戦争を語るブログ

平和を愛し、いさかい好む

2017年05月

レイプのどこがいけないか?


安倍政権と近しいジャーナリストに「昏睡レイプ」された被害女性が名乗り出た。
証拠は出揃っていたにもかかわらず、警察に圧力がかかり二年前から逮捕が見送られたままなのだという。
なんというべきか。

安倍晋三が大嫌いな人々はここぞとばかり被害女性を応援し、活気づく。
その動きに対し、ネトウヨ系の連中が暴言と中傷で女性を痛めつける「セカンドレイプ」を繰り広げ、まこと醜い様相である。
「冤罪だ」「美人局だ」「一対一で酒を飲むのは相手と寝てもいい合図」
被害にあった側にも問題ありだと印象付けたいのだろう。
けれども構図は慰安婦問題と同じながら、本件については現在の出来事であるだけに直截な否定はあまりにも無理が多い。

実際のところ、泥酔した相手をホテルに連れ込むのはどこが問題か?
ひとつの参考になる話として。

女性問題の多彩ぶりで名を高めたクリントン元大統領の素行に対するフェミニスト団体の見解によれば。
男に迫られた女性が嫌がる素振りを見せ、意を察した男がその時点で思いとどまるならば罪には問えないという。

ただし、該当する場合は滅多にない。欲情を表出したのに拒絶され、そこで制御できるかといえばダンスを申し込んで断られたのとわけが違う。だいたい理性が利いていればはじめからインモラルなやり方で女性を求めたりしないし、かかる立場で相手の意思尊重といっても困難至極であろう。それのできた滅多にない男がビル・クリントンだったらしい。いや、クリントンを立派と呼ぶか狡猾と捉えるかは人それぞれだが。

ともあれここには、レイプとはどんな行為か、どの線を越えたら裁かれるかの明快な基準が打ち立てられている。
すなわち自分の欲情より相手の感情を尊重できたか否かだ。
(これを当てはめれば、都知事選で文春砲の標的にされた鳥越俊太郎の場合はとりあえず問題ないのがわかるだろう)

さて、山口某の件。
どこがいけないといって、昏睡レイプしたことだ。
つまり被害者から体を奪う以前に意識を失わせ、拒絶する選択肢を奪ってしまった。
こんな風に、眠らせた相手を弄ぶのは暴力的に姦淫するのとおなじくらい罪深い。
どちらも相手の意向おかまいなしで欲情を満たしたことになる。

相手も楽しませるのが和姦行為である。
(いや、海外ではコンドーム装着しなかっただけで訴えられるらしいが)






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

『ハクソー・リッジ』(続き)


さて。
前の記事では、戦争大作『ハクソー・リッジ』が公開間近と紹介したけど。
(違う、一箇月も先だ)
言っておかねばならないが、劇中での日本兵の描き方はあまりよろしくない。




米軍の捕虜となり、ふんどし姿で土下座する兵隊さんたち




けれども作劇の縛りからいえば。
これは戦時下にあって、クリスチャンとしての生き方を貫き通した男の物語だ。
「福音書の教えと相容れぬ集団(日本軍)」に対し「福音書の教えを捨てて立ち向かう集団(米軍)」の中、たったひとり福音書の教えを守り抜いた主人公を引き立たせる映画なのだから、日本軍がああいった風に描かれてしまうのは致し方なかろう。

実はアメリカ軍も理想的な造型とは言いがたいものがある。
爆発で損壊した仲間の遺骸をハンガーみたいに吊り下げ、盾にして敵弾を防ぎ、日本兵に立ち向かうんだから。米軍兵の遺族が見たら、なんと思うだろう。
そもそも監督の狙いは戦争が野蛮人に変えた東西の男たちが衝突し殺し合うさまを見せることにあったようで、そういう意味での視点は公平なのかもしれない。







ネトウヨ、いや日本人全般は自分らを白人(の仲間)だと思っているから、こういう戦闘場面で日本兵がモップで掃いたように扱われると「人種差別じゃ〜」と珍妙な反応を示したりするが。
(『北京の55日』とか『グリーンベレー』を見ても面白がるくせに)
多くのアジアの国ではそうした描き方に、日本軍に対するものを超えたアジア人全体への白人の差別意識を感じ取り、不快な気分になってしまうようだ。
つまり日本兵というアジア人を白人の集団が殺しまくるところに抵抗があって集客できなかったことも考えられる。

韓国人にせよ中国人にせよ、自分の国のヒーローが悪役の日本人を打ち倒すから痛快なわけで、白人側から日本軍が「蛮猛なアジア人」として描かれ大量殺戮されるのを見ても、アジア全体が、自分たちがやられてる気になり楽しくなれないのかもしれない。
軍国時代のことは批判するにせよ、基本的には日本人を、同じアジア人として自分たちと一体にとらえてくれているという。

至極、妥当なありようといえるが、日本のネット右翼にはこれについての理解、なにより中国人や韓国人をアジアの同胞と思う意識がまったく欠けている。
ネトウヨ思考では日本はアジアの特別な国であり、アジアから進化しアジアでなくなった存在でなければならないのである。

これでファシズム時代の東亜新秩序や五族協和の理念を讃えるのだからあきれ果てる。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

来月公開『ハクソー・リッジ』


六月公開予定メル・ギブソン監督作『ハクソー・リッジ』がようやく、日本でも話題になり始めた。
信仰を理由に軍務中の戦闘拒否を貫き通したアメリカ青年の物語。
では平和的な内容かといえば、まったく正反対。沖縄戦の天目山ともいうべき前田高地の攻防がヤマ場となっており、その凄惨きわまる戦場描写たるや食欲をなくすほどで、映画ファンやミリオタの間では「これは見ねばなるまい」との前評判がすっかり浸透している。





日本で大ヒットするだろうか?
戦闘場面の一部だけ見てもわかるとおり、女性客に嫌われる軍隊もの、それも超過激で残虐無比な殺戮描写の横溢する内容なので、上映館数や宣伝によっても違ってくるとはいえ、おそらく『300』や『怒りのデス・ロード』くらいの収益しか望めないのではと思う。
(つまり、良くて十数億円)

それはともかく。
すでに北米ほか各国での興行成績は判明したので、一部を紹介しておこう。
(数字は四捨五入)



Box Office Mojo


北米市場以外では、中国での稼ぎ高がずば抜けているのがわかる。もし中国市場を外したらこの作品の売り上げは一挙に三分の二以下にまでダウンしてしまうのだから恐るべき比率である。

ネトウヨは言うであろう。
日本軍がこてんぱんにやられる内容だから反日中国で大受けしたのだ、と。

しかし数字を見てもらえばわかるが、ネトウヨが反日国家呼ばわりするもうひとつの隣国である韓国ではこの映画はあまりヒットしていない。韓国の一般大衆がほんとうに日本大嫌いなら『ハクソー・リッジ』も馬鹿受けで、日本軍の苦杯するところを見ようと『君の名は。』並みに集客してもよさそうだが(皮肉)、そうはならなかった。
逆に、ネトウヨが「親日国家」と崇める台湾での興収は韓国の三倍の額なのだ。
(台湾の人口は韓国の半分以下なのに)

前の記事で、韓国映画の歴代ヒットには日本をやっつける映画はほとんどランキングしていないと書いたが。
(日本兵殺しまくりの『ウインドトーカーズ』も韓国ではヒットしなかった。皮肉にも、海外でいちばん収益を挙げたのは日本である)
こうしたデータを眺めると、そもそも韓国がネトウヨの騒ぎ立てるような嫌日国家なのかも疑わしくなってくる。
説明がほしいところだ。

話を中国のほうに戻す。
たしかに『ハクソー・リッジ』の収益だけ見るなら中国で異常に受けたと感じられようが、これは中国市場の規模がもともと巨大なためで、もし「日本が敵になる映画」の興行成績でどの国が反日かわかるとすればアメリカ合衆国こそ世界一の反日国家ということになる。

中国では、『君の名は。』(8400万ドル)をはじめ、『美女と野獣』(8600万ドル)、『フォースの覚醒』(1億2400万ドル)、『ズートピア』(2億3500万ドル)、『ジュラシック・ワールド』(2億2900万ドル)、そして『ワイルド・スピード ICE BREAK』(3億9000万ドル!)等々、「反日」とぜんぜん関係ない内容の外国作品がメガヒットを飛ばしており、『ハクソー・リッジ』の場合もそうした自国映画では望めないハリウッド大作の魅力で集客したと受け取ったほうがいい。

ともあれ中国、韓国、台湾を比べてみれば、反日だから受ける、受けないといった単純なものでないのはわかるだろう。
ようは、中国の映画観客は日本のネトウヨどもとくらべ、ずっと多様性があるということだ。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

ハリウッドがつくった韓国映画 『Warriors of the Dawn』


豊臣軍の侵攻に揺れる朝鮮半島を舞台にしたアクション大作。
20世紀フォックス製作ということになっているが。
実際のところは企画も製作も韓国の映画人によるもので、フォックスは資金を提供する代わり世界配給権を獲得したという関わりではないのか。
ともあれフォックスはかなり高額の製作費を出したわけで、出資金に相応の価値が見出されたのを意味しよう。







この映画は世界的に受けるだろうか?
たぶん、フォックス側には欧米市場で集客する気はあるまい。

以前に書いたとおり、日中韓アジア映画に対する北米市場の壁は高い。
韓国最大ヒット『鳴梁』でさえアメリカに出せばああなのだから、これが西洋文化圏で大きく稼動する見込みはないも同然。

いやFOXさん、そんなこと百も承知、はじめから韓国や中華圏など爆発性を秘めたアジア市場限定での企画投資だろう。
メガヒットの場合に韓国が一億ドル市場となり得るのは『鳴梁』他何本かの作品で証明済み。人件費がまだ安く、国から助成金も出る韓国。中程度の予算で質量ともに水準以上のものを製作でき、それが一国でペイするばかりか他のアジア諸国でも稼動が期待できるのなら願ったりだ。

そんな目論見が商売として成り立つほど、アジア映画市場は巨大化を遂げた。

さて、余談。
『Warriors of the Dawn』で日本の軍勢が敵方に設定されたのは偶然かもしれない。
実際、韓国映画が日本を悪く描いたものばかり作ってるわけじゃないのは、歴代興行収益のリストからもあきらかだが。
http://koread.info/

重要なのは、ハリウッドメジャーが日本で嫌われる内容の映画(日本人が悪役で出てくる)を作ってなお莫大収益を目算できるようになっている、すなわち日本市場の顔色を窺わなくなりつつあることだ。
この状況は恐ろしい。
もしかしたらこんな調子に、韓国や中華圏で日本を悪玉にした国際水準の大作を毎年のように作られ、それが世界中のテレビで放送され無数の人に見られるのが日常と化すこともあり得なくはない。
ネトウヨにとっては悪夢の未来図か。

実際われわれ日本人も、ドイツ軍が悪役の戦争映画をテレビで目にするたび、「ああ、ドイツ軍は欧州各地で酷いことやってたんだ。嫌われてたんだ」と思う。
同様に海外の人々も、「日本軍はアジア各地で酷いことやってたんだ。嫌われてたんだ」との印象を深めていくに違いない。

そういう次第だから。
日本の右派映画人もせいぜい、大日本帝国の大義を謳った傑作がハリウッドのメジャーに買い付けられ世界中で見られるよう頑張ってほしいと思う。立派な日本の兵隊さんが欧米の軍隊をこてんぱんにやっつけ、アジアの人から感謝される内容の娯楽大作を何十億円もかけて。
(世界中の人に見てもらえないと意味ないよ。日本の中でネトウヨにだけ受けるようなもの作ってもまるで無意味だから。もっともハリウッドに世界配給されるには、その映画の歴史観が国際的に是認されたものでないと駄目だろうけど)

だいぶ話が飛躍した(笑)
まあ、ようするに。
映画商売に関して、ハリウッドは相変わらず巧みだし、韓国も日本よりうまくやっている。

最後に付け加えれば。
実はこのやり方、日本の映画市場にも適用されるようになるかも。
たとえばディズニーなどは、『千と千尋』や『ハウル』の経験から学んだことがあるに違いない。

日本アニメは日本国内では爆発的に稼動する、けれどもそれを買い上げて国外で見せてもさして集客できないから旨みがない。とはいえ日本のアニメ市場の巨大さは捨てがたい魅力だ。
そこで製作段階から投資に乗り出し、かくして日本人に作らせたハリウッド資本による日本アニメで日本の観客から世界一高い映画入場料を吸い上げようとする。
こうした動きになっていくのは必至ではなかろうか。

いつまでも徳間書店の独断場じゃないってことだ。






関連リンク

韓国映画興行成績ランキング
(K-MANIA 映画興行成績)
http://koread.info/






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

ファンタジー? 『海難1890』


あー。やっぱり、かみ合ってない。
懸念は事実となって眼前に突きつけられた。

映画『海難1890』での日本の俳優陣とトルコの役者の芝居。
トルコ俳優のほうは、なるべく自然に見えるやり方でリアリティを出そうとしている。
対する日本側出演者。ほら、いつものアレだ。
舞台劇的で生理的な自然さからかけ離れた過剰演技。妙に気張った感じの表情に声音、目の動きや立ち居振る舞い。

こんな日本の俳優とトルコ俳優とでからみ合うと、さながら異種格闘技といった様相だ。おなじ場面で向き合って台詞をやり取りするのだが、まったく自然な打ち解けように見えないのである。

1960年代末、フォックス映画『トラトラトラ!』の撮影時も、日本側の演出があまりに大げさなのにアメリカの製作陣は閉口、俳優をなるべく抑えて演技させるよう指示したというが、出来上がった映画を見てもアメリカ側との違和感はやはり大きい。

それで、日本映画界。『トラトラトラ!』の経験からいかに邦画の人物描写が国際水準から隔たってるか思い知ったかといえば……。
ぜんぜん学んでいなかった。
それどころか今になっても、日本の俳優たちは、日本人ならこうあるべきと思い込んだ芝居しかできない、したがらないのをまざまざと見せられるとは。

欧米流儀での「演じる」とはある状況での心の動きの肉体的表現だが、日本人は芝居というものを、普通と違うように振る舞って現実ではあり得ない状況を造型すること、すなわち現実に対する特権的な行為と思い込んでるのではなかろうか。





この『海難1890』は日本とトルコとの友好を祝する合作映画だ。
明治時代、和歌山沖で台風のため難破したトルコ軍艦の乗員を漁村の住民らが救助し手厚く介護した実話にもとづいている。
美談としてトルコの学校でも教えられるというが、たとえば日本の道徳の教科書にも載っていた「クヌッセン機関長」とおなじ感じ、国境を超えたヒューマニズムを謳いあげる意図によるのだろう。

一部日本人の思い入れもわからなくないが、エルトゥールル号事件を世界にもまれな二国間の歴史的友好の起因のように捉えるのは無理がありすぎる。
(そもそも日本とトルコはそこまで密接な間柄ではない。民族も文化も言語も宗教も違う。同盟を組んで戦ったこともなければ、たがいに移住者の受け入れもせず大勢の訪問客による行き来もない。本物の友好国同士ならもっと活発な交流がネット上で見られてよさそうだが、ネトウヨどもはトルコの親日ぶりを吹聴するばかり、自分らがトルコ人と交わろうとは夢にも思わずいるのが実情だ)

しかし明治時代の善意を描くだけなら、まだよかった。
映画の後半部、テヘラン空港での顛末となるともはや実情から明白に乖離しており、ぶちこわした感が半端ない。

映画では、トルコの大使館員が空港のロビーに集った同胞を前に演説、不自然にも百年も前のトルコ軍艦遭難事件を持ちだし、返礼として戦火の中で脱出できずにいる日本の避難民にトルコ航空のチャーター便を譲ってやろうと訴えかけ、一同から熱気のこもった賛同を得るのだが。
あれが全部フィクションだと言われたら、信じられるだろうか。


トルコ航空が日本人を乗せたのは空席があったから
https://togetter.com/li/822784


むろん、映画は歴史の論文とは違うものだ。
物語のテーマを強調できるのなら実話の枠に縛られる必要はなく、いくら手を加えても罪は問われまい。

本当の話、現実にあったことをそのままに描く実録映画は存在しない。
『アラビアのロレンス』『ガンジー』『ラスト・エンペラー』『シンドラーのリスト』『英国王のスピーチ』『アルゴ』……これら諸作はみごとなドラマに仕立てるには事実をいかに脚色するのが効果的かを教えてくれるものばかり。
逆から言えば、大半の実話は劇的に加工しなければ使い物にならないといっていい。どれほど小説より奇なる事件もそのままでは価値ある原石でしかないのだから。

『海難1890』の内容が嘘なのか否かはある意味、どうでもいい。
重要なのは、せっかくの原鉱を研磨するのにしくじり夜店の売り物と変わらなくしてしまったということだ。

それにしても、このエピソード。
イランから出国できず地獄に置き去りになったように怯えきり、脱出しなければこの世の終わりみたいな様子でいる日本人の描き方。
イラク軍の爆撃にさらされながら自分の国にとどまり続けた数千万のイランの人々が見たら、なんと思うだろう?
こんなところにも日本的な無神経がよく出ている。


ええ、ええ。
日本人に生まれてよかったですとも。
心からそう思います。
自分が外国人で日本を見たままに書いたら侮辱になる。
でも同胞の身で落ち度をあげつらうなら、
日本人として自省する潔い態度だ。
「日本のネットにも謙虚な奴がいた」
外国人からそう見てもらえるのですよ。







ところで合作映画といえば。
1970年代。東宝とモスフィルムによる日ソ共同制作で『モスクワわが愛』というのがあった。
出演は栗原小巻とオレグ・ヴィドフ(『ワーテルロー』の兵卒トムリンソン役)。
試写会場から出てきた批評家の一人が、「くだらんね」と吐き捨てるように評したという。
つまり、そういう内容だったのだ。友好第一、作品の出来は二の次といった感じの。

自分は『海難1890』について、「くだらんね」とまでは言わない。
国と国とで仲良くするのはいいことだし、日本の映画人が合作を推し進めるのもいいことだ。
しかし検索すればわかるが、ネット上でこの映画を恥もなく絶賛するのは特定の政治傾向をもった人に多い。その事実こそが作品の出来以前、作品をあらしめた状況を浮かび上がらせていると思う。

これは日本トルコ合作というより、両国をそれぞれに強権で支配せんとする安倍首相とエルドゥアン大統領との合作と呼ぶほうがふさわしい。
安倍自身、「『海難1890』を成功させる会」なる組織の最高顧問。安倍の依頼にこたえ、トルコ政府も製作費の半分を拠出した。
私企業が儲けのため仕組んだ企画と異って、そもそもの動機から不純なのである。大衆の出す入場料をめあてに大衆を楽しませようと作られたものではないのだから。

かかる次第で、当初十億円はかたいと見積もられた興行収入だが、果たして八億そこそこしかいかなかった(大衆の本音だろう)。あの出来栄えではトルコでもたいして集客できないから、商業的には赤字に違いない。
しかし誰も損をしない。関係者は使った金なんて政治活動費のようなものと割り切っているのだろう。

ああ、しかし。
こんな無理だらけの友好宣伝映画などより、百年前のアルメニア人虐殺でトルコを非難しながらドイツにも同盟国としての責任があると認めたガウク独大統領の誠実な態度のほうこそ百年たっても語り草となるように思えてならない。




なかよく映画を宣伝する二人の強権主義者、
安倍晋三とトルコのエルドアン大統領。








関連リンク


「映画『海難1890』(VFX制作:東映アニメーションほか)」
https://cgworld.jp/regular/201512-vfxanatomy-cgw209.html


「この映画は事実に基づいています」って
実際どれだけ基づいてるのか教えてくれるウェブサイト
(ギズモード・ジャパン)
http://www.gizmodo.jp/2016/02/post_664151.html






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

『ダンケルク』は果たして、北米で大受けするか?


七月に公開が予定される(日本は九月)クリストファー・ノーラン監督の『ダンケルク』は果たして、北米でヒットするか?
考えはじめるとキリがなくなる。
いろいろ検討したかぎり、アメリカ人に受けそうもない内容に思えて仕方ないのだ。

この映画の宣伝、一にノーラン、二にノーランという感じで、やたらクリストファー・ノーラン作品なのを強調したものばかり。逆から言えば、あのヒットメーカーで鬼才の監督作という以外では映画好きにアピールする要素がないのかもしれない。

実際のところ、ドイツ軍に包囲された英軍将兵がフランスから脱出する戦争ものに、どこまでアメリカの男女が惹かれるか?
アイマックスで見世物に仕立てたとはいえ、『バットマン』なみに興行力を発揮できるだろうか。

キャストにしても、知名度ある俳優さんはトム・ハーディー、キリアン・マーフィー、ケネス・ブラナー程度だから、興行的に完璧の布陣とは言いかねるのだ。戦争映画といえば嫌がる人が多くて、やむなくオールスターの魅力で集客するのが相場なのに。

ヘタすりゃ、最近封切られたガイ・リッチーの『キング・アーサー』みたいに大赤字を背負いこむ結果になりかねん。
あぶない、あぶない。
ノーランも大変な大博打に打って出たものだ。





アメリカの映画観客はある意味、世界でもっとも好き嫌いの激しい人々である。
とにかく、アメリカ人好みの味わいでなければ受け付けないのだ。『ダンケルク』のように、アメリカ人がまるっきり関わらない筋立てのものに感情移入するだろうか?
いや、そうは言っても。『英国王のスピーチ』は一億ドル超えの収益を挙げた。ボンド映画も英国諜報員が主役なのに、『ハリポタ』や『トランスフォーマー』と並ぶ稼ぎ頭だし。
微妙ではある。

あ。ぼくが言ってるのは、「『ダンケルク』は北アメリカで大受けするか?」ということで、それ以外の地域についてはあまり気にかけてないから。話題になってる規模では集客するだろう。
そりゃ『ワイルドスピード』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のような10億ドル超の爆裂ぶりは期待できまいが(後記。『ギャラクシー2』の10億ドル達成は無理であった。8億5000万ドルくらい)。世界全体で数億ドルはいく。
目算がなくて配給会社が予算をつけるものか。


追記
こちらのサイトによれば、公開最初の週末で6000万ドル、最終的には2億4000万ドルの収益を挙げる(むろん北米だけで)と見積もられている。『スペクター』と『スカイフォール』の中間ぐらいの額である。

近年の北米での戦争映画の興行成績。『フューリー』8500万ドル、『ハクソーリッジ』6700万ドルといった数字と突き合わせると、『ダンケルク』が2億4000万ドルって厳しいんじゃないかと思ってしまうのだが、大ヒットを連発するクリストファー・ノーラン監督作、しかもアイマックスでの上映だから心配は無用らしい。
どうかな。
自分はもっとシビア、2億4000万ドルの三分の二くらいで落着すると見積もるが。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

『キング・アーサー』、特大ヒットを逸す


金曜に全米公開されたガイ・リッチー監督の『キング・アーサー 聖剣無双』。
3700館もの超拡大興行で期待されたものの初日の売り上げ530万ドル、パッとしない出足となった。
(10億ドルの総収益が確実視される『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は集客の落ちた8日目の稼ぎだけでなお1600万ドルだから、『キング・アーサー』の不振ぶりが推しはかれよう)
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=daily&id=kingarthur2016.htm





『キング・アーサー』の集客規模は『グレートウォール』に等しく、二日目以降も同様ならば北米での収益は4000万〜5000万ドル程度で落着するだろう。
剣戟ものファンタジーは飽きられてるのかな。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

れっ? ドドーン!(『レッド・ドーン』)


北の将軍さまがミサイルを打ち上げ、いつも通り日本海に命中させた。
お祝いというわけじゃないが。
その軍隊がアメリカに攻めよせる映画『レッド・ドーン』(2012)を、YouTubeで視聴。これで二度目だ。





そう、太平洋を越えてきた北朝鮮軍がアメリカの半分を制圧、占領下の若者たちがゲリラ戦士として抗戦する物語。

え? え? ええ!?
人口二千万の北朝鮮にアメリカを積極攻撃する国力なんてある?
むろん、キューバ軍がアメリカに侵攻するくらい無理が多い。

しかしどうやら。
聞いたところでは、アメリカに来る前に韓国を併呑したり日本を隷属させたり、さらに中国を無力化し米軍にアジアから兵を引かせたり、あらかじめ勢力圏を拡大していたようで、そのうえ極右化したロシアによる支援まで受けられて。
ようするに軍事バランスが現状からそうとう隔たった近未来のことらしい。

小国が力を付けていき、大国を呑みくだすのは歴史上にも都度見られる。
大ペルシャをくだしたアレキサンダー。ユーラシア大陸の大部を制したモンゴル遊牧民。無敵艦隊を打ち破り、スペインから覇権を奪った島国イングランド。
だから、北朝鮮も……いや。やはり、あり得ない。
(北朝鮮をそこまで恐れて騒ぐのは世界中で安倍政権と日本のネトウヨだけではなかろうか)

つまり、だ。
これは、もっともらしく理屈をつけて設定を擁護せねばならんほどのトンデモ映画なのである。

もとからが80年代冷戦期につくられた『若き勇者たち』のリメイク。
しかも当初、攻め込んでくるのは中共・北朝鮮の連合軍のはずだった。
それを、中途から製作にかかわった中華資本が脚本をいじり、北朝鮮の単独犯行に変えさせた経緯があったらしい。

たしかに過去、ホーマー・リーの荒唐無稽な予言本を大筋において的中させ、アメリカに戦争を仕掛けたアジアの国が存在するのだが。
しかし中国となると、国土を欧米列強と日本の軍隊に蹂躙こそされ、中国のほうから米国にまで攻め入ってなどいないのだ。この期に及び、自分たちがアメリカを占領してのける仮想映画を作られるとは遺憾きわまりないことだろう。

いきおい、悪者の役は北朝鮮が一身に請け負うこととなる。
ただし偏見まるだしで極悪非道に描いているわけでもない。むしろ東洋人の軍隊なのをあまり意識させないよう気を使っていると見た。

ゲリラのメンバーも、『若き勇者たち』では白人の少年少女ばかりだったのが、リメイク版では当然のようにアフリカ系の若者もくわわった。
ただし、それで価値が増したとも思えない。




ジョン・ミリアスの『若き勇者たち』(1984)。
「ジュネーブ協定? なんだ、そりゃ?」 捕虜でも内通者でも容赦なく射殺。
孤立したティーンエージャーの武装集団がこうなっていくのはむしろ当然か。




ジョン・ミリアスの『若き勇者たち』は、タカ派の内容でありながらアメリカを誇るだけではない、自分たち自身のヤバさというものをよくわきまえ率直に描こうとした映画だった。
自分の国に対するミリアス流のリアリズム、いわゆるミリアリズムが反映されていた。
その毒だらけなところに価値のあった『若き勇者たち』とくらべ、こちらのリメイクは毒にも薬にもならないありきたりな失敗作に堕している。
あじけないのである。ミリアリズムの棘を抜いた分、歯応えがなくなったかのように。

『若き勇者たち』で貫かれたのが内向きにこもったアメリカ的視点ならば、『レッド・ドーン』が意識したのは世界的な視野だ。
どちらが良い悪いとは言えないが。ただ『レッド・ドーン』のほうは面白く感じられなかった。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

北米映画市場近況


以前に紹介した『バーフバリ2』。
400館そこそこ中規模公開のこのインド映画が、同じ日に3000館を超す大規模興行で封切られたエマ・ワトソン主演の『サークル』と全米収益で対等に張り合ってる件。
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=main&id=baahubali2.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=main&id=thecircle2017.htm




脅威だ。
『バーフバリ2』のほうが『サークル』より上映一館あたりで七倍稼いだ計算。
いや、『バーフバリ2』が凄いというより、『サークル』の出来が悪すぎただけだろう。なにしろ、Rotten Tomatoesでの評価は「18点」、落第に等しい点数という。

それにしてもエマ・ワトソン、トム・ハンクス、二大スター共演でこの惨憺たる結果はどうしたことか。ワトソンといえば世界中で10億ドルを超すメガヒットをなし遂げた『美女と野獣』の主演女優、以後の格付けに影響しかねない。


エマ・ワトソン最新作『サークル』

SNSによって個人情報が共有され、プライバシーを喪失した近未来を描くサスペンススリラーだという。

出演はエマさんの他に、トム・ハンクスや『フォースの覚醒』のジョン・ボイエガ。
お客が殺到してもよさそうなのに、館内は閑古鳥。

さては、よほどヘマな作り方したな。



あと、ひとつ。
北米市場で苦闘を続けた『君の名は。』がようやく、『ハウル』の数字を抜いた。
http://www.boxofficemojo.com/genres/chart/?id=anime.htm
さらに追い上げて『風立ちぬ』を超えるかは微妙なところ。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

日本人でどこがよかった

「日本人でよかった」と自己を称揚する愛国ポルノ画像がTwitter上に広く出まわり、「キモい、キモい」と評判を呼んでいる。
観光都市京都の町中いたるところに張られたポスターの図案だという。



「私、日本人でよかった」のポスターが京都の街に貼られまくっている
https://togetter.com/li/1105673




こうした否定的な反応について、異常さを感じとれない人からは「なぜこれが変なのかわからない」と、他国バージョンの画像まで作って並べてみせたものまで出ているのだが。





いや、ありがとう。
おかげで、多くの人があのポスターになぜあれほどの違和感や不快感を覚えたか、根源的な理由を浮き彫りにする結果になったとお礼を言わせてもらいたい。

つまり。
こんなポスター作って喜んでるのは日本人だけなのだ。
なぜなら、アメリカでもフランスでも、おそらく日本以上に民主化している韓国や台湾でも、国民であるという状態は自分であらしめるものだから。
それは、一人一人が国家の管理に関わることで、国家に暴走させないよう、国家から国民が奴隷のように遇されないよう歯止めをかける努力と同義であり、まさしく洋の東西を問わぬ近代国家の構成員としての態度にほかならない。

かたや例の京都ポスター。
まるで「天が自分に日本人の身分を与えてくれた」のに感謝するみたいな、なにやら国という御主人様に対する臣民のような従順ぶり。
裕福な屋敷で仕えていられるのに満悦する、昔の奴隷の表情そのままだ。
王権や中央政府など支配者側に対して権利を訴え続け、和を乱すのもいとわぬ闘争のあげく国民主権をかちとった諸外国の人々にはおよそ受け容れがたいだろう。
そして国内の進歩的な人々に嫌悪された理由もまさにそこに見出される。

進歩的であるとは世の中に不備を見つけて改善していく行き方のことなので、現状に充足なんかしてしまったら先に進めなくなるからだ。
それでなくともポスター女性の表情、恵まれた自己の境遇に酔い痴れるようにほくそ笑む無神経さが、多くの人の気にさわり「キモい」と反発さそったのは当然至極であろう。



愛国宣伝にナルシズムを打ち出して、どうする?
化粧品のCMじゃねえんだ、神社本庁のボケが。


それにしても。
「日本人でよかった」とは。
これほど今と昔で使われる用途が違ってしまった言葉もないだろう。

ひさしい前までこの言葉は、もっと無害で微笑ましい状態をさすものだった。
たとえばほら、アレだ。往時の桃屋のテレビCM。
三木のり平のアニメキャラが「桃屋のイカの塩辛でお茶漬けか〜、日本人に生まれてよかった♪」とごちるやつ。
つまり日本人にしかわからない良さがわかることで得をした気になり、ささやかに充足する感じ。神社本庁のくだらないポスターで厚かましく、国家主義や民族主義を押しだしたのとはぜんぜん違う。

ようするにあのポスター、ネトウヨにしか良さがわからない代物である。

だけんども奴らときた日にゃ、てめえでてめえのことわかってねえ。
「ネトウヨでよかった」なんて絶対いわね〜んだ。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね
いらっしゃ〜い!

関連サイト



にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
サイト内検索
powered by Google
代表記事
■山本カルトに手を焼いた話(統合版)
■ライト文芸
■ヴィジェ=ルブランが気になって
■映画の話題
■日本人でどこがよかった
■ニッポンこわい
■国民病「日本スゴイ症候群」と他人の反応
■愛国伝説
■二次元マニアの同一性障害
■「特攻隊はテロリストと違う」と言い張るゼロリスト
■13%
■アインシュタインよりディアナ・アグロン
■エジソンからアインシュタインへ
■「よそはよそ、うちはナチ」
■東京を占領した南京事件否定派、ユネスコを脅迫
■映画『聨合艦隊司令長官山本五十六』
■外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄
■ノストラダムスの大予言と大東亜戦争の肯定
■侵略の定義
■慰安婦問題について百万回でも書かねばならないこと
■誘拐と慰安婦とハーレムと強制連行
■性奴隷と兵奴隷
■日米同盟はまさに保険だ
■知ってても差別をしてしまう場合
■グレンデールで慰安婦像撤去に反対、本物の日系市民が動き出した
■安重根記念館と二つの史観
■小野田少尉と真実を把握すること
■潘基文国連事務総長は安倍内閣の歴史認識を堂々と批判してかまわない
■産経新聞というネット右翼
■戦後最大のメディア犯罪が起きている?
■通州事件の記憶遺産登録は日本にとってヤブ蛇ですが
■アメリカ人の自己犠牲について
■「太陽の帝国」
■慰安婦問題、仏国際漫画祭での判定
■原爆投下に対するJoe Kilroyの見解
■愚問のきわみ! 「南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた」?
■米国保守と日本右翼の親和性?
■「西側」対「右側」/従軍慰安婦問題の特異性
■早い話、日本軍自体が「巨大な奴隷制度」だったという話
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ