写真は、いまもガラパゴス島に孤立して棲息する原住民。







日本人には、日本のネイティブと日系米国人とを混同して見てしまう傾向が強い。
何十年も前だがNHKで大河ドラマ『二つの祖国』が製作されたとき、米国の日系社会から強い反発を受けた。
番組の意図は太平洋戦争中に日本とアメリカ、二つの祖国にはさまれた日系移民の苦渋を描くことにあったが、日系米国人の祖国といえばアメリカ合衆国にほかならず、彼らにとって「二つの祖国」なるものは存在しない、誤解を招くことはよせというわけだ。
「戦時中に敵国で」という言い方も忌み嫌われる。当時、日系市民の祖国アメリカにとっての敵国とはまさに日本だった。では日系人も日本を敵国とみなしたかといえば、そこに複雑な思いがあったのはたしかにせよ、すくなくともアメリカのほうを敵国だと思う人は米軍に志願などせず日本に送還されている。





日本スゴイ症候群

現在、日本国内において猛威をふるう集団性の精神疾患。まるで国民病のような勢いで拡がっているが、他国民に感染の心配はない。
とり憑かれたような貪欲さで祖国と自国民への独占的な賞賛を求め、自己満悦に浸る。
一見無害に思えようが、ナチのアーリア優越思想がユダヤ人やロマ人への迫害を招いたように、この日本スゴイ症候群の場合も近隣国民への憎悪感情と一体になったものが多く、注意を要する。
治療薬はないが、哀れんで調子を合わせても増長するばかりなので、無視するか冷や水を浴びせること。
あらたな感染の予防にはなる。





関連リンク

「世界が絶賛する日本!」みたいな自国礼賛サイトはこうやって作られていた
(エストニア共和国より愛をこめて)
http://www.from-estonia-with-love.net/entry/post_truth02


「日本人はダメになった」のウソ。戦前の日本人も大したことなかった…
(NAVERまとめ)
https://matome.naver.jp/odai/2142379365278471801






にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね