戦争を語るブログ

平和を愛し、いさかい好む

『ドクトル・ジバゴ』


『ドクトル・ジバゴ』といえば。
60年代半ばのデビッド・リーン監督によるパナビジョン大作が人気の面で固定化している。多くの人が『ドクトル・ジバゴ』に抱くイメージはここからくるものが多いだろう。





リメイクするなど無謀だ。
金がかかるし、昔からのファンは「ドクトル・ジバゴはこんなじゃない」と拒絶反応を示すしで、おいそれとは手が出せない企画であり続けた。
今世紀になってイタリアの国営放送がテレビ化を企てたが、製作条件の足枷が大きく、映画版を打ち負かしたとは言いがたい出来となった。
しかし。
それとは別に同時期、本場のロシアでドラマ化されてたとは思いもしなかった。 500分におよぶ長大なテレビシリーズだという。

今回、語りたいのはこのロシア版について。
ロシアのテレビドラマだって? アレだろ? アレなんだろ? 暗くて、重くて、長ったらしく退屈で……。
いやいや、思うほど馴染めないシロモノではない。
ロシアのテレビドラマだからといってとびきりしんどくはない感じ(なんたる褒め方!)、出演者の顔ぶれもロシア映画にちょっと詳しいなら「ああ、あの人か」とわかる。

主役のユーリ・ジバゴは、『シベリアの理髪師』のオレグ・メンシコフ。
ヒロインのラーラが『ルナ・パパ』のチュルパン・ハマートヴァ。
恋敵コマロフスキーが、ロシア映画界の重鎮オレグ・ヤンコフスキー。
この配役だけで、海外にも売ろうと国際的にすこしは知られる俳優をそろえて作ったのだとうかがえよう。

ただし、売れたかどうかは別問題。
実際ぼくなどは、つい先日はじめて、こんな作品が存在するのを知ったというくらいだから、国際的な知名度を得るにいたらなかったのは歴然としている。
どうもロシアの映像産業はアジアの某国と同じに、海外に出す商売が下手らしい。




モスフィルム製作によるテレビドラマ版のラーラ

Amazonのビデオ評では、ロシア版ラーラについて、「蓮っ葉みたい」という所見があった。
そりゃ、たしかに。映画でジュリー・クリスティー演じたラーラのイメージを持ち続けると調子が狂う。
しかしだよ。
この無邪気で奔放な雰囲気。映画版のたしなみあるラーラよりも実は、原作の感じに近いのだ。
だからこそ。いくぶん無鉄砲さのある魅力とあいまって、外側は堅実な家庭人でありながら内面は詩的なロマンティストだったジバゴの心を捉え、解き放ったと解釈したほうがいい。
むしろジュリー・クリスティーではミスキャストといえるのだ。
(それで英語圏でのモラルにはおもねることができたせよ)



むろん本気で世界に通用する商品にしたければ、イタリアのテレビ局が製作した『ドクトル・シバゴ』のように、台詞は英語、主要配役は西側とりわけ英語圏で知られる面々ってことになるのはやむを得ないのだが(成功作になる保証はない)。
それだと本場としての矜持が許さなかったのか。
そう、本場もの。
『ドクトル・ジバゴ』の原作は言うまでもない、ボリス・パステルナークによる詩小説。
ロシア人が主人公でロシアを舞台とする、ロシア人の手になる文芸だ。
最初に映像化される何年も前、業績をねぎらったノーベル財団が文学賞を授与、そのこと自体で世界的物議をかもしたのは周知の通り。



原作者ボリス・パステルナーク

他の写真もすべてそうだが、印象的な面長の顔である。
デビッド・リーンは当初、ジバゴの役をピーター・オトゥールに演じさせたがったというが。
これを見て、わかる気がした。



それでだが。
あいにくのところ、『ドクトル・ジバゴ』の真価なるものがぼくにわからない。
わかろうはずもない。
『ドクトル・ジバゴ』の唯一無二の価値は、他の小説家ならば散文で語るはずの地の文をすべて詩文で謳いあげたところにある(といわれる)のだから。
並みの詩人がではない、ロシア語の詩才では当代一流のボリス・パステルナークがやり遂げたのだ。
ノーベル賞の選考委員が他の候補作を差し置いてまで『ジバゴ』を選ぶ理由といえばそこにしかなく、もしも散文小説としての出来の良し悪しを争点にするならばちょっとアレというわけで、「政治的な動機からの授賞」と断じられても仕方あるまい。
それほどロシア語にも詩にも疎い外国人が理解した気になるのは困難な作品ということだ。

以前、原子林二郎(なんて読む?)氏の急訳による時事通信社版に目を通したことはあるが。
どんな物語構成でどんな人物関係かがわかるだけ、感動も何も感じなかった。詩文で綴られてこそ意味あるものを他の言語に置き換え、散文で語りなおすほど空虚なことはないかもしれない。

というわけで。原作の骨格だけでも知ってる者から言わせれば。
このロシアのテレビ局による長篇シリーズは、本場の俳優とスタッフによる映像化でありながら原典に忠実きわまりないとは言いかねるということだ。
いろんな事情があったと察せられる。
もっとも、60年代にソヴィエト連邦が国家事業のような勢いで映画化を成し遂げた『戦争と平和』がすでにしてトルストイの原作とは雰囲気がまったく違うものだったから。いまさら『ドクトル・ジバゴ』がどう変えられようと驚くことではないかもしれないが。

本場でとれた混じり気なしの原産品というよりも。
意外な切り口から描いて新味を出そうとした文芸映画のひとつだと割り切って見たほうがいい。

ちなみに。実にどうでもいいことながら。
ロシア文学に描かれるロシア女性として時に引き合いに出されるヒロインのラーラだが。
原作ではロシアに帰化したフランス人とベルギー人技師との間に出来た子という設定のはずで、ロシアの血はまったく入らないか入ってもごく僅かなのである。





ロシアのテレビシリーズ『ドクトル・ジバゴ』
(全十一話中の第一話)

音声はロシア語であり、日本語の字幕はないぞ。
(邦訳の字幕付きで見たければAmazonで買うのだ)






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

『逆転の大戦争史』


本屋で一目惚れした本。
図書館に予約したのが、ようやく届く。
(「なぜ買わない」とか突っ込むな)



(文芸春秋社刊/オーナ・ハサウェイ、スコット・シャピーロ共著/野中 香方子訳)
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163909127

この十数年来。
「ニュールンベルグも東京も、事後法での裁きと違い、1828年のパリ不戦条約を法的な足場にしている」と説明しても、「不戦条約って何?」と返されるのがオチだったけど。
これからは説明の手間がはぶけるってもんだ。

さて。
まこと、「わが意を得たり」と言いたくなる労作である。

そうとう込み入った知識が詰め込まれており読みすぎると眠くなってくるのが玉に瑕とはいえ、パリ不戦条約すなわちケロッグ=ブリアン協定なるものが、キリスト紀元にも匹敵するほど、成立以前と以後とを決定的に画するものだったことがよくわかる。

著者は、イェール大学で法学を教えるオーナ・ハサウェイとスコット・シャピーロ。
誰かがネトウヨをやっつけるため作ったお手軽な歴史解説サイトとは格調が違うのだ。
               ↓




さて。
amazonの書評にもあるように、この『逆転の大戦争史』は、連合国による勝者の裁きを過去の不戦条約を盾にとって正当化するものではなく、国同士では合法とされた戦争がいかに違法なのか国際的に認めさせようとした人たちの努力をしのぶというのが目的であり、別に、ネトウヨ退治を動機としてはいない。
そもそもから志が違う。

そうはいっても。
内容のかなりの部分、パリ不戦条約が成った1828年を境とする「新世界秩序」の基準から第二次大戦を俯瞰したものであることも確かだ。
したがって。いかに言葉を弄したところで、この国のネット右翼と相容れるものにはなりようはずもなく。
ネトウヨどもの退屈な常套句たる「欧米こそ侵略国家なのに、日本ばかり悪者扱い」「勝てば官軍」等がなぜ通用せず実情とどう食い違うのか、とことん詳しく述べられている。

だから当然というか、ネトウヨ界隈でこの書を話題にする者は少ない。
ネトウヨたちは黙殺というか、避けている様子なのだ。
そりゃ避けたくなるだろう。
テキサス親父やケント・ギルバートのように極右派に都合よいことしか言わないお雇い外国人の腹話術人形と異なり、本物の西側世界の歴史観を突きつけてくるわけだから。自分らの拠って立つ足場を崩されてしまう。
読んだら、ネトウヨをやめるしかないのである。

結局のところ、この本を自分のため書かれたと感じる人は幸せに違いない。
これより先に読んだ『大いなる聖戦』も同様だったが、
ギルバートやトニー・マラノのインチキ本とはわけが違う、まっとう極まりないスタンダードな歴史観に貫かれる快著によって西側世界全体から応援を受け、後押しされるのだから。
そしてこれこそは、自己の認識がそのまま世界と通じ合っているという、極右系の「歴史本」を真に受けてしたり顔をする手合いには得ることすら望めぬという悦びなのである。





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

歴史修正派の狂気は細部に宿る




『誰が第二次世界大戦を起こしたのか
フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く
(草思社)


これは、渡辺惣樹(わたなべ・そうき)なる歴史修正派の一人によって「翻訳」された大著『裏切られた自由』(by ハーバート・フーバー)からの抜粋に訳者自身の解釈を加えた本という体裁をとっている。
渡辺惣樹という人は……いや、いい。

当然ながら原著者の認識を飛び越え、日本のプチ右翼層から喜ばれる内容なのが歴然だ。
細部にわたりどれほどの改変がなされたものかは想像もつけられない。もしかしたら、あの「マッカーサー証言」と同様、ネタ元から決定的に乖離した内容となっているのもあり得ること。
もっとも、マッカーサー証言の捏造ぶりは中学生程度の英語力があれば簡単にわかる(ねえ、渡部昇一さん?)。
フーバーの『裏切られた自由』については、大部であるだけに、いちいち参照して渡辺惣樹の「誤訳」を指摘するのは困難を極めよう。

でも、心配はまったく無用。
仮に百歩退いて、日本語版の『裏切られた自由』が、一語一句まったく手心を加えずに邦訳されたものであると認めたとしても。
この本に反論するには、原著を検証する必要もないのである。
なぜなら。

誰にでも断定できる事実として言えるのは、海外ではこの著作(フーバーの原著のこと)が第二次大戦へのアメリカ人ならびに西側世界の人々の認識にまったく(あるいは、ほとんど)影響を与えていないということだ。
当然であろう。
天文学的な量の文書や証言、物的証拠にあたった世界中の研究者の努力の総量として成り立っているあの戦争の通説が、本のたった一冊で変えてしまえるわけがない。
歴史家たちもこれを、フーバーなるかつて大統領職にあった人物のきわめて私的な見解(選挙で打ち負かされた政敵への怨恨のこもったぼやき)が羅列される一冊として参照する程度であり、何十年にもわたって積み重ねられた学究成果に見直しを迫るほど劇的な新資料とはみなしていない。
今後とも、タイム誌によって「二十世紀の時の人」に選ばれたFDRの世界的評価は揺らぐことがないだろう。
ヒトラーやスターリン、大日本帝国への悪名ぶりも改めようがない。

したがって。
日本国内での歴史修正派によるこの本を盾にした日米戦争正当化のこじつけは、まったく一笑に付してかまわない動きである。
だいたい、中国大陸への日本の露骨な拡張政策が英米との戦争をもたらしたことは定説なのに、この渡辺惣樹の解説本が言わんとするのは、「親ソ派に操られたルーズベルトがナチや日本を敵視して――」といった感じで、あの歴史修正派の大好きなコミンテルン史観と変わるところがない。
結局、正当な資料を下敷きにしながらも、アパホテルに置かれるようなインチキ本の枠から踏み出せなかった代物だ。

しかし。自著が没後に、旧敵国の歴史修正主義者からこんなかたちで利用されるとは、フーバー本人にとって遺憾きわまりないことだろう。
この人の名誉のため言わねばならないが、彼は何よりもアメリカ人であり、その敵となったファシズム国家を擁護したことは一度もない人だった。
気の毒に思う。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄

「なぜアメリカは対日戦争を仕掛けたか」
(加瀬英明/ヘンリー・ストークス/藤田裕行)

祥伝社新書。図書館で借りて、読む。
内容的には真新しくもない。例の通りの人々が例の通りに虚構の歴史を弁じまくるという。インターネットに溢れる大日本愛国教の神話を活字にしただけのような記述が延々と続く。

アメリカがいかに悪辣で、日本がいかにアジアと世界の希望だったか、すなわち靖国主義の立場からあの戦争を二部に分けて語る構成だ。
第一部での加瀬英明、第二部での「翻訳」担当の藤田裕行による浅はかで臆面もない対米戦争正当化の主張はいずれも、正読に堪えぬ酷さと言っていい。

しかし今回、これにヘンリー・ストークスという「親日家」の英国人を加え、外側から日本の立場を擁護させることで異彩を放ったものに仕立てた気でいる。
ストークスがらみの本ではより近刊の『英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄』にも目を通すべきかもしれないが、出版社と邦訳者がおなじでどうせ同じことが書いてあるだろうし、とりあえずこちらの本を読んだ感想だけから判じても間違った結論にはなるまい。

加瀬英明による第一部は、ネット右翼からさんざん聞かされた与太話の羅列である。
勘違いぶりをいちいち指摘したらきりがなくなり本題から逸れるので、ひとつだけ挙げるが。
加瀬は、日中戦争下に米軍人の義勇兵で編成された中国軍の航空部隊フライングタイガーがまやかしであり国際法違反だと言い立てる。
だが当時、中国に押し入った日本が国際社会の非難も無視し中国人の上に爆弾の雨を降らせていたこと、フライングタイガーによる日本爆撃はまさにその抑止策として企てられたことはまるで意に介さないようだ。
こんな言いがかりで「アメリカのほうが先に攻撃する気でいた」と開き直り、真珠湾の不意討ちを反古にできると思うのは、世界でもこれら日本の特定層しかおるまい。






さて。第二部だが。
表向き、英国に生まれ日本に馴染んだ外国特派員として長老的存在であるヘンリー・ストークスという人物の著述を、藤田裕行という者が「訳」したかたちになっている。

しかしストークス氏の真意が、この低次元でネット右翼そのままの思い込みで成り立った本にどれほど反映されているかはまるで断じようがない。一読したかぎりでは、「翻訳」担当の藤田裕行が外国人の名前だけ借り受けて自己の歴史認識を押し通したものとしか思えないからだ。

アメリカの拡張主義の強引さを論じた部分はそれなりに妥当かもしれない。
とはいえストークスという英国人が、いくらアメリカ帝国主義を批判したくてたまらなくても、なにも加瀬、藤田といった明白に右翼思想の日本人と組むことはないし、まして日本帝国主義を擁護するかたちで対米批判を展開しないでもと思うのだが。

だいたいストークス氏の著述は内容の信憑性以前に、本人が書いたかという件でまず疑わしい。対談の書き起こしに関わった女性の証言、無断加筆問題での祥伝社への共同通信の反論「取材の録音がある」など、本人の見解と藤田裕行が「翻訳」したものとで歴史観が食い違っているのは公然の秘密と言っていい。

それは普通に常識をもった外国人による軍国時代の日本への評価を当てはめれば誰にでもわかることだ。ストークス氏のものとされる見解には、本当に欧米人が言ったとして受け取るにはあまりにも違和感がありすぎる。

実際、第二部でストークス氏言うところの「(日本がアメリカと戦い、国土がすべて灰燼に帰した)その結果として有色人種がはじめて大いなる希望の燭光によって照らされ、人種平等の理想が実現した」は、第一部での加瀬英明による「日本が先の大戦で大きな犠牲を払って、幕末から夢見てきた人種平等の理想の世界を、招き寄せたのだった」とまったく変わらない。

ようするに。日本が東亜解放を謳い上げ、白人支配を打ち破ろうと多くの日本人が血を流したおかげでアジア諸国は独立できたばかりか、全地上の有色人種が目覚め、差別のない世界が到来した。
これこそ、嘘と事実の曲解を並べ立てた本書がもっていこうとする、おめでたい結論なのである。


冗談ではない!

アジアやアフリカで多くの国が独立を遂げたのは、それぞれの地で無数の人々が、西欧諸国やアメリカによる支配、そして日本の占領に対し、果敢で粘り強い闘争を続けた成果に他ならない。

今日、白人以外の外国人にはけっして快適とはいえない日本の現実の中で暮らすアジア人やアフリカ人の滞在者は少なくないが、彼らのうち日露戦争以来の日本の帝国主義政策のせいで世界に人種平等がもたらされたなどとは誰一人として真に受けるまい。
2ちゃんねるも在特会も野放し、国内にさえ差別思潮を蔓延させながら、日本の功績で世界から差別が撤廃されたなどとは子供にでも見抜ける戯言だ。

ストークス氏が外国人中の特異例だとしても、なぜかくも海外一般での視点と隔たりがあるのだろう?

ぶっちゃけ、右翼側がストークス氏の私生活でなにか弱みを握ったか、あるいはパーキンソン病を患ったストークス氏が加瀬、藤田の腹話術人形同然になっているのではと疑いを抱きたくなってくる。
確証がないためそうと断定できないもどかしさはあるが、他に考えようがないのだ。

それでもストークス氏の見解が外国人の平均的見解ではないし、ストークス氏に賛同する外国人もかぎりなく少ないとだけははっきり言わねばなるまい。
もしあれらの、「藤田裕行によって訳出されたヘンリー・ストークスの見解」が在留外国人を代表する認識だと思うなら、世界の目というものをみくびるにも程があるだろう。

もっとも祥伝社としては、外国人に読ませるため出した本ではないので、その方面から責められるのは不本意かもしれないが。

しかしこれは、ネット右翼流の嘘を満載した突っ込みどころに欠かない代物である。そういう意味で、心ある人が特定右翼集団のペテンに騙されないよう鍛錬する練習帳として役に立つかもしれない。
あるいは。妄想を史実と言い通し、神経を疑われても平然とする術を学びたければ、この本を読むべきだろう。



それにしても。
こんな大日本への自画自賛を外人に語らせて悦に入る愛国ポルノ本などより、英国のジャック・ストロー法相が極右政党の党首に言い放った「イギリスが戦争に勝てたのは、世界中で何百万もの黒人やアジア人が味方してくれたからだ」という言葉のほうがよほど謙虚で誠意がこもっているし、ずっと多くの人々に感銘をあたえると思うのだが。
日本のバカウヨどもにはまったく時代と人の心が読めていない。




イギリスの世界制覇も終わりを告げるだろうことを、あまり心にかけすぎてはいけない。我々はある期間にわたって制覇し、まずいやり方をした。我々はいくらかは立派で自由主義的なことをしたのだが、我々の指導権を正当化するほどに充分になさなかった。


H.G.ウエルズ(『世界史概観』1946年)



侵略者が恩人になってくれることがありうると思い込むのは、愚かなことです。日本は、インドを英国のくびきから自由にしてくれるかもしれません。
しかし、代わりに日本のくびきを負わせるだけのことです。


マハトマ・ガンディーの言葉
http://mkgandhi.cocolog-nifty.com/blog/cat21283185/index.html







関連リンク

安倍政権が海外メディアに圧力!
ドイツ紙に「中国から金を貰っている」とネトウヨ的抗議

http://lite-ra.com/2015/04/post-1019.html

【これぞ国の恥】慰安婦問題で外国特派員らにケンカ売る日本右翼
http://matome.naver.jp/odai/2142472196367432201





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね
いらっしゃ〜い!

関連サイト



にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
サイト内検索
powered by Google
代表記事
■山本カルトに手を焼いた話(統合版)
■ライト文芸
■ヴィジェ=ルブランが気になって
■映画の話題
■日本人でどこがよかった
■ニッポンこわい
■国民病「日本スゴイ症候群」と他人の反応
■愛国伝説
■二次元マニアの同一性障害
■「特攻隊はテロリストと違う」と言い張るゼロリスト
■13%
■アインシュタインよりディアナ・アグロン
■エジソンからアインシュタインへ
■「よそはよそ、うちはナチ」
■東京を占領した南京事件否定派、ユネスコを脅迫
■映画『聨合艦隊司令長官山本五十六』
■外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄
■ノストラダムスの大予言と大東亜戦争の肯定
■侵略の定義
■慰安婦問題について百万回でも書かねばならないこと
■誘拐と慰安婦とハーレムと強制連行
■性奴隷と兵奴隷
■日米同盟はまさに保険だ
■知ってても差別をしてしまう場合
■グレンデールで慰安婦像撤去に反対、本物の日系市民が動き出した
■安重根記念館と二つの史観
■小野田少尉と真実を把握すること
■潘基文国連事務総長は安倍内閣の歴史認識を堂々と批判してかまわない
■産経新聞というネット右翼
■戦後最大のメディア犯罪が起きている?
■通州事件の記憶遺産登録は日本にとってヤブ蛇ですが
■アメリカ人の自己犠牲について
■「太陽の帝国」
■慰安婦問題、仏国際漫画祭での判定
■原爆投下に対するJoe Kilroyの見解
■愚問のきわみ! 「南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた」?
■米国保守と日本右翼の親和性?
■「西側」対「右側」/従軍慰安婦問題の特異性
■早い話、日本軍自体が「巨大な奴隷制度」だったという話
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ