戦争を語るブログ

平和を愛し、いさかい好む

2015年04月

韓国軍虐殺問題から見えてくる我が軍のこと

ハフィントンポスト韓国版に掲載の雑誌記事を邦訳したものだという。
http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/13/vietnam-war-victim-korea_n_7053626.html

ヴェトナム戦争中、村を襲撃した韓国軍によって家族を惨殺された二人のヴェトナム人が、終戦から40年の歳月を経て韓国を訪ね、自らの体験した思いを韓国の若い世代に語り聞かせるという内容だが。

まずネット右翼が大喜びで引用・拡散しそうな記事である。
連中はただでさえ、韓国の汚点をあげつらうのが嬉しくてたまらない。まして、韓国軍の非道を突きつければ第二次大戦での日本軍の咎はすべて赦免できると思い込んでるのだから。
(どういう理屈によるかはわからない。日本軍国主義への固定的認識は韓国だけでない世界的なものなのに)
むろん記事の眼目である、「和解」と「赦し」などは眼中にない。
せいぜい、「韓国人もいつまでも過去のことを根にもたず、ヴェトナム人をみならえ」とか、図々しく見当はずれな憎まれ口を叩くのがオチだろう。

さて。
ヴェトナム戦争の期間、のべ30万もの兵力を派遣した韓国軍は、現地で9000人にのぼる民間人を虐殺したとのことだが。
韓国軍が我が軍と異なるのは、アジアを共産主義から守ると豪語する米軍と協働、自由主義陣営の側で戦ったことだろうか(ただし当時の韓国は軍事独裁下にあり、自由な国とは言いがたい)。
韓国軍はヴェトナムから資源を奪ったり植民地化しようと出兵したわけではなく、大筋ではアメリカや他の国と同様に、共産主義の脅威にさらされる南ヴェトナムを援けるのを目的にしていた。

したがって第二次大戦でのナチドイツや大日本帝国のような、国自体のおこないが犯罪視されるものとはわけが違う。

にもかかわらず非道行為について非難しなければならないのは、ヴェトナム戦の主役だった米軍も含め、いかなる軍隊のいかなる落ち度も容赦されてよいものではないからだ。
韓国軍の暴虐をいくら突き詰めたところで我が軍の大過去は帳消しにならないが、どんな軍隊の非道をも糾弾し続けることがふたたび我が軍の犯すかもしれないモラルの逸脱を阻止する一助にはなると考えたい。





しかし一体なぜ韓国軍は、各国のヴェトナム派遣軍の中で飛び抜けて蛮猛だったのか。
朝鮮戦争で全土を共産軍に蹂躙された恐怖を知る韓国民は、共産ゲリラたるヴェトナム解放戦線への敵意が強かったということもあるが、もうひとつ。

韓国軍とは幹部が旧日本軍に仕込まれた軍隊であること。つまり、訓練や規律の厳しさが日本軍ゆずりなのだ。
しばしば指摘されるように、過度に厳格な軍規は残虐行為を生み出しやすい。上意下達が徹底していれば、兵たちはどんな非道な命令にも従う。また、溜め込まれたストレスが敵方のとりわけ弱者に向かって暴発しやすい。そうしたことは日中戦争が証明する通りだ。
だから韓国軍のヴェトナムでの振舞いは、日本人にとってはタイムワープした大日本帝国陸軍の戦いぶりを見せられるのと同じと言っていい。

もし第九条による抑止がなく、同じ時期、同じ戦場で自衛隊が戦うことになっていたら、間違いなく韓国軍と変わらぬ行為をしたと思う。
ヴェトナム戦より一世代前、中国や東南アジアで日本軍がやったことを思うとき、それはないだろという根拠はどこにも見出せない。アジア太平洋での旧軍のおこないを、ヴェトナムでもそのまま繰り返すのは造作ないことだ。
そして今日、自分達がなした行為について反省のかけらもない韓国の退役軍人らとまったく同じ言い訳をしていたに違いない。
いまなお日本の特定勢力は、我が軍の中国での殺戮や南方侵略、性奴隷や玉砕の強要を、「便衣兵」「自存自衛」「売春婦」「自己犠牲」といった屁理屈を持ちだし戦争犯罪とは認めないのだから、まるっきり仮想のこととも思えない。

さらに。
将来、安倍総理の我が軍が紛争地に派兵され掃討作戦も辞さないようになれば、またもや既視感のある光景が展開するという確率は高い。昨今の特定層が国粋主義を推し進めてはばからない風潮を見るかぎり、今の日本人が昭和期の日本人より高潔で外地の住民に親切になったと言い切るのは困難だろう。

ヴェトナムからの戦争犯罪被害者に抗議で対した韓国の「枯れ葉剤戦友会」は、明日の「我が軍」の姿かもしれないのだ。
すくなくとも、来日した元慰安婦を右翼団体が悪罵で迎え、南京事件の映画上映を阻止するのは、すでに見られる通りなのだから。





関連リンク

ベトナム戦争の韓国軍の虐殺被害者が訪韓 そこで見た「落差」とは
(The Huffington Post)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/13/vietnam-war-victim-korea_n_7053626.html

韓国軍によるベトナム人戦時虐殺問題――戦争の記憶と和解
(The Huffington Post)
http://www.huffingtonpost.jp/masako-ito/historical-awareness_b_7075564.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

オバマがキューバとくっ付いたら、オバキューだい!








関連リンク

米、キューバのテロ支援国家指定解除へ オバマ氏が承認
(朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/articles/ASH4H1PPLH4HUEHF001.html





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

アルメニア虐殺問題から見えてくる日本のこと

さて。ローマ法王が「アルメニア人虐殺は20世紀の三大虐殺のひとつ」と語ったのにトルコが反発、政治問題となってる件を書くべきかもしれないが……。
ちょっと荷が重い。

自分は、トルコ大統領の支持者でもなければカトリック教徒でもない、ましてアルメニア人ではない。まったくの部外者だ。
これでアルメニア人虐殺について、どこまで語れるか。

しかし考えてみればトルコの態度は、過去の軍犯罪に対する安倍政権の反応ぶりとよく似ている。とりあえず、類似点をあげつらってみよう。
つまり、こうだ。




従軍慰安婦問題では

おもに「フェミニスト」勢力とその思想に同調する人権派の人々が、大戦中に多くの「女性」を性奴隷として扱ったことで旧日本軍を非難。
これに「安倍政権」とその支持層がヒステリックに反発。


アルメニア人虐殺問題では

カトリックの総本山バチカンの長たる「ローマ法王」が、百年前にキリスト教徒の「アルメニア人」をオスマン帝国が大量虐殺した件で遺憾の意を表明。
それに「今のトルコ政府」が猛反発。




これで見えてくるのは、トルコと日本の類似点、相違点といった卑近な事柄より、過去の出来事をめぐり加害者側と被害者側、その後援勢力がどんな激しく応酬しあっても周囲の世界は無関心なんだなという悟りのようなものだ。

われわれ日本人は、『アラビアのロレンス』などの映画でトルコ人が残虐に描かれても、特別の親土家をのぞけば、むきにならず「ああ、そういうものか」と思うだけで、つまり映画として割り切って見る。
アルメニア虐殺問題でも、トルコ政府の頑迷な態度を見て心に生じるのは、なぜ百年前のことなのに外交関係をこじらせても否認を決め込むのか、わけわからんという素朴な疑問かもしれない。
「あんなに激しく否定するからには虐殺は嘘だ」と思ってくれる人は少ない。

実際、史家の多くはオスマン・トルコによる大規模なアルメニア人迫害を否定できない事実だとする。
今のトルコ政府も何十万ものアルメニア人が死んだのは認めている。
しかし、第一次大戦では300万のトルコ国民が死んでおり、アルメニア人の場合もそうした戦時の混乱が招いた悲劇という見方だ。さらに虐殺数百万は誇大であり、また計画的な殺戮ではないとしている。
ただし、トルコ政府のこの見解をそのまま受け容れる外国人は多くはない。

実は、日本人が過去に向き合う態度への諸外国の感じ方もおなじなのである。

「我が軍はそれほど酷いことをしたわけではない」との抗弁はいくらでもできようが、大半の史家による評価は安倍政権に都合の悪い方向で確定しており、国際的にはほとんど受け容れられないと思って間違いない。
言えば言うほど見苦しさを印象付けるだけの結果となるだろう。





関連リンク

法王、アルメニア人殺害を「ジェノサイド」と表現 トルコは猛反発
(AFPBB News)
http://www.afpbb.com/articles/-/3045195





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄

「なぜアメリカは対日戦争を仕掛けたか」
(加瀬英明/ヘンリー・ストークス/藤田裕行)

祥伝社新書。図書館で借りて、読む。
内容的には真新しくもない。例の通りの人々が例の通りに虚構の歴史を弁じまくるという。インターネットに溢れる大日本愛国教の神話を活字にしただけのような記述が延々と続く。

アメリカがいかに悪辣で、日本がいかにアジアと世界の希望だったか、すなわち靖国主義の立場からあの戦争を二部に分けて語る構成だ。
第一部での加瀬英明、第二部での「翻訳」担当の藤田裕行による浅はかで臆面もない対米戦争正当化の主張はいずれも、正読に堪えぬ酷さと言っていい。

しかし今回、これにヘンリー・ストークスという「親日家」の英国人を加え、外側から日本の立場を擁護させることで異彩を放ったものに仕立てた気でいる。
ストークスがらみの本ではより近刊の『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』にも目を通すべきかもしれないが、出版社と邦訳者がおなじでどうせ同じことが書いてあるだろうし、とりあえずこちらの本を読んだ感想だけから判じても間違った結論にはなるまい。

加瀬英明による第一部は、ネット右翼からさんざん聞かされた与太話の羅列である。
勘違いぶりをいちいち指摘したらきりがなくなり本題から逸れるので、ひとつだけ挙げるが。
加瀬は、日中戦争下に米軍人の義勇兵で編成された中国軍の航空部隊フライングタイガーがまやかしであり国際法違反だと言い立てる。
だが当時、中国に押し入った日本が国際社会の非難も無視し中国人の上に爆弾の雨を降らせていたこと、フライングタイガーによる日本爆撃はまさにその抑止策として企てられたことはまるで意に介さないようだ。
こんな言いがかりで「アメリカのほうが先に攻撃する気でいた」と開き直り、真珠湾の不意討ちを反古にできると思うのは、世界でもこれら日本の特定層しかおるまい。






さて。第二部だが。
表向き、英国に生まれ日本に馴染んだ外国特派員として長老的存在であるヘンリー・ストークスという人物の著述を、藤田裕行という者が「訳」したかたちになっている。

しかしストークス氏の真意が、この低次元でネット右翼そのままの思い込みで成り立った本にどれほど反映されているかはまるで断じようがない。一読したかぎりでは、「翻訳」担当の藤田裕行が外国人の名前だけ借り受けて自己の歴史認識を押し通したものとしか思えないからだ。

アメリカの拡張主義の強引さを論じた部分はそれなりに妥当かもしれない。
とはいえストークスという英国人が、いくらアメリカ帝国主義を批判したくてたまらなくても、なにも加瀬、藤田といった明白に右翼思想の日本人と組むことはないし、まして日本帝国主義を擁護するかたちで対米批判を展開しないでもと思うのだが。

だいたいストークス氏の著述は内容の信憑性以前に、本人が書いたかという件でまず疑わしい。対談の書き起こしに関わった女性の証言、無断加筆問題での祥伝社への共同通信の反論「取材の録音がある」など、本人の見解と藤田裕行が「翻訳」したものとで歴史観が食い違っているのは公然の秘密と言っていい。

それは普通に常識をもった外国人による軍国時代の日本への評価を当てはめれば誰にでもわかることだ。ストークス氏のものとされる見解には、本当に欧米人が言ったとして受け取るにはあまりにも違和感がありすぎる。

実際、第二部でストークス氏言うところの「(日本がアメリカと戦い、国土がすべて灰燼に帰した)その結果として有色人種がはじめて大いなる希望の燭光によって照らされ、人種平等の理想が実現した」は、第一部での加瀬英明による「日本が先の大戦で大きな犠牲を払って、幕末から夢見てきた人種平等の理想の世界を、招き寄せたのだった」とまったく変わらない。

ようするに。日本が東亜解放を謳い上げ、白人支配を打ち破ろうと多くの日本人が血を流したおかげでアジア諸国は独立できたばかりか、全地上の有色人種が目覚め、差別のない世界が到来した。
これこそ、嘘と事実の曲解を並べ立てた本書がもっていこうとする、おめでたい結論なのである。


冗談ではない!

アジアやアフリカで多くの国が独立を遂げたのは、それぞれの地で無数の人々が、西欧諸国やアメリカによる支配、そして日本の占領に対し、果敢で粘り強い闘争を続けた成果に他ならない。

今日、白人以外の外国人にはけっして快適とはいえない日本の現実の中で暮らすアジア人やアフリカ人の滞在者は少なくないが、彼らのうち日露戦争以来の日本の帝国主義政策のせいで世界に人種平等がもたらされたなどとは誰一人として真に受けるまい。
2ちゃんねるも在特会も野放し、国内にさえ差別思潮を蔓延させながら、日本の功績で世界から差別が撤廃されたなどとは子供にでも見抜ける戯言だ。

ストークス氏が外国人中の特異例だとしても、なぜかくも海外一般での視点と隔たりがあるのだろう?

ぶっちゃけ、右翼側がストークス氏の私生活でなにか弱みを握ったか、あるいはパーキンソン病を患ったストークス氏が加瀬、藤田の腹話術人形同然になっているのではと疑いを抱きたくなってくる。
確証がないためそうと断定できないもどかしさはあるが、他に考えようがないのだ。

それでもストークス氏の見解が外国人の平均的見解ではないし、ストークス氏に賛同する外国人もかぎりなく少ないとだけははっきり言わねばなるまい。
もしあれらの、「藤田裕行によって訳出されたヘンリー・ストークスの見解」が在留外国人を代表する認識だと思うなら、世界の目というものをみくびるにも程があるだろう。

もっとも祥伝社としては、外国人に読ませるため出した本ではないので、その方面から責められるのは不本意かもしれないが。

しかしこれは、ネット右翼流の嘘を満載した突っ込みどころに欠かない代物である。そういう意味で、心ある人が特定右翼集団のペテンに騙されないよう鍛錬する練習帳として役に立つかもしれない。
あるいは。妄想を史実と言い通し、神経を疑われても平然とする術を学びたければ、この本を読むべきだろう。



それにしても。
こんな大日本への自画自賛を外人に語らせて悦に入る愛国ポルノ本などより、英国のジャック・ストロー法相が極右政党の党首に言い放った「イギリスが戦争に勝てたのは、世界中で何百万もの黒人やアジア人が味方してくれたからだ」という言葉のほうがよほど謙虚で誠意がこもっているし、ずっと多くの人々に感銘をあたえると思うのだが。
日本のバカウヨどもにはまったく時代と人の心が読めていない。




イギリスの世界制覇も終わりを告げるだろうことを、あまり心にかけすぎてはいけない。我々はある期間にわたって制覇し、まずいやり方をした。我々はいくらかは立派で自由主義的なことをしたのだが、我々の指導権を正当化するほどに充分になさなかった。


H.G.ウエルズ(『世界史概観』1946年)



侵略者が恩人になってくれることがありうると思い込むのは、愚かなことです。日本は、インドを英国のくびきから自由にしてくれるかもしれません。
しかし、代わりに日本のくびきを負わせるだけのことです。


マハトマ・ガンディーの言葉
http://mkgandhi.cocolog-nifty.com/blog/cat21283185/index.html







関連リンク

安倍政権が海外メディアに圧力!
ドイツ紙に「中国から金を貰っている」とネトウヨ的抗議

http://lite-ra.com/2015/04/post-1019.html

【これぞ国の恥】慰安婦問題で外国特派員らにケンカ売る日本右翼
http://matome.naver.jp/odai/2142472196367432201





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね
いらっしゃ〜い!

関連サイト



にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
サイト内検索
powered by Google
代表記事
■山本カルトに手を焼いた話(統合版)
■ライト文芸
■ヴィジェ=ルブランが気になって
■映画の話題
■日本人でどこがよかった
■ニッポンこわい
■国民病「日本スゴイ症候群」と他人の反応
■愛国伝説
■二次元マニアの同一性障害
■「特攻隊はテロリストと違う」と言い張るゼロリスト
■13%
■アインシュタインよりディアナ・アグロン
■エジソンからアインシュタインへ
■「よそはよそ、うちはナチ」
■東京を占領した南京事件否定派、ユネスコを脅迫
■映画『聨合艦隊司令長官山本五十六』
■外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄
■ノストラダムスの大予言と大東亜戦争の肯定
■侵略の定義
■慰安婦問題について百万回でも書かねばならないこと
■誘拐と慰安婦とハーレムと強制連行
■性奴隷と兵奴隷
■日米同盟はまさに保険だ
■知ってても差別をしてしまう場合
■グレンデールで慰安婦像撤去に反対、本物の日系市民が動き出した
■安重根記念館と二つの史観
■小野田少尉と真実を把握すること
■潘基文国連事務総長は安倍内閣の歴史認識を堂々と批判してかまわない
■産経新聞というネット右翼
■戦後最大のメディア犯罪が起きている?
■通州事件の記憶遺産登録は日本にとってヤブ蛇ですが
■アメリカ人の自己犠牲について
■「太陽の帝国」
■慰安婦問題、仏国際漫画祭での判定
■原爆投下に対するJoe Kilroyの見解
■愚問のきわみ! 「南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた」?
■米国保守と日本右翼の親和性?
■「西側」対「右側」/従軍慰安婦問題の特異性
■早い話、日本軍自体が「巨大な奴隷制度」だったという話
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ