戦争を語るブログ

平和を愛し、いさかい好む

2018年03月

オスカー様


アカデミー賞で日本人がメーキャップ賞を得たのを、誇りに思うかって?
もちろんさ、天下の米国アカデミー賞じゃないか。同じ日本人として鼻が高い。
こう言うべきなのだろうが、しかしだ。

考えてみれば。
英国の俳優が主演男優賞を受け、イギリス人も鼻が高いことだろう。
メキシコ人だって、メキシコの監督の映画が作品賞に輝き、鼻が高いことだろう。
何よりもアメリカ人。彼らこそ歴代の最多受賞者だから、どの国の人よりも鼻が高いはず。
そして。
アカデミー賞の選考委員たち。世界中の人々が渇望する賞を授ける立場にいられるとは、鼻の高さMAXに違いない。

まったく。
いつになったら外国人から、「日本の映画賞を授けてもらえて、鼻が高い」と言われるようになるのかね。



ちなみに。
『ウインストン・チャーチル』と『シェイプ・オブ・ウォーター』、どちらも興行収入となるとイマイチの水準であった。
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=intl&id=darkesthour2017.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=intl&id=theshapeofwater.htm






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

補足


MeToo運動はね。進みすぎて押し返される気配が大だから、応援するにしても退路を絶たれないよう気を付けたほうがいい。正統なフェミニズムから抜け駆けする過激派の暴走だ。黒人の地位向上運動におけるブラックパンサーのようなものか。
(1月24日)

「ミートゥー派」がブラックパンサーと違うのは、女性の数は黒人よりはるかに多いので、運動の進み方が速やかで広範に及ぶよう見えることか。それがため、実際は支流で起きた氾濫なのに本流の勢いかと誤認する人が多い。
(1月24日)




関連リンク

「MeToo運動はジャコバン主義に陥るか?」
(当ブログ)
http://blog.livedoor.jp/manfor/archives/52082517.html


「#MeTooは狂った? フェミニズムが反発を受け始めた理由とその背景」
(ニートmeetsアメリカ)
http://roninworks.hatenablog.com/entry/2018/02/10/230547





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね
いらっしゃ〜い!

関連サイト



にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
サイト内検索
powered by Google
代表記事
■山本カルトに手を焼いた話(統合版)
■ライト文芸
■ヴィジェ=ルブランが気になって
■映画の話題
■日本人でどこがよかった
■ニッポンこわい
■国民病「日本スゴイ症候群」と他人の反応
■愛国伝説
■二次元マニアの同一性障害
■「特攻隊はテロリストと違う」と言い張るゼロリスト
■13%
■アインシュタインよりディアナ・アグロン
■エジソンからアインシュタインへ
■「よそはよそ、うちはナチ」
■東京を占領した南京事件否定派、ユネスコを脅迫
■映画『聨合艦隊司令長官山本五十六』
■外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄
■ノストラダムスの大予言と大東亜戦争の肯定
■侵略の定義
■慰安婦問題について百万回でも書かねばならないこと
■誘拐と慰安婦とハーレムと強制連行
■性奴隷と兵奴隷
■日米同盟はまさに保険だ
■知ってても差別をしてしまう場合
■グレンデールで慰安婦像撤去に反対、本物の日系市民が動き出した
■安重根記念館と二つの史観
■小野田少尉と真実を把握すること
■潘基文国連事務総長は安倍内閣の歴史認識を堂々と批判してかまわない
■産経新聞というネット右翼
■戦後最大のメディア犯罪が起きている?
■通州事件の記憶遺産登録は日本にとってヤブ蛇ですが
■アメリカ人の自己犠牲について
■「太陽の帝国」
■慰安婦問題、仏国際漫画祭での判定
■原爆投下に対するJoe Kilroyの見解
■愚問のきわみ! 「南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた」?
■米国保守と日本右翼の親和性?
■「西側」対「右側」/従軍慰安婦問題の特異性
■早い話、日本軍自体が「巨大な奴隷制度」だったという話
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ