さて。ローマ法王が「アルメニア人虐殺は20世紀の三大虐殺のひとつ」と語ったのにトルコが反発、政治問題となってる件を書くべきかもしれないが……。
ちょっと荷が重い。

自分は、トルコ大統領の支持者でもなければカトリック教徒でもない、ましてアルメニア人ではない。まったくの部外者だ。
これでアルメニア人虐殺について、どこまで語れるか。

しかし考えてみればトルコの態度は、過去の軍犯罪に対する安倍政権の反応ぶりとよく似ている。とりあえず、類似点をあげつらってみよう。
つまり、こうだ。




従軍慰安婦問題では

おもに「フェミニスト」勢力とその思想に同調する人権派の人々が、大戦中に多くの「女性」を性奴隷として扱ったことで旧日本軍を非難。
これに「安倍政権」とその支持層がヒステリックに反発。


アルメニア人虐殺問題では

カトリックの総本山バチカンの長たる「ローマ法王」が、百年前にキリスト教徒の「アルメニア人」をオスマン帝国が大量虐殺した件で遺憾の意を表明。
それに「今のトルコ政府」が猛反発。




これで見えてくるのは、トルコと日本の類似点、相違点といった卑近な事柄より、過去の出来事をめぐり加害者側と被害者側、その後援勢力がどんな激しく応酬しあっても周囲の世界は無関心なんだなという悟りのようなものだ。

われわれ日本人は、『アラビアのロレンス』などの映画でトルコ人が残虐に描かれても、特別の親土家をのぞけば、むきにならず「ああ、そういうものか」と思うだけで、つまり映画として割り切って見る。
アルメニア虐殺問題でも、トルコ政府の頑迷な態度を見て心に生じるのは、なぜ百年前のことなのに外交関係をこじらせても否認を決め込むのか、わけわからんという素朴な疑問かもしれない。
「あんなに激しく否定するからには虐殺は嘘だ」と思ってくれる人は少ない。

実際、史家の多くはオスマン・トルコによる大規模なアルメニア人迫害を否定できない事実だとする。
今のトルコ政府も何十万ものアルメニア人が死んだのは認めている。
しかし、第一次大戦では300万のトルコ国民が死んでおり、アルメニア人の場合もそうした戦時の混乱が招いた悲劇という見方だ。さらに虐殺数百万は誇大であり、また計画的な殺戮ではないとしている。
ただし、トルコ政府のこの見解をそのまま受け容れる外国人は多くはない。

実は、日本人が過去に向き合う態度への諸外国の感じ方もおなじなのである。

「我が軍はそれほど酷いことをしたわけではない」との抗弁はいくらでもできようが、大半の史家による評価は安倍政権に都合の悪い方向で確定しており、国際的にはほとんど受け容れられないと思って間違いない。
言えば言うほど見苦しさを印象付けるだけの結果となるだろう。





関連リンク

法王、アルメニア人殺害を「ジェノサイド」と表現 トルコは猛反発
(AFPBB News)
http://www.afpbb.com/articles/-/3045195





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね