仏アングレーム国際漫画祭で、「日本ブース」強制撤去
https://www.facebook.com/shun.ferguson.3/posts/582763731809177
これは酷い。根拠もなく、「韓国と結託した主催者側が」と断定する神経。

かたや韓国の新聞は「日本の圧力で慰安婦説明会が中止させられた」と言ってるし。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/30/2014013000324.html



アングレーム国際漫画祭の件。いろいろ考えさせられる。
はからずもこの祭典は、「慰安婦問題」の判定の場となってしまった観がある。

慰安婦問題はもちろん、日本と韓国、二国だけのことではない。ナチによるユダヤ人虐殺が二民族間にとどまらないのと同じに、世界的な人道問題だ。しかし韓国の日本を糾弾する熱意の激しさときたら。慰安婦制度でもっとも被害をこうむった国なのだから当然かもしれないが。

ただしアングレーム漫画祭だけに話をしぼるなら。主催者側としては、国際的な芸術の祭典に「二国間」の政治問題を持ち込んでほしくなかったのだろう。当然である。世界の人々が漫画をかすがいに親睦を深めるという巨大な友好の場なのだから。

とはいえ、フランス側の視点でも「どちらに非があるか」は明白なように思う。歴史上の人道犯罪である慰安婦制度を糾弾する側と、それに対し反省の色もなく、差別感情むきだしでヘイトスピーチを撒き散らして牙をむく歴史修正主義者たち。

主催者側の対応は、喧嘩両成敗というわけではない。当たり前だ。

欧米人はおしなべて、歴史認識においてアジアの慰安婦に同情的だ。歴史認識において、黒人奴隷やホロコーストの犠牲者に同情的なのとおなじように。
もし奴隷制度やホロコーストを正当化する者がいたら容赦しないだろう。そして日本人で「慰安婦の悲劇」を否定したり慰安婦を侮辱する者がいたら、ネオナチやKKKの同類として扱われるだろう。
アングレームでそれが起きたわけだ。

両者の格も違う。
旧日本軍と現在の安倍政権を非難する「慰安婦側」は韓国という国家ぐるみでの出品だが、「日本側」の反・慰安婦展示は論破ドットコムという団体による私的なもので、勝手に日本を代表した気になっているにすぎない。

韓国側がパリでの開催を予定する慰安婦説明会は中止させられたが、「論破ドットコム」の反慰安婦ブースのほうは展示そのものが撤去された。この差は何を意味するか。言うまでもあるまい。「韓国のように喧嘩腰でいられるのは困るが、ネオナチみたいな日本人を野放しにもしておけない」ということだ。

アングレーム国際漫画祭は日本からの来訪と出品には好意的である。だが尋常でない振る舞いをする者には違った態度で応じる。過去に自国が陵辱した女性たちをさらに侮辱するという「論破ドットコム」はまともな日本の来客とみなされなかったのだ。
これこそ今回の出来事の勘所であろう。







この件での一番の誤解。
宗教団体「幸福の科学」後援による「論破ドットコム」という団体が私的に立ち上げた展示場のことを「日本ブース」、つまり万国博の日本館のようなものだと多くの人が思い込んでいることではないだろうか。

もちろん論破ドットコムなど日本の代表ではないし、彼らの展示は日本政府の方針に順じたものですらない。
(政府の立場はあくまで、「河野談話を受け継ぐ」というものなので。ネット右翼には悔しいだろうけど)
ところが論破ドットコムの主張は、あきらかに河野談話の内容に背いているのだ。

「論破ドットコム」のやり方をたとえれば、イスラエルの「ホロコースト特集」に怒ったネオナチが、「そんなのはユダヤの捏造だ」と言い張り、勝手に冒涜で満ちた対抗展示をしたようなものだろう。
彼らの「論破プロジェクト」とは、そういう試みなのである。

このように日本政府の方針から乖離した主張をおこない(しかも海外で)、日本国の慰安婦問題への認識を誤解させ日本への悪印象を増幅させる――日本人が慰安婦問題で反省していないように思わせてしまうのだから――という点で、あきらかに「反政府的」で「反日的」なのは、まさに「論破ドットコム」のほうではないだろうか。

ようするに。ネットでこれだけ話題になっている「アングレーム事件」の真相とは、ネオナチが会場から追い出されたのとおなじことなのだ。それを論破ドットコムのほうでは、「韓国に乗っ取られた漫画祭だ」と根拠など一切なしに勝手に決めつけ騒いでいるにすぎない。
これがネオナチの反応でなくてなんであろう!





関連リンク

アングレーム国際漫画祭公式サイト
http://www.bdangouleme.com/

そうだったのね、慰安婦問題!
http://matome.naver.jp/odai/2138238867118488501





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね