戦争を語るブログ

平和を愛し、いさかい好む

ジャーナリズム

大寒波は天恵の到来かもしれない。


アメリカを襲っている大寒波こそは天恵の到来かもしれない。
これで現政権の対処がいつも通りのアレならば、現に厳しい寒気に見舞われたラストベルトの有権者はトランプから離れる。
それは民主党にとって形勢挽回の大きなチャンスとなるだろう。





むろん何億人ものアメリカ人が氷点下数十度の冷気にさらされる状況は災厄にほかならず、「チャンス」と呼ぶのは不謹慎だ。
しかしアメリカにとっても世界にとっても、これがトランプ政権より大きな災厄をひき起こすとは思えない。




関連リンク


()


「」
()





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

竹田のこもり唄


IOCの竹田会長がフランス検察から、五輪招致をめぐる贈収賄の疑いでいよいよ起訴されるらしい。

今年最初の良いニュースなのに、素直に喜べないのが残念だ。
なにせ日本は、総理大臣の賄賂でさえ不起訴で終わらせる国だから。




関連リンク

「戦争力と平和力」
(当ブログ)
http://blog.livedoor.jp/manfor/archives/52033124.html





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

昨日のことで恐縮ながら


しめやかにTPP協定が発効されました。
日本、カナダ、オーストラリアとニュージーランド、それからシンガポールにメキシコ、当座はこれら六か国間での関税撤廃。
なんか、いろんな品目が込み入っててややこしいけど。
とりあえず、お米と小麦、大豆の値が下がれば暮らしが楽でよいなと思ったところ。



そこら辺は「聖域」のままだったのね。
牛肉なんて、今39%近い関税がようやく9%に下がるのが16年後ですよ、16年後。
来年生まれる赤ん坊が高校生になってしまう、そのくらい先の話だから。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

現代日本人のクリスマス信仰


ネット界は早々とクリスマス色に染まった模様。
まったく、近頃の日本人のクリスマスに対する情熱って、凄いものがありますよね。
「イヴには、彼氏(彼女)とあそこへ行き、あれを食べ、あんなことをして、それから……」

なんとしても美しき想い出を残さねばと、まるで教条にこだわるかのような執着ぶりは宗教的呪縛そのもの!
これを信仰と呼ばずして、なんと呼びましょう?
まさしく、クリスマスへの信仰だ。
足りないものは神への愛だけか……(笑)。




一句できました。
 巷では 親が死んでもクリスマス

(この記事は数年前におこなった投稿の再掲です。たぶん)





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

カナダが大麻を合法化

カナダが大麻(マリファナ)を合法化。今後は、娯楽のため吸っても罪に問われなくなる。
となると。いままで行き渡った「大麻は身を滅ぼす」との広範な認識、大麻の売買が爆弾でも取引するような忌むべき行為とみなされたのは何故なんだろう?








にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

戦犯旗


米国の歌手ケイティ・ペリーがインスタグラムに掲載した写真をめぐり、図案が戦犯旗すなわち日本帝国軍の掲げた日章旗を思わせるとのことで、韓国のネットユーザーが大騒ぎしているという。

戦犯旗? ケイティ・ペリーのインスタ写真に非難殺到
(朝鮮日報)
www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/21/2017062100617.html

しかしだよ。
これはどう見ても、ピエロが図案となった靴にしか見えないのだけど。
日章旗の光条はそれを引き立てるため、いわば背景であり外野にすぎず、主役はあくまでピエロ(いや、靴だ)。



韓国にもネット右翼と呼ばれる集団がいて、彼らは世界中からこうしたものを見つけては盛大な抗議をおこない、なぜ駄目なのか理解を求め、二度と「過ち」を繰り返させないようにする。

迷惑な面はあろうが、欧米ではこの手の政治的・宗教的なクレーム付けは珍しいことじゃないし、出しゃばりとも非礼とも思われない。言論の自由が保障された民主主義国に「付託」なんて異常なものはないからだ。
大手企業や有名人はみんな、対応には慣れている。

それはともかく。
自分には不思議で仕方ないことがある。
これを見て、日本の愛国者こそなぜ怒らないのだろう?
だって、この図案を日章旗ととらえればだ、日の丸のあるべき所がピエロの靴なのだ。なんという!
日本国の象徴である太陽がピエロに置き換えられ、しかも足で履かれ踏みつけられるものとなっている。

これこそネトウヨ諸氏の愛する旧日本国家への最大級の侮辱表現ではないか。
なぜ問題視しないのだろう?
自分には、ネトウヨの非難こそケイティ・ペリーのもとに殺到するのが当然と思えるのだが、そうはならない。

ネトウヨが権威の前に卑屈なのは知ってるけど。
よもや、日本人の分際で白人の著名人にじかに文句をつけるのは畏れ多いと感じているからか?

いや、ネトウヨどもは日本への愛に飢えてる連中だ。
外国人それも有名歌手に、日章旗やそれに類したものに関心を向けてもらえれば何だって嬉しいのかもしれない。たとえ大日本帝国の象徴が靴に見立てられるという『家畜人ヤプー』なみの扱いをされようとも。
それで、「日本は世界中から好かれてる」とか自愛妄想に溺れてる。
めでたい奴らだね。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

レイプのどこがいけないか?


安倍政権と近しいジャーナリストに「昏睡レイプ」された被害女性が名乗り出た。
証拠は出揃っていたにもかかわらず、警察に圧力がかかり二年前から逮捕が見送られたままなのだという。
なんというべきか。

安倍晋三が大嫌いな人々はここぞとばかり被害女性を応援し、活気づく。
その動きに対し、ネトウヨ系の連中が暴言と中傷で女性を痛めつける「セカンドレイプ」を繰り広げ、まこと醜い様相である。
「冤罪だ」「美人局だ」「一対一で酒を飲むのは相手と寝てもいい合図」
被害にあった側にも問題ありだと印象付けたいのだろう。
けれども構図は慰安婦問題と同じながら、本件については現在の出来事であるだけに直截な否定はあまりにも無理が多い。

実際のところ、泥酔した相手をホテルに連れ込むのはどこが問題か?
ひとつの参考になる話として。

女性問題の多彩ぶりで名を高めたクリントン元大統領の素行に対するフェミニスト団体の見解によれば。
男に迫られた女性が嫌がる素振りを見せ、意を察した男がその時点で思いとどまるならば罪には問えないという。

ただし、該当する場合は滅多にない。欲情を表出したのに拒絶され、そこで制御できるかといえばダンスを申し込んで断られたのとわけが違う。だいたい理性が利いていればはじめからインモラルなやり方で女性を求めたりしないし、かかる立場で相手の意思尊重といっても困難至極であろう。それのできた滅多にない男がビル・クリントンだったらしい。いや、クリントンを立派と呼ぶか狡猾と捉えるかは人それぞれだが。

ともあれここには、レイプとはどんな行為か、どの線を越えたら裁かれるかの明快な基準が打ち立てられている。
すなわち自分の欲情より相手の感情を尊重できたか否かだ。
(これを当てはめれば、都知事選で文春砲の標的にされた鳥越俊太郎の場合はとりあえず問題ないのがわかるだろう)

さて、山口某の件。
どこがいけないといって、昏睡レイプしたことだ。
つまり被害者から体を奪う以前に意識を失わせ、拒絶する選択肢を奪ってしまった。
こんな風に、眠らせた相手を弄ぶのは暴力的に姦淫するのとおなじくらい罪深い。
どちらも相手の意向おかまいなしで欲情を満たしたことになる。

相手も楽しませるのが和姦行為である。
(いや、海外ではコンドーム装着しなかっただけで訴えられるらしいが)






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

銃剣術


いつのことかは忘れた、ずいぶんと大昔に思うけど、銃剣術が学校の授業に取り入れられたと大騒ぎになったのが記憶に残っておりまして。
なんで学校でそんなもの教える、戦争はじめて学徒を戦わせる気なのか?
当時は不思議でなりませんでした。

本当にいつのことだったか。
あまりにも昔のようなので、ちょっと思い出せない。いや銃剣術というからには、きっと戦前だろう。でも戦前に自分は生きてなかったからな。
えへへ……。
ぼくが安倍政権の人たちと一点だけ似ているのは、過去のことはすぐ忘れちゃうことなんですよ。

さて。
ここで、いざ大乱戦になったら銃剣術がどれだけ役に立つものかご覧ください。
(メル・ギブソン監督の対日戦映画『Hacksaw ridge』(2016)より)






おわかりの通り。
まったく使えないこともないと思いますが、近代的な軍隊が相手ではやはり機関銃や手榴弾、さらに上の兵器のほうが効果的に対戦できるのではないでしょうか。
しかもこれ、七十年以上前の沖縄戦の描写ですよ。未来の戦いで勝ちたいなら、とりあえずあの戦争での戦い方を否定するところからはじめてください。
みんなもう、戦後に生きてるんだから。





関連リンク

『ハクソー・リッジ』の感想。
「日本人の受け止め方」に関するメル・ギブソンの発言
と「残酷な戦場描写?」「日本人の描き方」の真相
(IZU-BIZ)
http://izu-biz.com/2017/03/14/post-2698/





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

『君の名は。』は全米公開でどこまでいくか?


ずっと気になって仕方ないことがある。
いよいよ四月七日(現地日時)に迫った、『君の名は。』の全米公開。
どのくらい好評を博すだろう? 
周知のとおり、アジア圏では爆発ヒットとなったこのアニメ。いかんせん英国、フランス、オーストラリアなど西洋文化圏での興行は凡打に終わったこともあり、アメリカとカナダの観客がどっち寄りの反応を示すか興味深々なのだ。




日本にかぎらずアジア圏の映画にとって、北米市場の壁は高い。
なにせ、中国で空前のヒットを飛ばした『人魚姫』(興収五億ドル以上。円換算で600億円相当)をアメリカで封切ったところ驚くなかれ、300万ドル程度の収益を挙げただけという。
他でも『シンゴジラ』といい韓国の『釜山行き』といい、アジア圏の映画は本国で記録破りの動員成績でも北米市場に出すとまるで冷遇される傾向が強い。

君の名は。』が映画サイト「Rotten Tomatoes」で97点という満点近い評価を得たのが話題だが、実は『釜山行き』や『千と千尋の神隠し』も同等の高得点だった。だいたい、「Rotten Tomatoes」は集計の仕方に難があり、よほどの愚作をあぶり出しはしても点数が集客規模と比例するものではないのだ。

『君の名は。』が全米200館でかけられるのを快挙とする声もあるが、そんなに凄いだろうか。
メジャー系の目玉作は3000館から4000館での一斉公開が相場なので、200館では多すぎるほど多いということもあるまい。
(『千と千尋』は700館。『ポニョ』が900館。『アリエッティ』で1500館)

上映館数は収益額とダイレクトに結びつく。『君の名は。』の場合、200館での興行にふさわしいだけの商品価値を認められはしたが、そこまでだろう。『英国王のスピーチ』のようにわずか数館からはじめて数千館の拡大興行へと進む場合も稀にあるが、だいたいは配給会社が見込んだ数字で落ち着く。



『君の名は。』英国版ポスター

去年ロンドンで公開された時のもの。
結局、大ヒットはならず、英国での収益は50万ドル足らずだった。
(同時期公開の『ズートピア』は3400万ドル)

日本のネットでは「英メディア絶賛」とか喧伝されるが、市況での実力はこの程度なのだ。


そういった次第なのでカナダ・アメリカでの封切もおそらく、日本のファンの期待にそむいて全米を泣かすまでにいかず、数百万ドル規模の観客動員で終わると自分は見ているが。
むろん予想が覆されるのはあり得るから、はずれたらはずれたで結構なことだ。

いまのところ全世界歴代興収ランキングにおける『君の名は。』の格付けは350位。
boxofficemojo.com/alltime/world/
350位だ。
過去数十年あらゆる国のあらゆるヒット作の中であの『セブン』や『プラダを着た悪魔』を押さえての350位だからこれは凄いと思うが、さらに北米市場での数字がどれだけ上乗せされ、どれだけ上位までいくか注目したい。

ちなみに。先に公開の『グレートウォール』は343位。中国映画『人魚姫』は138位。
『君の名は。』の世界総収益の四分の一が中国での稼動だったのを思い合わせると、中国市場の偉大さがわかろう。
(実際、中国での収益を抜き去ったら、『君の名は。』の世界ランクは500位以下にまで落ち込む)。



【追記】

自分はこの記事で、『君の名は。』の国際的商品性を純粋に資本主義世界の見地からのみ評した。アートとしての価値はまるで意に介さなかったので、一部の『君の名は。』フリークには不快と感じられたかもしれない。
しかし。
商業映画は評論家ではなく観客を相手にするもので、大向こうからどれほど好評を得たかは興行収益に反映される。
そんなわけで、自民党とおなじで資本主義大好き、お金LOVEなはずのネトウヨさんがたにはきっと好感してもらえると思う。
もっとも、ネトウヨ悦ばせること一行も書かなかったけどね。






関連リンク

海外収益から再評価する『君の名は。』
(当ブログ)
http://blog.livedoor.jp/manfor/archives/52059126.html


WORLDWIDE GROSSES #301-400
(Box Office Mojo)
http://www.boxofficemojo.com/alltime/world/?pagenum=4&p=.htm





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

最高裁は最高さ

慰安婦像撤去、最高裁も敗訴
https://news.biglobe.ne.jp/international/0328/jjp_170328_1380132138.html

ロサンゼルス近郊のグレンデール市に設置された旧日本軍の韓国人従軍慰安婦を象徴する少女像をめぐり、地元の日本人らが市に像の撤去を求めた訴訟で、米連邦最高裁は27日、原告の上訴を却下した(時事通信)


この件で何か書くのは、やめておく。
「良いニュース」という以外に言及する気はない。
と思ったんだが……。

せんせ〜い! あいつらまだ性懲りもなく、負け惜しみほざいてますよ〜。


新たな慰安婦像設置を抑止=米訴訟の意義強調−原告団体
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032801069&g=soc

慰安婦像撤去を求めた訴訟の原告団体「歴史の真実を求める世界連合」の藤井厳喜共同代表は、東京・内幸町の日本記者クラブで会見した。米連邦最高裁は上訴を却下したが、藤井氏は「(新たな像設置への)抑止力となった」と語り、訴訟の意義を強調した。(時事通信)


ほんと、信じがたいまでの往生際の悪さ。
今回の却下をもって、米国内で少女像の設置を法的にストップさせようとあがくのが、日本国家に後押しされてもかなわないってわかったはずじゃないですか。
まったく。こいつらってネトウヨあがりなの?






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

幼稚園


幼稚園が安倍内閣を揺さぶっている。
これまでも事あるごとに、大学教授や法学者が総理の主張に異を唱えてはきた。
しかしながら専門家の立場からどう言っても馬の耳に念仏でしかなかった安倍晋三を動転させたのは皮肉にも、幼稚園の理事長の言葉だった。

(続く。現在進行形なので、これ以上のことは書けないね)

それにしても。
前年流行った呪いの言葉「保育園おちた、日本死ね」が、こんなかたちとなって日本しか愛さない自民党を追い込むとはねえ。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

「首相夫人は私人」


森友学園騒動。
みんな、「首相夫人は私人」とする政府答弁の閣議決定をさも大げさなことのように騒ぐけど。
ここで ヒトより頭がいいトリ先生にご登場ねがいましょう。






そう、仕来たりだから。閣議決定を経なければ政府による答弁として提出できないわけです。
ほんと、どんなくだらない回答の場合でもそうなんです、それが政府答弁書。
(今回の件でお分かりいただけましたよね)







関連リンク

本当の「侵略の定義」の話をしよう/フォーゲル教授の戦争講座
(NAVERまとめ)
https://matome.naver.jp/odai/2142703700057639201





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

ディープ・インパクト


彗星が落下する、あの退屈な映画の話じゃない。

3月11日。
東日本大震災の起こった日。
もう六年というか、まだ六年というか。
あざやかな記憶が深く刻み付けられてしまった。
個の人生でも国の歴史でもインパクトの強い出来事に見舞われると、そういう感覚になるのかもしれない。
日本人にとって、太平洋戦争が終わってからの年々もおなじではなかっただろうか。

それはともかく。
三百万が死に、力と資源を使い果たした感のある太平洋戦争とくらべれば、東日本震災は部分的災厄だ。
全土が焼け野原となり原爆まで落とされたにもかかわらず、日本国家は終戦後六年で独立をなし遂げた。
東北の被災地はいつになったら納得のいくかたちで復興ができるのか。

安倍ソウリは恒例だった「3・11会見」を打ち切り、はやばやと被災地を見捨てた。
(靖国への参拝は毎年でもしたがる御仁が)
アベノミクスの恩恵が列島の隅々まで行き渡ってないのが印象付けられると具合が悪いのかもしれない。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

弾劾

朴大統領を罷免、5月にも大統領選 韓国憲法裁
http://www.asahi.com/articles/ASK394SVRK39UHBI013.html

韓国の憲法裁判所は10日、国会に弾劾訴追された朴槿恵大統領(65)に対し、罷免を宣告した。朴氏が支援者のチェ・スンシル被告(60)に機密文書を流出させたことなどを違法行為と認定。「国民の信任を裏切り、憲法を守る観点から容認できない重大な法違反行為と見なければならない」とし、裁判官8人の全員一致で決定した。



とうとう朴大統領、罷免か。国民の力でそこまで追い込んじゃうなんて。
すげえな、韓国。いつのまにか民度が日本を超えちゃった。
日本って、みんながゴミをちゃんと捨てたり行列の順番や信号守るのに熱心だけど、でっかい「生きゴミ」は永田町に放置したまんま。
永田町だからそれでいいって認識があるみたいなんだよね。
(粗大ゴミの集積所か、あそこは?)

不正な指導者を弾劾するって民主主義国家では当たり前のことだけど、ここはまだまだ当たり前の国じゃないのかな。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

東京新聞記事に対する在日米海軍司令部の見解


米海軍の言うことはもっともであるが。
Twitterでの在日海軍によるツイートに付けられたコメントが色々と酷い。この件をダシにネトウヨどもが、東京新聞を叩く祭りの場と化してしまった。
https://twitter.com/CNFJ/status/834580515495804929

民主主義を守る軍隊が公式見解を述べた場に、民主主義の価値のわからん手合いばかり群がってやんやの喝采とは場違いもはなはだしい。
(在日米軍にしてみれば、こんな奴らじゃなく、もっとまともな人々の反響がほしいだろうに。ウヨ連中が寄ってたかってると、普通の人は近づきにくいのだ)
何とも残念なことで、誤解を招き、誤った印象を与える恐れがあるのではと憶測する。












関連リンク

Grounded: Nearly two-thirds of US Navy’s strike fighters can’t fly
(Defence News)
http://www.defensenews.com/articles/grounded-nearly-two-thirds-of-us-navys-strike-fighters-cant-fly





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね
いらっしゃ〜い!

関連サイト



にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
サイト内検索
powered by Google
代表記事
■山本カルトに手を焼いた話(統合版)
■ライト文芸
■ヴィジェ=ルブランが気になって
■映画の話題
■日本人でどこがよかった
■ニッポンこわい
■国民病「日本スゴイ症候群」と他人の反応
■愛国伝説
■二次元マニアの同一性障害
■「特攻隊はテロリストと違う」と言い張るゼロリスト
■13%
■アインシュタインよりディアナ・アグロン
■エジソンからアインシュタインへ
■「よそはよそ、うちはナチ」
■東京を占領した南京事件否定派、ユネスコを脅迫
■映画『聨合艦隊司令長官山本五十六』
■外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄
■ノストラダムスの大予言と大東亜戦争の肯定
■侵略の定義
■慰安婦問題について百万回でも書かねばならないこと
■誘拐と慰安婦とハーレムと強制連行
■性奴隷と兵奴隷
■日米同盟はまさに保険だ
■知ってても差別をしてしまう場合
■グレンデールで慰安婦像撤去に反対、本物の日系市民が動き出した
■安重根記念館と二つの史観
■小野田少尉と真実を把握すること
■潘基文国連事務総長は安倍内閣の歴史認識を堂々と批判してかまわない
■産経新聞というネット右翼
■戦後最大のメディア犯罪が起きている?
■通州事件の記憶遺産登録は日本にとってヤブ蛇ですが
■アメリカ人の自己犠牲について
■「太陽の帝国」
■慰安婦問題、仏国際漫画祭での判定
■原爆投下に対するJoe Kilroyの見解
■愚問のきわみ! 「南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた」?
■米国保守と日本右翼の親和性?
■「西側」対「右側」/従軍慰安婦問題の特異性
■早い話、日本軍自体が「巨大な奴隷制度」だったという話
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ