戦争を語るブログ

平和を愛し、いさかい好む

2011年02月

「リビア傭兵の中に韓国人」は、英紙の誤報

【ネットで流布する悪質なデマにご注意を!】
「リビア傭兵の中に韓国人」
は、英紙の誤報



リビア情勢に関連し、「独裁者カダフィに雇われた傭兵の中に多数の韓国人がいて、反政府派に対し、悪逆のかぎりを尽くしている」との、英紙ガーディアンの手違いにもとづく悪質なデマが、2ちゃんねるは言うに及ばず、Twitterなどネットの至る所で、おもにネオナチ系のネット右翼によっていいふらされています。

その内容はすでに根拠のない誤報と認められており、一人歩きした流言をうっかり真に受けてしまい、「オッチョコチョイな日本人」と思われないためにも、ニュースの真偽についてはご注意ください。



リビア暴力鎮圧の先鋒が韓国傭兵?…英紙が誤報


リビア事態と関連し、英紙電子版が韓国傭兵に言及するというハプニングがあった。

19日、外交通商部に「韓国の傭兵がリビア民主化デモの暴力鎮圧に率先している」という記事が英ガーディアン紙の電子版に掲載されたという内容が伝えられた。

すでに韓国建設企業の現場が住民の襲撃を受けている状況で、ややもすると現地人を刺激し、韓国人・韓国企業を危険にさらしうる内容だった。

担当記者がブログを通して緊迫なデモ現場の状況をそのまま伝えたこの記事は、「韓国とアフリカの傭兵がベンガジのデモ隊との戦闘のために集まった」というリビア人女性の声を引用した。 興奮した声のオーディオファイルも添付されていた。

過去に北朝鮮軍がリビアに派遣され、教育・訓練などを担当したことはあったが、韓国軍がリビアに傭兵としていることは常識的にあり得ない。

これに関し駐英韓国大使館側は該当新聞社との接触を試み、誤った内容であることを認めた新聞社側は電子版にあった韓国関連部分とオーディオファイルをすべて削除した。


(中央日報/2011年2月22日)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=137653&servcode=A00&sectcode=A00




にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
http://news.blogmura.com/news_humor/">
 この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

革命済んで、犯されて

美人キャスター、エジプトを取材中、性的暴行
革命済んで、犯されて
ミイラ取りがミイラに



暴行にあう直前。
単身で行動したわけではない。
同行する取材班のほか警護陣にも囲まれていたというが、
200人もの暴漢に襲われては……。
今回、facebookは危害を食い止める役に立たなかった。



世界の耳目を集めたエジプト革命成就後のお祭り騒ぎ。
ニュース取材中の女性キャスターが暴徒に襲われ、一躍、自身がニュースの主役となり世界中から注目を浴びてしまったというお話。

いえ、おもしろがってるわけではありません。
報道権擁護団体プレス・エンブレム・キャンペーンは「殺人と同じ」と非難しており、あきらかに惨劇にも等しい悲劇ですから。

心からご同情申し上げねばなりません。
実際、この騒乱を取材中に傷害を受けたジャーナリストは少なくなかったようです。
しかし美人のヨーロッパ系女性が酷い目にあうと、扱いが違ってくるのは確かなようで。



米CBSの女性記者、
エジプトでデモ取材中に性的暴行受ける


 [ワシントン 15日 ロイター] エジプトの首都カイロで反政府デモを取材していた米CBSテレビのララ・ローガン記者(39)が、タハリール広場で暴徒から殴打や性的暴行を受けていたことが分かった。CBSが15日発表した。

 ローガン記者は南アフリカ出身で、戦争特派員としての経験も長い。暴行を受けて米国に帰国し、現在は病院に入院中だという。エジプトで約3週間にわたって続いた反政府デモでは、ジャーナリストへの襲撃も相次ぎ、ロイター・テレビ取材班も暴行を受けたほか、米ABC放送やニューヨーク・タイムズ紙なども取材活動の妨害を受けていた。

 CBSは声明で、ローガン記者と取材チームは2月11日放送の番組「60ミニッツ」向けにムバラク大統領の辞任について取材していたところ、「興奮した200人以上の暴徒に囲まれた」と説明。「取材クルーから引き離され、残酷かつ執拗な性的暴行や殴打を受けた。女性のグループと推定20人のエジプト軍兵士に助け出された」としている。


(ロイタージャパン/2011年2月16日)
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPJAPAN-19566120110216





2008年、議員時代のバラク・オバマと会見した時




関連リンク

記者暴行事件で汚された民衆の勝利
(ニューズウィーク日本語版)
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/02/post-1969.php

ララ・ローガンの画像集
【美人すぎる米CBSテレビ記者】

(NAVER まとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2129782151095653001

ララ・ローガンのフェイスブック
(Facebook)
http://www.facebook.com/laralogan




http://blog.with2.net/link.php?480132"> http://news.blogmura.com/news_humor/">にほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへ
http://news.blogmura.com/news_humor/">
 この記事を気に入ってくれた人、よろしくね
いらっしゃ〜い!

関連サイト



にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
サイト内検索
powered by Google
代表記事
■山本カルトに手を焼いた話(統合版)
■ライト文芸
■ヴィジェ=ルブランが気になって
■映画の話題
■日本人でどこがよかった
■ニッポンこわい
■国民病「日本スゴイ症候群」と他人の反応
■愛国伝説
■二次元マニアの同一性障害
■「特攻隊はテロリストと違う」と言い張るゼロリスト
■13%
■アインシュタインよりディアナ・アグロン
■エジソンからアインシュタインへ
■「よそはよそ、うちはナチ」
■東京を占領した南京事件否定派、ユネスコを脅迫
■映画『聨合艦隊司令長官山本五十六』
■外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄
■ノストラダムスの大予言と大東亜戦争の肯定
■侵略の定義
■慰安婦問題について百万回でも書かねばならないこと
■誘拐と慰安婦とハーレムと強制連行
■性奴隷と兵奴隷
■日米同盟はまさに保険だ
■知ってても差別をしてしまう場合
■グレンデールで慰安婦像撤去に反対、本物の日系市民が動き出した
■安重根記念館と二つの史観
■小野田少尉と真実を把握すること
■潘基文国連事務総長は安倍内閣の歴史認識を堂々と批判してかまわない
■産経新聞というネット右翼
■戦後最大のメディア犯罪が起きている?
■通州事件の記憶遺産登録は日本にとってヤブ蛇ですが
■アメリカ人の自己犠牲について
■「太陽の帝国」
■慰安婦問題、仏国際漫画祭での判定
■原爆投下に対するJoe Kilroyの見解
■愚問のきわみ! 「南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた」?
■米国保守と日本右翼の親和性?
■「西側」対「右側」/従軍慰安婦問題の特異性
■早い話、日本軍自体が「巨大な奴隷制度」だったという話
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ