戦争を語るブログ

平和を愛し、いさかい好む

麻薬

麻薬組織とテロ組織


麻薬組織とテロ組織
阿片と恐怖の結託


ニューズウィーク日本版の最新号から。
麻薬組織とテロ組織が結びついたかたちの新たなる「阿片戦争」。



テロ組織とゲリラを結ぶ危険な線
Narco and Terror


昨年12月16日、米麻薬取締局(DEA)によるガーナでのおとり捜査によって、マリ国籍のアフリカ人3人がコカイン密輸容疑で逮捕された。起訴状によれば、3人はアルジェリアに拠点を持つテロ組織「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織」に所属。コロンビアの反政府左翼ゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)と協力し、モロッコなどを経由してスペインへの密輸を計画していた。

 米主導の「麻薬戦争」が成果を挙げるなか、南米から欧米への麻薬密輸は困難になりつつある。そこで麻薬密売組織は別のルートを求め、同じ反米のイスラム過激派組織に目を付けたとみられる。

 「アルカイダとFARCといった武装組織が麻薬密輸で結び付き、資金集めをしているのは間違いない」と、DEAのミシェル・レオンハート局長代理は言う。「厄介な協力関係が生まれている」

 メキシコのカルテルも同ルートで密輸を始めているとの指摘もあり、多くの場合、ベネズエラを経由してアフリカに空輸しているとされる。こうした密輸でアフリカのテロ組織は資金を集め、ゲリラ組織は反政府攻撃を継続しようとしている。ゲリラとテロ組織が連携を強めれば、欧米各国は新たな脅威に直面することになるだろう。


(ニューズウィーク日本版/2010年1月27日号)
http://newsweekjapan.jp/stories/world/2010/01/post-926.php




関連リンク

アフガン戦争に新しい大義名分? 「タリバンの麻薬テロを阻止する戦い」
(拙ブログ)
http://blog.livedoor.jp/manfor/archives/51344928.html




にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね

アフガン戦争に新しい大義名分? 「タリバンの麻薬テロを阻止する戦い」


世界的麻薬戦争としてのアフガン紛争
新しい大義名分「タリバンによる麻薬テロとの戦い」




一面に咲くケシの花
これの実を原料に、ヘロインや阿片がつくられる




信じられますか?
あのアフガニスタンで、世界であつかわれる阿片の九割以上が生産されてたってこと。

国連薬物犯罪事務所(NODC)の報告によれば、「取引額は年間65億ドル(約6000億円)に達し、中毒者は世界で1500万人、うち年間10万人が死亡」というんですから。
凄いの一語ですよねえ。

世界中に密輸されるアフガン産の麻薬のうち、押収されたのは全体の二割程度でしかないこと。
その半分は欧州およびロシアで消費され(なにが「消費」だ!)、「壊滅的な打撃」を与えていること。
NATO諸国では年に一万人以上が薬物中毒で死ぬけれど、この数は米軍のアフガン進攻以来の八年で戦死したNATO軍兵士の五倍にのぼること。

そして過去数年間、麻薬の生産と密輸によって莫大な実入りを上げたタリバンは、それで武器を買い、兵士を訓練、支配地でのインフラも整備して人心を掌握、多国籍軍の任務達成をますます困難にしていること。

ぶったまげるような事実が色々とあきらかに。
これはまさしく、戦争です。
貧困国のほうが欧米諸国から搾りとる、現代の阿片戦争。

「こうした現実は、国際社会がアフガニスタンの麻薬生産と戦うための十分な努力をしなかった結果だ。阿片の産地で阿片を止めるほうが、消費地でそうするよりずっと効果的で、費用もかからないのに」
(コスタUNODC事務局長)

まるで、アフガンでおこなわれる軍事行動に国際的な大義をあたえるのが目的のようなお言葉。

さあ、世界はどう動くでしょう?
そして、日本は何をすべきでしょう?



アフガニスタン産アヘン、
全世界に「壊滅的」打撃 国連報告


【10月22日 AFP】アフガニスタン産アヘンは世界中に「壊滅的な」打撃を与えており、イスラム原理主義組織タリバン(Taliban)やテロリスト集団の資金源になっているとする報告を国連薬物犯罪事務所(United Nations Office on Drugs and Crime、UNODC)が発表した。

 アフガニスタンは世界で取引されているアヘンの92%の産出国。年間65億ドル(約6000億円)相当に達し、それを消費する中毒者は世界で1500万人に上り、年間10万人がアヘンが原因で死亡している。

 アントニオ・マリア・コスタ(Antonio Maria Costa)UNODC事務局長は報告書の発表にあたり「アフガニスタンのアヘンが世界に及ぼしている影響を突き止めた。同国の指導者たちには、彼らにとって耳障りの悪いかもしれないこうした現実は、対策をおろそかにしてきた結果なのだとの認識をうながしたい」と述べた。

 UNODCの推計によると2005〜09年の間、タリバンはアヘンやヘロインの生産や取引に対する課税によって年間9000万〜1億6000万ドル((約82億円〜146億円)の収入を得た。約10年前にタリバンがアフガニスタンを統治していた時代の歳入の2倍にも達する数字だ。

 消費者国での影響は壊滅的だ。北大西洋条約機構(North Atlantic Treaty Organisation、NATO)諸国では毎年計1万人以上がヘロインの過剰摂取で死亡している。これは2001年の米軍主導による進攻以来、アフガニスタンで死亡したNATO軍兵士総数の5倍にあたる。

 また報告書は所在がわからなくなっているアフガニスタン産アヘンが、1万2000トンあるとも指摘している。これは世界のヘロイン需要の2年分に相当する。コスタ事務局長は「これだけ大量のヘロインが邪悪な勢力の手中にあるとすれば、その所在を突き止め処分することがいっそうの緊急課題だ」という。

 しかし、UNODCは、国際社会はアフガニスタンの麻薬生産と戦うための十分なリソース提供に貢献していないと訴える。「アヘンの生産地点でアフガニスタン産アヘンを止めるほうが、消費地でそうするよりも大幅に効果的で、コストもかからない。(国際社会にとって)これは責任の共有ではなく、断固として自己利益の問題だ」(c)AFP


(AFPBB News/2009年10月22日)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2655493/4794214




関連リンク

記事名
(引用元)




にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ この記事を気に入ってくれた人、よろしくね
いらっしゃ〜い!

関連サイト



にほんブログ村 歴史ブログ 近代・現代史(日本史)へ
サイト内検索
powered by Google
代表記事
■山本カルトに手を焼いた話(統合版)
■ライト文芸
■ヴィジェ=ルブランが気になって
■映画の話題
■日本人でどこがよかった
■ニッポンこわい
■国民病「日本スゴイ症候群」と他人の反応
■愛国伝説
■二次元マニアの同一性障害
■「特攻隊はテロリストと違う」と言い張るゼロリスト
■13%
■アインシュタインよりディアナ・アグロン
■エジソンからアインシュタインへ
■「よそはよそ、うちはナチ」
■東京を占領した南京事件否定派、ユネスコを脅迫
■映画『聨合艦隊司令長官山本五十六』
■外国人に語らせた愛国ポルノ本の虚妄
■ノストラダムスの大予言と大東亜戦争の肯定
■侵略の定義
■慰安婦問題について百万回でも書かねばならないこと
■誘拐と慰安婦とハーレムと強制連行
■性奴隷と兵奴隷
■日米同盟はまさに保険だ
■知ってても差別をしてしまう場合
■グレンデールで慰安婦像撤去に反対、本物の日系市民が動き出した
■安重根記念館と二つの史観
■小野田少尉と真実を把握すること
■潘基文国連事務総長は安倍内閣の歴史認識を堂々と批判してかまわない
■産経新聞というネット右翼
■戦後最大のメディア犯罪が起きている?
■通州事件の記憶遺産登録は日本にとってヤブ蛇ですが
■アメリカ人の自己犠牲について
■「太陽の帝国」
■慰安婦問題、仏国際漫画祭での判定
■原爆投下に対するJoe Kilroyの見解
■愚問のきわみ! 「南京大虐殺の際、中国軍は何処で何をしていた」?
■米国保守と日本右翼の親和性?
■「西側」対「右側」/従軍慰安婦問題の特異性
■早い話、日本軍自体が「巨大な奴隷制度」だったという話
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ