イスラエルの英字新聞「ハーレツ(HAARETZ)」紙から。
長めの記事だし英文なので、すべてを引用するわけにいきませんが。
とりあえず勘所だけ拾い出してみるならば。


Why are the Japanese so fascinated with Anne Frank?

For many Europeans, Anne Frank is a potent symbol of the Holocaust and the dangers of racism. But the Japanese people tend to connect to her story for fundamentally different reasons.


「なぜ日本人はアンネ・フランクに魅せられるのか?」
http://www.haaretz.com/jewish-world/jewish-world-news/1.569938
欧州でのアンネ・フランクは、ユダヤ人迫害と差別主義による脅威の強力なシンボルだ。しかし日本人は、根本的に異なる理由から彼女の物語に接する傾向がある。







“Anne Frank is a powerful symbol for peace in Japan,” Otsuka said. “That’s why her story resonates with so many Japanese, who have suffered the horrors of war.”


つまり日本人は、アンネ・フランクの物語を「戦争がもたらす恐怖」のシンボルとして受け止めているというわけです。


“The Anne Frank-Japan connection is based on a kinship of victims,” Lewkowicz said. “The Japanese perceive themselves as such because of the atomic bombs dropped on Hiroshima and Nagasaki. They don’t think of the countless Anne Franks their troops created in Korea and China during the same years,”

In Korea, Japanese troops organized the rape of thousands of enslaved Korean women who were known as “comfort women.” They also perpetrated mass killings of Chinese civilians.


広島や長崎で戦争の究極的災禍をこうむった自分たちの立場をユダヤ人とおなじにとらえ、大戦の被害者としてアンネに共感している。その反面、同時期に日本が中国などでおこなった暴虐、日本軍によって無数の「アンネ・フランク」が造りだされた事実には目を向けなかったと「ハーレツ」紙は指摘します。

卓見です。




当ブログ関連記事

やはり被害者でいたがる日本人
(2007年07月01日)
http://blog.livedoor.jp/manfor/archives/50970348.html






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね