劇画原作者の小池一夫が他界したという。
享年83歳。
すでに仕事をやり遂げていたような人なので、世間も揺れ動くほどの反応は示さなかった。

小池一夫 といえば、知名度で作者を超える作品が少ない気がする。
だいたい『子連れ狼』しか思い浮かばない人が多いだろう。
それも当然で、一流どころにのし上がってからはいささか粗製乱造の気味があった。しかも読者の反応を見るに過敏、評判が芳しくないとキャラクターの容姿なんて平気で変えてしまう。

たとえば、『少年の町ZF』の囁き子。
登場した時はフランス人形のような美少女が、たった数話で丸顔のねえちゃんに。これには唖然。
キャラクターを180度変えられたのが『デュエット』の雪妃。
王女の風格の持ち主だったのに、鉄樹に犯されてからはまるで別キャラ、ただのつまらない女になり下が……(以下自粛)

そうした適応力ゆえに生き残り、長きにわたり一線で活躍できたとも言えようが。
しかしあまりにも時々の思潮に合わせ過ぎたことが作品ごとの完成度を低める結果をもたらしたのは否めない。
さらに。
おもに青年読者の嗜好に沿いながらの仕事を続けたせいか、今日的なフェミニズムの視点からは、「うむむ……」となるような描写が多いのだ。

むろん小池一夫だけが特別だったのではない。
マッチョズムの表現は小池が活躍した時代の漫画家や原作者の必需的な技能。欲したのはほかならぬ受け手の側、当時の男社会全体だ。
そうした要素を出版物に求めていた人々が大きな層を占める日本でフェミニズムやLGBTがなかなか地歩を築けない所以だろう。

ところで。
ぼくがこの人に着目したのは、連載中だった『サハラ』の一話を目にしたとき。
ヒステリーカが公園にいると文芸愛好家らしい女性が近づいてきて二人で詩の話題を交わすようになる。だが……という筋運びで、オチは「ある職業の女は香水を使わない」という台詞で締められる。
なにぶん70年代に読んだきりだから内容についてはあやふやながら、当時としては青年劇画の枠にとらわれず女性の知性を侮りなどしない描き方に感服させられた覚えがある。
もしも当代が最盛期ならば存外、才能を時流に無難にフィットさせ、フェミニストの視点からも納得できる作品作りをしたのではなかろうか。

さて。
小池一夫に先駆けるかのごとく モンキーパンチも逝ってしまった。やがてくる新元号の時代から門前払いをくらったかのように。
昭和に活躍した人々が平成という深い溝を飛び越えて居場所を得ることに、すなわち平成サバイバーとなるのに、令和は思いのほか拒絶的なのかもしれない。






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね