戦争を語るブログ

平和を愛し、いさかい好む

国民大行動

「国民大行動」? これじゃ、バカウヨ大暴動!

「国民大行動」?
これじゃ、バカウヨ大暴動!
(おんどり音頭より転載)


前のエントリーの続きです。
NHK玄関前に押し寄せたデモ隊が、街宣右翼をおもわせる気迫でバカウヨさんの本性をさらしています。




(YouTube)


「中共の犬」とか「朝鮮に帰れ」とか「自殺しちまえ」とか……。
ものすごい人間離れのした罵詈を浴びせかける人もいますが、よく聞いてると、そういうのは群衆の中でごく少数、特定のメンバーにすぎないんですね。
そう。専任で煽る役がいるんです。
こんなデモに参加するようでも、大多数は普通の人と見分けがつかない人ばかりなのがわかってしまいます。

余談ながら、ネットでの「祭り」「炎上」もこれとおなじ。
少数の首謀者が野次馬ぞろぞろ連れてきて、ケンカ売ってるの自分らだけなのに、その場にいるのがぜんぶ手勢のような顔してますからね。

それはともかく。
今回の暴力デモ 「国民大行動」の端緒は、『JAPANデビュー』がまだ放映前だった五月始めまでさかのぼります。
案の定、都合の悪いことを隠しておきたい勢力が、なんとか放映を阻止しようと躍起になっていたようで。
それでもNHKは放映しちゃったんですね。



NHK公開討論を拒否…偏向・歪曲報道問題


 NHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー 第1回『アジアの“一等国”』」(5日放送)の偏向・歪曲報道問題で、同局は1日までに、日台交流を進める民間団体「日本李登輝友の会」が要請していた同番組を検証する公開討論会の開催を拒否した。

 これまで友の会は「日本が一方的に台湾人を弾圧したとするような史観で番組を制作することは、公共放送として許されるべきではない」とNHKに抗議。福地茂雄会長あてに、会長や担当プロデューサーらが出席する公開討論会の共催を求めていた。

 これに対し、担当プロデューサー名で先月28日付で出された回答書では、「私たちは番組内容が偏向していたり、事実関係に間違いがあるとは考えていません。そのため、『番組を検証する』必要はないと判断しており、『公開討論会』の要請には応じかねます」としている。


(ZAKZAK/2009年5月1日)
http://www.zakzak.co.jp/top/200905/t2009050140_all.html



NHKの対応は、当然でしょう。
そもそも「偏向・歪曲報道問題」なるものは、サンケイやネット右翼が勝手に言い立ててるだけの話。

バカウヨどもによると、NHKが「台湾の元日本兵へのインタヴューから反日的な部分だけつなぎ合わせて番組を構成した」らしいのです。
もっともらしい抗議の理由付けに聞こえるでしょうが、実のところ根拠が弱いと言わねばなりません。

なぜなら、ちょっとでも報道番組の作り方を知る者にとって、収録された映像の中で実際に使われるのがごく一部でしかないことは常識のはずなので。

どの場面を選び、どの場面を捨てるかに作り手の姿勢があらわれるわけですが、『JAPANデビュー』の場合、日本の統治政策の明と暗の双方を描くのが目的だとすれば、お年寄りの楽しい昔話で終わらせるわけにはいかないのです。
(なんの問題定義にもなりゃしない)

バカウヨどもの本意では、台湾の老人らが統治時代を懐かしがる場面ばかりで構成して欲しかったのでしょうが、そうは問屋が愚か者。
まかり間違ってそんな内容で通したら、まさに完全な「偏向・歪曲報道」になってしまったこと確実ではありませんか。

バカウヨとは、「第二次大戦はファシズムが敗北した戦争」という国際通念に沿った意見を述べるだけで「自虐史観だ」と牙をむき出してくる、史的認識が戦記漫画の次元にとどまった連中。
どんな発言が彼らの基準で「反日的」なのか想像が困難なところはあります。
旧日本を賛美しない内容ならなんでも「反日発言」にしてしまうのかもしれないし。

「反日的な部分だけつなぎ合わせて」との言い分自体、そうしたバカウヨ史観を物差しにしての主観的判断によることは疑う余地がないでしょう。
まともに取り合うのもアホらしい気がするし、NHKもそう思ったようで、彼らとまともに取り合ってはいません。
いや、めでたい♪



「一方的ではない」 Nスペ「偏向番組問題」で福地会長


 日本の台湾統治を取り上げたNHKスペシャル「アジアの“一等国”」が偏向していたとして、日台友好団体や識者などから批判が高まっている問題で、NHKの福地茂雄会長は14日の会見で「あの番組はいいところも随分言っていると思った」と、内容に問題はないとの認識を示した。

 福地会長は「(当時の)産業・インフラの芽が今の台湾の産業につながっているという気がしたし、教育でも規律正しい子供たちが映っており、一方的とは感じなかった。文献や証言に基づいているし、(取材対象の)発言の“いいとこ取り”もない」と評価した。


(MSN産経ニュース/2009年5月14日)
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090514/biz0905141912025-n1.htm



それにしても、自分らはどうなんだと言いたくなるのです。
マッカーサーの長大な議会演説から都合の良いところだけ抜き出して「元帥様が日本の対米開戦は自存自衛のためだったと証言してくださった」などと、土台あり得ないことをぬけぬけと吹聴して得意になるような、馬鹿まるだしの恥さらし。

真実の両面を照射した番組に「反日捏造報道」などと無体な言いがかりをつけてくるサンケイとは、ネット右翼とは、チャンネル桜とは、まさにそういう輩の集まりであることを銘記しなければなりません。



関連リンク

靖国派が大挙して、NHKに抗議デモ
(拙ブログ)
http://fine.ap.teacup.com/warandpeace/174.html

マッカーサー発言「日本の戦争は自存自衛の戦争」
(戦争を語るブログ)
http://blog.livedoor.jp/manfor/archives/50846670.html




にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

靖国派が大挙して、NHKに抗議デモ

靖国派が大挙して、NHKに抗議デモ
日本の台湾統治の実態あばかれ、逆上
(おんどり音頭より転載)


NHK特番で、自分らの思い込みとまったく違った「反日台湾」の姿を突きつけられ、夢を壊されたのに逆上。
ブーブーいうてはるバカウヨ!
ほら、こんな大勢。




(YouTube)


やれやれ。
まるでゴキブリの大行進だね。
渡部昇一や田母神敏雄以下、千人以上あつまったらしい。
(チャンネル桜の発表による。実際は数百人程度との情報も)

あ。日付の記述を忘れた。
5月16日、花の東京での出来事。
まあ、いつでもどこでも、連中はこんなことやってんですけどw



NHKスペシャル|シリーズ JAPANデビュー
第1回 アジアの“一等国”


1895(明治28)年、日清戦争に勝利した日本は、台湾を割譲され、初の植民地統治を始める。英のインド統治やフランスのアルジェリア統治にならい、植民地をもつことで“一等国”をめざした日本。1910年、ロンドンで開かれた日英博覧会では、台湾のパイワン族を“展示”し、統治の成功を世界に誇示する。日本は「格差と同化」という矛盾した台湾統治を続け、1930年代後半からは「皇民化運動」で日本文化を強制する。
 半世紀におよぶ統治はどのように変遷していったのか。2万6千冊におよぶ『台湾総督府文書』、近年発見されたフィルム、欧米に埋もれていた文書などを手がかりに近代日本とアジアの関わりの原点を探っていく。


http://www.nhk.or.jp/special/onair/090405.html



それにしても、NHKは本当のこと伝えただけなんだよな。
なんで怒ってるんだろ?
小林よしのりの漫画や2ちゃんねるじゃないんだ。
現実なんだ。
現実の世界を見せられると、具合悪いわけ?
NHKに八つ当たりして、現実の歴史が変えられるもんじゃないでしょ。
だから、「バカウヨ」だってーの。

なにが「保守系市民団体」だ、ナチの真似事していい気になってる時代遅れのゴロツキども。




関連リンク

YouTube - フルボッコ
http://www.youtube.com/watch?v=WHZp33JXJis

また石原ジイさんの妄言だ、困るねえ
(拙ブログ)
http://fine.ap.teacup.com/warandpeace/148.html




にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね
いらっしゃ〜い!

関連サイト



にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
サイト内検索
powered by Google
代表記事
■山本カルトに手を焼いた話(統合版)
■ライト文芸
■ヴィジェ=ルブランが気になって
■映画の話題
■日本人でどこがよかった
■ニッポンこわい
■国民病「日本スゴイ症候群」と他人の反応
■愛国伝説
■二次元マニアの同一性障害
■「特攻隊はテロリストと違う」と言い張るゼロリスト
■13%
■アインシュタインよりディアナ・アグロン
■エジソンからアインシュタインへ
■「よそはよそ、うちはナチ」
■東京を占領した南京事件否定派、ユネスコを脅迫
■映画『聨合艦隊司令長官山本五十六』
■外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄
■ノストラダムスの大予言と大東亜戦争の肯定
■侵略の定義
■慰安婦問題について百万回でも書かねばならないこと
■誘拐と慰安婦とハーレムと強制連行
■性奴隷と兵奴隷
■日米同盟はまさに保険だ
■知ってても差別をしてしまう場合
■グレンデールで慰安婦像撤去に反対、本物の日系市民が動き出した
■安重根記念館と二つの史観
■小野田少尉と真実を把握すること
■潘基文国連事務総長は安倍内閣の歴史認識を堂々と批判してかまわない
■産経新聞というネット右翼
■戦後最大のメディア犯罪が起きている?
■通州事件の記憶遺産登録は日本にとってヤブ蛇ですが
■アメリカ人の自己犠牲について
■「太陽の帝国」
■慰安婦問題、仏国際漫画祭での判定
■原爆投下に対するJoe Kilroyの見解
■愚問のきわみ! 「南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた」?
■米国保守と日本右翼の親和性?
■「西側」対「右側」/従軍慰安婦問題の特異性
■早い話、日本軍自体が「巨大な奴隷制度」だったという話
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ