戦争を語るブログ

平和を愛し、いさかい好む

ヴェトナム戦争

韓国軍虐殺問題から見えてくる我が軍のこと

ハフィントンポスト韓国版に掲載の雑誌記事を邦訳したものだという。
http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/13/vietnam-war-victim-korea_n_7053626.html

ヴェトナム戦争中、村を襲撃した韓国軍によって家族を惨殺された二人のヴェトナム人が、終戦から40年の歳月を経て韓国を訪ね、自らの体験した思いを韓国の若い世代に語り聞かせるという内容だが。

まずネット右翼が大喜びで引用・拡散しそうな記事である。
連中はただでさえ、韓国の汚点をあげつらうのが嬉しくてたまらない。まして、韓国軍の非道を突きつければ第二次大戦での日本軍の咎はすべて赦免できると思い込んでるのだから。
(どういう理屈によるかはわからない。日本軍国主義への固定的認識は韓国だけでない世界的なものなのに)
むろん記事の眼目である、「和解」と「赦し」などは眼中にない。
せいぜい、「韓国人もいつまでも過去のことを根にもたず、ヴェトナム人をみならえ」とか、図々しく見当はずれな憎まれ口を叩くのがオチだろう。

さて。
ヴェトナム戦争の期間、のべ30万もの兵力を派遣した韓国軍は、現地で9000人にのぼる民間人を虐殺したとのことだが。
韓国軍が我が軍と異なるのは、アジアを共産主義から守ると豪語する米軍と協働、自由主義陣営の側で戦ったことだろうか(ただし当時の韓国は軍事独裁下にあり、自由な国とは言いがたい)。
韓国軍はヴェトナムから資源を奪ったり植民地化しようと出兵したわけではなく、大筋ではアメリカや他の国と同様に、共産主義の脅威にさらされる南ヴェトナムを援けるのを目的にしていた。

したがって第二次大戦でのナチドイツや大日本帝国のような、国自体のおこないが犯罪視されるものとはわけが違う。

にもかかわらず非道行為について非難しなければならないのは、ヴェトナム戦の主役だった米軍も含め、いかなる軍隊のいかなる落ち度も容赦されてよいものではないからだ。
韓国軍の暴虐をいくら突き詰めたところで我が軍の大過去は帳消しにならないが、どんな軍隊の非道をも糾弾し続けることがふたたび我が軍の犯すかもしれないモラルの逸脱を阻止する一助にはなると考えたい。





しかし一体なぜ韓国軍は、各国のヴェトナム派遣軍の中で飛び抜けて蛮猛だったのか。
朝鮮戦争で全土を共産軍に蹂躙された恐怖を知る韓国民は、共産ゲリラたるヴェトナム解放戦線への敵意が強かったということもあるが、もうひとつ。

韓国軍とは幹部が旧日本軍に仕込まれた軍隊であること。つまり、訓練や規律の厳しさが日本軍ゆずりなのだ。
しばしば指摘されるように、過度に厳格な軍規は残虐行為を生み出しやすい。上意下達が徹底していれば、兵たちはどんな非道な命令にも従う。また、溜め込まれたストレスが敵方のとりわけ弱者に向かって暴発しやすい。そうしたことは日中戦争が証明する通りだ。
だから韓国軍のヴェトナムでの振舞いは、日本人にとってはタイムワープした大日本帝国陸軍の戦いぶりを見せられるのと同じと言っていい。

もし第九条による抑止がなく、同じ時期、同じ戦場で自衛隊が戦うことになっていたら、間違いなく韓国軍と変わらぬ行為をしたと思う。
ヴェトナム戦より一世代前、中国や東南アジアで日本軍がやったことを思うとき、それはないだろという根拠はどこにも見出せない。アジア太平洋での旧軍のおこないを、ヴェトナムでもそのまま繰り返すのは造作ないことだ。
そして今日、自分達がなした行為について反省のかけらもない韓国の退役軍人らとまったく同じ言い訳をしていたに違いない。
いまなお日本の特定勢力は、我が軍の中国での殺戮や南方侵略、性奴隷や玉砕の強要を、「便衣兵」「自存自衛」「売春婦」「自己犠牲」といった屁理屈を持ちだし戦争犯罪とは認めないのだから、まるっきり仮想のこととも思えない。

さらに。
将来、安倍総理の我が軍が紛争地に派兵され掃討作戦も辞さないようになれば、またもや既視感のある光景が展開するという確率は高い。昨今の特定層が国粋主義を推し進めてはばからない風潮を見るかぎり、今の日本人が昭和期の日本人より高潔で外地の住民に親切になったと言い切るのは困難だろう。

ヴェトナムからの戦争犯罪被害者に抗議で対した韓国の「枯れ葉剤戦友会」は、明日の「我が軍」の姿かもしれないのだ。
すくなくとも、来日した元慰安婦を右翼団体が悪罵で迎え、南京事件の映画上映を阻止するのは、すでに見られる通りなのだから。





関連リンク

ベトナム戦争の韓国軍の虐殺被害者が訪韓 そこで見た「落差」とは
(The Huffington Post)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/13/vietnam-war-victim-korea_n_7053626.html

韓国軍によるベトナム人戦時虐殺問題――戦争の記憶と和解
(The Huffington Post)
http://www.huffingtonpost.jp/masako-ito/historical-awareness_b_7075564.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

「グリーンベレーの唄」はドイツで反戦歌だった

Ballad of the green beret
「グリーンベレーの唄」はドイツで反戦歌だった
国が変われば、歌まで変わる


はい。
最新の話題でなくて恐縮ですが。
それでも、今に通用させられる発見をしたもので。
とりあえず、昔の歌を聴いてください。
六十年代のドイツでのヒット曲です。




(Youtube)

「百人の男と一つの命令」
ハイジ・ブリュール



Hundert Mann und ein Befehl


Irgendwo im fremden Land
ziehen wir durch Stein und Sand.
Fern von zuhaus und vogelfrei,
hundert Mann, und ich bin dabei.

Hundert Mann und ein Befehl
und ein Weg, den keiner will.
Tagein, tagaus,
wer weiß wohin.
Verbranntes Land,
und was ist der Sinn?

Ganz allein in dunkler Nacht
hab' ich oft daran gedacht,
dass weit von hier der Vollmond scheint
und weit von mir ein Mädchen weint.

Und die Welt ist doch so schön,
könnt' ich dich noch einmal sehn.
Nun trennt uns schon ein langes Jahr,
weil ein Befehl unser Schicksal war.

Wahllos schlägt das Schicksal zu,
heute ich und morgen du.
Ich hör' von fern die Krähen schrein
im Morgenrot. Warum muss das sein?

Irgendwo im fremden Land
ziehen wir durch Stein und Sand.
Fern von zuhaus und vogelfrei,
hundert Mann, und ich bin dabei.



軍事マニアや映画好きなら、聴いたことある曲でしょう?
そう、元唄はこれなんです。
日本では、『悲しき戦場』という邦題で知られる歌。




(Youtube)

「グリーン・ベレーのバラード」
バリー・サドラー軍曹



Ballad of the green beret


Fighting soldiers from the sky
Fearless men who jump and die
Men who mean just what they say
The brave men of the Green Beret

Silver wings upon their chest
These are men, America's best
One hundred men we'll test today
But only three win the Green Beret

Trained to live, off nature's land
Trained in combat, hand to hand
Men who fight by night and day
Courage deep, from the Green Beret

Silver wings upon their chest
These are men, America's best
One hundred men we'll test today
But only three win the Green Beret

Back at home a young wife waits
Her Green Beret has met his fate
He has died for those oppressed
Leaving her this last request

Put silver wings on my son's chest
Make him one of America's best
He'll be a man they'll test one day
Have him win the Green Beret



ドイツ版のほうは、アメリカの原曲をアレンジしたもの。
でも直訳じゃなくて、歌の内容まで大きく変えられ、反戦調になっているのです。
したがって、アメリカの歌とドイツの歌では、同じ旋律でぜんぜん別々の内容。
そして、はっきり言ってしまえば、ドイツ版の歌詞のほうが優れているというか深みが違います。

自身がグリーンベレー隊員であるサドラー軍曹が大ヒットさせた原曲は(あちらでは根強い人気なのでしょう。Youtubeでの再生回数100万ほど)、殉職した特殊部隊軍人を悼んだ内容で、若い妻に「俺の息子をグリーンベレーの隊員に育てろ」と言い遺すという感動をそそるようなオチのつけ方ですが。
しかしよく考えたら、道理もへったくれもない。
そうです、息子の人生選択の自由を奪っているのです。

息子だって、一個の人間です。
学者や実業家、スポーツ選手や芸術家になりたがるかもしれない。
あるいは性転換して女性になりたいかもわからない。
それを『巨人の星』の父親みたいに、「グリーンベレー隊員に育てろ」と決め付けるとは何事でしょう。
無茶苦茶でございます。
さらには、若くして夫に先立たれた妻の再婚の自由はどうなのでしょうか?
いろいろ考えるとわからなくなります。

一方、ハイジさんの「替え歌」は、故郷から遠い戦場に送られた兵士たちのなんとも言えない悲痛な思いを謳いあげたもので、そのまま現在のイラクやアフガニスタンにも通用するほどです。

藍より出でて、藍より青し。
ヴェトナム戦争当時、以前の軍国ドイツと民主主義国アメリカの立場がまるで逆転していたのがよくわかります。




他にもいろんなバージョンがあるので、聞きくらべよう


Ballad of the Green Berets - Original Soundtrack
(映画『グリーンベレー』のサウンドトラック)
http://www.youtube.com/watch?v=W8HFfZqsKps

Anita Lindblom - Balladen om den blå baskern
(スウェーデンの女性歌手によるバージョン)
http://www.youtube.com/watch?v=SKIvo9mrHH8

100 Mann & 1 Befehl, Freddy Quinn
(ドイツの男性歌手フレディ・クインの歌をBGMにしたフラッシュ。
歌詞に合わせて画面を構成しているので、歌の意味がわかるでしょう)
http://www.youtube.com/watch?v=S2nNe44S6IA

Hundert Mann und ein Befehl - Blaue Jungs live
(荘重な合唱によるドイツ語版)
http://www.youtube.com/watch?v=EcrivAsy8es#t=1m17s
にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね
いらっしゃ〜い!

関連サイト



にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
サイト内検索
powered by Google
代表記事
■山本カルトに手を焼いた話(統合版)
■ライト文芸
■ヴィジェ=ルブランが気になって
■映画の話題
■日本人でどこがよかった
■ニッポンこわい
■国民病「日本スゴイ症候群」と他人の反応
■愛国伝説
■二次元マニアの同一性障害
■「特攻隊はテロリストと違う」と言い張るゼロリスト
■13%
■アインシュタインよりディアナ・アグロン
■エジソンからアインシュタインへ
■「よそはよそ、うちはナチ」
■東京を占領した南京事件否定派、ユネスコを脅迫
■映画『聨合艦隊司令長官山本五十六』
■外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄
■ノストラダムスの大予言と大東亜戦争の肯定
■侵略の定義
■慰安婦問題について百万回でも書かねばならないこと
■誘拐と慰安婦とハーレムと強制連行
■性奴隷と兵奴隷
■日米同盟はまさに保険だ
■知ってても差別をしてしまう場合
■グレンデールで慰安婦像撤去に反対、本物の日系市民が動き出した
■安重根記念館と二つの史観
■小野田少尉と真実を把握すること
■潘基文国連事務総長は安倍内閣の歴史認識を堂々と批判してかまわない
■産経新聞というネット右翼
■戦後最大のメディア犯罪が起きている?
■通州事件の記憶遺産登録は日本にとってヤブ蛇ですが
■アメリカ人の自己犠牲について
■「太陽の帝国」
■慰安婦問題、仏国際漫画祭での判定
■原爆投下に対するJoe Kilroyの見解
■愚問のきわみ! 「南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた」?
■米国保守と日本右翼の親和性?
■「西側」対「右側」/従軍慰安婦問題の特異性
■早い話、日本軍自体が「巨大な奴隷制度」だったという話
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ