アメリカを襲っている大寒波こそは天恵の到来かもしれない。
これで現政権の対処がいつも通りのアレならば、現に厳しい寒気に見舞われたラストベルトの有権者はトランプから離れる。
それは民主党にとって形勢挽回の大きなチャンスとなるだろう。





むろん何億人ものアメリカ人が氷点下数十度の冷気にさらされる状況は災厄にほかならず、「チャンス」と呼ぶのは不謹慎だ。
しかしアメリカにとっても世界にとっても、これがトランプ政権より大きな災厄をひき起こすとは思えない。




関連リンク


()


「」
()





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね