長い話になるが、どうやってまとめよう?

秋元康が元締めの「欅坂46」なる似たような顔の美少女ばかり揃えたアイドル集団。
彼女らがハロウィンの出し物で、ナチ親衛隊の軍服を模した衣裳をまとって歌い踊った。





その場面を海外メディアが一斉に、批判的な調子で報道。あれよあれよという間に騒ぎが大きくなっていく。
とうとうサイモン・ウィーゼンタール・センター、泣く子も黙るあのサイモン・ウィーゼンタール・センターからじきじきに、企画者と音楽会社あてに謝罪の要請がおこなわれるに至ったのだ。
ガス室問題で雑誌「マルコポーロ」を廃刊に追いやった、サイモン・ウィーゼンタール・センターがである。




これに対し。
総帥の身で刑架上にさらされた秋元康は責任の所在をそらとぼけたが、もう片方の罪人ソニー・ミュージックのほうは世界企業としての立ち位置から状況の危うさをわきまえた対応をする。
「もうしわけない。もうしません」

その後、在京イスラエル大使館はこんなツイートを。
どうやら「謝罪」を口先だけで終わらせてほしくないようだ。



イスラエル大使館はしかし、重大な誤解をしている。
「欅坂46」が本人らの意思であの衣裳に決めた、そういう自発性のあるアーチスト集団のように買いかぶったようだが、日本のアイドルグループの実態はさながら親衛隊と同じほど自由がないものでステージで着る服も自分では選べない。
彼女たちじゃなく、「元締め」を招くべきなのだ。





さて。問題は、余波だ。
それで落着するはずのこの出来事に対し、欅坂46のファンとネット右翼、およびナチのシンパらが盛大に騒ぎ立てる。
ユダヤ人団体がナチを天敵のごとく憎むのは仕方ないが、なぜ日本のアイドルの衣裳にまで口出しするのか。日本はナチとは関係ない。ナチ風のデザインは欧米でご法度というが、「よそはよそ、うちはうち」ではないか。――というわけだ。



以下は一例にすぎません



しかし……。
わからない人々に何を言っても始まらないのだが、ことナチ的なものの扱いにおいて、「よそはよそ、うちはうち」という論法は通らない。
ナチスが世界征服をめざし特定民族を絶滅させようとした絶対悪だというのが理由の第一。
悪役として描くならともかく、「欅坂46」のような大人気集団が日本中の注視を浴びる場で、「KAWAII」魅力を引き立てるためファッション化するのは許されない。

そのうえ日本には、さらに特別な事情がある。
すなわち日本とは、かつてナチズムと手を組んで世界に挑戦した、ナチスの同類の侵略性ファシスト国家だったまさにそういう「うち」なのだから。
「アジアのドイツ人」と呼ばれる国民性ともあいまって、どうしたって特別な目で、ナチズムと親和性のある集団に見られてしまう。
「よそはよそ、うちはナチ」なのだ。

この件で不満があるなら、「ナチ」と手を組んだ「うち」のご先祖に文句を持ち込むのが道理だろう。あの昭和期に独伊の「鉄の同盟」に割り込んで三国同盟に発展させ、欧州の戦乱に乗じて領土を得ようと連合国に宣戦、そのうえドイツに対米開戦を要求する真似までした、まさにそういう人たちに。



画像はイメージです
(ネットドラマ『高い城の男』より)


繰り返そう。
なぜかくも日本の芸能人によるナチ式のコスプレが槍玉に挙げられ、日本だけ叩かれる様相を呈するか。
先にも述べたとおり、昔の日本がまさにナチドイツの同盟者でありヒトラーの戦争に協力した(そしてヒトラーを日本の戦争に協力させた)事実、しかも今の日本でファシズム時代を賛美する勢力が台頭している事実。これら新旧二つの事実をあわせ見れば、ユダヤ人としては警戒の念を抱き、神経を尖らせるのは当然すぎると思う。
とにかく今の日本という国で、第三帝国に憧れる動きがあれば放置しておけないのだ。
(たとえばネトウヨどもがさかんに引き合いに出す韓国のアイドルグループもナチの腕章を模したコスプレをしたという件だが、今回ほど大事とならなかったのはそのゆえだ。チェコの歌手がナチの扮装をするのとドイツの歌手がナチの扮装をした場合の差にひとしい。つまり危険度が違う)

これこそ日本が世界でおかれた現実である。
小林よしのりの漫画などに出てくる、「ドイツの戦争と日本の戦争は、別々のもの」とする戯言を真に受ける連中は肝に銘じよ。

むろん本来ならば、「ナチはいかん」という規制を押し付けるやり方でなく、「なぜナチではいけないか」をきっちり教え、わからせるべきだ。
しかしそれには、枢軸時代の日本がいかにナチスと親和性が高かったか納得させる必要があり、ネット右翼は無論のこと、手塚治虫の『ビッグX』以来なんとなく「ナチと日本人は別物」と思い込んできた世代(小林よしのりや秋元康もそう)では心から受け入れるのが困難だろう。

遺憾ながら今の日本では、「ユダヤ人を怒らせたらどうなるか?」で威嚇したほうが絶大な効き目を発揮する(だからこそソニーも秋元康も抗弁しなかった)。
そういう国なのだ。
たぶん人々はこの騒動から何も学び取るまい。「ユダヤを刺激するな」との処世訓以外には。





追記

今回ネトウヨの間から出ると思ったらやっぱり出てきた、「杉原千畝は大勢のユダヤ難民を救ってやったのに、今のアイドルが軍服着たくらいで責め立てるとは恩知らず」という恨み節。
たしかに杉原千畝は戦後、リトアニアでの功績によりイスラエル政府から「諸国の義人」として表彰されている。
そして。
あのオスカー・シンドラー、それからアンネ・フランク一家をかくまったミープ・ヒース。この二人もドイツ民族でありながら、「諸国の義人」に加えられた。
だがそのことをもってホロコーストでの、ドイツ国家全体の大罪が赦免されるわけではない。
彼ら「諸国の義人」が個々の身でユダヤ人になした功績が出身国に属しはしないのだ。
杉原千畝の場合も、それで昭和の軍国主義を誇る者がユダヤ人に恩を売った気になるのは許されない。
ユダヤ人の立場からナチドイツのお仲間だった大日本帝国に対しては恩などないのであり、「忘恩」と言い立てるとはお門違いもはなはだしい。







関連リンク

欅坂46「ナチス風衣装」でユダヤ人団体が抗議 秋元康氏とソニーミュージックに謝罪要求
(ハフィントンポスト)
http://www.huffingtonpost.jp/2016/11/01/keyakizaka-swc_n_12744932.html


Seed & Flower合同会社代表・村松俊亮および総合プロデューサー・秋元康の「弁明」
(欅坂46公式サイト)
http://www.keyakizaka46.com/mob/index.php?site=k46o&ima=0000


欅坂46ファンの方々がナチス擁護で有名な高須克弥氏ツイート
を拡散・絶賛してる模様ですがやめた方が
(NAVERまとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2147819992585076301


「ドイツと組まなければ災いは避けられた?」
(大戦壮語)
http://www.geocities.jp/ondorion/war/war-opinion/axis.html





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね