戦争を語るブログ

平和を愛し、いさかい好む

MeToo運動はジャコバン主義に陥るか?



現今、過剰なまでの勢いで生け贄を吊るし上げる「セクハラ狩り」の風潮はいずれ反動を招くとは思っていたが。 まさかフランスから来ようとは。

ドヌーブら仏女性百人は言う。
「MeToo運動は行き過ぎ」 「反論や抗弁を封じ、みなに同調を求める」 「魔女狩り」 「全体主義」……。

それに対するMeToo派の敵意の表出を見るだけで、ドヌーブ達の指摘がいかに正しいかわかる。
「出直しなさい、レイプ擁護者」 「ババアのくせに男に媚びる気?」 「チヤホヤされ過ぎて普通の女性の苦労を知らないのよ」……。
寄せられた反論はどれも的外れ。ほんとうに声明の全文に目を通したら言えないはずの浅はかなものばかりなのだから。
(「せっかく男社会に仕返しする好機なのに、余計な口はさみやがって」との苛立ちはありありとうかがえるが)

声明を普通に読めばわかるが、ドヌーブらはフェミニズムの敵ではない。むしろ日本の生半可なフェミ女子など足元にも及ばぬその道の先達揃いであり、彼女らは男に媚びるわけでもなければMeToo運動に反対するのでもない、ただその行き過ぎに警鐘を鳴らしているだけなのだ。
かたや日本のミートゥー女子らの、「いいところなんだから邪魔すんな」感の凄さときたら。

ドヌーブらフランス知識人の目に、MeToo派の過激ぶりが、フランス革命でのジャコバン党独裁と重なって見えたとしても不思議ではあるまい。

いや。
ある意味、MeToo派のやることはジャコバンより徹底している。
ダスティン・ホフマンが五十年前の撮影現場でふざけてやったおさわり行為まで掘り返して責め立てるのだから。 もしもこの勢いが日本に及んだら、事実上すべての芸能関係者がアウト、勝新太郎や森繁久彌なんて墓を暴かれかねないだろう。

MeToo派が、過去の落ち度をすすんで打ち明けたケビン・スペイシーまで血祭りにあげたことを忘れるべきでない。
彼はすべてを失った。仕事も、名誉も、地位も……公開間近の出演作まで自分が演じた役は別の俳優で撮り直された。映画界から抹殺されたのだ。
(正直、この件があるまでケビン・スペイシーなんて知らなかったけど)
あれ以降、有名人も有名でない人も、女性や年少者への「性的虐待」の経験を自分からは認めなくなってしまった。(そりゃ当然だ)
しかしMeToo派は反対派や彼らのルールの違反者を戦々恐々とさせ、暗黙の同調を得ることには成功した。

さて。繰り返すが、ドヌーブを含む仏女性百人による声明はフェミニズムに敵対する内容ではない。
しかしMeToo派のほうは、女性の敵、裏切り者だとしてバッシングの的にする。
その反応をたとえれば、ジャコバン派のやり方が批判されたのにフランス革命そのものを否定されたといきり立つようなものだろう。
もっともフランス革命はジャコバン派に牛耳られたあげく宙吊りの成果で終わることになりはしたが。

フランス革命にも光と影とがある。それは富や身分の格差への不満が爆発するかたちで始まったが、世界史上最初に自由、人権、平等を謳いあげたという意味で根本において輝かしいものだった。
しかし今日、王侯貴族の吊るし上げや反対者の弾圧など行き過ぎた面を擁護する人はいない。

MeToo運動も大筋の流れでは正しい。
性的に抑圧され搾取をこうむった弱い立場の人々(多くは女性)の怒りが加害者を告発するかたちで噴き出したものにほかならず、共鳴する人々が群れなしてあらたなモラルと秩序の確立を求める巨大なうねりにまで発展した一大現象である。

だからこそ未来への影響は甚大だし、フランス革命やロシア革命のように仕損じて弾圧や粛清による災禍を残すだけの結果を招いてはならないのだが、MeToo派にはよもや自分らこそジャコバンやボルシェヴィキのような悪役として名が刻まれるかもしれないことには思い至らないようだ。






関連リンク

ドヌーヴ「女性を口説く権利」 全訳
(はてな匿名ダイアリー )
https://anond.hatelabo.jp/20180111072916





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

色々あった


ここ数日、いくつかの出来事がネットでは話題をとっている。

.肇薀鵐廚エルサレムを首都と認めた。
△気詢鮖謀人物による独白録の原本を、変わり者が高値で競り落とした。
そして
76回目の開戦記念日。


三つのうち、^奮阿呂△泙蟒斗廚犬磴覆ぁ
しかも、これから長きにわたり世界中を騒がせる案件だ。
どんな騒がせ方をするだろう?

トランプのエルサレム首都宣言に対しては、イスラム諸国はもとより同盟国イギリス、フランスやドイツ等EU諸国、そしてロシアも中国も主要国はどれも非難を浴びせているという。
事態の由々しさからすれば、この世界の反応はきわめて正常なものだ。
そんな中で唯一、姿勢を明確にしない日本政府が同日に発表したのが「軍艦島で強制連行はなかった」との認識なのだからいやはやである。
安倍政権の狂おしさは際立っている。まるで軍艦島の地下深くに居座り、自分たちを世界から隔離しているのと変わるところがない。
彼らの軍艦島で酷使されているのは一億国民なのだが。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

歴史修正派の狂気は細部に宿る




『誰が第二次世界大戦を起こしたのか
フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く
(草思社)


これは、渡辺惣樹(わたなべ・そうき)なる歴史修正派の一人によって「翻訳」された大著『裏切られた自由』(by ハーバート・フーバー)からの抜粋に訳者自身の解釈を加えた本という体裁をとっている。
渡辺惣樹という人は……いや、いい。

当然ながら原著者の認識を飛び越え、日本のプチ右翼層から喜ばれる内容なのが歴然だ。
細部にわたりどれほどの改変がなされたものかは想像もつけられない。もしかしたら、あの「マッカーサー証言」と同様、ネタ元から決定的に乖離した内容となっているのもあり得ること。
もっとも、マッカーサー証言の捏造ぶりは中学生程度の英語力があれば簡単にわかる(ねえ、渡部昇一さん?)。
フーバーの『裏切られた自由』については、大部であるだけに、いちいち参照して渡辺惣樹の「誤訳」を指摘するのは困難を極めよう。

でも、心配はまったく無用。
仮に百歩退いて、日本語版の『裏切られた自由』が、一語一句まったく手心を加えずに邦訳されたものであると認めたとしても。
この本に反論するには、原著を検証する必要もないのである。
なぜなら。

誰にでも断定できる事実として言えるのは、海外ではこの著作(フーバーの原著のこと)が第二次大戦へのアメリカ人ならびに西側世界の人々の認識にまったく(あるいは、ほとんど)影響を与えていないということだ。
当然であろう。
天文学的な量の文書や証言、物的証拠にあたった世界中の研究者の努力の総量として成り立っているあの戦争の通説が、本のたった一冊で変えてしまえるわけがない。
歴史家たちもこれを、フーバーなるかつて大統領職にあった人物のきわめて私的な見解(選挙で打ち負かされた政敵への怨恨のこもったぼやき)が羅列される一冊として参照する程度であり、何十年にもわたって積み重ねられた学究成果に見直しを迫るほど劇的な新資料とはみなしていない。
今後とも、FDRについての世界的評価は揺らぐことがないだろう。
ヒトラーやスターリン、大日本帝国への悪名ぶりも改めようがない。

したがって。
日本国内での歴史修正派によるこの本を盾にとっての日米戦争正当化のこじつけは、まったく一笑に付してかまわない動きである。
だいたい、中国大陸への日本の露骨な拡張政策が英米との戦争をもたらしたことは定説なのに、この渡辺惣樹の解説本が言わんとするのは、「親ソ派に操られたルーズベルトがナチや日本を敵視して――」といった感じで、あの歴史修正派の大好きなコミンテルン史観と変わるところがない。
結局、正当な資料を下敷きにしながらも、アパホテルに置かれるようなインチキ本の枠から踏み出せなかった代物だ。

しかし。自著が没後に、旧敵国の歴史修正主義者からこんなかたちで利用されるとは、フーバー本人にとって遺憾きわまりないことだろう。
この人の名誉のため言わねばならないが、彼は何よりもアメリカ人であり、その敵となったファシズム国家を擁護したことは一度もない人だった。
気の毒に思う。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

大阪くんとシス子ちゃん


ネタの尽きない感ある慰安婦問題。
維新系の大阪市長がサンフランシスコ市議会が慰安婦の悲劇を主題にした少女像の寄贈を受け入れる決議案を採択したのに逆上、あちらの市長に宛て、市議会の決議に対して拒否権を発動しなければ姉妹都市の提携を解消すると訴える書簡を送ったという。
これまでもさんざん書いてきたが、従軍慰安婦の件では、日本の歴史修正派がいつも問題をこじらせる。


【質問】 大阪くんはシス子ちゃんと関係を続けるべきでしょうか?
【回答】 相手の身になって考えてみてください。
大阪市長による言いがかりにも等しい脅しに屈してサンフランシスコ市長が拒否権を発動したら(市議会での全会一致の可決にもかかわらず)、どんなメリットがあるかについて。
姉妹都市の提携とは、パートナーを縛り付けるものではないはずです。
実際の話。
「姉妹関係を解消」も何も、維新に乗っ取られて以来の大阪は市長みずから歴史修正主義をまるだしにする発言を多発、サンフランシスコの栄えある姉妹都市としての資格を放棄したも同然ではありませんか。
まあ、アレでしょう。
このまま関係を続けても双方に益をもたらすとは思えません。
別れなさい。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

高須


ヒトラー同然、悪名でしか存じあげない高須克弥という整形科医が、Twitterでのナチスへの擁護発言を理由に、米国美容外科学会(AACS)から除名措置を受けたという。
これは今年夏、日本の有志らの通報により動きだしたサイモン・ヴィーゼンタール・センターからの勧告にAACSがようやく応えたもので、事情を知る者には予期されることだった。
高須への処遇は、ついに来るべきものが来たというだけで、本来なら驚くに値することではあるまい。

彼はたしかにナチスを称賛する発言をしたが、これは現在のドイツでは違法行為にほかならない。
また、日本政府ですら認める南京での暴虐に異を唱え、そして日韓両国で問題の解決が合意に達したはずの「従軍慰安婦制度」での被害女性をあからさまに罵った。
その言動は歴史修正主義の信奉者そのもの、世界の中での居場所が得られる由もなかったのだ。

高須に好き勝手が許されたのは表舞台が自分の国だったから、すなわち人権主義を奉じる文明世界から取り残された安倍政権下の日本にいるからで、これでは憎まれ口は叩き放題と思い込んだのもむべなるかな。意識の上ではサイモン・ヴィーゼンタールなどはるか遠方で活動する特異な集団にすぎなかっただろう。
よもや家の中に踏み込んでこられて首根を抑えられる思いを味わうとは夢想だにしなかったに違いない。

高須もまた、おおかたの歴史修正派の日本人、政治家や文化人、ネット右翼と同然に、何事かを勘違いしていたのだ。
しかしサイモン・ヴィーゼンタールは勘違いしておらず、外地での高須の地位の足場となる組織に対し有効な働きかけをおこなった。

(中略)

実際、高須の反応は動揺に満ちたもので、「処刑されるくらいなら自決する」だのと意味不明なことを口走る始末である。
追放を不条理と思うなら徹底的にやり合えばいいものを、一切を見かぎり自沈してしまうとは。
憎まれっ子をあまやかす日本の土壌を離れた外地では勝ち目がないのを知っているわけだ。

高須克弥の件について一言でいえば。高名な美容整形医が調子に乗って自国の歴史まで美しく変えられると思い込んだものの、醜い心までは隠せなかった口が災いとなり国際的な名誉を失ったという。
まあ、ありがちな話なのかもしれない。






関連リンク

American Academy Of Cosmetic Surgery Has Expelled
Prominent Japanese Surgeon
For Praising Hitler, Denying Nazi Holocaust And Nanjing Massacre
(Wiesenthal Center)
http://www.wiesenthal.com/site/apps/nlnet/content.aspx?c=lsKWLbPJLnF&b=8776547&ct=15007267





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね
いらっしゃ〜い!

関連サイト



にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
サイト内検索
powered by Google
代表記事
■日本人でどこがよかった
■映画の話題
■ニッポンこわい
■国民病「日本スゴイ症候群」と他人の反応
■愛国伝説
■二次元マニアの同一性障害
■「特攻隊はテロリストと違う」と言い張るゼロリスト
■13%
■アインシュタインよりディアナ・アグロン
■エジソンからアインシュタインへ
■「よそはよそ、うちはナチ」
■東京を占領した南京事件否定派、ユネスコを脅迫
■映画『聨合艦隊司令長官山本五十六』
■外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄
■ノストラダムスの大予言と大東亜戦争の肯定
■侵略の定義
■慰安婦問題について百万回でも書かねばならないこと
■誘拐と慰安婦とハーレムと強制連行
■性奴隷と兵奴隷
■日米同盟はまさに保険だ
■知ってても差別をしてしまう場合
■グレンデールで慰安婦像撤去に反対、本物の日系市民が動き出した
■安重根記念館と二つの史観
■小野田少尉と真実を把握すること
■潘基文国連事務総長は安倍内閣の歴史認識を堂々と批判してかまわない
■産経新聞というネット右翼
■戦後最大のメディア犯罪が起きている?
■通州事件の記憶遺産登録は日本にとってヤブ蛇ですが
■アメリカ人の自己犠牲について
■「太陽の帝国」
■慰安婦問題、仏国際漫画祭での判定
■原爆投下に対するJoe Kilroyの見解
■愚問のきわみ! 「南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた」?
■米国保守と日本右翼の親和性?
■「西側」対「右側」/従軍慰安婦問題の特異性
■早い話、日本軍自体が「巨大な奴隷制度」だったという話
Recent Comments
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ