ひさしく前からハリウッドで企画が進行している、織田信長に仕えた黒人侍を描く『ヤスケ』について思うことがある。

「うるせー。欲しいのは『ヤスケ』の実情報だ、おまえの思いなんか知るか」だと?
わかってる、わかってる。でも、ぼくの映画の予想はだいたい当たるので(それも悪い予想が)、一聴の価値はあるから心して聞いてほしい。

ジョージ・ルーカスが二次大戦で活躍の黒人戦闘機隊を描く『レッドテールズ』の企画を出したとき、どの映画会社からも「黒人ばかりの映画は海外市場で集客できない」との理由で断られたという。
結局ルーカスは自費で作ったのだが案の定、北米ですこし話題になったきり、海外ではまるで無視される結末に。



ちなみに。これが『レッドテールズ』の戦闘場面
『スターウォーズ』ばりにVFXを駆使、迫力満点のアクション満載にもかかわらず、日本では劇場公開すらされていない。


『ブラックパンサー』が十億ドル台の世界的ヒットを飛ばした今となっては隔世の感があると言いたいが、実のところ黒人映画が北米以外の地域で振るわない実情はあまり変わらない。
アメリカで爆受けした『ゲットアウト』にしろ『Us』にしろ、海外市場では驚くほど集客率が低いのだ。

さて。期待される『ヤスケ』だが。
先に述べた諸々の事情から、ハリウッドはこの企画に熱烈に乗り気というより、「ちょっと一発、作ってみるか」という程度の興味の抱き方と察する。
弥助を誰が演じるかで予算の規模も違ってくるが、『ラスト・サムライ』級の大作に仕立てるのは難しいんじゃあるまいか。

そもそも日本にロケ隊がやってくるかも怪しいのだ。
『ヤスケ』は金のかかること必至の題材であり製作費を効率化して使わねばならず、撮影は政府から補助金の出る台湾や韓国、あるいは中国、もしかしたらニュージーランドでおこなわれる可能性がむしろ高い。
(おなじ事情から、スコセッシも『沈黙』を台湾で撮った。『ラスト・サムライ』もほとんどの場面がニュージーランドで撮られた。『47RONIN』に至ってはヨーロッパで収録されている)

お。



噂をすれば何とやら。
主人公の弥助役に『ブラックパンサー』のチャドウィック・ボーズマンが決まった。
朗報だ!

そうは言っても『ブラックパンサー』は日本で大きくヒットしなかったから、多くの日本人にはピンとこないだろう。
チャドウィック・ボーズマン?
熱心な洋画ファンでもなければ、顔がすぐに浮かんでこないのでは。
実際、トム・クルーズやキアヌ・リーブスが侍を演じるほどのインパクトはあるまい。
しかしこれで、中規模以上の予算は確保されたわけで大きな進展となる。

ところで、どんな内容になるのか?
だいたい映画の実録ものが史実どおりに描かれないのはむしろ定石。
『ラスト・エンペラー』といい、『アラビアのロレンス』といい、実際とは大きく異なる作中世界を構築してるし、それでこそ傑作に仕立てられたと言っていい。

だから、この『ヤスケ』の場合も。
史実を飛び越えて、主人公に荒唐無稽な大活躍をさせそうだ。
(T・E・ロレンスも坂本竜馬と同様に、実際は使い走りに過ぎなかったというが)
たとえば。木下藤吉郎のしたことをそのまま弥助にやらせるとか、明智光秀が寝返ったのは信長と弥助の関係を妬んだからとか、弥助の功績や影響力を過大に描くのでは。
なんか、そんな気がする




関連リンク

「Chadwick Boseman set to play African samurai in 'Yasuke'」
(CNN entertainment)
https://edition.cnn.com/2019/05/08/entertainment/chadwick-boseman-yasuke/index.html


「」
()





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね