戦争を語るブログ

平和を愛し、いさかい好む

アインシュタイン

ネットに出回るデマ画像

ネットに出まわるデマ画像。
「アインシュタインが撮影した1945年の広島」とされるが、かの天才物理学者が終戦直後に被爆地を訪れた記録はない。
事実を明かせば、「LIFE」誌の記事に併載された写真で、撮影者はアルフレッド・アイゼンシュタットという人。






ただしこれは、「マッカーサー証言」のような日本限定のガセネタと違い、海外サイトでも流布している。
「アインシュタイン=原爆」の印象が強いせいか、アルフレッド・アイゼンシュタット(Alfred Eisenstaedt)の名前が、アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)と混同されたらしい。
むろん撮ったのが何者だろうと、写真資料の価値を損じるものではないが。

とはいえ、ネトウヨ流の難癖はいくらでも付けられよう。
「1945年9月に撮影された? 終戦の翌月に、よりによって広島の日本人が、原爆落とした米国人からカメラを向けられ、廃墟の中での撮影に応じたりするもんか。こんな写真は捏造だ」と。
つまり被爆まもない時期の広島市民なら米占領軍をもっと憎むはずという論法で。

しかしこれは間違いなく、実際に撮られたものである。
私見ではこの一枚だけで、歴史修正主義者が軍部の検閲写真をもちだして吹聴する「ほんとうに虐殺があったなら、南京の市民が日本軍にこんな親しく振舞うわけがない。南京大虐殺はなかった証拠だ」という糞理屈への確たる反証を提供してくれている。





関連リンク

Hiroshima: Portrait of a Mother and Child in an Atomic Wasteland, 1945
http://time.com/3881060/wasteland-mother-and-child-hiroshima-1945/





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

エジソンからアインシュタインへ

『アインシュタインよりディアナ・アグロン』の歌詞が「女性蔑視」と騒がれてる件。当ブログでも前に書いたけど。
http://blog.livedoor.jp/manfor/archives/52030409.html
あれから動きがあった。
リテラというネット紙(?)があの曲を「女性蔑視だ」と激しい調子で書きたてたのに対し、秋元康の側が抗議というか名誉毀損にあたるので記事を削除するよう求める書簡を送ってきたそうな。



秋元康の歌詞を「女性蔑視」と批判したら、
AKB運営から「名誉毀損及び侮辱罪」「記事を削除せよ」の恫喝メールが
(LITERA/リテラ)
http://lite-ra.com/2016/04/post-2181.html


『アインシュタイン―』への非難はネット中で轟々なのだから、リテラにだけ文句をつけてもしょうがないのにと思うが、とりあえずリテラが一番影響力が大きいようだからこれを潰して見せしめるつもりなのだろう。
リテラ側はといえば断固、受けて立つかまえのようだ。
双方の去就が注目される。

さて、この件はおいといて。
「女性蔑視」を別問題としても、あの歌の歌詞には嘆息を禁じえない。
なんというか、時の流れを感じるのだ。
偉人の名が歌謡曲に引用されるにしても、昔のほうがずっと敬意なるものを払ってた。いや、業績がなにかも知らぬまま有名人だから一目おくという天然の敬意であるにせよ。

さくらももこの『ちびまる子ちゃん』は70年代を描いた内容で80〜90年代に大受けした漫画だが、アニメ版の主題歌『おどるぽんぽこりん』の歌詞の一節「いつだってわすれない エジソンはえらいひと そんなのじょうしき〜♪」は誰でも覚えているだろう。






フランス人が60年代に著した日本紹介本では、たしか「中学生でさえドストエフスキーやベートーベンが誰かを答えられる」ことが書かれ、日本人の高い知識欲に驚いていた由だが。
それがいまでは。
「アインシュタインってどんな人だっけ? 聞いたことあるけど、本当はよく知らない」
いやはや。由々しいのはそれを恥にも思わずいることで、日本の民度もつくづく落ちたもんだと自嘲するほかない。







どうして、こうなった?

そもそも何故、アインシュタインが引き合いにされる? ナポレオンでもガンジーでもコロンブスでもなく、アインシュタインとは。
おそらくのところ、「アインシュタイン」の対極が「馬鹿」だからという以外に理由はなさそうだ。

いや、今の女子高生が秋元康の歌詞ほどパッパラじゃないのはわかっている。あんな歌おもしろがるのは制服姿で踊りまくる十代女子に熱狂する中年男子ばかりかもしれないし。

実際、「馬鹿でも可愛けりゃいい」はそんなオヤジどもが若かった80年代(もしかするともっと前)から途切れずに続く風潮なわけで、有体に言えば日本はそのとき以来、成長を停止させたままなのだ。
しかし世界はそうではなかった。
前の記事にも書いたように、この三十年で先進諸国の女性をめぐる人権状況は劇的に躍進した。ただ一国、日本を置き去りにして。

けれどもこの国の支配層、秋元康と同類のオヤジどもの運転能力でもはや追いつけるものじゃないし、追いつく気もないのが本音だろう。
今の程度にまで成熟した欧米流フェミニズムを受け入れるとすれば、それは日本というアジアの国にしぶとく根を張る「男権社会」の崩壊を意味し、ある勢力にとって生存圏の圧迫を甘受することだから。

日本の娘たちが達しえぬほどの高みにいるのはアインシュタインではない、男社会を揺さぶり続けた努力の末、相応の地位を手にした西洋世界の女性たちなのだ。

というわけで。
かくたる次第のわが国の先進世界からの知的な脱落とそれへの開き直りが、「アインシュタイン―」の歌詞にあらわれていると捉えるのはうがち過ぎだろうか?


追記

『アインシュタイン―』のどこが反発を呼んだかといえば、わざわざ女優ディアナ・アグロンの名を持ってきたことだろう。実にこのディアナ演じる女子学生こそ、向学意識に目覚め、可愛いだけの存在から脱皮していくキャラクターなのであり、頭からっぽでいたがる少女がお手本みたいに憧れるとはお門違いもはなはだしい。歌詞書いた奴はあのドラマ見てないだろ、と多くが熱り立った。
もしディアナの名を使いさえしなければ、「ああ、また頭からっぽな歌が出た。しょうがないな」と受け流されるだけでこんな騒ぎにまでならなかったに違いない。







関連リンク

HKT新曲の歌詞が女性蔑視だと大炎上…「女の子はバカでいい」と書く秋元康のグロテスクな思想は昔から
(LITERA/リテラ)
http://lite-ra.com/2016/04/post-2157.html





にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね
いらっしゃ〜い!

関連サイト



にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
サイト内検索
powered by Google
代表記事
■山本カルトに手を焼いた話(統合版)
■ライト文芸
■ヴィジェ=ルブランが気になって
■映画の話題
■日本人でどこがよかった
■ニッポンこわい
■国民病「日本スゴイ症候群」と他人の反応
■愛国伝説
■二次元マニアの同一性障害
■「特攻隊はテロリストと違う」と言い張るゼロリスト
■13%
■アインシュタインよりディアナ・アグロン
■エジソンからアインシュタインへ
■「よそはよそ、うちはナチ」
■東京を占領した南京事件否定派、ユネスコを脅迫
■映画『聨合艦隊司令長官山本五十六』
■外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄
■ノストラダムスの大予言と大東亜戦争の肯定
■侵略の定義
■慰安婦問題について百万回でも書かねばならないこと
■誘拐と慰安婦とハーレムと強制連行
■性奴隷と兵奴隷
■日米同盟はまさに保険だ
■知ってても差別をしてしまう場合
■グレンデールで慰安婦像撤去に反対、本物の日系市民が動き出した
■安重根記念館と二つの史観
■小野田少尉と真実を把握すること
■潘基文国連事務総長は安倍内閣の歴史認識を堂々と批判してかまわない
■産経新聞というネット右翼
■戦後最大のメディア犯罪が起きている?
■通州事件の記憶遺産登録は日本にとってヤブ蛇ですが
■アメリカ人の自己犠牲について
■「太陽の帝国」
■慰安婦問題、仏国際漫画祭での判定
■原爆投下に対するJoe Kilroyの見解
■愚問のきわみ! 「南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた」?
■米国保守と日本右翼の親和性?
■「西側」対「右側」/従軍慰安婦問題の特異性
■早い話、日本軍自体が「巨大な奴隷制度」だったという話
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ