『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』北米公開。
https://www.boxofficemojo.com/movies/?page=main&id=godzilla2.htm
初日の売り上げ約2000万ドル。2014年版ゴジラの半分の額で、『ジョン・ウイック3』(2200万ドル強)にも及ばない。大ヒットに違いないが意外な集客力の弱さをさらしたといえる。





つまり、もっと興行的に爆裂してもよかったのだ。
作った側にすれば、「前回ギャレス・エドワーズ版の『GODZILLA』は二億ドルいった。今度はこれだけ怪獣が出てきて派手派手に暴れるのだから前よりさらに受ける、うまくすれば『アベンジャーズ』並みに」。
そう期待したに違いない。

ところが。蓋を開けてみれば、興行成績は前作より大きく下回ってしまった。
(最終益はおそらく、前のゴジラの三分の二どまり)
なぜ?
作った側にとって理由を突き詰めるのは今後の重要な課題になると思うが、自分はそちら側ではないので受け手の側から推測するしかない。 つまり、だ。

監督マイケル・ドハティはゴジラオタクということで本作にあらんかきりの「ゴジラ愛」をそそぎ込んだらしいが、それが仇になったという仮説。
マニアックな思い入れが過剰すぎ、平均的な観客の求めるものからかけ離れてしまったのでは。

マーケティングにも問題があったと思う。前回のゴジラの評判の悪いところにこだわりすぎたようだ。
「ゴジラもっと出せ」「破壊の場面ちゃんと見せろ」「人間ドラマどうでもいい」……怪獣映画オタクとでも呼ぶべき連中の声ばかり反映された結果がこれだろう。

公開前から気になったのは、ネットでこの映画の出来の悪さ(「話メタメタ」「人間描写ダメダメ」等)について評判が伝わるや、「かえって面白そう」と好感を示す特撮系映画のオタク(略して特オタ)が多かったこと。
言うまでもないが、特オタの嗜好は一般観客から過激に乖離している。そこにシフトさせて映画を作れば、どういう出来になるかは言わずもがな。特定層には好まれようが、大向こうでの集客がやりづらい。

ギャレス・エドワーズ版の『GODZILLA』は人間描写をメインに物語を引っ張っていけた。
公開時には「つまらない」とさんざん酷評されたものだが、改めて見直してみれば、驚くほどちゃんとした作りの映画になっていて退屈したりダレたりはしなかった。さればこそ興収二億ドルの大台に乗ったのに、今作の『キング・オブ・モンスターズ』では前作の優れたところを逆にマイナス要因とみなし捨てたわけで、当然すべてが裏目に出た。
(今にして思うなら、ギャレス版ゴジラを悪しざまに貶したのは特オタばかりだったのかも)

特オタの嗜好に特化して作られたドハーティ版のゴジラ。
ドラマ部分など申し訳程度、ゴジラやラドンやギドラの暴れる場面に手をかけた怪獣映画というのは、まさしく特オタら待望の一本であろう。
しかし特オタ以外のより広範な層まで惹きつけるにはイマイチの出来となって、今作の集客規模が定まったといえる。

余談として。
この『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』。北米ばかりか海外市場でもおしなべて盛り上がりに欠けているが、ひとつ中国だけは例外的な爆受け状態、初週三日で7000万ドルを達成し、このままいけば二億ドル相当の元収入をたたき出すかもしれない。
前作『GODZILLA』の中国での収益が8000万ドル足らずだったのを思えば、なんという皮肉。
ともあれレジェンダリー社の本拠では目論見が成功したことになる。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね