本船300艘と沿岸の建物を焼き尽くし、捕らえられていた者100余人を救出したと高麗の記録はあるが、日本側の記録がないため実際の成果との確認ができていない。
 
 ただ、帰国後は昌王名義で賞賛されているが、当時高麗の人々の中には、「朴葳は建物と船を焼いただけで、捕虜にした倭寇はいなかった。」と批判の声も出ていたという。

 将軍となった足利義持は、応永18年(1411年)に明との国交を断絶、対馬においても宗貞茂は応永25年(1418年)4月に病没し、宗貞盛が跡を継いでいる。
 
 ただ、対馬で実権を握った早田左衛門大郎は倭寇の首領であった。
 
 
 日本では1523年に勘合を巡って細川氏と大内氏がそれぞれ派遣した
   朝貢使節
が浙江省寧波で争う
   寧波の乱(寧波争貢事件)
が起り、勘合貿易が途絶した。
 
 その後は、倭寇を通じた密貿易が盛んとなり、再び倭寇の活動が活発化した。

 ただ、後期倭寇の構成員の多くは私貿易を行う中国人であったが戦国時代であった日本人は実戦経験豊富なものが多く、戦闘の先頭に立ったり指揮を執ることで倭寇の武力向上に資していた。
 
 また、大太刀を振りかざす倭寇の戦闘力は高く、戦闘となっても明軍は潰走を繰り返した。
 
 明王朝は海禁政策により私貿易を制限したため、反対する中国商人たちは日本人の格好を真似て(偽倭)、浙江省の双嶼や福建省南部の月港を拠点とし活動した。

 後期倭寇は沿岸部の有力郷紳と結託しており、大航海時代の始まりとともにアジア地域に進出してきたポルトガルやイスパニアなどのヨーロッパ人や日本の博多商人とも密貿易を行っていた。
 
 この後期倭寇の頭目には、中国人の王直や徐海、李光頭、許棟などがいた。
 
 なお、王直は日本の五島列島などを拠点に種子島への鉄砲伝来にも関係している人物。
 
 
  

manekinecco at 08:32トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 28, 2016

 
 防水材などに硬化剤として使われる化学物質
   MOCA(モカ)
を取り扱う化学工場の労働者5人にぼうこうがんが発症したことが分かった。
 
 厚生労働省は21日、日本化学工業協会など業界4団体に健康被害の防止対策徹底を求めた。
 
 厚労省はMOCAを扱う事業所でぼうこうがん発症が確認されたのは初めてのことであり調査に乗り出した。


    

manekinecco at 17:15トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 27, 2016

 
 国立がん研究センターは26日、を公表した。
 
 前立腺がんや子宮頸(けい)がんは早期の患者が多かった。
 しかし、早期発見の難しい膵臓(すいぞう)がんは約4割が既に他の臓器などに転移していた。
javascript:void(0)
 がん治療の拠点となる全国421施設から67万人分の診療情報の提供を受け、分析した。
 
 集計は毎年行っており、今回が8回目となる。
 
 これまでは患者数の多い胃・大腸・肝臓などを対象としていたが、新たに食道や膵臓なども加え、「0〜4期」で示す進行度や治療内容を調べた。

 患者数が最も多かった
   大腸がん
は、早期に当たる0、1期が計35%を占めた。
  
 食道がんや前立腺がんはいずれも0、1期が半数程度。子宮頸がんは0、1期で計75%を占めた。
 
 子宮頸がんはがんのできる部位が比較的発見しやすく、市区町村が検診を実施していることなどもあり、早期発見が多いとみられる。

 肺がんは1期(40%)が最も多かった。
 また、他の臓器へ転移した4期も32%だった。
 なお、4期の患者は抗がん剤などの薬物治療のみが多かった。
 
 
 膵臓がんで発見時に4期の人が多いのは、特徴的な自覚症状が乏しく、検診での発見が難しいのが原因とされる。
 がんが進むと手術が難しいため、抗がん剤治療だけを受ける人が多かった。
 
 
 集計結果は同センターのホームページ(「がん情報サービス」http://ganjoho.jp)で公開されている。
 施設ごとの情報も公表しており、同センターは「病院選びの参考にしてほしい」としている。
 
 
 
  

manekinecco at 17:13トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 08, 2016

 春に飛散するスギ花粉で苦しむ日本人は多い。
 
 スギの季節でもないのに目がかゆい、くしゃみや鼻水が出るといった症状があるときは、ほかの樹木や草による花粉症かもしれない。
 
 イネ科やキク科などの草本(そうほん)花粉による花粉症で、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギによる花粉症がよく知られている。

 どこにでも生えている植物でスギと同様に目や鼻にアレルギー症状を起こす。
 このほか、イネ科は皮膚のかゆみが出やすいのも特徴という。
 
 
 
   

manekinecco at 18:52トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 03, 2016

 
 リオデジャネイロ五輪で行われた競泳競技では、米国の
   マイケル・フェルプス(Michael Phelps)
が自身が持つ五輪金メダルの最多獲得記録をさらに伸ばした。
 レースでは同時に、肩に赤くて丸い奇妙なあざがある状態であったことが視聴者の注目を集めた。

 このあざは、中国伝統の
   「カッピング(吸玉)療法」
によるもの。

 この治療法は、熱した小さなガラス瓶を肌に置き、その熱によって皮膚を瓶の内側に3センチほど吸い込ませて患部に血を集めるもので、主に
   痛み軽減効果
があるとされている。

 熱したガラス瓶の代わりに、吸引カップが用いられることもある。

 中国では、以前から年齢・性別を問わずカッピング療法が浸透していた。
 
 フェルプスがこのあざのある体を披露して以来、その人気が中国で急上昇し、北京のエステティックサロン経営者がメディアの取材で語ったところによれば、五輪開幕後、カッピングを受けに訪れた客は3割増えたとのこと。

 中国メディアは、カッピング療法が五輪選手にも利用されたことで、中国伝統文化の価値が証明されたと絶賛した。

 ただ、民間療法の類であり、カッピングに何らかの効能があることを示す決定的な証拠はほとんどない。
 
 過去に行われた複数の研究では、患者がカッピング治療により痛みが和らいだと語っている。
 これは、プラシーボ(偽薬)効果による思い込みの可能性が排除できない。
 そのため、実際に因果関係があるかどうかは分からない。
 
 
 
   

manekinecco at 07:10トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 27, 2016

 
 五胡十六国時代(ごこじゅうろっこくじだい)
 
 中国の時代区分のひとつで304年の漢(前趙)の興起から、439年の北魏による華北統一までを指す。
 
 五胡十六国は、当時、中国華北に分立興亡した民族・国家の総称。
 十六国とは北魏末期の史官・崔鴻が私撰した『十六国春秋』に基づくもの。
 実際の国の数は16を超えていた。

 後漢末期から北方遊牧民族の北方辺境への移住が進んでいた。
 西晋の八王の乱において諸侯がその軍事力を利用したため力をつけ、永嘉の乱でそれを爆発させた。
 
 
 五胡とは
   匈奴・鮮卑・羯・氐・羌
の五つのこと。
 匈奴は前趙、夏、北涼を、鮮卑は前燕、後燕、南燕、南涼、西秦を、羯は後趙を、氐は前秦、後涼、成漢を、羌は後秦を、漢族が前涼、西涼、冉魏、北燕をそれぞれ建てており、勃興滅亡も激しく入れ変わった。

 
 匈奴によって建てられた前趙、鮮卑慕容部によって建てられた前燕といった説明がされる。
 ただ、あくまで中心となって建てた民族国家であり、その国家の中には複数の民族が混在し、国家に近いものもあった。

 「胡」の字には異民族に対する差別的な意味合いがある。
  
 
    
   10分でわかるアフター「三国志」五胡十六国・南北朝時代 =南朝編=【電子書籍】[ いちたか風郎 ]
10分でわかるアフター「三国志」五胡十六国・南北朝時代 =南朝編=【電子書籍】[ いちたか風郎 ]
 
 
   
    

manekinecco at 21:18トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

August 24, 2016

 
 東京医科歯科大学の谷友香子研究員(公衆衛生学)らの研究で終戦前後に子どもだった頃の経済状況が悪かった高齢男性の死亡リスクは、裕福だった人より約3割低いとの研究結果を発表した。
 
 ただ、経済状況が悪くて若いうちに死亡した人が多い反面、丈夫な人が長生きしている可能性もあるという。

 2010年時点で65歳以上の男性7143人、女性8306人に、15歳の時の経済状況を世間一般から見て裕福なほうから上、中、下のどれにあたるかを尋ね、3年間追跡した。

 年齢や現在の経済状況なども加味して分析した。
 
 この結果、男性では「上」の人の死亡リスクに比べ、「中」は25%、「下」は36%低かった。
 
 経済状況が悪いほうが若いうちから働いて活動性が高まり、丈夫になったことも考えられるという。

 女性に死亡リスクの差はみられなかった。
 
 
    
   

manekinecco at 06:09トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
はじめに
当ホームページ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する人の自己責任でお願いします。
当ホームページでは、一切の責任を負いませんでご了承下さい。
記事検索
Publicidad
パーツ提供:ALL外為比較
analisis
  • ライブドアブログ