戦争を語るブログ

平和を愛し、いさかい好む

2015年11月

トリコロール

パリ多発テロ事件に関連し、シリア出身の女性アナウンサーによる
Twitterでのツイートが和訳され、注目を集めている。





敬愛するパリよ、貴女が目にした犯罪を悲しく思います。
でもこのようなことは、私たちのアラブ諸国では毎日起こっていることなのです。
全世界が貴女の味方になってくれるのを、ただ羨ましく思います。
(シリア出身UAE在住の女性アナウンサー)
https://twitter.com/SaeedSato/status/665424613556535296




さて。
SNSの顔アイコンを三色旗にあやかって加工、ISISの攻撃にさらされたフランスに連帯を示すのが流行りのようだが、そんな大勢フランスに味方するなら自分までやらんでもという気がしてくる。
そもそも、当のフランス人でさえどれだけの人が今回の多発テロを人生が変わるほどの衝撃として受け止めたかは疑わしい。
(地下鉄サリン事件の時を思い出してみるといい)
大多数のパリ市民の関心事は普段と大きく変わるまい。襲撃事件の現場にいたり、親族や知人に被害者が出た何千人かを別とすれば。

それが世の常というものだ。
とりわけフランス人とは外部の事象で自分のペースを崩されるのを嫌う人々である。
ずっとヤバかったはずの1944年夏、パリ解放の市街戦のさなかでもセーヌ川でのんびり釣りする人や徹夜でカードの賭博に耽った一家がいたくらいなのだ。
そして。
フランスのテロ攻撃への強みは、まさにそこにある。
フランスに空爆でISISを殲滅できるかわからないが、フランスがテロにあっけなく屈するのもあり得ないだろう。
つまり当分の間、流血の応酬は続くことになる。





関連リンク

タイムライン:パリ同時多発テロ
(CNN)
http://www.cnn.co.jp/special/interactive/35073544.html





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

13%


国連報告者が日本の人権状況を批判するにあたり、「日本では中高生の13%が援助交際を経験――」と述べた件で、日本政府が噛みついた。


いや。
みなの言いたいことはわかっておる。
だが、待て。


自分が最初に感じたのは、「13%じゃ少ないだろ」という不満に近いものだ。
あとで、「中三女子に訊いた結果」だとわかって、納得したが。
女子高生にかぎるなら当然、数値はずっと高くなるだろう。女の子の中学時代と高校時代とでは男性遍歴で、自転車と大型バイクほどにも差が生じるのだから。

しかし、大多数の日本の男はこれをなぜか、日本への侮辱に等しいものと受け取ったようだ。
(国連勧告の主意ではなく、その中の13%の数字だけとらえ)
海外から自分の国が「ビッチ」だらけだと思われるのはよほど嫌なことらしい。十代女子の肉体的魅力を商品として扱う風潮を蔓延させることに平気なばかりか、むしろクールジャパンの国策を通じて世界に拡まるのを得意がるような神経だとしても。

ともかく。
日本政府の常識はずれな抗議に驚いた国連報告者は、「13%」発言を撤回する旨伝えてきたという。
菅官房長官は国内での会見でそう語り、ネット右翼らは政府が日本の敵をやり込めた勝利宣言のようなものと受け取った。

ぬか喜びしてもらいたくないので釘を刺すが。
国連報告者は「13%」の数字が誤解を招いたと通知しただけなのだ。
(菅義偉の口から出たことだから、実際の内容がどうだったかも疑わしい。ネット右翼を悦ばせることしか言わない男だ)
国連報告者は、少女をあらゆる性被害から守るよう求めた勧告自体を引っ込めたのではないし、まして日本が未成年者を立派に保護する国だと認めてもいない。しかもわが政府は、先進世界に属する国としてあるまじきことながら、その勧告には従う気がないと態度で示したのだ。

今ココである。
核心的な問題はまったく解決していないうえに、政府はそれをこじらせる真似をした。国連から高い評価、好意的な評価を得るような対応は何もせぬままに。

どうやら日本政府は、わが国は特例的に行儀良くて純情一途な男女ばかり暮らす国で、国連報告者が改善を求める状況などあり得ないと言いたいらしい。
「解決済み」とは慰安婦問題でよく聞かされる言葉だが、未成年者の性的虐待については解決すべき問題自体が「存在しない」というわけだ。

いやはや。
もしかして安倍政権は、慰安婦問題との絡みから、「援助交際は和姦だし金を払うから強制わいせつと違う」と言いたいのだろうか?
なるほど、たしかに。
「美しい国」を誇りたかったのが日本軍の性犯罪の件でさんざん悩まされ、このうえ平成日本まで少女を性虐待する国という評価を賜ってはやっていられるもんじゃなかろう。

あいにく西欧の価値観では、未成年との性交は合意の上でもレイプになってしまう(これは、日本の法律でもそうなのだ)。
しかし国連の立場からは、今の少女たちの身だけを気遣っての申し入れなのである。日本政府がすみやかに勧告に従えば、それで終わる問題だ。

国連報告者はわが政府に対し、日本社会で日常的に性被害にさらされる未成年者の人権状況を改善するよう求めたのであり、「13%」はその文脈において、日本での十代少女の性被害がいかに深刻かを語るため出された数字だった。
結果的に、勧告の主意には答えず「13%」の数字にだけ執着するという異常な反応を示したわが政府によって根拠の曖昧さを突かれ、揚げ足を取られることになりはしたが、立場上の正当性は変わらない。

この問題の肝は、「日本では中三女子でさえ13%が売春体験」という前提が、日本に人権状況の改善を促す国連報告者らに疑念もなく共有される、すなわち海外での最高のインテリ層からさえ日本はそういう国だとみなされた現状にある。
まさしくそうなのだ。
国連側はよもや、そんな「わかりきったこと」でむきになって突っかかってこられるとは思いもしなかっただろう。彼らから見た日本とは、未成年者を性的餌食にするあらゆる悪を放置し、なすがままにさせていた国なのだから。

現状、日本への芳しくない評価を覆すのは難しいと考えている。
実際、「クールジャパン」の柱をなす商品化された十代女子エロチシズムの氾濫を見るにつけ、思われて当然だとの感を強めてしまう。

もしも1960年代に、低級なマカロニ西部劇やヤコベッティの猟奇的な記録映画だけ見せられイタリアを評価することになれば、ほとんどの人はイタリア人とはあんなものを好む奴ばかりと答えるかもしれない。
今のクールジャパンのコンテンツは、日本という国、日本国民という集団をしかるべく評価させる危うさをもっている。

とはいえ実情に即した対応とは、海外に出す日本のアニメやゲームやピンナップをもっとお行儀のよいものに規制することではない。
国連が求めたのは、国内で誘惑的な性被害にさらされている実在する少女たちの人権を守ることだ。
しかるに現政権の対処の仕方を見るかぎり、13%なる数字を否定すれぱ日本の名誉(というより評判)は傷つかず、それで手当ては十分と勘違いしているようにしか思えない。






関連リンク

「日本の女子学生の13%が援助交際」発言は撤回でも…
JKビジネスとアイドル界の“児童売春”的現実
(litera)
http://lite-ra.com/2015/11/post-1672.html






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

新しいお友だちですよ〜



ソウル北公園に、あの朝鮮人少女の慰安婦像と並んで展示。
中国人美術家の手になるものだそうです。

2007年に軍の関与を否定することでみずから口火を切った従軍慰安婦をめぐる「歴史戦」に連敗を続け、もはや完敗状態の安倍政権。
南京大虐殺の件でも同様ですが歴史認識に関するかぎり、今の政府と昔の日本軍に味方する人など海外では誰もいないのです。
(マイケル・ヨン、ヘンリー・ストークス、ケント・ギルバート、テキサス親父といった、ごくごく稀な「お雇い外国人」を別にして)

ようやく実現した日韓首脳会談の後でも、安倍総理が「慰安婦問題のすみやかな合意をめざす」と言ったかと思えば、すかさず菅官房長官が「日韓条約で解決済み」の決まり文句。
いやはや。
かかる曖昧きわまりない態度の裏にある硬直しきった心胆こそ、問題をここまでこじらせた元凶です。
そのままにしておけばやがて、フィリピンやインドネシアなど旧占領地の少女たち、オランダ人少女、そして日本人少女の慰安婦像まで造られるようになるでしょう。世界中いずこの地でも。
お友だちがどんどん増えていくのは良いことだけど、安倍首相と支持者たちは金輪際、その仲間に加われませんからね。





関連リンク

Statues honoring Korean, Chinese "comfort women" erected in Seoul
(mmc-News)
http://mmc-news.com/news-statues-honoring-korean-chinese--and-quot;comfort-women-and-quot;-erected-in-seoul-292136.dbv



()





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね
いらっしゃ〜い!

関連サイト



にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
サイト内検索
powered by Google
代表記事
■山本カルトに手を焼いた話(統合版)
■ライト文芸
■ヴィジェ=ルブランが気になって
■映画の話題
■日本人でどこがよかった
■ニッポンこわい
■国民病「日本スゴイ症候群」と他人の反応
■愛国伝説
■二次元マニアの同一性障害
■「特攻隊はテロリストと違う」と言い張るゼロリスト
■13%
■アインシュタインよりディアナ・アグロン
■エジソンからアインシュタインへ
■「よそはよそ、うちはナチ」
■東京を占領した南京事件否定派、ユネスコを脅迫
■映画『聨合艦隊司令長官山本五十六』
■外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄
■ノストラダムスの大予言と大東亜戦争の肯定
■侵略の定義
■慰安婦問題について百万回でも書かねばならないこと
■誘拐と慰安婦とハーレムと強制連行
■性奴隷と兵奴隷
■日米同盟はまさに保険だ
■知ってても差別をしてしまう場合
■グレンデールで慰安婦像撤去に反対、本物の日系市民が動き出した
■安重根記念館と二つの史観
■小野田少尉と真実を把握すること
■潘基文国連事務総長は安倍内閣の歴史認識を堂々と批判してかまわない
■産経新聞というネット右翼
■戦後最大のメディア犯罪が起きている?
■通州事件の記憶遺産登録は日本にとってヤブ蛇ですが
■アメリカ人の自己犠牲について
■「太陽の帝国」
■慰安婦問題、仏国際漫画祭での判定
■原爆投下に対するJoe Kilroyの見解
■愚問のきわみ! 「南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた」?
■米国保守と日本右翼の親和性?
■「西側」対「右側」/従軍慰安婦問題の特異性
■早い話、日本軍自体が「巨大な奴隷制度」だったという話
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ