映画『軍艦島』の予告編で、蜂起した朝鮮人工夫らが旭日の旗を切り裂く描写がネトウヨの間で格好の炎上ネタとなり盛り上がっているのだが。






ぜんぜん問題ないと思う。
当時、旭日旗はファシズム日本の象徴だった。映画で描かれたのは、ドイツ軍の占領下で蜂起した欧州の人々がナチの旗を破るのとおなじ行為にほかならない。
ナチの旗が酷い扱いを受けたからといって、世界のどの国民がドイツへの冒涜だと騒ぐだろうか。今のドイツは昔の第三帝国とはまったく異なる国体なのだから。

大日本帝国もナチドイツと同様に、国策を誤り、世界の大半から敵対され亡国にいたった過去の国体だ。
われわれはその国が犯した罪を歴史として直視する義務を負うが、ファシズム時代の日本に嫌悪を表明されても今の日本への侮辱と同等に受け取る必要はない。
逆から言えば、映画の場面を見て我が事のように怒るというのは、思想信条が世界の脅威となり滅び去った大日本帝国と同化している証拠にほかならず、ネオナチだと自白するにも等しい反応だ。

当然ながら、そういう連中の並べ立てる「国辱だ」「ヘイトだ」といった世迷い事はまるで聞くに値せず、どこの国からも相手にされるものではない。
「国旗を破かれたら、他の国なら戦争になる」と言いだす者までいるが、その旭日旗をかかげて戦争をおこし惨敗したのが大日本帝国なのだからイヤハヤだ。

この予告編。「バカウヨほいほい」みたいな効力をもつ、存在するだけで有益な動画といえよう。





映画『パリは燃えているか』より。解放後に、第三帝国の旗を引き裂くパリ市民






関連リンク

旭日旗破る場面で予告から話題の韓国映画『軍艦島』
(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/225/230225.html


韓国映画『軍艦島』とネトウヨとリアリズム
(当ブログ)
http://blog.livedoor.jp/manfor/archives/52066796.html





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね